日本刀を所有する

銃砲刀剣類所持等取締法

文字サイズ

「銃砲刀剣類所持等取締法」(銃刀法)は、銃砲や刀剣類などの所持・使用等に関して、人に危害が及ぶ事態を防止する上で必要な規則について定める法律です。1958年(昭和33年)3月10日に公布され、同年の4月1日に施行されました。この銃刀法により、日本では刀剣類を所持することはできません。ただし、「美術品」として認められている日本刀に限り、自分名義の「銃砲刀剣類登録証」(登録証)があれば所持することが可能であり、正当な理由があれば携帯することもできます。日本刀を所持する上で必ず知っておかなければならない「銃砲刀剣類所持等取締法」について詳しく見ていきましょう。

銃砲刀剣類所持等取締法の概要

「銃砲刀剣類所持等取締法」(銃刀法)は第1条から第37条まであり、法律の趣旨や「銃砲」・「刀剣類」の定義、所持の禁止、輸入の禁止、譲渡・譲受等の禁止、また所持の許可・申請、許可の基準、携帯の禁止、そして罰則などについて、詳細に記されています。

銃砲や刀剣類はもともと武器であり、人に危害を加える恐れがあるため、これらの所持・携帯を規制する法律が定められているのです。この記事では、銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)に関して、刀剣類に焦点を絞って取り上げていきます。

銃刀法が定める刀剣類とは

銃刀法における刀剣類とは、刃渡り15cm以上の刀・槍・薙刀、刃渡り5.5cm以上の、合口(あいくち)及び45度以上に自動的に開刃する飛出しナイフを指し、法令によって職務のために必要とする場合などを除き、原則として所持は禁止です。

また、銃刀法の第22条では、「何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、内閣府令で定めるところにより計った刃体の長さが六センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない」として、携帯することも禁止しています。これに違反した場合は、2年以下の懲役または300,000円以下の罰金に処せられることとなるのです。

銃砲刀剣類所持等取締法における日本刀の扱い

刃長が60cmを超える「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)などの日本刀は、当然この銃刀法が定める刀剣類に該当し、所持禁止の対象となっています。刃長30cm以下の「短刀」でも銃刀法の規制を免れることはありません。

では、なぜ愛刀家の方や、近年の日本刀ブームによって深く興味を抱いた新しいファンの方であっても日本刀を所持することができるのでしょうか。それは、日本刀が武器である一方で、大切に受け継いでいくべき美術品や骨董品という一面もあり、これが重視されているからです。

美術品もしくは骨董品としての価値が認められた日本刀は、銃砲刀剣類所持等取締法第14条に基づき、各都道府県教育委員会によって登録され、「銃砲刀剣類登録証」(登録証)が交付されます。この登録証は日本刀1振1振に付属するもので、登録証のある日本刀は所持することが可能なのです。なお、各都道府県の公安委員会が発行する「刀剣類所持許可証」がある場合は登録証がなくてもかまいません。

日本刀を所持するためには

銃砲刀剣類登録証は、日本独自の製法によって鍛えられ、焼き入れを施されていることや、美術品にふさわしい健全な刀身であることなどの条件をクリアした日本刀だけに交付されます。

日本刀の専門店である「刀剣商」(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)で購入した日本刀には必ず登録証が付いてきますので、新たに入手したときには購入日から20日以内に、登録証に記載された都道府県教育委員会へ「所有者変更届」を提出しましょう。

登録証のある日本刀を相続・譲受した場合も同じです。自宅を片付けていたら日本刀が見つかったときなど、日本刀に登録証が付随していなかった場合は、最寄りの警察署へ連絡し、「銃砲刀剣類等発見届」(発見届)を提出して下さい。

すみやかに連絡すれば、登録証のない日本刀があったとしても警察から咎められることはありません。発見届を提出すると「発見届出済証」が警察で交付されますので、各都道府県教育委員会へ登録申請をします。

その後、各都道府県が開催する「銃砲刀剣類登録審査会」(審査会)を受審しましょう。審査会で美術品として認定され登録証を取得すれば、その日本刀を所持することができます。

パブリネット 警察署
遺品等で銃砲刀剣類登録証が見つからない場合をはじめ、盗難や紛失、保管を委託する場合は、警察署への届出が必要です。
銃砲刀剣類登録証を提出 都道府県教育委員会一覧
刀剣類の購入や譲渡・相続の際には、名義変更届を教育委員会に提出します。お住まいの地域からお探し下さい。

日本刀を携帯する場合

日本刀は基本的には携帯することが禁じられており、家など所蔵されている場所から持ち出すことはできません。ただし、正当な理由があれば持ち運ぶことができます。この正当な理由とは、刀剣商で日本刀を購入して持ち帰るとき、または売却のために持って行く場合などです。

「人に見せるため」、あるいは「短刀を護身用として」などは正当な理由にはなりませんのでご注意下さい。また、正当な理由があって携帯する際も、すぐ使用できる状態にあると銃刀法違反となります。持ち運ぶときには、に収めた上で専用の刀袋や風呂敷、ゴルフバッグ、アタッシュケースなどに入れて簡単には取り出せないようにしなければなりません。

周囲の人々に無用な不安を抱かせないためにも、日本刀を持っているとは分からないようにする必要があるのです。さらに、銃砲刀剣類登録証も一緒に持っていることは必須。コピーでは効力がないため、必ず原本を携帯して下さい。

刀剣類ではない刃物も携帯は禁止

もともと武器として作られた日本刀ですが、銃砲刀剣類登録証または刀剣類所持許可証があれば所持することができ、正当な理由がある場合に限り持ち運ぶこともできます。では、日常生活で使う道具として作られた包丁やカッターナイフなどの「刃物類」は、銃砲刀剣類所持等取締法ではどのように規定されているのでしょうか。

「刃物類」を所持する場合、登録証は不要ですが、刃体の長さが6cmを超える刃物類も正当な理由なく携帯することはできません。この正当な理由とは、「業務で使用する」、「ナイフをキャンプで使う」、「購入した店から持ち帰る」などです。

防犯・護身用などは刀剣類と同じく正当な理由にはならないのです。また「模造刀剣類」については、鉄以外のアルミ合金などを材料として刃を備えていませんが、やはり「居合道・抜刀道の稽古に使う」などの正当な理由がなければ持ち歩くことはできません。

そして刃物類や模造刀剣類も、持ち歩く際は必ずバッグやケースに収め、すぐには取り出せないようにしておくことが重要です。

  • 刀専用の携帯袋
    刀専用の携帯袋
  • ジュラルミンケースに収めた刀剣
    ジュラルミンケースに収めた刀剣

銃砲刀剣類所持等取締法の施行規則

銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)は、銃砲・刀剣類などの所持・使用に関して危害予防に必要な規則を定める法律で、国会の決議により発出されました。様々な場面での罰則まで詳細に定められているものの、日本全国で起こり得る事案の細部まで網羅(もうら)することは不可能であり現実的ではありません。

そこで、銃刀法だけではカバーできない細かな部分を補うことになっているのが、「銃砲刀剣類所持等取締法施行令」及び「銃砲刀剣類所持等取締法施行規則」です。例えば、銃刀法第24条2では、銃砲または刀剣類を所持していると疑わしき人物が不審な行動を取っていると警察官が判断した場合、その銃砲刀剣類を提示させ調べることができるとされ、さらに第24条2の第2項には、人に危害を加える恐れがあれば、これを防止するために警察官が銃砲刀剣類を一時的に保管できるとあります。

このとき、銃砲刀剣類の持ち主に対して、「銃砲刀剣類等一時保管書」を交付すると定めているのが銃砲刀剣類所持等取締法施行規則の第105条なのです。つまり、警察官が危害を防止するために一時的に銃砲刀剣類を預かるところまでは銃刀法に則って行われますが、その後の事務的な手続については施行規則に従うことになります。

また別の例として、猟銃や競技用の空気銃の練習を行う射撃場の指定については、銃刀法第9条の9にて規定。一方、射撃場指定の申請手続に関しては、施行規則の第50条に詳細が記されています。

銃砲刀剣類所持等取締法の改正内容について

銃砲刀剣類所持等取締法の改定で所持が禁止になったもの

銃砲刀剣類所持等取締法の改定で
所持が禁止になったもの

銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)が制定されるきっかけになったのは、「第2次世界大戦」後にGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の指令によって日本軍の武装解除と解体を目的に定められた「銃砲等所持禁止令」です。

最初は軍事的な目的を主眼としていましたが、のちに社会情勢に沿うかたちで改正が行われ、銃刀法は治安の維持と犯罪抑止において重要な役割を果たすこととなります。

現在の銃砲刀剣類所持等取締法という名称に定められたのは1965年(昭和40年)7月15日の改正法施行時です。その後も適宜改正は行われており、近年の改正としては、2009年(平成21年)1月5日より、刃渡り5.5cm以上の剣は原則として所持が禁止となりました。

該当する剣とは、「ダガーナイフ」など刀身(剣身)の両側に刃の付いている刃物です。美術品として認められ、銃砲刀剣類登録証が交付されている「剣」はここには含まれていません。また、2021年(令和3年)6月11日に公布された改正法により、クロスボウ(ボウガン)の所持が原則禁止され、許可制となりました。

クロスボウ(ボウガン)とは、矢を発射する武器のひとつで、銃のように構えて放つことができるのが特徴です。クロスボウを使用した死傷事件が大きな社会問題となったことから、規制を設けるべきと判断され法律改正に至りました。

日本刀ファンには身近な法律

銃砲や刀剣類を使用した犯罪を未然に防ぐことを目的とした銃砲刀剣類所持等取締法。日本刀ファンにとっては身近な法律であると言えます。日本刀を所持すること、そして日本刀文化を受け継いでいくことを心置きなく楽しめるよう、銃刀法の重要性についてしっかりと心に留めておきましょう。

銃砲刀剣類所持等取締法

銃砲刀剣類所持等取締法をSNSでシェアする

「日本刀を所有する」の記事を読む


刀剣の審査

刀剣の審査
公益財団法人日本美術刀剣保存協会(以下:日刀保)は、刀剣を①「特別重要刀剣」②「重要刀剣」③「特別保存刀剣」④「保存刀剣」の4段階にランクを設定して審査し、鑑定を行っています。また、特別重要刀剣、重要刀剣、特別保存刀剣、保存刀剣の4段階に評価された刀剣には、鑑定書が発行され、これは優れた刀剣であることを示す物です。「刀剣の審査」について、手順や注意点をご説明します。

刀剣の審査

日本刀の相続・名義変更

日本刀の相続・名義変更
日本人の誇るべき文化を今に伝える日本刀は、史料としてだけでなく、資産としても大変な価値があるもの。親が遺した蔵や倉庫を整理していて思いがけず発見したり、相続で受け継いだりした場合には、まず何を行なえば良いのでしょうか。日本刀の保管や相続の方法が分からず、うっかり放置して法律違反にならないためにも、発見や相続によって手に入れた日本刀の扱い方について解説します。

日本刀の相続・名義変更

日本刀のオークション

日本刀のオークション
日本刀を入手したり、手放そうと思ったりした際、刀剣商で買い取りや売却を行うのが一般的。しかし、なかにはオークションでの購入や売却を考える人が増えてきています。その場合、どこで日本刀オークションが開催されるのか、ネットオークションは信用できるものなのかなど、疑問に思う人もいるでしょう。ここでは、日本刀のオークションについて解説します。さらに、オークションを運営する「カーム株式会社」(愛知県名古屋市)にインタビューを行い、日本刀のオークションがどのようなものなのか、流れやその様子を伺いました。

日本刀のオークション

銃砲刀剣類登録証を提出

銃砲刀剣類登録証を提出
刀剣・日本刀を譲渡・相続する場合や、新たに購入した際には教育委員会が発行する「銃砲刀剣類登録証」が必須となります。譲渡や相続・新規に購入する場合は、登録証に記載されている教育委員会に名義変更届けを提出することが必要です。

銃砲刀剣類登録証を提出

古物商とは

古物商とは
「古物商」は、「古物営業法」に定められた「古物」の買取・販売、交換、レンタルを商売として行なう業者・個人のことです。この古物営業を行なうには、「古物商許可証」が必要となります。「日本刀」を専門に取り扱う「刀剣商」(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)も古物商です。 古物商とは、具体的にはどのような店舗で、どんな種類があるのでしょうか。古物商に欠かせない資格の申請・許可の流れも含めて見ていきましょう。また、日本刀を売却・購入するときに、古物商の中でも特に刀剣商(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)を利用するべき理由についても解説していきます。

古物商とは

刀剣商(刀屋)とは

刀剣商(刀屋)とは
自身の好みに合う日本刀を手に入れるのは、刀剣に興味を持つ人ならば誰しも思うこと。けれど刀剣初心者の場合、「いざ購入しよう」となったとしてもどんな風に選べばいいのか分かりません。あるいは、家に代々伝わる日本刀などの売却を考えている場合なども買取方法が分からなくて困ることがあります。 そんなときどこに相談するのが1番良いかと言えば、日本刀を専門に扱う「刀屋」がおすすめです。刀屋でしたら安心して販売や買取を任せることができます。では、刀屋では具体的にどのように刀剣販売・刀剣買取を行っているのかを解説していきましょう。

刀剣商(刀屋)とは

刀剣の正しい運搬方法

刀剣の正しい運搬方法
本来、日本では刀剣類を所持することは「銃砲刀剣類所持等取締法」で禁止されています。ただし、自分名義の「銃砲刀剣類登録証」があれば「美術品」として認められ、所持することが可能になり、正当な理由があれば携帯することも可能です。なお、この登録証付きの日本刀は、持ち運ぶ際にも注意事項がありますので、正しく理解し安全に持ち運びましょう。

刀剣の正しい運搬方法

刀剣の輸入・輸出

刀剣の輸入・輸出
日本独自の伝統工芸品である、日本刀。中国大陸から伝わった刀剣は、鍛錬技術の発展により、平安時代中期を境に、反りのある日本刀へと進化。日本刀は、武器としての強靱さもさることながら、美術品としても、非常に高い評価を得ています。そのため、刀剣の愛好家やコレクターは、日本国内に留まらず、海外にも多く存在しており、これまで数々の刀剣が、様々な国を通じて取引されてきました。現在でも、刀剣を手に入れたいと考える人は少なくないでしょう。ここでは、刀剣の輸出・輸入について、その方法や注意点も含めて、ご紹介します。

刀剣の輸入・輸出

日本刀の飾り方

日本刀の飾り方
日本刀を持つことになったら、飾り方、保管の仕方など、正しい知識が必要になります。通常、博物館や美術館では刀身(とうしん:抜身)のみ、もしくは刀身と拵(こしらえ:日本刀の外装のことで、鞘、柄、鍔を指す)の両方を展示します。では、自宅で日本刀を扱うための作法とはどんなものでしょうか。自宅での正しい飾り方や、保管の仕方、そして楽しみ方をご紹介します。

日本刀の飾り方

注目ワード
注目ワード