歴史上の人物と日本刀

短刀 来国光と塩河国満・本多忠政

文字サイズ

鎌倉時代中期から南北朝時代にかけて、山城国(やましろのくに:現在の京都府南部)で活躍していた刀工集団「来」(らい)派は、「粟田口」(あわたぐち)派と並ぶ、「山城伝」(地域別に5つに分けられた作刀の伝法・五箇伝[ごかでん]のひとつ)の一大勢力でした。 来派の中でも、「来国光」(らいくにみつ)が作刀した日本刀は最も多く残っていると言われており、太刀・短刀共に見られますが、太刀には「名物」(めいぶつ:日本刀の世界で特に姿が優れている物)とされた物はなく、国光の名物は短刀であることがほとんどです。今回は、それらの短刀のうち、重要文化財にも指定されている「塩河来国光」と、それを所持していた2人の人物、「塩河国満」(しおかわくにみつ)と「本多忠政」(ほんだただまさ)についてご紹介します。

めまぐるしく変わる支配者を渡り歩いた摂津国の有力者・塩河氏

信長の上洛で火蓋が切られた摂津国の領主争い

多田神社

多田神社

塩河来国光の名称は、もとの所持者が戦国時代の摂津国多田庄(せっつのくにただのしょう:現在の兵庫県川西市)の国人領主・塩河国満であったことに由来しています。

塩河氏は、代々「多田院」(ただいん:現在の多田神社)を護衛するなどの奉仕にあたっていた武士団「多田院御家人」の家柄であり、国満はその筆頭格で、彼の時代に塩河氏の最盛期を迎えました。

1568年(永禄11年)、織田信長が室町幕府第15代将軍・足利義昭(あしかがよしあき)を擁して、上洛を果たします。このとき、摂津国を含む近畿地方は、その地域一帯を制していた武将「三好長慶」(みよしながよし)亡きあと、長慶に仕えていた「三好三人衆」と呼ばれる3人の重臣、「三好長逸」(みよしながやす)・「三好宗清」(みよしむねきよ)・「岩成友通」(いわなりともみち)と「松永久秀」(まつながひさひで)の配下に置かれていました。しかし、上洛に際し、信長は彼らの放逐を試みて成功します。これに伴い国満は2万石で旧領を安堵され、信長に従属することになったのです。

国満以外の摂津国人もこれに乗じて信長に通じ、「伊丹親興」(いたみちかおき)・「池田勝正」(いけだかつまさ)・「和田惟政」(わだこれまさ)という3人の武将が「摂津守護」に任じられ、三好氏に代わって摂津国を統治することに。

しかし、この「摂津三守護」の配下時代であった1570年(元亀元年)、池田勝正の弟・知正(ともまさ)が、池田家の重臣であった「荒木村重」(あらきむらしげ)と共に三好三人衆に通じて信長を裏切り、国満も三好方として参戦した「野田城・福島城の戦い」が勃発。池田家当主であった勝正を追放します。

さらに、翌年の「白井河原の戦い」(しらいかわらのたたかい)では和田惟政を敗死させ、信長からその性格を気に入られた知正は、一時的に摂津国を配することになったのです。

荒木村重の台頭から謀反、それに付従った塩河国満の結末

1573年(天正元年)頃になると、信長と足利義昭の仲が次第に険悪に。このとき、知正は周囲の反対を押し切って義昭方に属するようになります。しかし荒木村重は、知正のもとを離れ織田氏側に寝返りました。のちに知正が信長に降伏して村重の家臣となったことで、池田家は村重に乗っ取られてしまったのです。

1574年(天正2年)、村重は摂津国人・伊丹(いたみ)氏が配していた「伊丹城」(別称:有岡城[ありおかじょう])を陥落。自身が伊丹城主となり、摂津国を一任されます。この頃の国満は、村重の娘婿となり、村重の配下に組み込まれていました。

その後も、織田氏側であった村重に属していた国満。1570年(元亀元年)から約10年間にわたり、「石山本願寺」(いしやまほんがんじ)で浄土真宗本願寺の勢力と信長が対立した「石山合戦」では、塩河氏の居城「山下城」(別称:一蔵城[ひとくらじょう])を守備し、本願寺の救援を阻止。そして、1577年(天正5年)には、本願寺に内通していた者がいた多田院御家人衆との戦にも積極的に応じるなど、武功を重ねていったのです。

しかし、村重は突如、信長に対して反旗を翻します。それは、1578年(天正6年)10月のこと。織田氏と播磨国(はりまのくに:現在の兵庫県南西部)の戦国大名・別所氏による「三木合戦」で羽柴(豊臣)秀吉軍に参陣していた村重でしたが、本願寺側に寝返り、伊丹城に籠城。この謀反にも国満はしたがい、村重の籠城と織田軍の攻防は1年もの間続きましたが、荒木一族を徹底的に皆殺しにするなどの信長からの追及により、最後に村重は伊丹城を脱出し、毛利氏に亡命したのです。

村重が敗北した大きな要因は、自身の側近で主戦力であった「高山右近」(たかやまうこん)・「中川清秀」(なかがわきよひで)が織田氏側に寝返ってしまったこと。

これに伴い国満もまた、信長に帰順。自身(息子・長満[ながみつ]の説あり)の娘を信長の嫡男・信忠(のぶただ)の側室にまで上らせて、信長の嫡孫となる秀信(ひでのぶ)が生まれるなど、塩河氏は織田政権下の摂津国で、一定の地位を着実に確立していきました。

徳川氏の功臣・本多家の名に恥じない活躍を見せた本多忠政

本多忠政

本多忠政

1582年(天正10年)の「本能寺の変」で信長が倒れると、同年に起こった「山崎の戦い」では羽柴秀吉軍に属して参戦。それ以来、秀吉に従った塩河氏。これまでのことからも、塩河氏は誰が次の天下人になり得る存在なのかを見通す力があったことが分かります。

そんな先見の明を持つ塩河氏は、自身が所持していた短刀・塩河来国光にも高い価値があることを、すでに見抜いていたかもしれません。

のちにこの来国光は、徳川氏の功臣として「徳川四天王」の1人にも数えられる戦国武将「本多忠勝」(ほんだただかつ)の嫡男・忠政(ただまさ)が入手します。

忠政の初陣は、1590年(天正18年)、豊臣方が後北条(ごほうじょう)氏を討った「小田原征伐」。以降、父と共に数々の合戦に参加し、武勲を立てていきました。

1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」では、江戸幕府第2代将軍となる「徳川秀忠」(とくがわひでただ)に従軍して中山道(なかせんどう:江戸時代の五街道のひとつ)を進行。そして、信濃国(しなののくに:現在の長野県)の上田城において、徳川氏と真田氏の間で繰り広げられた「第2次上田合戦」に参戦し、真田勢に猛攻を仕掛ける役目を果たします。

1609年(慶長14年)に忠勝が隠居すると、家督を継ぎ、伊勢国桑名藩(いせのくにくわなはん:現在の三重県桑名市)の第2代藩主となった忠政。1614年(慶長19年)に豊臣家と江戸幕府が対立した「大坂冬の陣」では徳川方の先鋒を命じられ、翌年の夏の陣と通して、292もの敵首を討ち取ったと言われています。

この武功が認められ、1617年(元和3年)、西国の押さえとなるべく播磨国の姫路城主として、15万石で封じられました。その翌年に忠政によって改修された姫路城は、今でもその当時の姿を留めています。

名物・短刀「塩河来国光」とはどんな日本刀?

戦乱の信長統治時代を経て、太平の世となった江戸時代には本多家に伝来した塩河来国光。第8代将軍・徳川吉宗が「本阿弥光忠」(ほんあみこうちゅう)とその一族に編纂させた刀剣台帳「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)に所載された名物で、1937年(昭和12年)に重要美術品に指定され、1952年(昭和27年)には重要文化財に格上げされています。

短刀 塩河来国光

短刀 塩河来国光

鑑定区分 刃長 所蔵・伝来
来国光 重要文化財 8寸3分(25.3cm) 本多美濃守
忠政所持→
本田家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
詳細を見る

来国光は、諸説ありますが、来派を代表する名刀工「来国俊」(らいくにとし)の子とされ、彼の短刀の作風は様々な物が見られながらも、いずれもやや強い沸(にえ)が全体に付いて覇気があるのが特徴。制作年代が鎌倉時代後期から南北朝時代と見られるこちらの短刀も、その特徴通り地沸が厚く、小互の目(こぐのめ)乱れになっている刃文には小沸がよく付き、匂口が明るくなっています。

また、付属されている金無垢の二重鎺(ふたえはばき)の上貝(うわがい)に切られているのは、「うめたゝ寿斎」(うめただじゅさい)という銘です。これは、桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した刀工でありながら、桃山時代の3大名鐔(つば)工でもあった「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)の孫、「埋忠寿斎重長」の物。つまり、名刀工・来国光によって作られた刀身だけでなく、鎺、すなわち「拵」(こしらえ:日本刀の刀装具)の一部分に至るまで価値が高い物であることが窺えます。

短刀 来国光と塩河国満・本多忠政

短刀 来国光と塩河国満・本多忠政をSNSでシェアする

「歴史上の人物と日本刀」の記事を読む


大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定
「明治天皇」は、明治時代を切り開いた近代日本の指導者であり、「大正天皇」はその明治天皇の三男。そして、大正天皇の長男「昭和天皇」は太平洋戦争という大波を乗り越えた人物です。ご紹介する大正天皇は、在位期間が15年ほどであったことから一般的には影の薄い天皇と言われることもあります。しかし、大正天皇も他の皇族に倣い儀式においては、多くの日本刀を授かる機会を持ちました。刀工である11代目「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ:会津兼定とも)は、こうした名誉ある機会を得て皇太子時代の大正天皇に刀を献上。大正天皇と11代目和泉守兼定のこと、そして11代目和泉守兼定が打った「刀 銘 大日本兼定」についてご紹介します。

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継
「徳川家康」の跡を継ぎ、江戸幕府2代将軍となった「徳川秀忠」には、5つ上の兄がいたことをご存知でしょうか。武将としての実力は徳川秀忠よりも勝っていたとも言われている兄の名は「結城秀康」(ゆうきひでやす)。戦国武将の期待の星とされていました。では、なぜ弟・徳川秀忠よりも武功のあった結城秀康は将軍になれなかったのでしょうか。徳川家康の子でありながら「結城」姓を名乗っているなど、謎に包まれた徳川家康の次男・結城秀康の生涯を探ると共に、結城秀康に仕えた刀工「越前康継」(えちぜんやすつぐ)についてご紹介します。

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広
「鍋島茂紀」(なべしましげのり)とは、江戸時代初期に活躍した佐賀藩(現在の佐賀県)の藩士です。藩主・鍋島家の親類同格で、自治領・武雄(たけお:現在の佐賀県武雄市)の領主をしていました。切れ味が鋭くて有名な、佐賀藩の御用刀工「藤原忠広」(ふじわらただひろ)に薙刀直しの脇差を注文し、愛用した人物。鍋島茂紀の生涯や刀工・藤原忠広が作る刀剣の特徴、化け猫騒動について詳しくご紹介します。

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀
「薙刀 銘 直光」は、江戸時代末期に幕臣によって結成された「京都見廻組」(きょうとみまわりぐみ)を指揮した「岩田通徳」(いわたみちのり)が所持した薙刀です。作刀したのは「細田直光」(ほそだなおみつ)。細田直光は刀鍛冶として優れていましたが、時代に翻弄された結果「贋作の名人」として有名になってしまった人物です。岩田通徳と細田直光の来歴を追っていきながら、薙刀 銘 直光について、詳しくご紹介していきます。

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之
「刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之」(かたな めい えんりゅうさいたちばなくにひでこれをきたえる)は、幕末の国学者で尊王攘夷派(そんのうじょういは:天皇を尊び、外国を排斥しようとする一派)として活動した「宮和田光胤」(みやわだみつたね)の愛刀とされています。宮和田光胤は、「千葉周作道場」(ちばしゅうさくどうじょう)にて「北辰一刀流」(ほくしんいっとうりゅう)の免許皆伝を受けた剣客という顔も持っていました。 本刀の制作者「立花圓龍子国秀」(たちばなえんりゅうしくにひで)は、江戸末期の刀工で「中山一貫斎義弘」(なかやまいっかんさいよしひろ)の門下に入り、上野国(上野国:現在の群馬県)や相模国鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)で作刀。「坂本龍馬」もまた、国秀の日本刀を佩刀していたことは有名です。坂本龍馬と千葉周作道場の同門だった尊王攘夷派の剣客・宮和田光胤について述べると共に、国秀作の刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之について解説します。

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武
江戸時代初期の刀工である「出雲大掾藤原吉武」(いずもだいじょうふじわらよしたけ)は、またの名を「出雲守藤原吉武」(いずものかみふじわらよしたけ)、あるいは「堀川吉武」と言います。「堀川」の姓からも分かる通り、吉武は稀代の名工として名を馳せた「堀川国広」の一門でした。 ご紹介する打刀と脇差は、上級旗本で伊勢山田奉行を務めた「長谷川重章」(はせがわしげあき)が特別注文した逸品です。注文主である長谷川重章と、刀工の出雲大掾藤原吉武は、どのような人物だったのかを解説すると共に、吉武が手掛けた刀剣の魅力に迫ります。

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史
「鬼夜叉」の号を持つ「薙刀 銘 和泉守兼定作」は、美濃国(現在の岐阜県南部)の刀工「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)が打った薙刀です。小浜藩藩主「京極高次」(きょうごくたかつぐ)が所持していたと伝えられています。 京極高次は、「蛍大名」という不名誉なあだ名で有名になりましたが、のちに武勲を挙げて汚名を返上しました。その武勲を支えたのが、この鬼夜叉であると言われているのです。京極高次がいかにして汚名をそそいだのか、また、妖しくも美しい鬼夜叉について解説していきます。

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史

刀 折返銘 国宗とアドルフ・ヒトラー

刀 折返銘 国宗とアドルフ・ヒトラー
「第2次世界大戦」を引き起こし、ホロコースト(ナチスによるユダヤ人の大虐殺)を先導した独裁者のイメージが強い「アドルフ・ヒトラー」。一方、若い頃には芸術家を志していたとされ、美術・芸術に対する理解は深かったと言われています。 そんなアドルフ・ヒトラーに、日本政府から美術品である日本刀が贈られました。それは、鎌倉時代を代表する名刀「備前三郎国宗」(びぜんさぶろうくにむね)です。備前三郎国宗は、なぜアドルフ・ヒトラーへ贈られたのでしょうか。アドルフ・ヒトラーの生涯を追いながら、備前三郎国宗がたどった運命について見ていきます。

刀 折返銘 国宗とアドルフ・ヒトラー

刀 銘 葵紋崩 烈公と徳川斉昭

刀 銘 葵紋崩 烈公と徳川斉昭
天皇や公家、藩主などの貴人が自ら作刀することを「慰み打ち」(なぐさみうち)と言います。水戸藩(現在の茨城県水戸市)9代藩主「徳川斉昭」(とくがわなりあき)も、慰み打ちを行なった藩主のひとりです。徳川斉昭は、江戸幕府15代将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)の実父であり、「烈公」(れっこう)という諡号(しごう:死後に奉じられる名)でも有名。藩政改革に力を尽くす一方で、「尊王攘夷」(そんのうじょうい:天皇を尊び、外国を排斥しようとする思想)を掲げ、江戸幕府の政治にも大きくかかわりました。 烈公の名に違わず、荒々しく厳しい性格であったと言われる徳川斉昭の生涯を紐解くと共に、自ら鍛えた日本刀「刀 銘 葵紋崩[烈公]」(かたな めい あおいもんくずし[れっこう])についてご紹介します。

刀 銘 葵紋崩 烈公と徳川斉昭

注目ワード
注目ワード