歴史上の人物と日本刀

徳川家光と諏訪氏の関係から見る名刀 貞真の価値とは?

文字サイズ

江戸幕府第3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)と言えば、「武家諸法度」(ぶけしょはっと)を改定して諸大名の参勤交代を義務化したり、「鎖国令」を発布したりと、幕府の基礎を確立するためにその力の限りを尽くしてきた将軍です。約260年間にも亘る江戸幕府の存続は、家光の政治力なくしては有り得なかったと言っても過言ではありません。 剣術を好んで学び、その腕前は、「柳生新陰流」(やぎゅうしんかげりゅう)の免許を皆伝されるほどであった家光。彼が所持していた日本刀と、それを拝領された大名「諏訪忠恒」(すわただつね)、及び諏訪氏との関係についてご紹介します。

神職の名門・諏訪氏が徳川家に仕えるまで

諏訪大社

諏訪大社

諏訪氏は、長野県諏訪市にある「諏訪大社」上社において、代々「大祝」(おおほうり:神道において神に仕える職)に就いていた由緒正しい家柄。それと同時に信濃国(しなののくに)諏訪の地の領主でもありました。

しかし、1542年(天文11年)に「武田信玄」の侵攻により、諏訪氏の宗家は滅亡。諏訪氏は武田氏の支配下に置かれますが、武田一族の許しを得て諏訪大社の大祝の職を剥奪されることは免れます。そして、諏訪氏の第19代当主・諏訪頼重(よりしげ)の従兄弟であった頼忠(よりただ)がその職を継ぎ、諏訪氏は生き残りました。

1582年(天正10年)3月、織田信長徳川家康連合軍の猛攻に屈し、「武田勝頼」(かつより)が自害。これにより武田氏が滅ぶと同年6月に「本能寺の変」が起き、信濃・甲斐(かい)を巡る「天正壬午の乱」(てんしょうじんごのらん)が徳川家康と「北条氏直」(ほうじょううじなお)との間で勃発します。これを好機と見た頼忠は、諏訪の旧臣と共に蜂起し、信長に任じられて「高島城」(たかしまじょう)の代官となっていた「弓削重蔵」(ゆげじゅうぞう)を駆逐。諏訪氏の再起を図りました。その際、家康軍が信濃を侵攻し、家康と諏訪氏は対立する形となりましたが、12月には和睦。諏訪氏は徳川家に家臣として仕えることになったのです。

諏訪氏が徳川家の信頼を得ていたことが分かる3つの理由

1.徳川家への忠誠心を戦でアピール

徳川家康

徳川家康

1577年(天正5年)、頼忠は息子・頼水(よりみず)に大祝の職を譲り、1590年(天正18年)の「小田原征伐」に父子で従軍。

その後、家康が秀吉に関東移封を命じられると慣れ親しんだ諏訪の地を離れ、家康と共に関東へ移ることを決意。武蔵国(むさしのくに)に1万2,000石で封じられ、のちに上野国総社(こうずけのくにそうじゃ)に転封となります。

1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」では、第2代将軍「徳川秀忠」の軍に属することになった頼忠父子。頼忠は江戸城の留守番役を担い、頼水は「上田城」攻めに参戦。その武功を称え、家康は諏訪氏に信濃高島城2万7,000石を与えました。つまり、これは諏訪氏の旧領復帰を意味し、これまでの戦における諏訪氏の活躍ぶりから家康は彼らの忠誠心を認め、諏訪氏代々の念願を叶えたのです。

2.家康の実子の身柄を預けられるほどの信頼関係

家康が亡くなったあとの1616年(元和2年)、秀忠は家康の六男で弟の「松平忠輝」(まつだいらただてる)を、1615年(慶長20年)の「大坂夏の陣」の際、大和口の総大将であったのにもかかわらず遅参したなどという理由から改易を命じます。このとき、忠輝の身柄が頼水のもとに預けられることになりました。

改易という罰を科すためと言っても、忠輝は家康の実子。徳川家が諏訪氏に、全幅の信頼を寄せていなければ、頼水に任せるようなことはなかったはず。そして諏訪氏はその信頼に応え、忠輝が生涯を終えるまで面倒を見ました。

また、1634年(寛永11年)には、頼水が家光からの杯と饗膳(きょうぜん:客をもてなす料理の膳)を受けたという史実も残っています。これら一連のエピソードは、徳川家の家臣の中では新参者であった諏訪氏が、やがて徳川家と固い絆で結ばれた証しだと言えるのです。

3.元服の際に将軍に謁見、日本刀を賜る

江戸時代には、将軍の直属家臣達の格式は、公式に将軍に謁見(えっけん:貴人や目上の人のお目にかかること)できるかどうかということで決められていました。特に元服(げんぷく:男子が成人になったことを祝う儀式)の際に初めて登城(とじょう:幕府に出勤すること)し、将軍に謁見することを「乗出し」(のりだし)と呼んで称えられており、諏訪氏もまた、譜代大名としてそれが許されていたのです。

頼水の長男で信濃国諏訪藩第2代藩主となる忠恒は、1607年(慶長12年)、13歳のときに元服し、徳川秀忠に謁見しています。その際、秀忠の偏諱(へんき:貴人の名前の2文字のうち、通字でない1文字のこと。江戸時代には、恩賞として主君から臣下に与えられていた)として「忠」の字を賜り、忠恒は初名となる「忠頼」(ただより)を名乗るようになります。諏訪氏の通字は「頼」でしたが、これ以降「忠」の字に変わりました。

秀忠への謁見で忠恒が賜ったのはそれだけではありません。乗出しでは、将軍から偏諱の他に官位と日本刀を賜るのが慣例となっていました。どちらも一人前の武士としての証しとなる物ですが、中でも日本刀は武家にとっては代々受け継がれる財産であり、武士の命とも言える物。将軍から直々にそれを賜ることは、武士にとって最高の栄誉だったのではないでしょうか。

諏訪忠恒が徳川家光より拝領した太刀「貞真」とは?

忠恒が徳川家より日本刀を賜ったのは、乗出しのときだけではありませんでした。いつ頃であったかは定かではありませんが、徳川家光より貞真(さだざね)という太刀を賜っています。

太刀  貞真
太刀 貞真
貞真
鑑定区分
重要美術品
刃長
74.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

「貞真」は、平安時代中期に備前国(びぜんのくに)でおこった刀工集団「古備前」に引き続いて鎌倉時代初期に現れた一文字系統のひとつ、「福岡一文字」に属していた刀工「宗忠」の子。福岡一文字の中でも、宗忠や貞真ら鎌倉初期に活躍した刀工達は「古一文字」と称されています。

一文字系統の刀工達は、太刀の銘として茎(なかご)に「一」の字を切るのが通例でしたが、古一文字の刀工達は個人銘を切るのみで、こちらの太刀の銘も同様に一の字はなく、個人銘である貞真だけが切られています。この刀の作風は、直刃調で小乱れという古備前派の特色を継承しつつも、一文字系統初期によく見られた小丁子乱れに地沸が付く典型的な物になっています。

徳川家光

徳川家光

鎌倉時代、後鳥羽(ごとば)上皇は「御番鍛冶」(ごばんかじ)として、名人と評される刀工を12名招集し、月番を定めて鍛刀させていましたが、福岡一文字から選出された刀工の数はなんと7名。これは当然、その技術力の高さを買われてのこと。

現代においても、備前伝の多くの刀工達が一文字の作風を目指していると言われており、どれほど優秀な刀工集団であったかが窺えます。その流れを汲む貞真もまた、優れた技能を持った刀工であったことは想像に難くありません。

そのような日本刀を家光が忠恒に譲ったことから、徳川家は諏訪氏に一目置いていたことが分かるのです。

徳川家康と城
徳川家康の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。

徳川家光と諏訪氏の関係から見る名刀 貞真の価値とは?

徳川家光と諏訪氏の関係から見る名刀 貞真の価値...をSNSでシェアする

「歴史上の人物と日本刀」の記事を読む


紀州徳川家の家老・三浦将監の刀 銘 和泉守兼定作

紀州徳川家の家老・三浦将監の刀 銘 和泉守兼定作
「紀州徳川家」とは、紀伊国(現在の和歌山県と三重県南部)を治めた徳川家康の十男「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)を祖とする一族です。その家老「三浦将監」(みうらしょうげん)の指料(さしりょう:腰に差す刀剣)が、「刀 銘 和泉守兼定作[金象嵌]二ツ胴 三浦将監所持」。名匠「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)が作刀し、1996年(平成8年)に「特別重要刀剣」に指定された名刀です。どうして三浦将監の指料となったのか、その謎に迫ります。

紀州徳川家の家老・三浦将監の刀 銘 和泉守兼定作

黒田斉清伝来の刀 無銘 真長

黒田斉清伝来の刀 無銘 真長
「黒田斉清」(くろだなりきよ)は、「黒田官兵衛」の子孫です。福岡藩(現在の福岡県)黒田家の10代藩主として、江戸時代後期に活躍。黒田家には、黒田官兵衛や「黒田長政」が蒐集した名刀が多数あったことで有名ですが、そのなかの1振、10代藩主・黒田斉清が佩用したという「刀 無銘 真長」が刀剣ワールドの所蔵刀となりました。黒田斉清と刀工「真長」(さねなが)について、詳しくご紹介します。

黒田斉清伝来の刀 無銘 真長

徳川慶喜と長巻 銘 備前長船住重真

徳川慶喜と長巻 銘 備前長船住重真
「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)は、幕末期に「大政奉還」などの大胆な政策を実行した江戸幕府15代将軍です。徳川慶喜が「最後の将軍」であることは知っていても、その人物像までは深く知らない人も多いのではないでしょうか。また徳川慶喜は、「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)が主人公のNHK大河ドラマ「青天を衝け」(せいてんをつけ)に、実父「徳川斉昭」(とくがわなりあき)と共に登場したことがきっかけとなり、にわかに注目を集める人物。そんな徳川慶喜について、徳川斉昭との関係を軸にして、その人となりをご紹介すると共に、徳川慶喜の愛刀「長巻 銘 備前長船住重真」についても解説します。

徳川慶喜と長巻 銘 備前長船住重真

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定
「明治天皇」は、明治時代を切り開いた近代日本の指導者であり、「大正天皇」はその明治天皇の三男。そして、大正天皇の長男「昭和天皇」は太平洋戦争という大波を乗り越えた人物です。ご紹介する大正天皇は、在位期間が15年ほどであったことから一般的には影の薄い天皇と言われることもあります。しかし、大正天皇も他の皇族に倣い儀式においては、多くの日本刀を授かる機会を持ちました。刀工である11代目「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ:会津兼定とも)は、こうした名誉ある機会を得て皇太子時代の大正天皇に刀を献上。大正天皇と11代目和泉守兼定のこと、そして11代目和泉守兼定が打った「刀 銘 大日本兼定」についてご紹介します。

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継
「徳川家康」の跡を継ぎ、江戸幕府2代将軍となった「徳川秀忠」には、5つ上の兄がいたことをご存知でしょうか。武将としての実力は徳川秀忠よりも勝っていたとも言われている兄の名は「結城秀康」(ゆうきひでやす)。戦国武将の期待の星とされていました。では、なぜ弟・徳川秀忠よりも武功のあった結城秀康は将軍になれなかったのでしょうか。徳川家康の子でありながら「結城」姓を名乗っているなど、謎に包まれた徳川家康の次男・結城秀康の生涯を探ると共に、結城秀康に仕えた刀工「越前康継」(えちぜんやすつぐ)についてご紹介します。

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広
「鍋島茂紀」(なべしましげのり)とは、江戸時代初期に活躍した佐賀藩(現在の佐賀県)の藩士です。藩主・鍋島家の親類同格で、自治領・武雄(たけお:現在の佐賀県武雄市)の領主をしていました。切れ味が鋭くて有名な、佐賀藩の御用刀工「藤原忠広」(ふじわらただひろ)に薙刀直しの脇差を注文し、愛用した人物。鍋島茂紀の生涯や刀工・藤原忠広が作る刀剣の特徴、化け猫騒動について詳しくご紹介します。

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀
「薙刀 銘 直光」は、江戸時代末期に幕臣によって結成された「京都見廻組」(きょうとみまわりぐみ)を指揮した「岩田通徳」(いわたみちのり)が所持した薙刀です。作刀したのは「細田直光」(ほそだなおみつ)。細田直光は刀鍛冶として優れていましたが、時代に翻弄された結果「贋作の名人」として有名になってしまった人物です。岩田通徳と細田直光の来歴を追っていきながら、薙刀 銘 直光について、詳しくご紹介していきます。

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之
「刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之」(かたな めい えんりゅうさいたちばなくにひでこれをきたえる)は、幕末の国学者で尊王攘夷派(そんのうじょういは:天皇を尊び、外国を排斥しようとする一派)として活動した「宮和田光胤」(みやわだみつたね)の愛刀とされています。宮和田光胤は、「千葉周作道場」(ちばしゅうさくどうじょう)にて「北辰一刀流」(ほくしんいっとうりゅう)の免許皆伝を受けた剣客という顔も持っていました。 本刀の制作者「立花圓龍子国秀」(たちばなえんりゅうしくにひで)は、江戸末期の刀工で「中山一貫斎義弘」(なかやまいっかんさいよしひろ)の門下に入り、上野国(上野国:現在の群馬県)や相模国鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)で作刀。「坂本龍馬」もまた、国秀の日本刀を佩刀していたことは有名です。坂本龍馬と千葉周作道場の同門だった尊王攘夷派の剣客・宮和田光胤について述べると共に、国秀作の刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之について解説します。

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武
江戸時代初期の刀工である「出雲大掾藤原吉武」(いずもだいじょうふじわらよしたけ)は、またの名を「出雲守藤原吉武」(いずものかみふじわらよしたけ)、あるいは「堀川吉武」と言います。「堀川」の姓からも分かる通り、吉武は稀代の名工として名を馳せた「堀川国広」の一門でした。 ご紹介する打刀と脇差は、上級旗本で伊勢山田奉行を務めた「長谷川重章」(はせがわしげあき)が特別注文した逸品です。注文主である長谷川重章と、刀工の出雲大掾藤原吉武は、どのような人物だったのかを解説すると共に、吉武が手掛けた刀剣の魅力に迫ります。

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武