代表的な名工

日本三名匠

文字サイズ

刀剣には、「銘」(めい)と呼ばれる刀鍛冶の名前が刻まれています。歴史の中で最初に刀鍛冶の「銘」が切られたのは平安時代。「日本三名匠」と呼ばれる3人の有名な刀鍛冶「宗近」「友成」「安綱」は、銘が切られている刀鍛冶の中で、最も古い時代の刀匠です。現代まで語り継がれてきた名刀には、神秘的な物語と関連付けられた刀剣があります。
そんな、「日本三名匠」と称されるほどの有名な刀鍛冶が鍛えたとされる刀剣には、どのような物があるのでしょうか。現代まで名を馳せる「日本三名匠」の逸話や制作した刀剣についてご紹介します。

有名な刀鍛冶①「宗近」

小狐丸

小狐丸

山城国の「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)は、三条派の始祖。宗近は公家の出身であり、初めから専門の刀鍛冶だった訳ではありません。趣味で日本刀を打っていたところ、腕があまりに良かったために、刀鍛冶として認知されていったということです。

宗近と言えば、名刀「小狐丸」(こぎつねまる)にまつわる謡曲「小鍛冶」が有名なので、あらすじをご紹介します。

一条天皇から新しく御剣を打つように命ぜられた宗近ですが、特別な剣を作るにはそれなりの技術を持った相槌(鍛冶が鉄を鍛えるとき、師弟が交互に槌を打つ)が必要でした。困った宗近が氏神である稲荷明神へ参拝に行くと、少年に声を掛けられます。不思議なことに少年は、御剣の作刀を命ぜられたこともすべてお見通しで、古今の名剣の話をして宗近を力づけました。

宗近が少年の言い付け通り、祭壇を築いて神々に祈りながら仕事にとりかかったところ、狐の精霊が現れて相槌を手伝ってくれたのです。先程の少年と相槌の狐は、稲荷明神の化身でした。こうして、神の力を借りて宝剣を完成させたのが、小鍛冶という物語。現在、小狐丸の所在は不明ですが、佩表には「小鍛冶宗近」、佩裏には「小狐」と銘が切られていたということです。

山陰地方の鉄産業では、古くから、鉄鋼生産者を「大鍛冶屋」と呼び、原鉄を用いて鉄製品を作る人を「小鍛冶屋」と呼んでいました。しかし、小鍛冶という言葉で宗近個人を指すようになった由来については、はっきりしたことは分かっていません。

有名な刀鍛冶②「友成」

父「実成」と共に一条天皇に召され、日本刀を鍛えたのが備前国の「友成」です。備前国は、古墳時代から鉄文化が栄えていました。それに加え吉井川が近くにあるため、材料となる鉄を運ぶにも便利。そして、製品となった日本刀を瀬戸内海から全国へ出荷するにも都合が良く、流通に恵まれていました。

友成の名は永延から嘉禎まで続き、友成がひとり鍛冶だとすると250年も生きたことになるので、古備前派に友成を名乗るグループがいたと考えるのが自然です。なお、「備前国友成造」や「友成作」の他、友成の銘があり、長銘である程古風な趣を持っていました。

友成の日本刀には、「鶯」や「鯨」という名が付けられた物があるものの、その由来に関するファンタジックな物語は伝わっていません。別の言い方をすれば、友成の日本刀には、切れ味をアピールするような武勇伝が必要なかったとも言えます。戦で使われた実績よりも、公家の宝として代々伝わったのちに天皇に献上された日本刀や、厳島神社に奉納された日本刀が有名です。

有名な刀鍛冶③「安綱」

源頼光

源頼光

「安綱」の活躍した伯耆国(ほうきのくに)大原は、最上級の砂鉄「真砂砂鉄」(まさごさてつ)が取れ、よく切れる日本刀の産地です。

安綱の日本刀は、数々の武勇伝を持つ「源頼光」(みなもとのよりみつ)が佩用していました。そのため、「土蜘蛛」などの妖魔を退治した伝説と共に伝えられています。

鬼切安綱

まずは頼光の前に、家臣のひとりである「渡辺綱」(わたなべのつな)の伝説をご紹介します。綱は、頼光から借りた「鬼切安綱」(おにきりやすつな)で、鬼の腕を切ったと伝えられる人物。

そのエピソードは、「太平記」や「御伽草子」などの文学作品だけでなく、能・歌舞伎舞踊・長唄などにも登場し、多くの人に親しまれてきましたが、言い伝えによって細部に少々異なる点も。

例えば、「平家物語」に登場する鬼。夜中に一条戻橋を通りかかった綱の前に、美しい女性として登場し、綱の馬に乗せてもらったところで正体を現します。ところが、能の「羅生門」に登場する鬼は、綱の方から羅生門に向かい、激しい雨の中で出現。なぜ綱がお供も連れず羅生門に向かうことになったかと言うと、酒宴の席で鬼が出ると主張する「平井保昌」(ひらいやすまさ)と、出ないと主張する綱の間で言い争いになり、綱がひとりで確かめに行くことになったからです。

この他、鬼の正体を「宇治の橋姫」とする説や、「茨木童子」(いばらきどうじ)とする説もありますが、綱が鬼の手を切り落とし、その後、綱のもとに鬼が腕を取り戻しにやってくる設定は、おおむね共通しています。

渡辺綱が鬼の腕を切ったとされる鬼切。この日本刀は、元々「髭切」(ひげきり)という名を持ち、さらに北野天満宮へ奉納されるまでに「獅子の子」や「友切」とも呼ばれ、何度も名前を変えています。源氏がこの日本刀を家宝にしていた時代には、戦況が芳しくないのは友切という名前のせいだとして、髭切に戻したことがありました。このように、所有する人間の都合によって、日本刀の名前すら変わってしまうこともあるのです。

童子切安綱

童子切安綱

童子切安綱

安綱作の「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)は国宝にも指定されており、現存するすべての日本刀の中でも最高傑作と知られる「大包平」(おおかねひら)と共に、「日本刀の東西の両横綱」と称される名刀です。その切れ味を物語るエピソードとして、江戸時代に町田長太夫が試し切りを行なったところ、六体の死体を切断するばかりか木製の土台まで切れたという話が伝わっています。

童子切安綱を語る上で、「酒呑童子伝説」は外せません。伝説によると、丹波の大江山に住む「酒呑童子」(しゅてんどうじ)が、京都の町に度々出没しては治安を乱していました。朝廷は源頼光に酒呑童子の退治を命じます。山伏に変装した頼光とその家臣たちは、酒呑童子に毒酒を飲ませることに成功し、酔いつぶれた隙を見て首を取りました。その童子退治に使用されたのが、童子切安綱であったのです。

さらに、頼光が倒したと伝えられている土蜘蛛にも触れておきましょう。土蜘蛛という言葉は、朝廷に恭順しない豪族を指す言葉として使われていた過去がありました。また、前述の酒呑童子は山賊化した外国人だったとする説も。つまり、名刀に切り倒された者とは妖魔の類ではなく、朝廷にとって都合の悪い勢力のことだったと考えられるのです。そして、名刀物語は武士の武勇を賛美するために、あるいは、刀工の弟子やスポンサーが宣伝のために作り出した創作の確率があると言えます。

ただし、見逃せないのは必ずしも権力者にとって都合の良いエピソードばかりが語り継がれている訳ではない点です。酒呑童子は、騙し討ちを仕掛けられたことに対して頼光らを激しく非難しました。さらに、退治された酒呑童子に対する同情や哀悼の描写も物語の中で多く見られ、そうなった背景には、政治を私物化していた権力者に対し民衆が密かに抱いていた反抗精神が絡んでいるという見方ができます。民衆の思いが、退治された酒呑童子と共鳴し、「鬼神に横道なきものを」(鬼だって道理に外れたことはしないという意味)と叫ぶ物語として受け継がれてきたという訳です。

彼らと同じ時代を生きていない私たちは、起源について推測するしかなく、妖魔の存在も完全に否定できません。しかし創作と当時の社会情勢、語り継ぐ人たちの思いが複雑に絡み合って現代に伝わっているのが、名刀物語であると言えるのではないでしょうか。

  • 太刀 朱銘 友成

    「友成」の刀剣をご覧頂けます。

  • 刀 無銘 伝安綱

    「安綱」の刀剣をご覧頂けます。

  • 天下五剣について詳しくご紹介します。

  • 天下五剣に数えられる「三日月宗近」の刀工やエピソードについて解説します。

  • 天下五剣に数えられる「鬼丸国綱」の刀工やエピソードについて解説します。

  • 天下五剣に数えられる「童子切安綱」の刀工やエピソードについて解説します。

日本三名匠

日本三名匠をSNSでシェアする

「代表的な名工」の記事を読む


豊後刀

豊後刀
豊後(ぶんご:現在の大分県)では、中世から近世にかけて多くの刀工が活躍しました。「品位に乏しく、凡作にて丈夫で折れず、曲らず、良く切れる」と言われた豊後刀。美術工芸品としてはいまひとつだが、実用品としては丈夫でよく切れるということです。ここでは、豊後近辺で活躍した名工達や、「高田物」と呼ばれる豊後の日本刀についてご紹介します。

豊後刀

堀川一門

堀川一門
「堀川国広」(ほりかわくにひろ)は、桃山時代を代表する刀工。優れた技術を誇っただけではなく、多くの弟子を育てたことでも有名です。彼らは「堀川一門」と呼ばれています。ここでは、新刀の第一人者と称される堀川国広についてご紹介します。

堀川一門

江戸三作

江戸三作
江戸時代中期以降、長く平和な時代が続いたために、日本刀の需要も次第に減っていきました。刀鍛冶の手法そのものも簡素化されることとなり、かつては隆盛を極めた各地の刀工達も苦しい状況に陥ります。しかし、1772年(安永元年)に始まる安永期になると、「水心子正秀」(すいしんしまさひで)をはじめとする意欲的な刀工達が登場して「刀剣復古論」を提唱。「刀剣復古論」とは、南北朝時代から室町時代初期頃の「古刀」(ことう)の鍛錬法に復元すべきであるという主張です。彼らは、古い時代の日本刀を研究し、さらに、製鉄技術の進歩によって得られた地鉄(じがね)を用いて、「新々刀」(しんしんとう)と呼ばれる新しい日本刀を作り上げます。新々刀は、日本刀の革新となり、1876年(明治9年)の「廃刀令」まで制作されました。

江戸三作

天下三作

天下三作
「天下三作」(てんがさんさく)とは、「名物三作」(めいぶつさんさく)とも呼ばれており、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)と言う「名物」(めいぶつ:古来有名で、通名がある日本刀)の日本刀台帳に「天下の3名工」として記載されている3人の刀工です。鎌倉時代中期に「山城国」(やましろのくに:現在の京都)で活躍した「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)、鎌倉時代末期から南北朝時代に「相模国」(さがみのくに:現在の神奈川県)で活躍した「五郎入道正宗」(ごろうにゅうどうまさむね)、南北朝時代に「越中国」(えっちゅうのくに:現在の富山県)で活躍した「郷義弘」(ごうのよしひろ)とその作刀を指します。天下人として名を馳せ、熱心な日本刀の収集家でもあった「豊臣秀吉」が珍重したことでも有名です。

天下三作

村正

村正
「村正」(むらまさ)は、伊勢国桑名郡(いせのくにくわなぐん:現在の三重県桑名市)で室町時代から江戸時代初期にかけて活躍した刀工一派です。徳川家の人間の死や負傷にかかわった凶器が、ことごとく村正の刀剣(日本刀)だったことから「妖刀村正」と恐れられ、広く人々に周知されるようになりました。その後、村正の刀剣(日本刀)は「持ち主に祟りがある」、「抜けば血を見ずには治まらない」と囁かれたため、大名や旗本が村正の使用を避けたとされています。 村正は、系譜をはじめ、古くから諸説が囁かれる刀工一派で、いまだに決定的な定説のないミステリアスな刀工一派です。こちらのページでは、村正の刀剣(日本刀)の始まりや刀剣村正の代表的な刀工、刀剣村正の特徴などをご紹介します。

村正

左文字

左文字
「左文字一派」(さもんじいっぱ)は、「筑前国」(ちくぜんのくに:現在の福岡県)で鎌倉時代後期から室町時代初期に日本刀を制作し、活躍した一派です。九州地方で最も卓越した技巧を持つ一門とされています。筑前国のある九州地方は、「大和伝」(やまとでん)の刀工が多いことで知られおり、初期の左文字派は大和伝の作風でしたが、一派の刀工のひとりである「左安吉」(さのやすよし:のちの左文字)が「相模国」(さがみのくに:現在の神奈川県)の有名な刀工「正宗」(まさむね)に入門し、「正宗十哲」(まさむねじってつ:正宗の弟子の中でも特に優れた10人の弟子)に数えられたことにより、「相州伝」(そうしゅうでん)を修得したため、相州伝の日本刀を制作するようになっていきました。

左文字

青江派

青江派
「青江派」(あおえは)とは、備中国青江(びっちゅうのくにあおえ:現在の岡山県倉敷市)で活躍したとされる刀匠の一派です。隣国である備前国邑久郡長船(びぜんのくにおくぐんおさふね:現在の岡山県瀬戸内市)の「備前長船派」とほぼときを同じくして共に繁栄し、平安末期から鎌倉・南北朝時代にかけて名声を上げました。その後、松山(現在の高梁市)や備中片山庄(現在の総社市周辺)で栄えた豪族の「上神氏」などのもとで武士と刀鍛冶を兼任していた背景から、南北朝時代に入って起こった政争の影響を受け、豪族達と共に衰退の運命に巻き込まれていったのです。

青江派

尾張三作

尾張三作
愛知県の尾張地区と言えば、「織田信長」と「豊臣秀吉」の出身地であり、また「徳川家康」にもゆかりのある地域です。彼ら三英傑が活躍した室町末期から江戸初頭というのは、権力の変遷が目まぐるしい激動の時代。そして、刀剣史上でも、古刀から新刀へ移る過渡期でした。優れた刀剣、優れた刀工は、権力者のもとへ集まってくると言いますが、「尾張三作」と呼ばれる優秀な刀工達も、この時代に名古屋の地へやってきたのです。では、この背景にはどのようなことがあったのでしょうか。そして、時の権力者と彼らの関係はどのような物だったのでしょうか。

尾張三作

注目ワード

注目ワード