相州伝の名工

正宗十哲

文字サイズ

「正宗十哲」(まさむねじってつ)とは、刀匠「正宗」(まさむね)の高弟と呼ばれた10名の刀工のこと。正宗とは、「相州伝」(そうしゅうでん)を完成させた、鎌倉時代末期の名工です。正宗は完成した相州伝の技術を惜しみなく弟子達に伝え、その教えを学んだ弟子達が全国で活躍した結果、相州伝は南北朝時代に一世を風靡しました。偉大な教育者・正宗と正宗十哲について、詳しくご紹介します。

正宗が完成させた相州伝とは

相州伝」とは、相州国(現在の神奈川県)で培われた刀剣の鍛錬法のこと。「正宗」は、鎌倉時代末期に、相州伝を完成させた名工です。

生没年は明確には分かりませんが、鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)生まれ、鎌倉育ち。通称は、岡崎五郎入道と言い、相州伝の創始者と呼ばれる「新藤五国光」(しんどうごくにみつ)に師事しました。

新藤五国光は、1250年(建長2年)鎌倉に生まれ、父は備前国(現在の岡山県)の「備前三郎国宗」(びぜんさぶろうくにむね)です。のちに山城国(現在の京都府)の「粟田口国綱」(あわたぐちくにつな)の養子となったため、備前伝山城伝の双方を修得しました。

そんな中、1274年(文永11年)と、1281年(弘安4年)に2回も「元寇・蒙古襲来」という国難が起こります。鎌倉幕府は、外国人である蒙古の武器をはじめて見て、日本刀は重くて振り回すことができず、華奢で折れやすいという弱点に気付き、頭を抱えることになったのです。そこで、白羽の矢が当たったのが、新藤五国光。鎌倉幕府から、「軽くて折れない」刀剣を作るよう打診されたのです。

新藤五国光は、一番弟子の「行光」(ゆきみつ)達と共に、鎌倉幕府の要望に応えたいと研究を始めます。そのとき、新藤五国光の門を叩いたのが、正宗です。正宗は、一説には新藤五国光の弟子・行光の妾の子ではないかと言われています。

1280年(弘安3年)に行光、1324年(正中元年)に新藤五国光が亡くなりますが、正宗は新藤五国光や行光から学んだ秘法を研究し続けます。またそれだけではなく、山城国、備前国、伯耆国(現在の鳥取県西部)など全国を行脚して、刀剣作りを熱心に考察。そして、ついに相州伝を完成させたのです。

正宗が完成した相州伝は、炭素量が異なる硬軟の地鉄を合わせて強度を向上。同時に、柔度を実現し、軽量化にも成功しました。また、それだけでなく、姿は豪壮で勇ましく、地鉄(じがね)は荒沸本位の板目鍛えが美しく、沸も付き、刃文は迫力のある湾れ刃(のたれば)を焼くなど、見た目も華やか。相州伝は、鎌倉幕府の要望を叶えた「折れない、曲がらない、よく斬れる」実用兼美の刀剣として有名になり、一世を風靡したのです。

  • 刀工「正宗」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 刀工「新藤五国光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 刀工「三郎国宗」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 刀工「行光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 著名刀工名鑑(刀工・刀匠)

    現代にまで残る作刀の代表的な刀工をご紹介致します。

  • 現代刀の名工・名匠

    現代刀を代表する作品を生み出し、突出した技術を持っている刀匠を紹介します。

  • 5つの地域に伝わる刀剣・日本刀作りの歴史と特徴をご紹介します。

  • 五箇伝の名工

    刀剣・日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

  • 刀剣名刀図鑑(刀剣・日本刀)

    日本に伝わる代表的な名刀の数々をご紹介致します。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

相州鍛冶のはじまりは?

源頼朝

源頼朝

相州鍛冶が誕生したのは、1185年(文治元年)、「源頼朝」が鎌倉幕府を開いたあとです。兵力増強の一環として、鎌倉の地に刀工を抱える必要に迫られ誕生しました。

5代執権「北条時頼」(ほうじょうときより)が、山城国から刀工・粟田口国綱、備前国から福岡一文字派の刀工「助真」(すけざね)、備前長船分派の刀工・備前三郎国宗を招致したのが、はじまり。3名は各々に鍛刀しましたが、鎌倉武士の要請に応じて、質実剛健の気風に沿った力強い作品を作り上げました。こうして、相州鍛冶の礎が築かれることになったのです。

  • 源頼朝のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 刀工「助真」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

備前三郎国宗とは

相州鍛冶の礎を築いた人物の中で、特に注目したいのが、備前三郎国宗。備前三郎国宗は、備前長船派の分派「直宗派」(なおむねは)出身。父は、直宗派を開祖した「直宗」の子、「国真」(くにざね)です。国真の三男なので、備前三郎と呼ばれました。

鎌倉幕府に召し抱えられたのは若干18歳のとき。華やかな乱刃から穏やかな直刃までと作域が広く、特に刃中に染みが現れる技法は「備前三郎国宗の白染み」と言われ、秀逸です。

備前三郎国宗は、1270年(文永7年)に94歳で死去。この備前三郎国宗の子が、秘法・相州伝の実質的な創始者「新藤五国光」なのです。

正宗十哲とは?

正宗十哲

正宗十哲

正宗には、実子がいませんでした。相州伝を継承させるため、「貞宗」を養子に迎え、偉大な教育者となって「正宗十哲」と呼ばれる10名の弟子を育てあげたと言われています。

また、正宗十哲という名称は、実は後世に考えられたもの。相州伝を完成したのは正宗ですが、その高度な伝法を修得し、広めた弟子達も優秀だと注目されました。代表的な10名の弟子について、解説します。

貞宗(さだむね)

正宗の継承者。南北朝時代に活躍し、正宗の養子となった人物で、通称は彦四郎です。貞宗が作り上げた地鉄は青黒く澄み、正宗以上の美しさと讃えられ「貞宗肌」と呼ばれています。

刃文は小沸出来の小湾れで、穏やかな作風。在銘の作品がないのが特徴で、刀身彫刻も優れ、江戸時代に極めて高く評価されました。「亀甲貞宗」、「伏見貞宗」、「寺沢貞宗」の3振が、国宝に指定されています。

刀  無銘  貞宗(重要文化財)
刀 無銘 貞宗(重要文化財)
無銘
鑑定区分
重要文化財
刃長
69.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀工「貞宗」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

来国次(らいくにつぐ:山城)

「鎌倉来」とも称されます。伝統的な来一派とは異なった相州伝風の作風で、沸(にえ)の強い乱れ刃。正宗に弟子入りしたのではなく、来一派の伝法に、来国次の手腕で時代の要求を取り入れたとする見方もあります。

重要美術品「鳥飼来国次」(黒川古文化研究所所蔵)は代表作です。

太刀 銘 来国次(伝来国次)
太刀 銘 来国次(伝来国次)
□□次
鑑定区分
重要刀剣
刃長
71.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

長谷部国重(はせべくにしげ:山城)

長谷部一派の始祖である長谷部国重は、新藤五国光の子とも言われる人物。鎌倉の長谷の地に住んで長谷部を名乗り、のちに山城国(現在の京都府)に移住して、長谷部一派を築き、繁栄しました。「織田信長」の愛刀・国宝「へし切長谷部」が有名です。

へし切り長谷部

へし切り長谷部

鑑定区分 刃長 所蔵・伝来
長谷部国重本阿(花押)
黒田筑前守
国宝 64.8 織田信長 →
黒田官兵衛 →
福岡市博物館

刀工「長谷部国重」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

志津三郎兼氏(しづさぶろうかねうじ:美濃)

美濃伝志津系の始祖。大和手掻包永系の出身で「包氏」(かねうじ)と名乗っていましたが、相州伝を修得して美濃国志津(現在の岐阜県海津市)に移住し「志津三郎兼氏」に改名。新しい美濃伝・志津系を築き上げました。重要文化財で享保名物の「稲葉志津」、「分部志津」などが代表作です。

刀 無銘 伝志津(重要美術品)
刀 無銘 伝志津(重要美術品)
無銘
鑑定区分
重要美術品
刃長
73.3
所蔵・伝来
土岐頼芸
(ときよりのり)→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 無銘 伝志津
刀 無銘 伝志津
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
68.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀工「兼氏」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

金重(きんじゅう:美濃)

金重は、関鍛冶の祖と呼ばれる人物。清泉寺(現在の福井県)の住僧で、61歳にして正宗に入門したと言われています。

晩年は、関(現在の岐阜県関市)に住み、関鍛冶の礎を築きました。地鉄が黒ずむなど、作風は北国気質で、優しい姿に穏やかな互の目(ぐのめ)を焼くのが特徴です。

短刀 銘 金重
短刀 銘 金重
金重
鑑定区分
重要刀剣
刃長
28.5
所蔵・伝来
曽我仲祐 →
徳川家
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀工「金重」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

郷義弘(ごうよしひろ:越中)

郷義弘は、27歳で没した名工。越中(現在の富山県)松倉郷出身なので「郷」(ごう)、本名が「大江」なので「江」(ごう)と呼ばれた人物です。

姿は焼幅が広くて相州伝風ですが、正宗のように鋭さがない分、穏やかで品格がある作風。正宗、粟田口吉光と並んで、天下三作と呼ばれました。代表作に、国宝「稲葉江」、国宝「富田江」があります。

刀 無銘 伝江
刀 無銘 伝江
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

「江義弘/郷義弘(ごうよしひろ)」関連YouTube動画

  • 「天下三作・名物三作」刀剣女子に人気

    天下三作・名物三作

  • 郷義広の刀剣~桑名江~

    郷義広の刀剣~桑名江~

則重(のりしげ:越中)

則重は、室町時代の古書「往昔抄」(おうせきしょう)や「埋忠押形」(うめただおしがた)などから、正宗よりも年長であると推察され、二代目「則重」が正宗の下で学んだのではないかという説もあります。

鍛え肌は、独特の「松皮肌」(まつかわはだ)と呼ばれる渦巻状をした物であり、正宗以上に地肌がよく詰んでいます。刃文は金線・砂流しが踊り、多彩な変化を見せ、有銘作の多くは短刀です。

刀工「則重」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

兼光(かねみつ:備前)

兼光」は、備前長船派4代目当主。正宗の刃文を取り入れた、見事な湾れ乱れを焼く覇気に満ちた作風です。切れ味の良さが評判で、大業物に選ばれた20刀工のうちのひとり。

特に、重要文化財の「波泳ぎ兼光」は、斬られた相手が川を泳いで逃げたところ、向こう岸で首が落ちた、または真っ二つになったという言われがあり、有名です。

刀 無銘 伝兼光(金象嵌)本多平八郎忠為所持之
刀 無銘 伝兼光(金象嵌)本多平八郎忠為所持之
(金象嵌)
本多平八郎
忠為所持之
鑑定区分
重要美術品
刃長
71.5
所蔵・伝来
本多忠刻(忠為) →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 金象嵌銘 兼光
刀 金象嵌銘 兼光
(金象嵌銘)兼光
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
73.8
所蔵・伝来
尾張徳川家伝来
黒田家 黒田長好→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀工「兼光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

長義(ちょうぎ/ながよし:備前)

長義は正宗十哲の中でいちばんの年少者。相州伝の荒沸本位の板目鍛えに、備前伝の杢目鍛えを加えているのが特徴です。刃文は大きく湾れた華麗な乱れ刃で、覇気に満ちた作風。兼光と並ぶ、相伝備前の代表工です。

重要文化財の「山姥切」や、佐竹義重が北条氏の騎馬武者を斬ったところ、兜もろとも真っ二つになって馬の左右に落ちたことから名前が付いた「八文字長義」の刀剣が有名です。

短刀  銘  備州長船住長義
短刀 銘 備州長船住長義
表:備州長船
住長義
裏:正平十五年
五月日
鑑定区分
重要文化財
刃長
27.7
所蔵・伝来
豊臣秀吉→
前田利家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀  無銘  伝長義
刀 無銘 伝長義
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
69.8
所蔵・伝来
尾張徳川家家老
竹腰家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀工「長義」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

左安吉(さのやすよし:筑前)

刀身の表に「左」と銘を切ることから、左文字と呼ばれる人物。源慶、左衛門三郎、大左文字とも言われています。

姿が締まり、沸本位の湾れ乱が基調で、沸が付き、覇気に富んだ作風。国宝「江雪左文字」や重要文化財「宗三左文字」(義元左文字)などが代表作です。

宗三左文字/義元左文字

宗三左文字/義元左文字

鑑定区分 刃長 所蔵・伝来
(金象嵌)
永禄三年
五月十九日
義元討捕刻
彼所持刀
織田尾張守信長
重要文化財 67 建勲神社
京都国立博物館
寄託)

刀工「左文字」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

江戸時代に高く評価

北条早雲

北条早雲

鎌倉幕府が討幕し、南北朝が統一されて室町幕府が開かれると、都が鎌倉から京に移されました。鎌倉の相州伝は衰退し、鍛冶達は鎌倉の土地を離れることになるのです。

新藤五国光が興し、行光が研究し、正宗が完成させ、正宗十哲が広めた相州伝は、簡単な伝法ではありません。地鉄の鍛え方、強熱急冷の作業など、かなり高度な技術が必要でした。そのため、戦国時代には、荒沸本位の板目鍛を厳守して継承することはできなくなり、沸なども少なく、品質を保つことができなくなったと見られています。

そんな相州伝の刀剣は、江戸時代に再び高く評価されました。正宗が制作した実用兼美な刀剣は、「享保名物帳」に59振が掲載されるほど。現在でも、正宗の刀剣は国宝9振、重要文化財3振が選ばれ、歴代刀工の中で一番の数を誇ります。

なお、相州伝の正系「綱広」一派は、戦国時代に鎌倉から小田原(現在の神奈川県小田原市)に移住し、新興勢力の後北条氏に仕えました。品質は落ちてしまったものの、綱広一派が作る刀剣は「末相州物」(すえそうしゅうもの)と呼ばれ、江戸時代を経て明治時代まで存続したのです。

北条早雲のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

相模国の地図

相模国の地図

正宗十哲

正宗十哲をSNSでシェアする

「相州伝の名工」の記事を読む


新藤五

新藤五
「新藤五一派」(しんとうごいっぱ)は、「相模国」(さがみのくに:現在の神奈川県)で鎌倉時代後期に活躍した刀工一派です。「粟田口派」(あわたぐちは)の「国綱」(くにつな)が、「北条時宗」(ほうじょうときむね)に招かれ、「山城国」(やましろのくに:現在の京都)から相模国の鎌倉に移住し、子の「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)に日本刀のいろはを教えたことで興った一派とされています。新藤五国光は、「相州伝」(そうしゅうでん:相模国の刀工の作風・系統)の実質的な祖であり、名工で有名な「正宗」(まさむね)・「行光」(ゆきみつ)らの師も務めました。

新藤五

正宗

正宗
「正宗」(まさむね)は、「相模国」(さがみのくに:現在の神奈川県)で鎌倉時代末期から南北朝時代初期に活躍した刀工です。名刀を鍛える刀工として世間一般にも広く周知されており、日本刀の歴史の中でも、最も有名な刀工のひとりと言えます。当時からその腕前は高く評価されており、その作刀は大名たちに大金で購入され、家宝とされてきました。「名物」(めいぶつ:古来有名で、異名を持つ刀剣類)がたいへん多く、「越中国」(えっちゅうのくに:現在の富山県)の刀工「郷義弘」(ごうのよしひろ)や京都の刀工「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)と並んで、世に多くの名物を生み出したのです。

正宗

貞宗三哲

貞宗三哲
「正宗」(まさむね)の弟子のひとり「貞宗」(さだむね)もまた、日本刀史上に多大な影響を与えた人物として知られています。相州伝を目指した後代の刀匠たちは、貞宗を模した「貞宗写し」に取り組みました。この貞宗の下にも技術力の高い3人の弟子がおり、それが「貞宗三哲」(さだむねさんてつ)です。 貞宗の日本刀とは?そして、3人の弟子たちの作品はどのような物なのでしょうか?

貞宗三哲

注目ワード
注目ワード