武将・歴史人
徳川家康と刀
武将・歴史人
徳川家康と刀

文字サイズ

「徳川家康」(とくがわいえやす)は、戦国から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名で、天下を統一し、江戸幕府の初代征夷大将軍になりました。家康として伝わる、でっぷりとしたタヌキ親父のような肖像画からは想像できませんが、家康は武芸の達人で、剣豪だったと言われています。

家族愛に飢えた幼少時代から、天下への道

徳川家康

徳川家康

家康は、1542年(天文11年)三河国(現在の愛知県東部)の国人土豪で岡崎城主・松平広忠(まつだいらひろただ)の嫡子として、岡崎城にて誕生。家康が3歳のときに両親が離婚し、母と生き別れてしまいます。それだけでも寂しい子供時代ですが、家康にはさらに苦難が待ち受けていました。

家康は6歳のときに、松平家が庇護(ひご)を受ける今川家に人質に出されますが、その途中で身柄を奪われ、今川家に敵対する織田家に送られてしまいます。さらに、その2年後には父・広忠が家臣に殺害され、岡崎城は今川氏の支配下に置かれてしまうのです。人質交換で今川家に移された家康は、今川義元(いまがわよしもと)の下で、14歳で元服・結婚、17歳で初陣を果たします。

そんな家康の転機となったのが、「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)です。この戦いは、織田信長が少数の兵で、今川義元率いる大軍を破った、戦国の世を揺るがす大転機となった戦いです。

家康は、合戦後に岡崎城を取り戻すと今川家を見限り、信長と同盟を結びました。信長の失脚後は豊臣秀吉に追従し、豊臣政権下の五大老の筆頭として着々と力を蓄えます。

1600年(慶長5年)「関ヶ原の戦い」に勝ち、ついに天下を我が物としたときには、家康は59歳になっていました。

凄すぎる人ゆえに愛されない?

家康は天下を取った人で、言うならば「キングオブ戦国武将」です。それなのに、「好きな戦国武将ランキング」の上位に家康の名前が来ることが少ないのはなぜなのでしょう。それには、「日本人の好きなヒーロー像」という物を考えてみるとよく分かります。

まず、そのひとつが「あと一歩のところで、志半ばに散った悲劇のヒーロー」という物です。家康以外の戦国武将は、皆「志半ばに散った人」と言えますが、家康は勝者ですから、これには当てはまりません。

また、日本人の好きな「物語」は、「自分が死ぬと分かっていても、己の信じた道を貫き、忠義を尽くす」という物です。豊臣方の敗戦を覚悟しつつ「大坂の陣」を戦った「真田幸村」(さなだゆきむら)などは、その典型と言えるでしょう。しかし家康は、常に強者に付いて最後までしぶとく生き抜きます。

家康は享年75歳で、当時としてはかなり長生きでした。健康にとても気を配っていたと言われています。大名として、どんな贅沢も思いのままになる生活をしていても、食事に気を付け、自制していたのです。それが他の武将が不摂生から病没していく中、家康が天下を取ることができた理由でもありますが、なかなかできることではなく、家康はやっぱり凄い人。しかし、あまりに凄すぎたため、親しみがわきにくいのかもしれません。

成功物語としての家康の生き方

「どん底からはい上がり、華々しく活躍した人」というのも、日本人の好きなヒーローのパターンです。百姓から天下人に上り詰めた豊臣秀吉が真っ先に浮かびますが、実は秀吉の主君である信長も、尾張の守護大名・斯波氏(しばし)の家臣・織田氏のさらに分家の出です。それに比べると、岡崎城主の嫡男として生まれた家康は、家柄の点ではかなり恵まれていますが、その分「日本人の好きな英雄像」からは、またもや遠ざかる結果に。

家康が天下を取ることのできた理由のひとつが、家臣の存在です。松平家に代々仕え、家康の不遇の際も松平家を見放さなかった家臣達がいてくれたことが、のちの天下取りに大いに役立ちました。家臣との信頼関係は一朝一夕で築ける物ではありません。信長のように、家臣に裏切られたり、秀吉のように、最後は肉親すら信じられず、粛清しまくったことが、結果的に豊臣家の滅亡を招いたりしたことでも分かります。

家康が家柄や運に恵まれたのは確かですが、自分を律して、強者に仕えながら力を蓄えて、機が熟すまで待ち続け、ここぞというチャンスをしっかり物にしたのは、家康自身の並々ならぬ努力があってのことです。それが、家康を約260年続く徳川幕府の祖にしたと言えます。信長の派手な活躍や秀吉の出世物語の陰に隠れてしまいがちですが、真に成功を手にするために必要なことを、家康の生き方は教えてくれるのです。

愛刀/名物:物吉貞宗

名物・物吉貞宗(ものよしさだむね)の「物吉」は、縁起が良いことの意味で、家康がこの短刀を差して出陣すると、必ず勝利を収めたことから、その名が付いたと言われます。

将軍家でも珍重されてきましたが、尾張徳川家の義直(よしなお)の生母・お亀の方の奔走により、家康の死後、義直に贈られました。尾張徳川家歴代藩主は、将軍家に謁見する際にはこの短刀を懐中に帯びたと言われています。

物吉貞宗

物吉貞宗

ランク 刃長 所蔵・伝来
無銘 重要文化財 1尺9分半(33.2cm) 徳川美術館

日本の繁栄を築いた功労者

日本の産業のルーツや日本らしい文化のほとんどは江戸時代に花開きました。「鎖国」(さこく:外国との交流を断絶、もしくは制限すること)のために、日本の文化が遅れたとする説もありますが、実際には幕府は諸外国の情報はきちんと把握していたとも言われています。諸外国との交流を制限したおかげで、日本は他のアジアの国々のような欧米諸国による植民地化を免れ、自国の文化を守ることができたとする説もあるのです。

家康が徳川幕府を開いて、泰平の世を築かなければ、日本は現在とはまったく違った国になっていたかもしれませんし、日本という国自体、なくなっていたかもしれません。家康の成し遂げたことは、それほど偉大だったと言えるのです。

愛刀/ソハヤノツルギ

ソハヤノツルギは、家康が亡くなる間際に、この日本刀(刀剣)の鋒/切先(きっさき:刀身の先端部分)を、当時の幕府にとって常に脅威であった西国に向けて置くように遺言したと伝わる太刀です。

この太刀は、平安時代前期の武官で、蝦夷(えぞ)征伐で名高い初代征夷大将軍・坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)の佩刀「楚葉矢の剣」(そはやのつるぎ)の写しだと言われています。家康は、田村麻呂が朝廷の敵を、この太刀で討伐したことにあやかって、家康にとっての宿敵である西国ににらみを利かせたいと願ったのかもしれません。

ソハヤノツルギは家康の死後、家康の墓所である「久能山東照宮」(くのうさんとうしょうぐう)に納められ、家康の願い通り、泰平の世は約260年の長きに亘って続いたのです。

ソハヤノツルギ

ランク 刃長 所蔵・伝来
妙純傳持
ソハヤノツルキ
/ウツスナリ
重要文化財 2尺2寸3分(67.7cm) 久能山東照宮
  • 徳川家康と城
    徳川家康の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。
  • 歴史上の人物と日本刀にまつわるエピソードをまとめました。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

徳川家康と刀

徳川家康と刀をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「武将・歴史人」の記事を読む


坂上田村麻呂

坂上田村麻呂
「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)は、平安時代に活躍した武将。桓武天皇より征夷大将軍に任命され、大和朝廷が異民族と見なしていた東北地方に住む「蝦夷」(えぞ)を平定した人物です。「毘沙門の化身」と恐れられた田村麻呂の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

坂上田村麻呂

足利尊氏

足利尊氏
室町幕府の初代将軍(在位:1338~1358年)である「足利尊氏」(あしかがたかうじ)。 この足利将軍家の重宝として伝わった日本刀(刀剣)として、「二つ銘則宗」(ふたつめいのりむね)や「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)などが挙げられます。 ここでは、尊氏の歴史とともに愛刀をご紹介します。

足利尊氏

楠木正成

楠木正成
「楠木正成」(くすのきまさしげ)ゆかりの日本刀(刀剣)は、国宝「小竜景光」(こりゅうかげみつ)。 「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)による鎌倉幕府の打倒計画に参加した正成は、「太平記」にも描かれている程です。正成の歴史の一部と日本刀(刀剣)をご紹介します。

楠木正成

新田義貞

新田義貞
「新田義貞」(にったよしさだ)と言えば、難攻不落の鎌倉幕府を滅ぼした凄い人物。南北朝の動乱においては、南朝の「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)側に付き、ライバル・足利尊氏(あしかがたかうじ)と対立します。「日本一の至誠の武将」と言われた悲劇のヒーロー・新田義貞の生涯に迫ります。

新田義貞

足利義満

足利義満
京都にある「金閣寺」は、現代においても有名な建物です。公家文化と武家文化が融合した華やかな北山文化の象徴として、国内外の人が観光で訪れています。この金閣寺を建立した足利義満の経歴と、彼が所持したと伝えられる日本刀(刀剣)をご紹介します。

足利義満

明智光秀

明智光秀
「明智光秀」(あけちみつひで)と言えば、わが国史上最大の謀反「本能寺の変」を首謀した人物。「織田信長」を裏切った「主君殺し」、「逆賊」と嫌われている印象が強い反面、頭脳明晰で教養も深く、気配りのできる愛妻家だったという一面も。ここでは、明智光秀の人物像と、彼にまつわる名刀についてご紹介します。

明智光秀

朝倉教景

朝倉教景
「朝倉教景」(あさくらのりかげ)は、戦国時代の武将で、越前国(えちぜんこく:現在の福井県)の戦国大名・朝倉氏の家臣です。朝倉家当主3代に亘って事実上の当主に近い政務を行ない、その時代に朝倉家は全盛期を迎えました。「教景」は、朝倉氏の重要な諱(いみな:実名)で、複数名が名乗っているので、ここでご紹介する「教景」は、区別のため出家後の名である「朝倉宗滴」(あさくらそうてき)と呼びます。

朝倉教景

池田輝政

池田輝政
「池田輝政」は姫路城の大規模改築や「岐阜城の戦い」などで有名な武将です。この輝政ゆかりの刀剣では、国宝の「大包平」や重要文化財の「池田来国光」をはじめ、数多く存在します。では、これらの刀剣は輝政とどのような関係があったのでしょうか。輝政の経歴と共にご紹介します。

池田輝政

石田三成

石田三成
石田三成と言えば、徳川家康と戦った「関ヶ原の戦い」を思い出す人も多いと思いますが、軍事と言うよりは、豊臣秀吉の政務担当として、政治や経済面で優れた能力を発揮しました。そんな石田三成にも、つねに腰にしていた愛刀がありました。ここでは、石田三成の生涯とその愛刀についてご紹介します。

石田三成

注目ワード

ページトップへ戻る