日本刀コラム

武将の刀持ち「小姓」とは
 - 刀剣ワールド

文字サイズ

戦国時代から江戸時代にかけて、武士のなかには、「小姓」(こしょう)と呼ばれる役職がありました。小姓は、主に少年などの若年層が担当する役職で、平時は雑用係として武将に仕えながら、戦時には親衛隊としての役目を担っていたと言われています。このことから、小姓は武将の刀持ちと呼ばれ、小姓と言えば武将の横で刀を持つ少年のイメージが定着しました。
しかし、小姓のルーツや歴史をさかのぼると、単なる少年兵という役割だけではないのも事実。ときには、主君の男色(なんしょく:男性同士の性愛)相手となったり、美少年の小姓は大名家に送るスパイになったりするなど、小姓はあらゆる能力が求められる役職でもあったのです。武士のなかでも特異な存在である小姓を、時代ごとにふれながら著名な武将に仕えた小姓のエピソードを見ていきましょう。

室町時代に興った小姓のルーツ

「小姓」(こしょう)の語源は、貴人に付き添うことを意味する「扈従」(こしょう)です。小姓という役職が正式に定められたのは、江戸時代の3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)の頃ですが、そのルーツは室町時代の足利将軍にまでさかのぼります。

室町幕府が成立した頃、寺院では僧侶が「稚児」(ちご:寺院で召使われていた童子)や「喝食」(かっしき:食事を知らせる役目の者)といった少年をそばに置き、雑用係にしていました。また、公家の間でも少年を召し抱える文化があったと言われています。そして、幕府が僧侶や貴族と交流を深めていくなかで、次第に上流武士にもこのような文化が流れ込むこととなったのです。

なかでも、室町幕府3代将軍「足利義満」(あしかがよしみつ)は、最も早い段階で小姓の先駆けとなる制度を取り入れたと言われています。足利義満は、諸大名の子息を人質として集め、少年達を常時そばへ置いて政治に登用しました。特に、「亀寿丸」(かめじゅまる)という名の童子を寵愛し、足利義満はこの童子を幼い頃から近侍させていたと言われています。

のちに、亀寿丸は「六角満高」(ろっかくみつたか)と名乗り、足利義満の厚い信任を得て、近江国(現在の滋賀県)の守護職を継承。このような足利義満の行動は、小姓制度の先駆けとなり、戦国武将が小姓を近侍させる慣習の基盤となりました。

小姓は見た目も重要だった?

平時の小姓制度をいち早く取り入れた人物は足利義満ですが、古くから武士の間では、戦時に着飾った少年兵で護衛部隊を編成するという習わしも伝えられています。このような少年部隊で最も有名な例が、室町幕府初代将軍「足利尊氏」(あしかがたかうじ)の警護をしていた「花一揆」(はないっき)です。

花一揆

花一揆

花一揆は、色鮮やかな甲冑をまとった少年兵で編成され、梅の花を(かぶと)に飾っていることから、この名で呼ばれるようになりました。

花一揆の大将である「饗庭氏直」(あえばうじなお)は、幼い頃より「命鶴丸」(みょうづるまる)という名で足利尊氏に近侍していた少年です。室町時代に書かれた軍記「太平記」によると、命鶴丸は「容貌当代無双の児」(ようぼうとうだいむそうのちご)と記されており、容姿端麗な美少年だったと言われています。

このように、花一揆は幕府のトップである将軍を都で守るため、美装にもこだわっていました。平時の小姓と言うと質素な服装をイメージしがちですが、室町時代の少年兵達は見た目にも気を使わなければならなかったのです。

また、小姓=美少年という傾向は、史実とは異なる創作物によって植え付けられたイメージもありますが、小姓の先駆けとなった室町時代から将軍が美少年を寵愛していたことは否定できません。室町幕府6代将軍「足利義教」(あしかがよしのり)も、華々しい装束をまとわせた少年兵を儀礼に参列させていたという記録が残っています。室町時代を通して、足利将軍家は見目麗しい少年を近侍させる慣習を取り入れていたのです。

武将の男色相手も務めた小姓

戦国時代になると、武将達は家臣の子息や親族の少年を身辺に置き、大将の馬の周囲で警護をする「馬廻」(うままわり)として取り立てました。また、戦国の世において、武将と小姓の関係は特異な発展を遂げていきます。

主従関係にあるなかで、武将は小姓を男色(なんしょく:男性同士の性愛)相手として寵愛するようになり、このような「衆道」(しゅどう:武士同士の男色)と呼ばれる行為は、武士の嗜みとして広まっていきました。衆道で武将の受け手となる少年は「若衆」(わかしゅ/わかしゅう)と呼ばれ、主に12~20歳までの小姓が武将の閨事の相手をしていたと言われています。室町時代から将軍と小姓の性愛はあったと言われていますが、戦国期には下級武士にも衆道が広まるほど普及していました。

こうした武将と小姓の性愛は、少なからず政治にも影響を及ぼしており、寵愛された小姓が城主や大名へ出世するといったケースもあります。あらゆる面で武将を支えていた小姓は、強固な信頼関係を結んでいたのでしょう。このような小姓制度は、戦国時代に全国的に広まり、江戸時代を迎えるまでには当たり前の制度として武家社会に浸透しました。

そののち、江戸時代前期には、幕府で将軍の警護をする者として、小姓が正式な職制に加えられます。諸藩でも同様のシステムが採用されるようになり、小姓は主君の警護という名目のもとに、雑用係として近侍することを命じられました。平時は主君の近くで雑務をこなし、戦時には命をかけて主君を警護する、これが、江戸時代における小姓の主な仕事です。また、大勢の小姓をまとめる「小姓頭」(こしょうがしら)という役職を採用していた藩もありました。

主君の男色相手もしてきた小姓ですが、1652年(承応元年)には、幕府による御触書で「衆道之儀」という物が発布されています。この御触書には、小姓に文書を送り男色を迫ることをご法度とするとあり、主従関係を利用して少年相手に性愛を迫ってはいけないと記されているのです。幕府は政治と男色が混同することを避けるためにも、小姓に根付く男色文化を取り除きたかったのだと考えられます。

著名な武将と小姓のエピソード

織田信長の小姓・森蘭丸と前田利家

戦国の世を治めた天下人「織田信長」の小姓と言えば、美少年で知られる「森蘭丸」(もりらんまる)を思い浮かべる方が多いことでしょう。しかし、森蘭丸という名は後世に広まった俗称であり、モデルとなった「森成利」(もりなりとし)は、確かに織田信長の小姓でしたが、美少年であったという史実は残されていません。創作物などで、織田信長と森蘭丸が特別な関係にあったというような話を度々目にしますが、史実とは関係なく俗説だと考えられています。

前田利家

前田利家

のちに戦国武将として名を馳せる「前田利家」も、織田信長に小姓として仕えていた人物です。織田家に50人ほどいた小姓のなかでも、前田利家は特にお気に入りの小姓だったと言われています。

加賀藩の公的史料のひとつである「利家夜話」には、織田信長が小姓時代の前田利家を傍で寝かせ、秘蔵していたというエピソードもあるのです。前田利家は、小姓として「宿直」(とのい:夜の警備)で寝ずの番を務めていたと考えられます。

また、秘蔵の小姓であったという記述から、2人の間に男色関係があった可能性も否定はできません。前田利家は10代の頃から武功を立てていたため、小姓で編成される親衛隊の中でも、織田信長のお気に入りだったことは間違いないでしょう。

武田信玄の若衆・土屋昌続

「甲斐の虎」の異名で知られる戦国武将「武田信玄」も、小姓を寵愛していた武将のひとり。特にお気に入りだったのが、15歳で小姓として武田信玄に仕えた「土屋昌続」(つちやまさつぐ)です。土屋昌続は、「武田二十四将」のひとりであり、特別な側近を集めた「奥近習六人衆」(おくきんじゅうろくにんしゅう)の中でも、武田信玄から信任を得ていた人物だと言われています。

武田氏の歴史を記した軍学書「甲陽軍鑑」(こうようぐんかん)には、10代の土屋昌続が武田信玄の男色相手であったことが記されており、公私ともにお気に入りの小姓であったことが窺えます。土屋昌続は、「上杉謙信」と武田信玄の激闘「川中島の戦い」で初陣ながら活躍し、武芸の面でも武田信玄から高く評価されていました。

また、土屋昌続のことを若衆として寵愛していた武田信玄は、土屋家の7人の兄弟も小姓として召し抱えています。土屋家の子ども達は、一族で武田信玄に重用されていたのです。武功を重ねた土屋昌続は、武田家の重臣となりましたが、武田信玄の死後、「長篠の戦い」で戦死しました。

上杉謙信の怒りを買った青沼新九郎

武田信玄のライバルであり、「越後の龍」と称された上杉謙信と小姓の話も見てみましょう。江戸時代に書かれた軍記「松隣夜話」(しょうりんやわ)には、上杉家に仕える「青沼新九郎」という小姓が鉄砲で撃たれて死亡した際、上杉謙信が激昂してとんでもない行動に出たエピソードが記されています。

戦で他国に出向いていた上杉謙信は、帰国して青沼新九郎の戦死を告げられると、悲しみに暮れるどころか、その場で怒りを露わにしました。青沼新九郎は他国で戦死したため、上杉謙信は自分に無断で他国へ長期滞在していたことに腹を立てたのです。

そして、怒りがおさまらない上杉謙信は、青沼家一族を追放処分し、埋葬された青沼新九郎の屍を掘り起こして、首を斬って獄門にかけたと言われています。無断で勝手な行動をした小姓が悪いとは言え、あまりに残忍な行為です。上杉謙信がひとりの小姓にここまで執着して激昂した理由として、上杉謙信は青沼新九郎のことを男色相手として特別に寵愛していたのではないかとも言われています。真相は分かりませんが、上杉謙信の恐ろしい一面が露見されたエピソードでもあります。

前田慶次の最期と児小姓

前田慶次(前田利益)

前田慶次(前田利益)

加賀藩5代藩主「前田綱紀」(まえだつなのり)が座右に置いて書き記した「桑華字苑」(そうかじえん)には、派手な衣装に身を包む傾奇者(かぶきもの)として知られる「前田慶次」(まえだけいじ)こと、「前田利益」(まえだとします)と小姓のエピソードが描かれています。

病床に伏していた晩年の前田慶次が重体に陥った際、秘蔵の児小姓(こごしょう:元服前の小姓)に「わしが死んでも、お前は腹を切らないであろう」と戯言を吐きました。すると、この児小姓は主君の言葉に反発するように、その場で服を脱いで腹を十字に裂き、喉を斬って自害してしまったのです。前田慶次は驚き、自身の発言を後悔したと言われています。

桑華字苑では、これが前田慶次の最期だと伝えられていますが、豪快な男であった前田慶次が児小姓に弱音を吐くことがあったのかは謎です。前田慶次の没後何年も経った時代に書かれた書物であるため、著者の前田綱紀による創作ではないかとも言われています。しかし、死に瀕した前田慶次が、秘蔵の児小姓にだけ弱音を吐いていた可能性も否定はできないでしょう。

伊達政宗が仕掛けた小姓の罠

戦国の世で天下を目指して突き進んでいた「伊達政宗」は、会津(現在の福島県西部)侵略の際に小姓を使った暗殺を企てています。伊達政宗は会津を治める「蒲生氏郷」(がもううじさと)のもとに、伊達家に仕える美少年「清十郎」を送り込み、時機を見て暗殺するよう命じたのです。

ところが、伊達政宗は蒲生家ではなく、蒲生氏郷の家老「田丸中書」(たまるちょうしょ)のもとへ清十郎を送り込みました。実は、田丸中書は美少年好きとして知られており、伊達政宗は田丸中書へハニートラップを仕掛けようと企てていたのです。蒲生氏郷が熱心なキリシタン大名であったことも関係していると考えられます。

伊達政宗の狙いは当たり、清十郎は田丸家に児小姓として仕えることになりました。しかし、蒲生氏郷への接触を謀るなかで、清十郎が暗殺計画について記した書状が関所の検問で見付かってしまいます。こうして清十郎は投獄され、伊達政宗の計画は失敗に終わりました。このとき、蒲生氏郷は自身の暗殺を企てられていたものの、命を張って忠義を尽くそうとした小姓・清十郎を褒め称え、釈放して伊達家へ帰したと言われています。

このように、美少年の小姓を使った調略は、戦国時代にはしばしば行われていました。小姓は雑用係ですが、女中や侍女とは違い、いついかなるときも主君の傍で命を張って警護しなければいけません。それに加え、武将から性愛の対象になっていたのですから、小姓はスパイやハニートラップの要員に最適な存在だったのです。

武将の刀持ち「小姓」とは

武将の刀持ち「小姓」とはをSNSでシェアする

「日本刀コラム」の記事を読む


かっこいい名前の日本刀ランキング

かっこいい名前の日本刀ランキング
かつて、有名な武将や大名、武士といった歴史上の実力者達は、名刀と呼ばれる日本刀を所持していました。日本刀の名前には、伝承から付けられたり、作った刀工の名前から取られていたりと、その由来は様々です。日本刀のなかには「かっこいい名前」が付いたものが数多くあります。今回は、「かっこいい名前の日本刀」に焦点を当てて、ランキング形式でご紹介します。ただ単に、「かっこいい名前」というだけではなく、その日本刀の名前の由来や伝承を知ることで、さらに、日本刀への興味が深まるきっかけになること間違いなしです。

かっこいい名前の日本刀ランキング

栗原彦三郎と日本刀及日本趣味

栗原彦三郎と日本刀及日本趣味
「栗原彦三郎」(くりはらひこさぶろう)は、明治時代から昭和時代前期にかけて活動した人物です。雑誌編集者の他、政治家、また刀匠としても活動し、日本刀界においては日本刀廃絶の危機を2度も救ったことから「現代刀保存の立役者」として知られています。 また、栗原彦三郎は「日本刀及日本趣味」(にほんとうおよびにほんしゅみ)と言う月刊雑誌を創刊し、日本刀と「日本文化」の素晴らしさを国内外へ向けて発信しました。栗原彦三郎とはどのような人物で、また栗原彦三郎が創刊した月刊雑誌「日本刀及日本趣味」とは、どのような内容か。ここでは、その概要をご紹介します。

栗原彦三郎と日本刀及日本趣味

刀剣ブームの歴史

刀剣ブームの歴史
バトル系のアニメや漫画などで必ず登場する武器と言えば「刀剣」です。細身で美しい曲線を描く「日本刀」は、「最強の武器」として描かれることが多いのが特徴。また、刀剣が登場する作品が人気になると、子ども達の間では「ごっこ遊び」が流行する他、大人のファン向けに「模造刀」が作刀されることも。ここでは、日本で流行した漫画やゲーム作品に登場した刀剣の概要と、実際にどのような刀剣ブームが起きたのかをご紹介します。

刀剣ブームの歴史

日本刀の豆知識

日本刀の豆知識
日本刀を鑑賞するには、日本刀本体から放たれる美しさを感じ取ることが重要です。しかし、日本刀がどのような扱いを受けて、現代に受け継がれているのかというところにも思いを馳せることで、鑑賞の楽しみがより一層深くなる物。ここでは、そんな日本刀を楽しむポイントをご紹介します。

日本刀の豆知識

時代劇での日本刀

時代劇での日本刀
日本刀の知識が深まって歴史が好きになっていくと、映画やテレビの時代劇にも興味を持つのではないでしょうか。特に、刀の名士と呼ばれた人の話なら、「あの役者が演じるあの武士は、あの日本刀を持っていたはず」、「あの日本刀で殺陣(たて:闘争の演技)をするところがぜひ見たい」と興奮もひとしお。ここを見ると時代考証のツウになれる!?時代劇の注目ポイントをご紹介します。

時代劇での日本刀

日本刀と漆塗り

日本刀と漆塗り
日本刀は、塗鞘(ぬりさや)を筆頭に、刀身、鍔に至るまであらゆる箇所に「漆」(うるし)が施されています。それは、一体なぜなのでしょうか。日本刀と漆では、漆の性質や芸術性、機能性など、日本刀にまつわる漆仕上げについて詳しくご紹介します。

日本刀と漆塗り

妖刀とは

妖刀とは
日本の長い歴史において、戦国時代には、戦いの際の武具として用いられた日本刀。現代では美術品としての価値が見出され、その姿や刃文などの美しさはもちろんのこと、それぞれの日本刀が持つ、伝来にまつわる逸話や伝承について知ることも、日本刀鑑賞の醍醐味となっています。そんな逸話の中でも、波乱に満ちた戦国時代に、「徳川家」において数奇な運命をもたらしたと伝わる1振が、「妖刀」(ようとう)と呼ばれているのです。妖刀の全貌について解説すると共に、アニメや漫画など、フィクションの作品に登場する妖刀についてもご紹介します。

妖刀とは

斬る以外の日本刀の活用方法

斬る以外の日本刀の活用方法
江戸時代、武士が常に携帯していた日本刀ですが、実際に「斬る」ことは、ほとんどありませんでした。しかし、他にも日本刀を活用する道があったのです。それは「兵法」(へいほう)に則った活用法。武士は斬るという「攻撃力」はもちろん「防御力」や「情報分析力」、「論理的思考力」などを、総合して身に付ける必要がありました。武士がどのように日本刀を活用したのか、詳しくご紹介します。

斬る以外の日本刀の活用方法

武士の上位階級 侍とは

武士の上位階級 侍とは
「侍」(さむらい)の名称の由来は、「人に仕える」ことを意味する「侍う/候う」(さぶらう)という言葉にあります。では「侍」は、どのようにして生まれたのでしょうか。その起源は、平安時代までさかのぼります。「武士の上位階級 侍とは」では、侍の歴史をはじめ、侍の定義や地位について、詳しくご説明します。

武士の上位階級 侍とは

注目ワード
注目ワード