歌舞伎の名場面・見どころ

時今也桔梗旗揚

文字サイズ

歌舞伎演目の中から、主君からの執拗なまでの屈辱に耐え続けるも限界を迎え、名刀「日吉丸」(ひよしまる)を奪い、主君への反逆ののろしを上げる主人公の心模様を描いた「時今也桔梗旗揚」(ときはいまききょうのはたあげ)の物語の概要と、主君を討つ決意をしたラストシーンをご紹介します。

光秀と春永、両者の抑圧が生んだ悲劇の事件・歌舞伎版「本能寺の変」

作者 四世・鶴屋南北(つるやなんぼく)
初演 1808年(文化5年)7月

「時今也桔梗旗揚」(ときはいまききょうのはたあげ)は、通称「馬盥の光秀」(ばだらいのみつひで)と呼ばれ、日本の歴史において最もセンセーショナルな事件と言われる本能寺の変を「世界」(せかい:物語の大枠)とし、明智光秀(あけちみつひで)を「武智光秀」(たけちみつひで)、織田信長(おだのぶなが)を「小田春永」(おだはるなが)と名前を変え、本能寺の変に至るまでの経緯を脚色した時代物作品です。

全5幕の長編ですが、現在は、3幕目の「馬盥の場」と「愛宕山(あたごやま)の場」の2場の上演が多くなっています。

春永の機嫌をなぜか損ねてしまう光秀

武智光秀

武智光秀

武智光秀は、主君の小田春永から勅使(ちょくし:天皇の意思を伝える使者)の世尊時中納言(せそんじちゅうなごん:史実の徳川家康)を接待する饗応役(きょうおうやく)に任命されます。光秀は、その任に応えようと、贅(ぜい)を尽くしたもてなしをします。

しかし、それがかえって春永の不評を買い、春永の寵臣・森蘭丸(もりらんまる)に鉄扇(てっせん)で眉間を割られてしまいます。

何かにつけて春永の機嫌を損ね続けてしまう光秀は謹慎の身となりますが、妹の桔梗(ききょう)などの取りなしで本能寺に滞在している春永への目通りを許されます。

ようやく主君の恩情に触れられるかと思いきや、春永は光秀に馬盥(馬を洗う大たらいの形をした生け花の水盤)で酒を与えるのです。しかもその馬盥は、ライバル・真柴久吉(ましばひさよし:史実の豊臣秀吉)が春永へ献上した物。屈辱に身を震わせながらも気持ちを抑え、酒を飲み干す光秀。

ひたすら耐え続ける光秀、ひたすら恥辱を与え続ける春永

さらにいくつものひどい仕打ちを春永から受けるも、耐え続ける光秀。しかし、とうとう耐えに耐えてきた思いが沸点に達してしまう出来事が起こります。

春永が光秀に手渡した白木の箱に入っていたのは、かつて光秀が貧しかったとき、妻・皐月(さつき)が売った切り髪の束。満座(まんざ)の中で光秀を辱めるために、春永がどこからか手に入れた物でした。無念をかみしめながらも、それでもまだ表面上は春永に歯向かうことなく、その場を立ち去ります。

主君の執拗なまでのいじめにひたすら耐える光秀の姿には同情を覚えずにはいられませんが、一方の春永の心情にも思いを馳せてみましょう。この演目で、横暴な暴君として描かれている春永ですが、いじめても辱めてもじっと耐え続ける冷静沈着な光秀を前にすると、実は無性に不安になり、自分でもどうしようもない憤りが次から次へと湧き出てきていたのかもしれません。本能寺でのやりとりは、そんなことをも思わせる胸を締め付けられるシーンが続きます。

結果的には史実と同じく、この演目のラストで、謀反の決意した光秀は春永を本能寺にて討つのです。

名刀日吉丸を奪い謀反の決意を表す光秀、謀反の決意前とあとの光秀の変化に注目!

時今也桔梗旗揚は、織田信長が明智光秀の謀反によって本能寺で討たれた史実を、歌舞伎作品として脚色した物。

大詰の「愛宕山連歌(あたごやまれんが)の場」において、それまで抑えに抑えていた小田春永への怒りを一気に表に現す武智光秀。歌舞伎ならではのキャラクターの激変が見ごたえたっぷりです。

切腹の座につく光秀

切腹の座につく光秀

切腹の座につく光秀

「信徳院」(しんとくいん)という愛宕山にある光秀の宿舎の一室。本能寺でさんざん春永から恥辱を受けた光秀は、妻・皐月に話をし、2人で涙にくれます。

そこへ、事情を察していた連歌師の紹巴(しょうは)が来て光秀に謀反を勧めますが、何と光秀は紹巴を無言のまま日本刀で斬り捨て、「益なき悪事をすすめる紹巴。死骸を片付けよ」と家来に命じます。

「まだ耐え続ける道を選ぶのか?」と観客が思う中、光秀に領地替えの命を伝達すべく、春永の上使(じょうし:主家から派遣された使者)がやってきます。光秀は、読まずとも内容は分かると語るとともに、「これ以上の恥辱にはもはや耐えられず、死を持って抗議する」と、切腹の座に着きます。

さらに切腹の介添えには、上使が春永より拝領した名刀日吉丸を使ってほしいと願い出て、辞世の句を詠みます。

耐えに耐えた思いを一刀両断するがごとく

今まさに光秀の切腹が行なわれようとしたそのとき、光秀は名刀日吉丸を一気に奪い、上使を斬り付けるのです。それはあたかも、それまでの耐えに耐え続けた自身を名刀日吉丸の力を借りて切り捨てるかのように。

そして、ついに兵を挙げた光秀は、春永のいる本能寺に向けて出陣するのです。

実悪と呼ばれる光秀の役柄に注目!

歌舞伎の立役(たちやく:男性役)は、大きく、「善人方」と「悪人方」に分かれますが、この光秀は悪人方に入ります。「実悪」と呼ばれる、比較的現実味のあるワルです。

光秀と同じく、歌舞伎の「耐える役」として知られる人物に、「伊勢音頭恋寝刃」(いせおんどこいのねたば)の福岡貢(ふくおかみつぐ)がいます。彼は主家再興のため奔走する神官で、遊郭の仲居の執拗な悪口にひたすら耐え続けますが、恋人の愛想尽かしをきっかけに最後は人をバッタバッタと刀で斬ってしまいます。同じ耐える役で、かつ最後に悪さを働いてしまうのは同じですが、この福岡貢は「辛抱立役」という善人方。

この違いは、謀反を企む首領格かどうかがポイントのようです。最初から目論んでいた訳ではないものの、光秀はこの物語において結果的に天下まで取ろうとする謀反人として設定されているため、小田春永から繰り返し辱めを受けてもじっと我慢をしていたときも、白塗りの顔に紫紺の美しい裃(かみしも)の衣裳、「燕手」(えんで)という敵役(かたきやく)の鬘(かつら)を使っているのが特色です。

また、歌舞伎界には「実悪はいつも何か思案しているように演じよ」という口伝があり、謀反を決意するキャラ激変までの光秀を最初からじっくり観察するのも、ひとつの面白い見方ではないでしょうか。

時今也桔梗旗揚

時今也桔梗旗揚をSNSでシェアする

「歌舞伎の名場面・見どころ」の記事を読む


於染久松色読販

於染久松色読販
歌舞伎演目の中から、若い2人の恋に名刀の紛失騒動を絡ませた「於染久松色読販」(おそめひさまつうきなのよみうり)の物語の概要と、人間ドラマに華を添える「ひとり七役」の早替りについてご紹介します。

於染久松色読販

土蜘

土蜘
歌舞伎演目の中から、「土蜘」(つちぐも)の物語の概要と、人間に変化した土蜘の精との豪快な立廻りの見どころをご紹介します。

土蜘

八幡祭小望月賑

八幡祭小望月賑
歌舞伎演目の中から、純朴な商人の恋に妖刀「村正」(むらまさ)が絡む「八幡祭小望月賑」(はちまんまつりよみやのにぎわい)の物語の概要、さらに立廻りの見どころをご紹介します。

八幡祭小望月賑

天竺徳兵衛韓噺

天竺徳兵衛韓噺
歌舞伎演目の中から、「天竺徳兵衛韓噺」(てんじくとくべえいこくばなし)の物語の概要、さらにケレン(外連:早替り・宙乗り・仕掛け物)と巨大な蝦蟇(がま)の立廻りの見どころをご紹介します。

天竺徳兵衛韓噺

石切梶原

石切梶原
歌舞伎演目の中から、武士と敵方の父娘が名刀を介して心を通わせる物語「石切梶原」(いしきりかじわら)の物語の概要と、クライマックスの見どころをご紹介します。

石切梶原

三人吉三廓初買

三人吉三廓初買
歌舞伎演目の中から、名刀をめぐる因果応報を描く「三人吉三廓初買」(さんにんきちさくるわのはつがい)の物語の概要と、悲劇の結末をご紹介します。

三人吉三廓初買

小栗判官

小栗判官
歌舞伎演目の中から、主人公が奪われた宝剣を探す旅に出る「小栗判官」(おぐりはんがん)の題材となった物語の概要、さらに立廻りの見どころをご紹介します。

小栗判官

助六

助六
歌舞伎演目の中から、江戸で話題の色男が、行方不明の源氏の宝刀「友切丸」(ともきりまる)を探すために活躍する「助六」(すけろく)の物語の概要と、宝刀のありかを突き止めるために起こす行動の見どころをご紹介します。

助六

金閣寺(祇園祭礼信仰記)

金閣寺(祇園祭礼信仰記)
歌舞伎演目の中から、日本刀が物語を彩る重要なアイテムとなる「金閣寺」(きんかくじ)―本外題「祇園祭礼信仰記」(ぎおんさいれいしんこうき)の物語の概要と、立廻りの見どころをご紹介します。

金閣寺(祇園祭礼信仰記)

注目ワード
注目ワード