歌舞伎の名場面・見どころ
極付幡随長兵衛
歌舞伎の名場面・見どころ
極付幡随長兵衛

文字サイズ

立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「極付幡随長兵衛」(きわめつきばんずいちょうべえ)の物語の概要と、立廻りの見どころをご紹介します。

仁義に熱い男が意気地を貫く世話物狂言

作者 河竹黙阿弥(かわたけもくあみ)三代目河竹新七(かわたけしんしち)らにより改訂
初演 1881年(明治14年)10月

「極付幡随長兵衛」は、通称「湯殿の長兵衛」(ゆどののちょうべえ)とも呼ばれる「世話物」です。主役の幡随長兵衛(ばんずいちょうべえ)は、日本の侠客(きょうかく:任侠を建前に世渡りする人物)の元祖とも言われ、江戸時代から弱きを助け強きをくじく庶民のヒーローとして扱われており、講談や映画、テレビ時代劇の題材などにもよく登場する人物です。

この長兵衛を取り上げた物の中でも決定版と言える作品として、「極付」(きわめつき)が付いたとされています。

ささいな喧嘩が大事に

極付幡随長兵衛

極付幡随長兵衛

江戸村山座の舞台での芝居の進行中に、客席で酔っぱらった中間(ちゅうげん)のことがきっかけに、ささいな喧嘩が起こります。この中間の主人・坂田金左衛門が中に入ったことから大事に。

それを見かねた侠客・幡随長兵衛が間に入って事なきを得ますが、桟敷で見物していた旗本・白柄組(しろつかぐみ)の水野十郎左衛門(みずのじゅうろうざえもん)は、自分の仲間の坂田の非を公衆の面前で指摘されたことから、長兵衛を深く恨むようになり、対立が続くのです。

死を覚悟し、敵の屋敷へ乗り込む長兵衛

舞台は変わり、長兵衛の家に水野家から招待の使者が来ます。表向きは水野からの和解の申し入れですが、長兵衛の子分たちは罠だからと止めます。

しかし長兵衛、「人に後ろを見せてはこれから人前に出られない。ましてこのあと、この世界で生きていく人間のためにならない。」と頑として聞き入れず、誘いを受けます。

長兵衛は妻子に別れを告げ、死を覚悟してただひとりで水野の屋敷へと乗り込むのです。

柔術の手を組み入れた立廻りが見どころ

やはり待っていたのは、水野の策略。

水野の友人で白柄組の一員・近藤登之助(こんどうのぼりのすけ)らも合流して酒宴が始まり、その最中に「長兵衛がもとは武士だ」という噂話が飛び出し、長兵衛は「剣術の手並みを見せてほしい」とせがまれます。長兵衛は水野の家来や近藤と立会い、みごと打ち負かします。

そして再開された祝宴で水野はわざと長兵衛の袴に酒をこぼさせ、風呂を勧めて湯殿へと連れ出すのです。湯殿で浴衣1枚になった長兵衛に槍で襲いかかる水野とその家来達。それに素手で応戦する長兵衛。結果、長兵衛は命を落としますが、柔術を組み入れた立廻りが大きな見どころです。

極付幡随長兵衛

極付幡随長兵衛をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「歌舞伎の名場面・見どころ」の記事を読む


仮名手本忠臣蔵

仮名手本忠臣蔵
日本刀での斬り合いや格闘場面の立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「仮名手本忠臣蔵」(かなでほんちゅうしんぐら)の題材となった出来事と物語の概要、さらに立廻りの見どころをご紹介します。

仮名手本忠臣蔵

伊勢音頭恋寝刃

伊勢音頭恋寝刃
立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「伊勢音頭恋寝刃」(いせおんどこいのねたば)の題材となった出来事と物語の概要、さらに立廻りの見どころをご紹介します。

伊勢音頭恋寝刃

南総里見八犬伝

南総里見八犬伝
立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「南総里見八犬伝」(なんそうさとみはっけんでん)の題材となった出来事と物語の概要、さらに立廻りの見どころをご紹介します。

南総里見八犬伝

蘭平物狂(倭仮名在原系図)

蘭平物狂(倭仮名在原系図)
立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「蘭平物狂」(らんぺいものぐるい)―本外題「倭仮名在原系図」(やまとがなありわらけいず)の題材となった出来事と物語の概要、さらに立廻りの見どころについてご紹介します。

蘭平物狂(倭仮名在原系図)

白浪五人男(青砥稿花紅彩画)

白浪五人男(青砥稿花紅彩画)
立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「白浪五人男」(しらなみごにんおとこ)―本外題「青砥稿花紅彩画」(あおとぞうしはなのにしきえ)の題材となった出来事と物語の概要、さらに立廻りの見どころについてご紹介します。

白浪五人男(青砥稿花紅彩画)

義経千本桜

義経千本桜
立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「義経千本桜」(よしつねせんぼんざくら)の題材となった出来事と物語の概要、さらに単独上演されることもある演目「大物浦」(だいもつのうら)、「すし屋」、「四の切」(しのきり)の立廻りの見どころについてご紹介します。

義経千本桜

ひらかな盛衰記/逆櫓

ひらかな盛衰記/逆櫓
立廻りが見どころのひとつになっている歌舞伎演目の中から、「ひらかな盛衰記」(ひらかなせいすいき)の題材となった出来事と物語の概要、さらに立廻りの見どころについてご紹介します。

ひらかな盛衰記/逆櫓

毛抜(雷神不動北山桜)

毛抜(雷神不動北山桜)
歌舞伎演目の中から、「日本刀を持った見得(みえ)」が見どころの通称「毛抜」(けぬき)―本外題「雷神不動北山桜」(なるかみふどうきたやまざくら)の物語の概要と、見どころについてご紹介します。

毛抜(雷神不動北山桜)

暫
歌舞伎演目の中から、「日本刀を持った見得(みえ)」が見どころの「暫」(しばらく)の物語の概要と、見どころをご紹介します。

注目ワード

ページトップへ戻る