歴史上の人物と日本刀

太刀 包永は本多忠刻と千姫の愛の証し!?

文字サイズ

美男美女のカップルは、いつの時代も周囲から羨望のまなざしを浴びていますが、戦国時代にもまた、そのようなカップルが何組もいました。「徳川家康」の孫娘「千姫」(せんひめ)と彼女の2番目の夫「本多忠刻」(ほんだただとき)も、容姿端麗でお似合いであったと伝えられる夫婦。しかしながら、その幸せは短く儚い物でもありました。今回は、数奇な運命に翻弄された千姫の生涯と、彼女が忠刻の形見として持っていたとされる太刀「包永」(かねなが)についてご紹介します。

徳川家と豊臣家の間で揺れる千姫

千姫

千姫

1597年(慶長2年)、徳川家康の三男で江戸幕府第2代将軍でもある秀忠(ひでただ)の長女として生まれた千姫。

1603年(慶長8年)に「豊臣秀吉」の三男・秀頼(ひでより)のもとへ嫁ぐことになりますが、このとき千姫はわずか7歳、秀頼は11歳。現代で考えると2人ともまだ子どもの年齢であり、さらにいとこ同士でもありましたが、この婚姻は秀吉の遺言。秀吉が亡くなる以前は、徳川家は豊臣家の家臣でありその従属関係を約束するための、いわゆる政略結婚だったのです。

秀吉没後の1600年(慶長5年)に起きた「関ヶ原の戦い」の勝利により、征夷大将軍となった家康が江戸幕府を開きます。これにより、徳川家と豊臣家の立場は逆転することになりましたが、家康は秀吉の遺言通りに、秀頼と千姫の婚姻を実現。その裏には、豊臣家、及び豊臣方に付いていた大名達を懐柔し、幕府による支配を確固たるものにしようという家康の思惑がありました。そのため、秀頼の母、千姫にとっての姑「淀殿」(よどどの)は、千姫のことをあまり良く思っていなかったとする説もあります。

しかし、秀吉に重用された安土桃山時代を代表する絵師、「長谷川等伯」(はせがわとうはく)に手ほどきを受けたと見られる千姫が描いた猿の絵が残っており、豊臣家の跡取りの嫁にふさわしい女性になれるように、淀殿が千姫に質の高い教育を施そうとしていたとも考えられているのです。

敵方の姫とは言っても、淀殿にとって千姫は自身の妹「お江」(おごう)の娘、すなわち血の繋がった姪。息子である秀頼と同様に可愛がっていたという見方もできるのではないでしょうか。

千姫の運命を変えた「大坂夏の陣」

政略結婚で結ばれた秀頼と千姫でしたが、仲睦まじい夫婦であった2人。千姫が16歳のとき、成人を祝う「鬢削ぎ」(びんそぎ:女子の垂れ髪の鬢、耳ぎわの毛の先を婚約者や父兄が切り削ぐこと)の儀式の際、秀頼が自ら切り揃えたというエピソードが知られています。

しかし、そんな2人の仲を切り裂くような事件が1615年(慶長20年)に勃発。それは、戦国時代における天下統一の決定打となった合戦大坂夏の陣。徳川家と豊臣家が対立した戦いで、1度目となる「大坂冬の陣」は1614年(慶長19年)に起こっています。

1615年(慶長20年)5月7日には、千姫が秀頼や淀殿と共に暮らしていた大坂城が、徳川方の猛攻により落城。このとき、千姫は秀頼らと共に自害する覚悟でいました。そんな中、豊臣家の重臣「大野治長」(おおのはるなが)に、秀頼と淀殿の助命を嘆願するように頼まれた千姫は、豊臣方の武将「堀内氏久」(ほりうちうじひさ)を護衛に付けて城を脱出。そして、徳川方の武将「坂崎直盛」(さかざきなおもり)の陣のもとに送り届けられ、家康の本陣へ辿り着いたのです。

祖父・家康に、必死になって秀頼と淀殿の命を救うように嘆願した千姫でしたが、家康はこれを断固拒否。大坂城落城の翌日、秀頼と淀殿は自害しました。千姫の脱出劇は、豊臣家が滅亡する結末を迎えましたが、千姫は秀頼と側室の間に生まれた娘「奈阿姫」(なあひめ:名前には諸説あり)の助命を勇敢にも訴え、養女として引き取ることに。奈阿姫は、のちに「天秀尼」(てんしゅうに)の名で「東慶寺」(とうけいじ)に出家します。そして、夫との離縁を望む妻の駆け込み寺の住職として、悩める女性達の救済に尽力しました。

きっかけはひと目惚れ!?本多忠刻との出会いから別れまで

本多忠刻

本多忠刻

家同士の争いにより、夫・秀頼と別れることになった千姫。まだ19歳であった千姫のことを可愛がっていた家康は、新しい嫁ぎ先を探すように坂崎直盛に依頼します。そして直盛は、とある公家との縁談をまとめ、縁組みの日取りまで決めるところまで話を進めました。

しかし突然、家康からその縁談を取りやめる連絡が直盛のもとへ届きます。家康は、自身の功臣として「徳川四天王」に数えられた武将で、桑名藩初代藩主であった「本多忠勝」の孫・忠刻と千姫を結婚させることにしたのです。

家康が忠刻を千姫の再婚相手に選んだ理由には諸説ありますが、そのひとつが、忠刻の母「熊姫」に懇願されたからというもの。熊姫は、息子・忠刻と千姫に婚姻関係を結ばせることで、徳川家と本多家の関係をより強固な物にしようと考えたのです。と言うのも、熊姫は家康の嫡男・信康(のぶやす)の娘。すなわち、徳川家と本多家は血縁関係にありました。

しかし熊姫は、「織田信長」の命令であったとは言え、自身の父・信康が家康に自害させられたという辛い経験をしています。このことから、徳川家の血縁というだけでは、いつお家が取り潰しになるか分からない、と懸念したのではないでしょうか。

そして、もうひとつ興味深い逸話として残っているのが、千姫が忠刻にひと目惚れをしたという説。これは、1615年(慶長20年)7月、大坂城から徳川家へ身元を引渡されることになった千姫が、江戸へ向かう道中、「七里の渡し」(東海道における宮宿:現・名古屋市熱田区と桑名宿:現・三重県桑名市を結ぶ海路)の船中で、忠刻と乗り合わせたことがきっかけになったというもの。

眉目秀麗な忠刻をひと目見て恋に落ちてしまった千姫の思いを、家康が叶えてあげたとされています。家康は、政略結婚の犠牲になった千姫の本当の幸せを願っていたのかもしれません。

1616年(元和2年)、晴れて忠刻と夫婦になった千姫は、桑名城へ輿入れ。その翌年に忠刻の父・忠政(ただまさ)が姫路藩に移封になると、千姫も共に姫路城へ。そして1618年(元和4年)には千姫の初めてとなる出産で、長女「勝姫」(かつひめ)が誕生。さらに1619年(元和5年)には、本多家の跡取りとなる長男「幸千代」(ゆきちよ)が生まれたのです。

そんな幸せな日々も束の間、1621年(元和7年)に幸千代が早世します。それに続いて、1626年(寛永3年)5月7日、忠刻が結核のために死去。奇しくも大坂城が落城したときと同じ日付でした。

千姫の失意の日々を見守った太刀「包永」

忠刻がこの世を去った同じ年の6月には、千姫の義母である熊姫が、そして9月には実母お江が亡くなってしまいます。立て続けに愛する人々を失い、また本多家においても跡取りの正室の立場から一転し、悲しみにくれていた千姫。そんな千姫の心を支えていたかもしれない物が、太刀「包永」だったのです。

太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之
太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之
包永(金象嵌)
本多平八郎忠為
所持之
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
71.8
所蔵・伝来
本多忠刻→
千姫→徳川家光→
徳川綱吉→松平忠周→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

この太刀はもともと、忠刻が所持していた物(金象嵌銘にある忠為は忠刻の別名)。忠刻が亡くなってから失意の日々を過ごしていた千姫でしたが、江戸幕府第3将軍で実弟であった「徳川家光」の申し出により、江戸城に呼び戻されます。このとき、千姫は太刀「包永」を忠刻の形見として、将軍家に持ち帰ったのです。

この太刀を作刀した初代「包永」は、鎌倉時代末期の正応年間(1288~1293年)に活躍した大和国(やまとのくに:現・奈良県)の刀工。東大寺転害門(てがいもん:境内の西北側にある門)の門前に住んでいた「手掻派」(てがいは)の始祖。大和国の中でも有数の名匠として知られ、こちらの太刀は、しっかりとした優美な太刀姿で鎬地が広く、刃文は直刃に互の目が交じる「大和伝」を代表するような作風になっています。

太刀「包永」は、将軍家に受け継がれていく中で、第5代将軍「徳川綱吉」より、若年寄(わかどしより:老中に次ぐ重職で、将軍に直属して政務に当たった)であった信州上田藩初代藩主「松平忠周」(まつだいらただちか)に拝領。その後は家宝として信州上田藩松平家に伝来しました。

その一方で、江戸城に戻った千姫は、のちに出家して「天樹院」(てんじゅいん)と号し、娘勝姫と穏やかな日々を過ごしました。千姫がそのような余生を送れたのも、太刀「包永」を形見としていたことで、最愛の夫・忠刻が見守っていたからかもしれません。

太刀 包永は本多忠刻と千姫の愛の証し!?

太刀 包永は本多忠刻と千姫の愛の証し!?をSNSでシェアする

「歴史上の人物と日本刀」の記事を読む


立花宗茂の刀 無銘 伝二字国俊

立花宗茂の刀 無銘 伝二字国俊
「刀 無銘 伝二字国俊」(重要美術品)は、柳川藩(やながわはん:現在の福岡県柳川地方)藩主「立花宗茂」(たちばなむねしげ)が所持したとされる名刀です。立花宗茂は、歴史好きの間では非常に人気の高い武将。「関ヶ原の戦い」では西軍に付き、一度は改易されたにもかかわらず、そののち大名として復帰したことはよく知られています。 作刀したのは、山城国(やましろのくに:現在の京都府南部)の刀工「国俊」。山城伝を代表する来派(らいは)に属し、来を冠する「来国俊」と「国俊」のみの二字銘が現存します。ここでは、立花宗茂について述べると共に、国俊や来派、山城伝についても解説していきます。

立花宗茂の刀 無銘 伝二字国俊

中山博道の太刀 銘 森良近 昭和三年仲秋

中山博道の太刀 銘 森良近 昭和三年仲秋
「夢想神伝流」(むそうしんでんりゅう)を創始した「中山博道」(なかやまひろみち/なかやまはくどう)は、様々な武道に通じ、史上初めて「剣道」、「居合道」、「杖術」(じょうじゅつ)の3つの範士の称号を授与された人物です。 道場以外にも、学校や警察、企業などにおいても師範を務め、「昭和の剣聖」、「最後の武芸家」と呼ばれました。 そんな中山博道が所有した刀剣・日本刀を作ったのが、刀工「森良近」(もりよしちか)です。中山博道は、なぜこの刀剣・日本刀と出逢い、愛刀としたのでしょうか。その理由をご紹介します。

中山博道の太刀 銘 森良近 昭和三年仲秋

十市遠忠伝来の短刀 備前長船祐定

十市遠忠伝来の短刀 備前長船祐定
「十市遠忠」(とおちとおただ)は、大和国(やまとのくに:現在の奈良県)を治めた戦国武将で、「十市城」(といちじょう)、龍王山城(りゅうおうざんじょう)の城主。武術はもちろん和歌にも通じ、「十市遠忠詠草」(とおちとおただえいそう)などの歌集も多数残しました。 そんな十市遠忠が所持していたのは、「短刀 銘 備州長船祐定 明応七年八月日」。この短刀を所持した十市遠忠が、どのような人生を歩んでいったのかをご紹介します。

十市遠忠伝来の短刀 備前長船祐定

明楽茂村の薙刀 武州住藤原兼永

明楽茂村の薙刀 武州住藤原兼永
徳川家の御用鍛冶として、幕末まで日本刀の制作を続けた「藤原兼永」(ふじわらかねなが)。その藤原兼永が作刀した日本刀の所有者で有名なのが、「明楽茂村」(あけらしげむら)です。 明楽茂村は、将軍に御目見できない「御家人」の身分でありながら、幕府の要職である勘定奉行を9年間務め「旗本」にまで大出世した人物。この大出世には、ある秘密が隠されていました。そんな明楽茂村とは一体どんな人物だったのでしょうか。 明楽茂村について紹介すると共に、明楽茂村が所持した薙刀の歴史と特徴についてご紹介します。

明楽茂村の薙刀 武州住藤原兼永

徳川家康誕生の地 岡崎藩と名刀 則房

徳川家康誕生の地 岡崎藩と名刀 則房
「徳川家康」(とくがわいえやす)は、1542年(天文11年)に三河国(みかわのくに:現在の愛知県東部)「岡崎城」で生を受けました。岡崎城は、徳川家康の祖父である「松平清康」(まつだいらきよやす)が戦国時代中期に「西郷氏」(さいごうし)から奪取した場所で、岡崎平野が広がる豊穣な地でありながら、交通の要衝でもあったため、争奪が繰り広げられる場となっていたのです。江戸時代、岡崎藩は徳川家康誕生の地として厚遇され、徳川家にとって特別な場所となっていました。今回は岡崎藩の歴史を振り返ると共に、岡崎藩最後の藩主家となった「本多平八郎家」(ほんだへいはちろうけ)に伝来した名刀「則房」(のりふさ)をご紹介します。

徳川家康誕生の地 岡崎藩と名刀 則房

朝香孚彦と靖国刀の靖光

朝香孚彦と靖国刀の靖光
1876年(明治9年)、明治新政府が発した「廃刀令」によって、それまで「武士の魂」とされていた日本刀の実用品としての需要は衰退。刀匠や金工師、鞘師など日本刀制作にかかわってきた大多数の職人は廃業を余儀なくされるなど、日本刀は「冬の時代」を迎えていました。大正時代に入ると、日本刀の材料である「玉鋼」(たまはがね)を精製する日本古来の「たたら製鉄法」が廃絶。しかし、風前の灯となっていた刀剣文化が息を吹き返しました。そのきっかけは、皮肉にも戦争の拡大。昭和初期、日本が軍国主義の道を進むにつれて、刀剣は「軍人の魂」として、需要が拡大。「日本刀鍛錬会」が創設され、「靖国神社」の境内に鍛錬所が設置されました。そこで制作された軍刀が「靖国刀」です。見た目が美しく、実用性の高い靖国刀は、恩賜刀(天皇から与えられる日本刀)としても用いられました。 ここでは、昭和初期の刀剣をめぐる状況と共に、元皇族で陸軍軍人の「朝香孚彦」(あさかたかひこ:元皇族・朝香宮孚彦王)に贈られた靖国刀「靖光」(やすみつ)についてご紹介します。

朝香孚彦と靖国刀の靖光

織田有楽斎(織田長益)と短刀「有楽来国光」

織田有楽斎(織田長益)と短刀「有楽来国光」
織田有楽斎(おだうらくさい)は織田信長の弟で、本名は織田長益(おだながます)と言います。武将として合戦に参戦し、大草城や深志城の城主になるほどの手腕を発揮。しかし、温厚な性格だった織田有楽斎(織田長益)は茶道に励むのでした。 「本能寺の変」で織田信長が自害したのち、織田有楽斎(織田長益)は豊臣秀吉に仕え、茶人として頭角を現します。ついには「わび茶」の完成者・千利休の高弟「利休十哲」に数えられるまでになり、武家茶道「有楽流」を確立します。さらには織田有楽斎(織田長益)の屋敷があったとされる町に「有楽町」(東京都千代田区)という名まで付けられました。 幾度も合戦に参戦しながらも、茶人として生きた織田有楽斎(織田長益)。 織田信長、豊臣秀吉、そして徳川家康の三英傑に仕えるなど波乱に満ちた織田有楽斎(織田長益)の人物像に迫ると共に、彼が愛用した日本刀「有楽来国光」(うらくらいくにみつ)についてご紹介します。

織田有楽斎(織田長益)と短刀「有楽来国光」

日本刀 山鳥毛の写しと愛刀家上杉謙信

日本刀 山鳥毛の写しと愛刀家上杉謙信
「山鳥毛」(さんちょうもう/やまとりげ)は、「上杉謙信」由来の日本刀です。関東管領の地位、上杉家の家督と共に、謙信に譲られたというこの名刀についてご紹介します。

日本刀 山鳥毛の写しと愛刀家上杉謙信

山名宗全と堀川国広の薙刀 磯波

山名宗全と堀川国広の薙刀 磯波
「凡そ例といふ文字をば向後は時といふ文字にかへて御心えあるべし」 この一文は、室町時代の説話集「塵塚物語」(ちりづかものがたり)に記載されている「山名宗全」(やまなそうぜん)の台詞で、「今現在の時勢こそ大切なのだ」という宗全のモットーが語られています。宗全が生きた時代は、室町幕府における守護大名の体制が変化していった時代で、諸国各地で対立や争いが勃発していました。そして何より宗全こそが、日本を戦乱の世へと導いた象徴的人物だったのです。 今回は、室町時代に勢力を拡大した守護大名・山名宗全をご紹介すると共に、彼の子孫が刀匠に注文したとされる薙刀について見ていきます。

山名宗全と堀川国広の薙刀 磯波

注目ワード

注目ワード