歴史上の人物と日本刀
太刀 包永は本多忠刻と千姫の愛の証し!?
歴史上の人物と日本刀
太刀 包永は本多忠刻と千姫の愛の証し!?

文字サイズ

美男美女のカップルは、いつの時代も周囲から羨望のまなざしを浴びていますが、戦国時代にもまた、そのようなカップルが何組もいました。「徳川家康」の孫娘「千姫」(せんひめ)と彼女の2番目の夫「本多忠刻」(ほんだただとき)も、容姿端麗でお似合いであったと伝えられる夫婦。しかしながら、その幸せは短く儚い物でもありました。今回は、数奇な運命に翻弄された千姫の生涯と、彼女が忠刻の形見として持っていたとされる太刀「包永」(かねなが)についてご紹介します。

徳川家と豊臣家の間で揺れる千姫

千姫

千姫

1597年(慶長2年)、徳川家康の三男で江戸幕府第2代将軍でもある秀忠(ひでただ)の長女として生まれた千姫。

1603年(慶長8年)に「豊臣秀吉」の三男・秀頼(ひでより)のもとへ嫁ぐことになりますが、このとき千姫はわずか7歳、秀頼は11歳。現代で考えると2人ともまだ子どもの年齢であり、さらにいとこ同士でもありましたが、この婚姻は秀吉の遺言。秀吉が亡くなる以前は、徳川家は豊臣家の家臣でありその従属関係を約束するための、いわゆる政略結婚だったのです。

秀吉没後の1600年(慶長5年)に起きた「関ヶ原の戦い」の勝利により、征夷大将軍となった家康が江戸幕府を開きます。これにより、徳川家と豊臣家の立場は逆転することになりましたが、家康は秀吉の遺言通りに、秀頼と千姫の婚姻を実現。その裏には、豊臣家、及び豊臣方に付いていた大名達を懐柔し、幕府による支配を確固たるものにしようという家康の思惑がありました。そのため、秀頼の母、千姫にとっての姑「淀殿」(よどどの)は、千姫のことをあまり良く思っていなかったとする説もあります。

しかし、秀吉に重用された安土桃山時代を代表する絵師、「長谷川等伯」(はせがわとうはく)に手ほどきを受けたと見られる千姫が描いた猿の絵が残っており、豊臣家の跡取りの嫁にふさわしい女性になれるように、淀殿が千姫に質の高い教育を施そうとしていたとも考えられているのです。

敵方の姫とは言っても、淀殿にとって千姫は自身の姉「お江」(おごう)の娘、すなわち血の繋がった姪。息子である秀頼と同様に可愛がっていたという見方もできるのではないでしょうか。

千姫の運命を変えた「大坂夏の陣」

政略結婚で結ばれた秀頼と千姫でしたが、仲睦まじい夫婦であった2人。千姫が16歳のとき、成人を祝う「鬢削ぎ」(びんそぎ:女子の垂れ髪の鬢、耳ぎわの毛の先を婚約者や父兄が切り削ぐこと)の儀式の際、秀頼が自ら切り揃えたというエピソードが知られています。

しかし、そんな2人の仲を切り裂くような事件が1615年(慶長20年)に勃発。それは、戦国時代における天下統一の決定打となった合戦大坂夏の陣。徳川家と豊臣家が対立した戦いで、1度目となる「大坂冬の陣」は1614年(慶長19年)に起こっています。

1615年(慶長20年)5月7日には、千姫が秀頼や淀殿と共に暮らしていた大坂城が、徳川方の猛攻により落城。このとき、千姫は秀頼らと共に自害する覚悟でいました。そんな中、豊臣家の重臣「大野治長」(おおのはるなが)に、秀頼と淀殿の助命を嘆願するように頼まれた千姫は、豊臣方の武将「堀内氏久」(ほりうちうじひさ)を護衛に付けて城を脱出。そして、徳川方の武将「坂崎直盛」(さかざきなおもり)の陣のもとに送り届けられ、家康の本陣へ辿り着いたのです。

祖父・家康に、必死になって秀頼と淀殿の命を救うように嘆願した千姫でしたが、家康はこれを断固拒否。大坂城落城の翌日、秀頼と淀殿は自害しました。千姫の脱出劇は、豊臣家が滅亡する結末を迎えましたが、千姫は秀頼と側室の間に生まれた娘「奈阿姫」(なあひめ:名前には諸説あり)の助命を勇敢にも訴え、養女として引き取ることに。奈阿姫は、のちに「天秀尼」(てんしゅうに)の名で「東慶寺」(とうけいじ)に出家します。そして、夫との離縁を望む妻の駆け込み寺の住職として、悩める女性達の救済に尽力しました。

きっかけはひと目惚れ!?本多忠刻との出会いから別れまで

本多忠刻

本多忠刻

家同士の争いにより、夫・秀頼と別れることになった千姫。まだ19歳であった千姫のことを可愛がっていた家康は、新しい嫁ぎ先を探すように坂崎直盛に依頼します。そして直盛は、とある公家との縁談をまとめ、縁組みの日取りまで決めるところまで話を進めました。

しかし突然、家康からその縁談を取りやめる連絡が直盛のもとへ届きます。家康は、自身の功臣として「徳川四天王」に数えられた武将で、桑名藩初代藩主であった「本多忠勝」の孫・忠刻と千姫を結婚させることにしたのです。

家康が忠刻を千姫の再婚相手に選んだ理由には諸説ありますが、そのひとつが、忠刻の母「熊姫」に懇願されたからというもの。熊姫は、息子・忠刻と千姫に婚姻関係を結ばせることで、徳川家と本多家の関係をより強固な物にしようと考えたのです。と言うのも、熊姫は家康の嫡男・信康(のぶやす)の娘。すなわち、徳川家と本多家は血縁関係にありました。

しかし熊姫は、「織田信長」の命令であったとは言え、自身の父・信康が家康に自害させられたという辛い経験をしています。このことから、徳川家の血縁というだけでは、いつお家が取り潰しになるか分からない、と懸念したのではないでしょうか。

そして、もうひとつ興味深い逸話として残っているのが、千姫が忠刻にひと目惚れをしたという説。これは、1615年(慶長20年)7月、大坂城から徳川家へ身元を引渡されることになった千姫が、江戸へ向かう道中、「七里の渡し」(東海道における宮宿:現・名古屋市熱田区と桑名宿:現・三重県桑名市を結ぶ海路)の船中で、忠刻と乗り合わせたことがきっかけになったというもの。

眉目秀麗な忠刻をひと目見て恋に落ちてしまった千姫の思いを、家康が叶えてあげたとされています。家康は、政略結婚の犠牲になった千姫の本当の幸せを願っていたのかもしれません。

1616年(元和2年)、晴れて忠刻と夫婦になった千姫は、桑名城へ輿入れ。その翌年に忠刻の父・忠政(ただまさ)が姫路藩に移封になると、千姫も共に姫路城へ。そして1618年(元和4年)には千姫の初めてとなる出産で、長女「勝姫」(かつひめ)が誕生。さらに1619年(元和5年)には、本多家の跡取りとなる長男「幸千代」(ゆきちよ)が生まれたのです。

そんな幸せな日々も束の間、1621年(元和7年)に幸千代が早世します。それに続いて、1626年(寛永3年)5月7日、忠刻が結核のために死去。奇しくも大坂城が落城したときと同じ日付でした。

千姫の失意の日々を見守った太刀「包永」

忠刻がこの世を去った同じ年の6月には、千姫の義母である熊姫が、そして9月には実母お江が亡くなってしまいます。立て続けに愛する人々を失い、また本多家においても跡取りの正室の立場から一転し、悲しみにくれていた千姫。そんな千姫の心を支えていたかもしれない物が、太刀「包永」だったのです。

太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之

太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之

鑑定区分 刃長 所蔵・伝来
包永(金象嵌)
本多平八郎
忠為所持之
特別重要刀剣 2尺3寸7分(71.8cm) 刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
詳細を見る

この太刀はもともと、忠刻が所持していた物(金象嵌銘にある忠為は忠刻の別名)。忠刻が亡くなってから失意の日々を過ごしていた千姫でしたが、江戸幕府第3将軍で実弟であった「徳川家光」の申し出により、江戸城に呼び戻されます。このとき、千姫は太刀「包永」を忠刻の形見として、将軍家に持ち帰ったのです。

この太刀を作刀した初代「包永」は、鎌倉時代末期の正応年間(1288~1293年)に活躍した大和国(やまとのくに:現・奈良県)の刀工。東大寺転害門(てがいもん:境内の西北側にある門)の門前に住んでいた「手掻派」(てがいは)の始祖。大和国の中でも有数の名匠として知られ、こちらの太刀は、しっかりとした優美な太刀姿で鎬地が広く、刃文は直刃に互の目が交じる「大和伝」を代表するような作風になっています。

太刀「包永」は、将軍家に受け継がれていく中で、第5代将軍「徳川綱吉」より、若年寄(わかどしより:老中に次ぐ重職で、将軍に直属して政務に当たった)であった信州上田藩初代藩主「松平忠周」(まつだいらただちか)に拝領。その後は家宝として信州上田藩松平家に伝来しました。

その一方で、江戸城に戻った千姫は、のちに出家して「天樹院」(てんじゅいん)と号し、娘勝姫と穏やかな日々を過ごしました。千姫がそのような余生を送れたのも、太刀「包永」を形見としていたことで、最愛の夫・忠刻が見守っていたからかもしれません。

太刀 包永は本多忠刻と千姫の愛の証し!?

太刀 包永は本多忠刻と千姫の愛の証し!?をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「歴史上の人物と日本刀」の記事を読む


短刀 来国光と塩河国満・本多忠政

短刀 来国光と塩河国満・本多忠政
鎌倉時代中期から南北朝時代にかけて、山城国(やましろのくに:現在の京都府南部)で活躍していた刀工集団「来」(らい)派は、「粟田口」(あわたぐち)派と並ぶ、「山城伝」(地域別に5つに分けられた作刀の伝法・五箇伝[ごかでん]のひとつ)の一大勢力でした。 来派の中でも、「来国光」(らいくにみつ)が作刀した日本刀(刀剣)は最も多く残っていると言われており、太刀・短刀共に見られますが、太刀には「名物」(めいぶつ:日本刀の世界で特に姿が優れている物)とされた物はなく、国光の名物は短刀であることがほとんどです。今回は、それらの短刀のうち、重要文化財にも指定されている「塩河来国光」と、それを所持していた2人の人物、「塩河国満」(しおかわくにみつ)と「本多忠政」(ほんだただまさ)についてご紹介します。

短刀 来国光と塩河国満・本多忠政

豊臣秀吉が短刀 備州長船住長義を譲った理由とは?

豊臣秀吉が短刀 備州長船住長義を譲った理由とは?
「さぁ、さぁ、お立会い。」日本の伝統的な大道芸である「ガマの油売り」の口上には、「正宗(まさむね)が暇に飽かして鍛えた天下の名刀」という一節があり、刀工「正宗」が、言わずと知れた名匠であったことが窺えます。 そんな正宗には、「正宗十哲」(まさむねじってつ)と称される10人の高弟がおり、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県南東部)の刀工「長義」(ちょうぎ/ながよし)もそのひとり。彼が作った短刀の中に豊臣秀吉の愛刀であったと言われる物があり、のちに加賀藩初代藩主「前田利家」(まえだとしいえ)に譲られることになりましたが、その背景にはどのような理由があったのでしょうか。

豊臣秀吉が短刀 備州長船住長義を譲った理由とは?

徳川家光と諏訪氏の関係から見る名刀 貞真の価値とは?

徳川家光と諏訪氏の関係から見る名刀 貞真の価値とは?
江戸幕府第3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)と言えば、「武家諸法度」(ぶけしょはっと)を改定して諸大名の参勤交代を義務化したり、「鎖国令」を発布したりと、幕府の基礎を確立するためにその力の限りを尽くしてきた将軍です。約260年間にも亘る江戸幕府の存続は、家光の政治力なくしては有り得なかったと言っても過言ではありません。 剣術を好んで学び、その腕前は、「柳生新陰流」(やぎゅうしんかげりゅう)の免許を皆伝されるほどであった家光。彼が所持していた日本刀(刀剣)と、それを拝領された大名「諏訪忠恒」(すわただつね)、及び諏訪氏との関係についてご紹介します。

徳川家光と諏訪氏の関係から見る名刀 貞真の価値とは?

刀 無銘 景光と織田信秀・織田信長父子

刀 無銘 景光と織田信秀・織田信長父子
天下統一を目指してなりふり構わず猪突猛進。そのカリスマ性が故に、一代で織田家の繁栄を築いてきたイメージを持たれることが多い、尾張国(おわりのくに:現・愛知県西部)の戦国武将「織田信長」。「豊臣秀吉」、「徳川家康」と並んで、のちに「三英傑」(さんえいけつ)と称されるほどに織田信長が飛躍したその陰には、「尾張の虎」の異名を持つ織田信長の父・織田信秀(のぶひで)の存在があったことは、あまり知られていません。織田信長は、1560年(永禄3年)の「桶狭間の戦い」で「今川義元」(いまがわよしもと)から奪った「義元左文字」(よしもとさもんじ)をはじめ、様々な日本刀(刀剣)を愛蔵していました。その中のひとつである刀「無銘 景光」(かげみつ)は織田信秀から譲り受けた物。今回は、織田信秀の人物像及び織田信長との関係、そして2人の間で受け継がれた刀「景光」についてご紹介します。

刀 無銘 景光と織田信秀・織田信長父子

刀 金象嵌銘 兼光と名君 黒田継高(長好)

刀 金象嵌銘 兼光と名君 黒田継高(長好)
「黒田長政」(くろだながまさ)を初代藩主として約300年続いた福岡藩。筑前国(ちくぜんのくに:現・福岡県西部)のほぼ全域を領していましたが、300年のうちでその治世が51年にも及んだ武将がいます。それは、福岡藩第6代藩主「黒田継高」(くろだつぐたか)。歴代の福岡藩主の中で、継高が藩主であった期間は最長でしたが、その理由はどのようなところにあったのでしょうか。継高が元服の際に賜った刀「金象嵌銘 兼光」(かねみつ)をご紹介すると共に、「名君」と称された彼が行なった藩政改革の実像に迫ります。

刀 金象嵌銘 兼光と名君 黒田継高(長好)

幕末維新のキーパーソン・孝明天皇と刀 無銘 伝正宗

幕末維新のキーパーソン・孝明天皇と刀 無銘 伝正宗
幕末(1853~1869年)に活躍した歴史的人物と言えば、「西郷隆盛」(さいごうたかもり)や「坂本龍馬」(さかもとりょうま)など、階級の違いはあれど、武士出身の「志士」(しし:社会や国家のために、自らを犠牲にして尽くそうとする高い志を持つ人)たちを思い浮かべる方が多いかもしれません。 しかし、朝廷側にも幕末における日本の行方を左右する鍵を握る人物がいました。それは、幕末時代の朝廷側のトップであった「孝明天皇」(こうめいてんのう)。江戸時代最後の天皇が、理想の日本を守るために行なったこととは?孝明天皇の佩用していた刀「無銘 伝正宗」と共に、その詳細についてご紹介します。

幕末維新のキーパーソン・孝明天皇と刀 無銘 伝正宗

薙刀 丹波守吉道と平懐者 石田三成/律儀者 佐竹義宣

薙刀 丹波守吉道と平懐者 石田三成/律儀者 佐竹義宣
1600年(慶長5年)に起こった「関ヶ原の戦い」において、反徳川勢力であった西軍を率いていた「石田三成」(いしだみつなり)。「豊臣秀吉」の家臣として主君に忠実に働いていたが故に、平懐者(へいくわいもの:横柄で無遠慮な者)と揶揄され、同じ家臣達の中にも三成に恨みを持っていた者が少なくなかったと言われています。しかし、そんな三成に対し、生涯を通じて並々ならぬ恩義を感じていた武将がいました。それは、久保田藩(別名秋田藩)初代藩主「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)。ここでは、2人がそのような関係を結ぶまでに至った経緯と、三成から義宣に譲られた日本刀(刀剣)の一種である薙刀「丹波守吉道」(たんばのかみよしみち)についてご紹介します。

薙刀 丹波守吉道と平懐者 石田三成/律儀者 佐竹義宣

短刀 銘 越前康継と和魂洋才 榎本武揚

短刀 銘 越前康継と和魂洋才 榎本武揚
1868~1869年(慶応4年/明治元年~2年)に、薩摩(さつま)・長州(ちょうしゅう)・土佐(とさ)藩を中心とした新政府軍と、旧江戸幕府軍が対立した「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)。その最終戦となった「箱館戦争」(はこだてせんそう:現在の北海道函館市で勃発。別名・五稜郭[ごりょうかく]の戦い)において、旧幕府海軍のトップとして、最後まで新政府軍に徹底抗戦した武人「榎本武揚」(えのもとたけあき)。幕末の敗者となりましたが、その後、日本を近代国家に生まれ変わらせるべく動き始めた明治政府から、予想外の処遇を受けています。そこに至るまでの榎本武揚の半生と、彼の戊辰戦争後の日本とのかかわり方について、武揚が愛用していた短刀「銘 越前康継」と共にご紹介します。

短刀 銘 越前康継と和魂洋才 榎本武揚

刀 備前国長船十郎左衛門尉春光と東郷平八郎

刀 備前国長船十郎左衛門尉春光と東郷平八郎
明治維新を経て近代国家への道をたどっていた日本が、当時の大国・ロシア帝国と戦った「日露戦争」(にちろせんそう)。その際、日本の海軍を率いていた「東郷平八郎」(とうごうへいはちろう)は、日本のみならず、世界にもその勇名をとどろかせています。 アジアの小さな島国の軍人でありながら、東郷平八郎が世界でも評価された理由とは?幕末の薩摩藩(さつまはん:現在の鹿児島県)藩士から海軍軍人となり活躍するまでの経緯と彼の人物像が分かるエピソードを、平八郎が愛蔵していた刀「備前国住長船十郎左衛門尉春光」(びぜんのくにじゅうおさふねじゅうろうさえもんのじょうはるみつ)の詳細と共にご紹介します。

刀 備前国長船十郎左衛門尉春光と東郷平八郎

注目ワード

ページトップへ戻る