武将・歴史人

朝倉教景と刀

文字サイズ

「朝倉教景」(あさくらのりかげ)は、戦国時代の武将で、越前国(えちぜんこく:現在の福井県)の戦国大名・朝倉氏の家臣です。朝倉家当主3代に亘って事実上の当主に近い政務を行ない、その時代に朝倉家は全盛期を迎えました。「教景」は、朝倉氏の重要な諱(いみな:実名)で、複数名が名乗っているので、ここでご紹介する「教景」は、区別のため出家後の名である「朝倉宗滴」(あさくらそうてき)と呼びます。

教景という名の意味

朝倉教景

朝倉教景

朝倉宗滴は、1474年または1477年(文明6年または文明9年)、朝倉家7代当主・朝倉孝景(あさくらたかかげ)の8男として生まれました。母は正室・桂室永昌(けいしつえいしょう)です。

宗滴が4歳(1474年[文明6年]生説では7歳)のとき、父・孝景が亡くなり、家督は長兄の氏景(うじかげ)が継ぐことに。

しかし、本来の家督承継者は、朝倉宗滴と同じく正室から生まれた兄で、5男の朝倉教景(以千宗勝)だったのではないかと言われ、以千宗勝が若くして亡くなったあとは、宗滴が嫡男の地位を継承したのではないかという説があります。

教景という名は、宗滴の曽祖父と祖父の名で、父・孝景も一時的に名乗っていたことから、代々の当主に受け継がれた名前だったと考えられているのです。しかし10歳に満たない年齢では、家督を継ぐことは難しく、朝倉家の主流は異母兄・氏景の系統へと移っていきました。

家督をあきらめ、実権を握る道へ

若くして亡くなった同母兄・宗勝は、すぐ上の異母兄・景総(かげふさ)によって殺害されたと言われています。正室の子の宗勝が、兄である景総より上座に遇されたことを景総が妬んでのこと、というのが定説です。宗勝の養父・朝倉光玖(あさくらこうきゅう)の激しい怒りを買い、景総は剃髪して何とか命乞いをしますが、光玖と和解すると、懲りずに悪巧みを企てます。

1503年(文亀3年)、氏景の嫡男・貞景(さだかげ)が当主の頃、景総は娘婿の朝倉景豊(かげとよ)を誘って、貞景に対して謀反を起こすのです。この計画には宗滴も誘われましたが、宗滴が貞景に密告したことから発覚し、謀反は失敗に終わります。

一方の宗滴も、家督への執着がまったくない訳ではありませんでした。しかし、異母兄の氏景が家督を継いでから、早20年以上が経過し、今となっては家督を奪うのは簡単ではないし、得策でもないと考えたのです。そこで、すっぱりとあきらめ、当主を補佐する方向へとシフトしていくことに。朝倉家当主というお飾りではなく、実権を握ることを選んだのです。

この事件後、宗滴は金ヶ崎城主となり、敦賀郡司(つるがぐんじ)に就任。朝倉家の軍事一切を取り仕切るようになります。そして3年後、宗滴の名をとどろかせ、一躍有名にする事件が起こります。「加賀一向一揆」(かがいっこういっき)です。

朝倉家の栄華

1488年(長享2年)、隣の加賀国(かがのくに)が、「一向宗」(いっこうしゅう)と呼ばれる「浄土真宗本願寺」(じょうどしんしゅうほんがんじ)の信徒達に制圧されてしまいました。彼らは勢いに乗って、1506年(永正3年)には越前にも侵攻。この一向宗による一揆を「一向一揆」(いっこういっき)と呼びます。このとき、一揆側は30万人を超えていたとも言われ、迎え撃つ朝倉軍は1万ほどで圧倒的な兵力差があったにもかかわらず、宗滴率いる朝倉軍は見事勝利。

他にも宗滴は、数々の武功を挙げて、朝倉氏の隆盛を築きました。1525年(大永5年)には、美濃の内乱に介入した北近江(きたおうみ)の浅井(あざい)氏と、対立していた近江の六角(ろっかく)氏との間の調整役となり、浅井氏とは深い絆で結ばれます。これがのちに、織田信長包囲網の時代の浅井・朝倉同盟につながっていくのです。

この時代の越前国は、大内氏の支配する「周防国」(すおうのくに:現在の山口県)、今川氏の「駿河国」(するがのくに:現在の静岡県)と並んで、「戦国3大文化都市」と呼ばれ、全国から注目を集めていました。どの都市も京文化の薫り高いみやびな都でしたが、京により近い越前国は、「第二の京」と呼ばれるほど、華やかで洗練された文化を築き上げていたのです。

宗滴の死

問題は、宗滴があまりに有能な武将であったために、朝倉家の実務が彼にすべて任せっぱなしになってしまったことでした。宗滴は78歳の死の直前まで現役の大将であり続け、後継者を指名することも、育てることもないまま、出陣中で倒れ、亡くなってしまうのです。

あとに残されたのは、戦国の世を生きるには、あまりにみやびな朝倉家最後の当主・朝倉義景(あさくらよしかげ)でした。宗滴亡きあとの朝倉家は、坂道を転がり落ちるように転落していきます。宗滴は1555年(天文24年)に亡くなるときに、「あと3年生きて、信長の今後を見届けたかった」と、まだ「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)で頭角を現す前の信長を認めていたと言われていますが、のちにその信長に朝倉家が滅ぼされるというのは、歴史の皮肉としか言えません。

愛刀/名物:篭手切正宗

篭手切正宗(こてぎりまさむね)は、極めが二転三転しています。江戸時代には、「相州正宗作」の太刀として「篭手切正宗」の名で、「享保名物帳」に記載されていますが、当初伝わった朝倉家では、「相州貞宗」の作とされてきました。それが豊臣秀吉の手を経て佐野家に伝わり「篭手切行光」(相州行光)と呼ばれ、次の加賀国の前田家で初めて「正宗作」に決められます。刃文は見事な「のたれ」で、「沸」(にえ)の強い相州伝の特徴を伝えています。

名物の「篭手切」という異名の由来にも、諸説あります。宗滴が1527年(大永7年)京都での「川勝寺口の戦い」(せんしょうじぐちのたたかい)で、敵の手首を篭手ごと切り落としたことからそう呼ばれるようになったとされていますが、他にも3代当主・氏景による説と10代当主・孝景(宗純)による説の2つの説があるのです。

そのうち、1527年(大永7年)川勝寺口の戦いで、畠山勢を破った際とする「孝景説」と「宗滴説」が有力視されていますが、孝景は自分で出陣せず、宗滴に出兵を命じただけとも言われ、宗滴説が一番信憑性が高いと見られています。

籠手切正宗

篭手切正宗

ランク 刃長 所蔵・伝来
無銘 2尺2寸6分(68.5cm) 東京国立博物館

朝倉教景と刀

朝倉教景と刀をSNSでシェアする

「武将・歴史人」の記事を読む


東郷平八郎と刀

東郷平八郎と刀
「東郷平八郎」と言えば、日露戦争の日本海海戦で大勝し、日本の勝利を確実なものにした人物として世界的に有名です。 東郷平八郎は、日清戦争後に佐世保鎮守府司令長官、舞鶴鎮守府初代司令長官等を歴任。日露開戦前の緊迫期には、第一艦隊兼連合艦隊司令長官となった、自他共に認める「海戦のプロ」でした。 その東郷平八郎が日露戦争で佩用(はいよう:腰から下げること)した日本刀「吉房」は、嘉仁親王(のちの大正天皇)が下賜した物。そして、この「吉房」は時代を超えて「日本海」と縁がありました。 ここでは、日露戦争前の日本をめぐる状況と、東郷平八郎が日露戦争で身に付けていた刀をご紹介します。

東郷平八郎と刀

西郷隆盛と刀

西郷隆盛と刀
2018年(平成30年)にNHK大河ドラマ「西郷どん」が放送され、再び脚光を浴びることになった西郷隆盛。日本人であれば、一度は西郷隆盛の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 東京都の上野公園や鹿児島市の鹿児島市立美術館、鹿児島県霧島市の西郷公園など、いろいろな場所に西郷隆盛の銅像が建てられており、西郷隆盛は、誰もが認める偉人である一方、「西郷さん」などと親しみを持って呼ばれています。 そんな西郷隆盛の詳しい生涯や人物像、それにまつわるエピソードについて、まとめました。 また、少年時代に喧嘩の仲裁に入った際に、右腕に負った傷の影響で刀剣をうまく握れなくなってしまったにもかかわらず、趣味としていた刀剣収集についてもご紹介します。

西郷隆盛と刀

上杉謙信と刀

上杉謙信と刀
上杉謙信は、誰もが知る戦国最強の武将です。「甲斐の虎」と称えられる武田信玄と5度も戦を繰り広げましたが、一進一退の攻防を繰り広げ、決着が付きませんでした。また、上杉謙信は刀剣・日本刀の愛好家としても知られ、上杉謙信が所有していた刀剣・日本刀は、どれもすばらしい物だと言われています。上杉謙信が戦国時代最強の武将と言われるまでの生い立ちや、上杉謙信の愛刀が持つ逸話とともに、上杉謙信の生涯についてご紹介します。

上杉謙信と刀

坂本龍馬と刀

坂本龍馬と刀
幕末の志士として人気の高い「坂本龍馬」。 小説をはじめ、ドラマ・映画で何度も取り上げられ、好きな偉人や尊敬する歴史上の人物といったアンケートでも、坂本龍馬は必ず上位にランクインしています。 江戸で勝海舟と出会い、外国に負けない海軍を創設して対等に渡り合っていきたいと考えた坂本龍馬。坂本龍馬が書いた手紙に記載された「日本を今一度洗濯したい」という名言は有名です。 享年31歳で暗殺されるまでの坂本龍馬の生涯と、坂本龍馬という人物について、坂本龍馬の愛刀とともにご紹介します。

坂本龍馬と刀

土方歳三と刀

土方歳三と刀
土方歳三(ひじかたとしぞう)は、幕末に京都の治安維持のために結成された「新撰組」の副長。新撰組を盤石な組織にするために、規律を破る者は容赦なく切腹させたため、土方歳三は「鬼の副長」と呼ばれていました。様々なドラマや小説、漫画やゲームなどの登場人物としても取り上げられた土方歳三は、没後100年経っても愛されています。土方歳三が出会った数々の人物とのエピソードや、土方歳三の愛刀が持つ逸話とともに、土方歳三の生涯についてご紹介します。

土方歳三と刀

直江兼続と刀

直江兼続と刀
「直江兼続」(なおえかねつぐ)は、戦国時代の越後(現在の新潟県)及び会津(現在の福島県)の大名であり、のちに米沢(現在の山形県)の藩主となった上杉家の家老です。戦国屈指の武将で、内政にも長けていた上杉謙信亡き後の上杉家を支え、発展させた名家老として知られています。

直江兼続と刀

前田利家と刀

前田利家と刀
「前田利家」は、「加賀百万石」と称される加賀藩の礎を築いた人物。若くから小姓として織田信長を仕えた前田利家は、槍の又左の異名で呼ばれるほど勇猛果敢な武将でした。賤ヶ岳の戦い後、前田利家は豊臣秀吉に仕え、加賀百万石の大名として、五大老のひとりとして豊臣家を支えていきます。また、正室であるまつもそんな前田利家を懸命に支えます。前田利家とまつの仲も戦国のおしどり夫婦として大河ドラマにもなりました。ここでは前田利家の経歴やまつのエピソード、前田利家にゆかりのある刀剣をご紹介します。

前田利家と刀

松永久秀と刀

松永久秀と刀
「松永久秀」(まつながひさひで)は乱世の「梟雄」(きょうゆう)と呼ばれ、悪役のイメージが強い武将です。そんな松永久秀はどのようなことを成し、悪役のイメージが定着したのか、また彼に関する刀剣・日本刀についてもご紹介します。

松永久秀と刀

沖田総司と刀

沖田総司と刀
「沖田総司」(おきたそうじ)は、江戸時代末期の武士で、幕末の京都の警察組織である「新選組」(しんせんぐみ)最強の剣豪です。 若くして天然理心流道場「試衛館」(しえいかん)に入門し、近藤周助(新選組局長・近藤勇の養父)の内弟子となりました。 沖田総司は、近藤勇・土方歳三とともに「新選組一番隊組長」として活躍していましたが、労咳(ろうがい:結核)により病床に伏します。 療養の甲斐なく夭折(ようせつ)した天才剣士という沖田総司の悲劇的な生涯は、小説や映画などの世界で「薄幸の美青年」と脚色されて描かれてきました。 ここでは、沖田総司の生涯と、沖田総司の愛刀についてご紹介します。

沖田総司と刀

注目ワード

注目ワード