安土桃山時代
賤ヶ岳の戦い
安土桃山時代
賤ヶ岳の戦い

文字サイズ

1582年(天正10年)6月13日に起こった「山崎の戦い」で、織田信長の仇を討った羽柴秀吉。 「清洲会議」で織田信長の後継者争いをした柴田勝家と徐々に対立が深まっていき、「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)まで発展しました。これに勝利した秀吉は、天下人へと大きく前進したのです。

賤ヶ岳の戦いの発端となった清洲会議

柴田勝家

柴田勝家

「賤ヶ岳の戦い」が起きた原因は、1582年(天正10年)6月27日に開催された織田家の後継者と遺領の配分を決める「清洲会議」です。織田家筆頭家老の柴田勝家が招集しました。

まずは後継者から。信長の嫡男、織田信忠(おだのぶただ)の子である三法師(さんぼうし)を推挙した豊臣秀吉に対し、信長の三男である織田信孝(おだのぶたか)を推す柴田勝家と意見が二分しました。血統から三法師を推す秀吉に対して、3歳の三法師よりも年長である信孝が継ぎ、三法師が成長してから考え直すよう訴える勝家という構図です。

この会議には、2人の他に丹羽長秀(にわながひで)と池田恒興(いけだつねおき)が同席し、両名共に三法師を推した秀吉に同調。結果として三法師が織田家の後継者になりました。

次に遺領の配分。秀吉主導で行なわれ、その内容は下表の通りです。

三法師 近江坂田郡・安土城滋賀県
柴田勝家 越前国(福井県)の安堵、北近江3郡・長浜城(滋賀県)
羽柴秀吉 播磨国(兵庫県)、山城国・丹波国(京都府)、河内国(大阪府
織田信雄(次男) 尾張国(愛知県
織田信孝(三男) 美濃国(岐阜県
丹羽長秀 若狭国(福井県)に加え、近江国2郡(滋賀県)
池田恒興 摂津国(大阪府)から3郡の加増

この配分で、長浜城を勝家にあっさりと譲った秀吉。長浜城は、秀吉が初めて入手したお城です。しかも、信長の「長」の字をもらって「今浜」から「長浜」に改名した程、思い入れが深いはず。何か謀略があってのことなのでしょうか?

さて、この清洲会議ですが、本来であれば後継者の決定と遺領の配分は、織田家筆頭家老の勝家が主導して決めるべきこと。秀吉主導になったのは、4名のうち勝家だけが信長の弔い合戦である山崎の戦いに参加できなかった後ろめたさと、勝利に導いた秀吉の功績が相当な大きさだったからでしょうか。

遺領の配分によって秀吉は筆頭家老になり、織田家での影響力と発言力が増大していきました。

一方で勝家は、二番手に後退。これらのことが面白くなかった勝家は、秀吉への不快感が募っていくのでした。

清洲会議後の秀吉と勝家の仲

お市

お市

清洲会議が終わったあと、秀吉は信長の葬儀を延期してまでも山崎の戦いがあった天王山に山崎城を建築。清洲会議で新たな城を築かないという取り決めがあったにもかかわらずです。さらに秀吉は、周辺の大名や織田家家臣を味方に付けていきました。

勝家も失脚していた滝川一益(たきがわいちます)を味方に付け、秀吉を毛嫌いしていた信長の妹であるお市の方と結婚すると共に、信孝と結束。こうして織田家は勢力が二分してしまいました。

その後、勝家は秀吉が織田家家臣と私的に同盟を結んだなどと、諸大名に弾劾する書状を送付。一方の秀吉はというと、信孝が三法師を手元から離さないため、清洲会議の決定に違反していると、信孝と勝家を弾劾。お互いに非難し合う関係になり、ますます険悪な仲になっていったのです。

そして1582年(天正10年)10月15日。信長の葬儀が京の大徳寺で執り行なわれました。秀吉が養子の秀勝(信長の四男)を喪主にし、秀吉は信長の位牌を手にして葬儀に参加。信長の後継者であることを世間にアピールし、自身の立場を強化することに成功しました。

勝家からの和睦交渉

前田利家と長宗我部元親

前田利家と長宗我部元親

11月。清洲会議で越前を安堵され長浜城を配分された勝家は、長浜城ではなく越前の北ノ庄城を居城としていました。しかし越前は、冬になると雪深くなり行動が制限されてしまうため、戦が起こると分が悪くなります。そこで勝家は、時間稼ぎのために秀吉に対して見せかけの和睦交渉を働きかけたのです。このとき勝家は、秀吉のもとに前田利家(まえだとしいえ)、金森長近(かなもりながちか)と不破直光(ふわなおみつ)の3名の使者を派遣しました。

勝家から和睦を働きかけられた秀吉は、それを偽りであることを見抜いたのですが、応じるふりをして使者3名に調略を仕掛けたのです。3名は完全には調略されませんでしたが、のちに秀吉の勝利に大きな影響を及ぼすことになります。

そんな中、勝家は紀州の雑賀衆(さいかしゅう)を味方に付け、さらには四国の長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)と同盟を結び、秀吉を包囲する準備を始めたのです。

秀吉始動!

岐阜城

岐阜城

清洲会議から半年が経った12月2日。秀吉は、越前にいる勝家が雪で身動きがとれなくなったのを待っていたかのように和睦を破棄し、勝家に譲った長浜城を攻め奪還。わずか数日のことでした。

そして秀吉は、信孝から三法師を引き離すため、そのまま美濃へと進み岐阜城へ。12月20日に信孝は降伏し、三法師を秀吉に引渡したのです。

滝川一益と柴田勝家の挙兵

翌1583年(天正11年)1月、伊勢の一益が挙兵。亀山城、峯城、関城、国分城、鹿伏兎城を調略し、長島城で篭城。秀吉を迎え撃つ体制を整えました。

秀吉は、諸勢力への調略などを行なっていたため、京へ兵を引いていましたが、翌月には伊勢に侵略を開始し、一益が調略したそれぞれの城に攻撃を開始。

そして2月20日。秀吉軍は国分城を攻め落とし、長島城を攻撃しましたが、一益の抵抗は手強く容易に攻め落とすことができません。その状況を知った勝家は、居ても立っていられず2月末に雪の中、近江に向けて挙兵したのです。

賤ヶ岳の戦い

黒田官兵衛

黒田官兵衛

3月12日。勝家は利家、佐久間盛政(さくまもりまさ)らを率いて3万の軍勢で北近江に布陣しました。対する秀吉は、長島城からの襲撃を避けるため1万の兵を伊勢に置き、3月19日に5万の兵を率いて近江の木ノ本に布陣。両者とも直ぐに攻撃をすることなく、陣地や砦の構築を行なっていました。しかし秀吉軍は、伊勢の一益が南から、近江の勝家に北から挟み込まれた形になりました。そうしたところ、秀吉に降伏した信孝がこれを知り、伊勢の一益と結託して4月16日に美濃から挙兵。北近江、伊勢、美濃の3方面からの攻撃を守る必要に迫られた秀吉は、守備隊を近江に残し、翌4月17日に美濃へと進軍したのです。しかし、揖斐川の氾濫によって足止めを受けたため、大垣城に入って情勢が変化することを待ちました。

これを好機と見た勝家は、4月19日、盛政に出陣するよう命令。盛政は、中川清秀(なかがわきよひで)が守る最前線の大岩山砦を攻撃し、陥落しました。勢い付いた盛政は黒田孝高(黒田官兵衛)を攻撃しましたが、堅い守りに陥落をあきらめ、岩崎山に布陣していた高山右近(たかやまうこん)を攻撃し撃破したのです。

一方、賤ヶ岳砦を守っていた秀吉軍の桑山重晴(くわやましげはる)は戦況が劣勢と判断し、4月20日に撤退を開始しました。ここで深追いは危険と判断した勝家は、盛政に撤退するよう命令。しかし、調子付いた盛政はそれに従わず敵陣に留まり続けます。この判断が勝敗の分かれ目となりました。

ちょうどその頃、琵琶湖を渡っていた長秀は、秀吉の前線が崩されたことを知り参戦を決意。撤退し始めていた重晴と遭遇したため、合流して賤ヶ岳周辺にいた盛政の軍勢に攻撃を仕掛けて撃破し、賤ヶ岳砦の奪還に成功しました。

美濃大返し

大垣城で情勢の変化を待っていた秀吉ですが、各所の砦が陥落していくのを知り、賤ヶ岳へ行軍。ただし、通常の行軍ではありません。午後2時に大垣を出発した秀吉軍は、午後7時には賤ヶ岳付近に到着していたのです。52kmをわずか5時間で走破。これを「美濃大返し」と言います。

一方の盛政は、秀吉が戻ってくるのを知っており、早くても翌日であろうと高を括っていました。しかし、数々の不可能を可能にしてきた秀吉。大岩山にいた盛政は、虚を付かれて包囲されてしまいました。

撤退する盛政

翌日の4月21日未明、ついに盛政は撤退を開始しました。それを知った秀吉軍は追撃。しかし、そこは数々の戦で功績を挙げ、その勇猛さから鬼玄蕃(おにげんば)と呼ばれた盛政です。撤退しながらも反撃し、簡単には崩壊しませんでした。そこで秀吉は、標的を柴田勝政(しばたかつまさ)に変更。それに盛政が加わり、大激戦となったのです。

前田利家が戦線離脱

秀吉軍と勝政・盛政が激戦を繰り広げる中、茂山の背後にいた利家が突如として戦線を離脱。

利家は、盛政の後方に位置していただけに、戦況にとても大きな影響を与えました。利家が戦線離脱したことで、そのあとに続いていた長近と直光も撤退。個人の逃走も増え、歯止めが効かなくなった状態になったのです。そこで余呉湖の北側に陣を置いていた秀吉軍の木下一元(きのしたかずもと)や木村隼人正(きむらはやとのしょう)の部隊が、盛政を攻撃。ついに総崩れとなりました。

ところで、戦線離脱した利家を長近と直光の3名は、勝家からの和睦交渉で派遣された際、秀吉に調略された者たち。大きな影響とは、このことだったのです。

勝家敗退と自害

茶々

茶々

秀吉軍は、残った盛政の部隊を撃破。そして、秀吉軍のすべての部隊がいよいよ残る勝家本隊に殺到し、集中攻撃を仕掛けました。このときの勝家本隊は、わずか3,000程。さすがの勝家もこれを支えきれず、越前の北ノ庄城に逃走し、賤ヶ岳の戦いは秀吉が勝利しました。

そして2日後の4月23日。戦線離脱した利家が、秀吉軍の先鋒として北ノ庄城を包囲したのです。利家は、賤ヶ岳から撤退したあと府中城に立てこもっていましたが、秀吉からの説得に応じ降伏したのでした。先鋒となったのは、秀吉の味方であることを証明するためです。

このとき勝家は、わずか200の兵とともに北ノ庄城に立て籠もり、防戦。抵抗に抵抗を重ねましたが、ついに天守へ追い込まれてしまいました。勝家は天守に火を点け、妻のお市の方と共に自害し、北ノ庄城は落城。

これで織田家のトップ争いに終止符が打たれ、秀吉は織田家中随一の実力者となったのです。

なお、お市の方には娘である浅井三姉妹の茶々、初、江がいましたが、秀吉に託されました。茶々はのちに秀吉の側室となり、豊臣秀頼(とよとみひでより/幼名:捨丸)を生みます。

賤ヶ岳の七本槍と呼ばれた武将

福島正則

福島正則

賤ヶ岳の戦いでは、功名を挙げた武将が7名おり、「賤ヶ岳の七本槍」と呼ばれています。7名の武将は、それぞれ秀吉から感状と領地を与えられました。

賤ヶ岳の七本槍の武将は、福島正則(ふくしままさのり)、加藤清正(かとうきよまさ)、加藤嘉明(かとうよしあきら)、脇坂安治(わきざかやすはる)、平野長泰(ひらのながやす)、片桐且元(かたぎりかつもと)、槽谷武則(かすやたけのり)の7名です。

福島正則は、勝家の家臣であった拝郷家嘉(はいごういえよし)を一番槍・一番首で討ち取ったため、7人の中で最も多い5,000石の領地を与えられ、敵将の山路正国(やまじまさくに)を討ち取った加藤清正をはじめ、他の5名は3,000石の領地を与えられました。

七本槍、本当は9人だった?

秀吉は、賤ヶ岳の戦いで活躍した武将に感状を送っていますが、七本槍の7人ではなく9名に送っていたのです。残りの2名の武将は、石河兵助(いしかわひょうすけ)と桜井佐吉(さくらいさきち)。では、なぜ7人が通説になっているのでしょうか?

諸説ありますが、兵助は、賤ヶ岳の戦いで戦死したため、感状は弟に送られた物であること。佐吉は、賤ヶ岳の戦いでの負傷が原因となって数年内に死亡したため。また、七本槍の7人は秀吉の直臣で、2人は弟や養子の家臣であるという説などです。

いずれにしても秀吉は、織田家で何代にも亘って仕えていた家来ではなく、有力な家臣を持たなかったため、子飼いを誇張してアピールし、優れた武将を擁していると誇示したかったのかもしれません。

城をめぐる戦いの変遷についてご紹介!

賤ヶ岳の戦い

賤ヶ岳の戦いをSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「安土桃山時代」の記事を読む


長篠の戦い

長篠の戦い
1575年(天正3年)4月、織田信長が名実ともに天下人となった、歴史上非常に重要な合戦「長篠の戦い」が起こりました。織田・徳川連合軍が、戦国最強と言われた武田軍を相手に圧勝した戦いです。

長篠の戦い

文禄の役

文禄の役
天下統一を成し遂げた「豊臣秀吉」。貧しい農民から天下人にまで上り詰めた男の目は、日本国内に止まらず、海の向こうに向けられていました。そんな天下人が目を付けたのは明(みん:現在の中華人民共和国)。まずは明の柵封国(明を宗主国とした従属国)だった朝鮮に服属を求めますが、朝鮮は拒否します。これを受けた秀吉は、朝鮮半島への出兵を決断。釜山経由で、西国の大名を中心に編成した大軍を朝鮮半島に送り込んだのでした。これが「文禄の役」です。

文禄の役

慶長の役

慶長の役
「文禄の役」において明と交わした講和による休戦状態は、長くは続きませんでした。講和内容が、両国の交渉担当者が通謀して自国に都合の良いように書き換えられた物だったからです。これに基づいて行なわれた和平交渉が上手く行くはずはなく、決裂。これを受け、秀吉は1597年(慶長2年)に西国(主に九州・中国・四国地方)の諸大名に対して動員令を発令。朝鮮半島に向けて約14万人の大軍を送り込み、「慶長の役」が始まりました。

慶長の役

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い
1600年(慶長5年)、天下分け目の戦いと言われた「関ヶ原の戦い」。この戦いは、約6時間でその勝敗が決まったと言われています。「徳川家康」の率いる東軍が「石田三成」の率いる西軍に勝ったということは分かりますが、一体なぜそんなに早く決着がついたのでしょうか?

関ヶ原の戦い

本能寺の変

本能寺の変
1582年(天正10年)6月2日、日本の歴史上屈指の大事件が発生しました。「本能寺の変」です。明智光秀が13,000人もの大軍を率いて、京都・本能寺に宿泊中の織田信長を急襲。防戦空しく対抗し切れないと悟った信長は、寺に火を放って自害しました。

本能寺の変

山崎の戦い

山崎の戦い
1582年(天正10年)6月2日、「本能寺の変」で命を落とした織田信長。それを知った羽柴秀吉は信長の敵を討つために中国遠征を中断し、約2万の全軍で京を目指しました。そして約10日後の6月13日、摂津国と山崎国の境に位置する山崎において明智光秀と激突。退却を余儀なくされた光秀は、坂本城を目指して落ち延びていましたが、その後、命を落としました。これにより、戦国乱世は終焉へと向かい、秀吉による天下統一への道がスタートすることになったのです。

山崎の戦い

小牧・長久手の戦い

小牧・長久手の戦い
「小牧・長久手の戦い」(こまき・ながくてのたたかい)は、1584年(天正12年)3~11月に行なわれた、「羽柴[豊臣]秀吉」陣営と「織田信雄[おだのぶかつ]・徳川家康」陣営の間の戦いです。合戦があったのは、尾張北部、南部、美濃西部、東部、伊勢北部、紀伊、和泉、摂津の各地。北陸や四国、関東でも連動して戦が起こり、戦乱は全国規模となりました。

小牧・長久手の戦い

注目ワード

ページトップへ戻る