歌舞伎の名場面・見どころ
小栗判官
歌舞伎の名場面・見どころ
小栗判官

文字サイズ

歌舞伎演目の中から、主人公が奪われた宝剣を探す旅に出る「小栗判官」(おぐりはんがん)の題材となった物語の概要、さらに立廻りの見どころをご紹介します。

敵討ちと宝剣水清丸の剣を探す旅に出た美男美女カップルに降りかかる数々の苦難

作者 近松徳三(ちかまつとくぞう)・奈河篤助(ながわとくすけ)
※姫競双葉絵草紙より
初演 1800年(寛政12年)9月

※他に「小栗物」(おぐりもの)として、文耕堂・竹田出雲合作の物などもあります。

時は室町時代、足利将軍家の治世。天下取りを狙う謎の盗賊・風間八郎(かざまはちろう)が、足利家から重宝「勝鬨の轡」(かちどきのくつわ)と「水清丸の剣」(すいせいまるのつるぎ)を強奪します。

実は風間は、足利家に滅ぼされた新田家の血を引き、復讐と天下取りを狙う人物。その風間に父を殺され、勝鬨の轡と水清丸の剣を奪い返すべく旅に出る小栗判官。そのあとを追う判官の恋人・照手姫(てるてひめ)。2人はすれ違いを繰り返し、数々の苦難を乗り越えて…。

小栗物とは

中世から伝説として語り継がれてきた、小栗判官と照手姫との数奇なロマンスを題材に、人形浄瑠璃や歌舞伎において時代ごとの背景や好みに合わせて様々なエピソードを盛り込み劇化されてきたのが、小栗物と呼ばれる作品です。

その小栗物の決定版とされるのが、「姫競双葉絵草紙」(ひめくらべふたばえぞうし)。それをもとにした上演の初演は、現存資料では1800年だと記されています。

善悪個性豊かな登場人物

小栗判官

小栗判官

小栗判官は、善悪個性豊かな人物が登場するのも面白さのひとつで、個々の魅力もしっかり堪能できる演目です。室町幕府の転覆を目論む神出鬼没の盗賊・風間八郎は妖術使いでもあり、スケールの大きな大悪党の魅力たっぷり。

勝鬨の轡と水清丸の剣を何としても探さねばと奔走する小栗判官は、暴れ馬を鮮やかに乗りこなす馬術の名手で、暴れ馬「鬼鹿毛」(おにかげ)で曲乗りをする場面はこの演目の大きな見どころのひとつ。馬がまた素晴らしく、競馬馬のサラブレッドを見るかのような姿に惚れ惚れします。

さらに、風間の野望を阻止しようと奔走するもうひとりの人物、足利家の執権・細川政元(ほそかわまさもと)。彼と風間との虚々実々の駆け引きの場面にも、歌舞伎ならではの面白さが施されています。

味わいの違う2つの立廻りシーン

小栗判官には、足利家の勝鬨の轡と水清丸の剣探しが物語の骨格にありますが、宝剣水清丸の剣とは別に、見どころを彩る日本刀(刀剣)が登場します。

ひとつは二幕目で、判官を追い流浪の旅に出た照手姫の絶体絶命のピンチを救う、小栗家の旧臣・浪七(なみしち)が見せる大立ち回りのシーン。もうひとつは三幕目、判官に恋焦がれた長者の娘・お駒が母の手によって殺されてしまう場面。

最初は少しコミカルな恋物語の場面かと思いきや、とんでもない悲劇が起こってしまうのです。

宝剣水清丸の剣の探索途上で起こる人間模様

時は室町。謎の盗賊・風間八郎によって奪われた足利家の重宝勝鬨の轡と水清丸の剣の行方を追う、足利執権・細川正元(ほそかわまさもと)と小栗判官。判官の恋人・照手姫も判官のあとを追い、旅に出ます。小栗判官は、この4人を軸に物語が展開する演目。

宝剣水清丸の剣の探索がひとつのテーマであるゆえに、日本刀(刀剣)が登場する場面は多々ありますが、ぜひ味わってほしいのが、趣を異にする2つの立廻りシーンです。

宝剣水清丸の剣を海中から発見するも…

宝剣・水清丸の剣が登場する場面でぜひ押さえておきたいのが、一幕目の江ノ島の沖の場面。海中に隠されていた宝剣水清丸の剣を小栗判官が発見しますが、それを風間八郎が妖術を使い、再度奪い返します。

2018年1月に国立劇場で上演された小栗判官の通し上演では、風間が宝剣水清丸の剣を横取りし花道から引っ込む際に、後見4人が浪布(なみぬの:波の絵を描いた布。水面であることを表す)で海の波を表現する大掛かりな演出が行なわれています。

照手姫の危機を救う浪七の壮絶な立廻り

二幕目。判官のあとを追った照手姫は、小栗家の旧家臣で今は琵琶湖で猟師をしている浪七(なみしち)と小藤(こふじ)夫婦にかくまわれていました。そこへ小藤の兄で獄道者の胴八が来て、金目当てに照手姫をさらってしまいます。

彼女が湖水で危うい状態になっているところへ助けに来たのが、忠義に厚い浪七夫婦。2人は照手姫を助けるために亡くなってしまうのですが、この場面での浪七の壮絶な大立廻りが見ごたえたっぷりです。岩山から背中を向けたまま網の中に落ちるという、非常にスリリングな場面もあります。

判官と照手姫の思わぬ再会がもたらした悲劇

お槙がお駒を切る場面

お槙がお駒を切る場面

三幕目。一転して華やかな世話物の雰囲気で始まります。

足利家の重宝勝鬨の轡と水清丸の剣を探索する旅に出た小栗判官は、その旅の途中で偶然助けた美濃国青墓(あおばか)の長者「萬屋」(よろずや)の屋敷にいます。萬屋の娘・お駒(こま)に見初められた判官は、探し求めている勝鬨の轡が萬屋にあると聞き、婿になることを承諾。

その祝言の日、すれ違い続けていた判官と照手姫が偶然の再会を果たします。実は、照手姫が人買いに売られそうになったところを、萬屋の後家・お槙(まき)に助けられ、萬屋で下女として働いていたのです。

判官は照手姫と再会したことでお駒との祝言を断るのですが、それで収まらないのが、判官に恋焦がれるお駒。嫉妬のあまり照手姫に刃を向け、それを制した母のお槙に殺されてしまうのです。何ともやるせない悲劇が起こってしまうのですが、お槙が泣く泣くお駒を日本刀(刀剣)で切る場面で見せる両者の歌舞伎ならではの動きに、ぜひ注目してみましょう。

小栗判官

小栗判官をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「歌舞伎の名場面・見どころ」の記事を読む


仮名手本忠臣蔵

仮名手本忠臣蔵
日本刀での斬り合いや格闘場面の立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「仮名手本忠臣蔵」(かなでほんちゅうしんぐら)の題材となった出来事と物語の概要、さらに立廻りの見どころをご紹介します。

仮名手本忠臣蔵

伊勢音頭恋寝刃

伊勢音頭恋寝刃
立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「伊勢音頭恋寝刃」(いせおんどこいのねたば)の題材となった出来事と物語の概要、さらに立廻りの見どころをご紹介します。

伊勢音頭恋寝刃

南総里見八犬伝

南総里見八犬伝
立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「南総里見八犬伝」(なんそうさとみはっけんでん)の題材となった出来事と物語の概要、さらに立廻りの見どころをご紹介します。

南総里見八犬伝

蘭平物狂(倭仮名在原系図)

蘭平物狂(倭仮名在原系図)
立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「蘭平物狂」(らんぺいものぐるい)―本外題「倭仮名在原系図」(やまとがなありわらけいず)の題材となった出来事と物語の概要、さらに立廻りの見どころについてご紹介します。

蘭平物狂(倭仮名在原系図)

白浪五人男(青砥稿花紅彩画)

白浪五人男(青砥稿花紅彩画)
立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「白浪五人男」(しらなみごにんおとこ)―本外題「青砥稿花紅彩画」(あおとぞうしはなのにしきえ)の題材となった出来事と物語の概要、さらに立廻りの見どころについてご紹介します。

白浪五人男(青砥稿花紅彩画)

義経千本桜

義経千本桜
立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「義経千本桜」(よしつねせんぼんざくら)の題材となった出来事と物語の概要、さらに単独上演されることもある演目「大物浦」(だいもつのうら)、「すし屋」、「四の切」(しのきり)の立廻りの見どころについてご紹介します。

義経千本桜

ひらかな盛衰記/逆櫓

ひらかな盛衰記/逆櫓
立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「ひらかな盛衰記」(ひらかなせいすいき)の題材となった出来事と物語の概要、さらに立廻りの見どころについてご紹介します。

ひらかな盛衰記/逆櫓

毛抜(雷神不動北山桜)

毛抜(雷神不動北山桜)
歌舞伎演目の中から、「日本刀を持った見得(みえ)」が見どころの通称「毛抜」(けぬき)―本外題「雷神不動北山桜」(なるかみふどうきたやまざくら)の物語の概要と、見どころについてご紹介します。

毛抜(雷神不動北山桜)

暫
歌舞伎演目の中から、「日本刀を持った見得(みえ)」が見どころの「暫」(しばらく)の物語の概要と、見どころをご紹介します。

注目ワード

ページトップへ戻る