日本刀コラム

刀剣だけじゃない!鍛冶屋の世界

文字サイズ

古くから日本では、日本刀を鍛える職人のことを「刀鍛冶」(かたなかじ)と呼んでいます。「鍛冶」とは、日本刀などを作るために、鉄(金属)を熱して鍛えながら成形すること。そして、刀鍛冶に限らず、鉄製品を扱い鍛冶を生業にしている職人やお店のことを総称して「鍛冶屋」と呼んでいます。江戸時代以前は、刀鍛冶・鉄砲鍛冶といった武器を作る職人が鍛冶屋として多く活動していました。しかし、泰平の世になり武器が必要とされなくなると、鍛冶屋は様々な形で変容を遂げたのです。刀剣が必要とされなくなった時代の鍛冶に焦点を当て、江戸時代末期から明治時代、大正時代にかけての鍛冶屋の歴史を追うと共に、時代を代表する著名な鍛冶屋についてご紹介します。

鍛冶屋は「武器職人」から「なんでも屋」へ

鍛冶(かじ)という言葉の語源は「金打ち」(かねうち)です。「かねうち」から「かぬち」、「かんぢ」へと変わり、最終的に「かじ」へと変化していったと言われています。古代日本で鉄鍛冶が誕生し、中世に技術の発展で鍛冶屋が増えたあと、戦国期に多くの鍛冶屋が武将のもとで武器職人として日本刀鉄砲を製造していました。

農具

農具

江戸時代になると、泰平の世が続いたことで「刀鍛冶」(かたなかじ)は縮小され、鍛冶屋の役割が細分化されると、日常生活に必要な鉄製品に特化した鍛冶屋が多く登場します。

主に農具などの生活用具を作る職人は「野鍛冶」(のかじ)・「農鍛冶」(のうかじ)と呼ばれ、田畑で使用する鋤(すき)、鍬(くわ)、鎌(かま)や、漁具、山林で使う刃物など、日常的に使う様々な鉄製品を作っていました。

江戸時代における野鍛冶や農鍛冶は、いわゆる鍛冶業界の「なんでも屋」といった存在で、農具の他にも包丁などの調理用刃物、大工道具も製造していたと言われています。かつて、武器を製造していた職人達の多くが、この野鍛冶や農鍛冶へと転身することとなりました。

専業化で登場した「道具鍛冶」

江戸時代末期から明治時代にかけて、さらに鍛冶屋の専業化が進み、大工が使う建築工具を専門とした「道具鍛冶」が登場します。道具鍛冶は、木工用工具の鉋(かんな)や、木材や石材に穴を開ける鑿(のみ)、鋸(のこぎり)などの大工用具を作り、専門的な技術者に向けた製品を世に送り出しました。

切出小刀

切出小刀

また、道具鍛冶が修行時代に最初に作る物として「切出小刀」(きりだしこがたな)という片刃の刃物があります。

切出小刀は、鉄だけで作られている道具のため、鉋や鑿よりも製造工程が単純で、道具鍛冶にとっては初心者向きの製品と言えます。そのため、ほとんどの修行者が、炭割りや洗浄、研磨などの雑務を覚えたあと、初めて鉄を熱して鍛錬して作る物が切出小刀なのです。

切出小刀は、大工などの建築に携わる職人にとっては、他の工具に比べてメジャーな物ではありません。しかし、古くから日本において、傘屋、竹細工師、漆器製造に携わる塗師(ぬし)、茶道具を作る職人などにとっては重要な工具だったのです。また、名工と呼ばれる京都の刀鍛冶「丹波守吉道」(たんばのかみよしみち)が、良質な切出小刀を多く製造していたため、切出小刀は別称で「丹波」とも呼ばれました。

廃刀令による刀鍛冶の転業

明治時代に入ると、鍛冶業界を揺るがす大事件が起こります。1876年(明治9年)に明治政府は士族の帯刀(たいとう)を禁ずる「廃刀令」を発布。これによって、武士は刀剣を奪われ、日本全国から「武士の魂」である日本刀が消えることになりました。それまで、刀鍛冶を専業にしていた鍛冶屋は、江戸時代にはすでに衰退の道を辿っていましたが、廃刀令によって決定的に職を失うこととなってしまったのです。

こうして、明治時代において鍛冶業界では、刀鍛冶の多くが町場の刃物鍛冶へと転業するという大きな変化が起こりました。刀鍛冶は、古くから代々日本刀を作ってきたため、伝統や技術を継承し、誇りを持って仕事に取り組んでいた職人です。同じ鍛冶屋であっても、野鍛冶から専業化した鍛冶屋とは、まったく別の性質を持つ職人だと言えます。そのような刀鍛冶の職人達が道具鍛冶業界に流入したことで、より専門的で精度の高い工具製品が生産されるようになっていったのです。

しかし、もともと刀鍛冶より道具鍛冶が劣っていた訳ではありません。江戸時代後期を代表する刀工「水心子正秀」(すいしんしまさひで)は、鋸鍛冶の鍛錬を手本にするよう弟子にアドバイスしていたと言われています。このことからも、明治以前から道具鍛冶や刃物鍛冶は成熟した技術を持っていたと言えるでしょう。実際に、大工道具に使用する鋼(はがね)は日本刀よりも炭素量や硬度が高く、日本刀の鍛えや焼き入れの鋼では使い物になりません。刀鍛冶が優れた道具鍛冶になるためには、それに対応した技術を習得する必要があったのです。

彫刻刀

彫刻刀

また、明治時代後期の鍛冶屋のなかには、芸術家が使う刃物を作る「彫刻刀鍛冶」を専業にした職人もいました。日本刀に使っていた鋼の彫刻刀は、木彫家を中心とした芸術家から高評を得ることになります。

こうした彫刻刀のなかでも、特定の種類に定評のある名工も現れ、一部の彫刻刀鍛冶は芸術家との交流で新たな道を切り拓いていったのです。

伝統的製鋼から近代的製鋼への転換

明治時代後期から大正時代にかけて、鍛冶業界は再び大きな転換期を迎えます。それまで、日本刀から農具、大工道具に至るまで、鍛冶屋は一般的に「玉鋼」(たまはがね)と呼ばれる和鋼(わこう)を用いて製造してきました。

玉鋼は、日本の古式製鉄法である「たたら製鉄法」のうちの一方法「鉧押し」(けらおし)によって製錬された鋼のなかでも、特に良質な物がこの名で呼ばれています。玉鋼は原料となる多量の砂鉄から作り出せる量が少なかったため高価になり、大量生産には向いていませんでした。

明治期に西洋から高熱処理による製鋼法で作られた洋鋼が輸入されると、玉鋼と比べて大量生産が可能な洋鋼に注目が集まりはじめます。日本古来の伝統を重んじる職人達は、すぐに飛び付くということはしませんでしたが、しかし一部の道具鍛冶は、いち早く洋鋼の可能性に気付き、洋鋼を用いた製造方法の研究に取り掛かりました。こうして玉鋼にこだわることなく、洋鋼を用いる鍛冶屋も次第に増えていったのです。

しかしこの頃、玉鋼から洋鋼に素材を変えたことで、評判を落とす鍛冶屋がいたのも事実でした。洋鋼も様々な種類が出回っていたため、低コストだからと安易に選んだ職人のなかには失敗した者も多くいたのでしょう。一部の名工達は洋鋼であっても素材を見極め、しっかりと研究した上で製造に活かしていたと言われています。

このように、優れた鍛冶屋は時代の変化に順応しながら、道具を扱う人々のために新たなことに挑戦し続けていたのです。

名工と呼ばれた著名な鍛冶屋

江戸時代の名工による「御止鍛冶伝説」

古代より刀鍛冶には名工や刀匠(とうしょう)と呼ばれる人物がいましたが、江戸時代以降の鍛冶屋の世界にも、歴史に名を残した名工と呼ばれる職人がいました。江戸時代には、逸話として語り継がれてきた「御止鍛冶伝説」(おとめかじでんせつ)があります。

盗賊による蔵荒しが多発していた頃、蔵の戸を閉める錠前を見事に切断するといった手口で犯行が繰り返されていました。そして、決まって現場には、錠前を切断した鋸が置かれており、鋸には「中や重左衛門」(なかやじゅうざえもん)や「大久保権平」(おおくぼごんべい)といった(めい)が記されていたのです。

この2人は、錠前を簡単に切断してしまえるほど、切れ味の良い鋸を作っていたということでしょう。事件が多発したことによって、中や重左衛門と大久保権平の主君は、鋸の制作をやめるよう命じたと言われています。良質な鋸を生産していたために、生産を止めなくてはいけなくなったという皮肉なお話です。

あくまでも伝説として語り継がれてきた逸話なので、事実であるかは不明ですが、中や重左衛門と大久保権平は、実際に名工と呼ばれた鍛冶屋であったことは間違いありません。中や重左衛門は、会津(現在の福島県西部)の鍛冶屋で、鋼の焼入れの際に油を使う「油焼き入れ」(あぶらやきいれ:油の中で冷却する方法)を初めて行った人物として知られています。当時、この発明は鍛冶業界で革新的とされ、中や重左衛門はのちに名工として称えられるようになりました。

また、大久保権平は仙台の鍛冶屋で、中や重左衛門と親交があった名工です。後継者不在の際に、お互いが養子縁組をして血脈を存続させたと言われています。

道具鍛冶の名工「千代鶴是秀」

千代鶴是秀

千代鶴是秀

道具鍛冶業界で、最も有名な名工と言えば「千代鶴是秀」(ちよづるこれひで)です。明治時代から昭和時代にかけて活動していた千代鶴是秀は、不世出の名工と称えられた人物であり、大工道具を中心に多数の名品を生み出しました。

千代鶴是秀は、1874年(明治7年)に元上杉家江戸中屋敷近辺の飯倉町(現在の東京都港区麻布地域)に居を構える刀鍛冶の家に生まれます。本名は「加藤廣」(かとうひろし)で、祖父の「加藤八郎」は、「初代・長運斎綱俊」(ちょううんさいつなとし)として、米沢藩(現在の山形県南東部)上杉家のお抱え鍛冶でした。

「2代・長運斎綱俊」(ちょううんさいつなとし)の子として生まれた千代鶴是秀は、幼少期を刀工に囲まれて過ごし、わずか11歳で叔父「石堂寿永」(いしどうとしなが)のもとへ修行に入ります。千代鶴是秀が修行をはじめた頃、鍛冶業界は廃刀令の影響を大きく受けていました。

石堂家は江戸幕府お抱え鍛冶という家系のため、当時はまだ他の刀鍛冶に比べて優遇された立場にあったと言われています。しかし、生活を安定させるためには、刀鍛冶から野鍛冶や道具鍛冶への転業を考えなくてはならず、ちょうど千代鶴是秀が修行に入る頃に、師である石堂寿永は農具や木工具の生産を手掛けはじめていたのです。

石堂寿永が日本刀の鍛錬技術を活かして作る農具は、町でたちまち評判となり、人気の鍛冶屋として知られるようになりました。しかし、大工道具に至っては、まだまだ評判を得ることができなかったと言います。そこで、石堂家は鍛冶屋として挑戦する道を選び、大工道具一本で勝負していくことを決意。こうして、千代鶴是秀も大工道具鍛冶としての修行を本格的にスタートさせたのです。

1891年(明治24年)に師である石堂寿永が亡くなると、千代鶴是秀は師の遺言を胸に、道具鍛冶の名工を目指して躍進し続けます。石堂寿永は遺言で、「あなた達の代は、玉鋼に固執せず、洋鋼を用いてより良質な大工道具を作りなさい」という言葉を弟子に残したのです。まさに、玉鋼から洋鋼の転換期に直面していた千代鶴是秀は、師匠のこの言葉を信じて実直に従い、他の刀鍛冶に先んじて洋鋼を採用しています。師匠が亡くなった翌年の1892年(明治25年)から、「千代鶴」銘を用いるようになり、次世代の名工と呼ばれる存在へと成長していきました。

1899年(明治32年)に麻布で独立を果たした千代鶴是秀は、明治時代から大正時代にかけて多くの名品を生み出し、名工の頂点に昇り詰めます。大正時代中頃、一般的に流通していた鉋は80銭から1円50銭でしたが、千代鶴是秀の作る鉋は5円で最高級品として扱われていました。千代鶴是秀は、良質で職人が使いやすい物を追求しながら、芸術性にも優れた多彩な作品を残しています。

「まあよくも 鉄と暮した 70年」という言葉を残し、千代鶴是秀は1957年(昭和32年)に亡くなりました。そして、今もなお、道具鍛冶の名工の頂に君臨し続けています。どの時代においても、師の言い付けを守り通し研究熱心であった千代鶴是秀だからこそ、たどり着けた境地なのでしょう。

刀剣だけじゃない!鍛冶屋の世界

刀剣だけじゃない!鍛冶屋の世界をSNSでシェアする

「日本刀コラム」の記事を読む


かっこいい名前の日本刀ランキング

かっこいい名前の日本刀ランキング
かつて、有名な武将や大名、武士といった歴史上の実力者達は、名刀と呼ばれる日本刀を所持していました。日本刀の名前には、伝承から付けられたり、作った刀工の名前から取られていたりと、その由来は様々です。日本刀のなかには「かっこいい名前」が付いたものが数多くあります。今回は、「かっこいい名前の日本刀」に焦点を当てて、ランキング形式でご紹介します。ただ単に、「かっこいい名前」というだけではなく、その日本刀の名前の由来や伝承を知ることで、さらに、日本刀への興味が深まるきっかけになること間違いなしです。

かっこいい名前の日本刀ランキング

栗原彦三郎と日本刀及日本趣味

栗原彦三郎と日本刀及日本趣味
「栗原彦三郎」(くりはらひこさぶろう)は、明治時代から昭和時代前期にかけて活動した人物です。雑誌編集者の他、政治家、また刀匠としても活動し、日本刀界においては日本刀廃絶の危機を2度も救ったことから「現代刀保存の立役者」として知られています。 また、栗原彦三郎は「日本刀及日本趣味」(にほんとうおよびにほんしゅみ)と言う月刊雑誌を創刊し、日本刀と「日本文化」の素晴らしさを国内外へ向けて発信しました。栗原彦三郎とはどのような人物で、また栗原彦三郎が創刊した月刊雑誌「日本刀及日本趣味」とは、どのような内容か。ここでは、その概要をご紹介します。

栗原彦三郎と日本刀及日本趣味

刀剣ブームの歴史

刀剣ブームの歴史
バトル系のアニメや漫画などで必ず登場する武器と言えば「刀剣」です。細身で美しい曲線を描く「日本刀」は、「最強の武器」として描かれることが多いのが特徴。また、刀剣が登場する作品が人気になると、子ども達の間では「ごっこ遊び」が流行する他、大人のファン向けに「模造刀」が作刀されることも。ここでは、日本で流行した漫画やゲーム作品に登場した刀剣の概要と、実際にどのような刀剣ブームが起きたのかをご紹介します。

刀剣ブームの歴史

日本刀の豆知識

日本刀の豆知識
日本刀を鑑賞するには、日本刀本体から放たれる美しさを感じ取ることが重要です。しかし、日本刀がどのような扱いを受けて、現代に受け継がれているのかというところにも思いを馳せることで、鑑賞の楽しみがより一層深くなる物。ここでは、そんな日本刀を楽しむポイントをご紹介します。

日本刀の豆知識

時代劇での日本刀

時代劇での日本刀
日本刀の知識が深まって歴史が好きになっていくと、映画やテレビの時代劇にも興味を持つのではないでしょうか。特に、刀の名士と呼ばれた人の話なら、「あの役者が演じるあの武士は、あの日本刀を持っていたはず」、「あの日本刀で殺陣(たて:闘争の演技)をするところがぜひ見たい」と興奮もひとしお。ここを見ると時代考証のツウになれる!?時代劇の注目ポイントをご紹介します。

時代劇での日本刀

日本刀と漆塗り

日本刀と漆塗り
日本刀は、塗鞘(ぬりさや)を筆頭に、刀身、鍔に至るまであらゆる箇所に「漆」(うるし)が施されています。それは、一体なぜなのでしょうか。日本刀と漆では、漆の性質や芸術性、機能性など、日本刀にまつわる漆仕上げについて詳しくご紹介します。

日本刀と漆塗り

妖刀とは

妖刀とは
日本の長い歴史において、戦国時代には、戦いの際の武具として用いられた日本刀。現代では美術品としての価値が見出され、その姿や刃文などの美しさはもちろんのこと、それぞれの日本刀が持つ、伝来にまつわる逸話や伝承について知ることも、日本刀鑑賞の醍醐味となっています。そんな逸話の中でも、波乱に満ちた戦国時代に、「徳川家」において数奇な運命をもたらしたと伝わる1振が、「妖刀」(ようとう)と呼ばれているのです。妖刀の全貌について解説すると共に、アニメや漫画など、フィクションの作品に登場する妖刀についてもご紹介します。

妖刀とは

斬る以外の日本刀の活用方法

斬る以外の日本刀の活用方法
江戸時代、武士が常に携帯していた日本刀ですが、実際に「斬る」ことは、ほとんどありませんでした。しかし、他にも日本刀を活用する道があったのです。それは「兵法」(へいほう)に則った活用法。武士は斬るという「攻撃力」はもちろん「防御力」や「情報分析力」、「論理的思考力」などを、総合して身に付ける必要がありました。武士がどのように日本刀を活用したのか、詳しくご紹介します。

斬る以外の日本刀の活用方法

武士の上位階級 侍とは

武士の上位階級 侍とは
「侍」(さむらい)の名称の由来は、「人に仕える」ことを意味する「侍う/候う」(さぶらう)という言葉にあります。では「侍」は、どのようにして生まれたのでしょうか。その起源は、平安時代までさかのぼります。「武士の上位階級 侍とは」では、侍の歴史をはじめ、侍の定義や地位について、詳しくご説明します。

武士の上位階級 侍とは

注目ワード
注目ワード