歴史上の人物と日本刀

薙刀 丹波守吉道と平懐者 石田三成/律儀者 佐竹義宣

文字サイズ

1600年(慶長5年)に起こった「関ヶ原の戦い」において、反徳川勢力であった西軍を率いていた「石田三成」(いしだみつなり)。「豊臣秀吉」の家臣として主君に忠実に働いていたが故に、平懐者(へいくわいもの:横柄で無遠慮な者)と揶揄され、同じ家臣達の中にも三成に恨みを持っていた者が少なくなかったと言われています。しかし、そんな三成に対し、生涯を通じて並々ならぬ恩義を感じていた武将がいました。それは、久保田藩(別名秋田藩)初代藩主「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)。ここでは、2人がそのような関係を結ぶまでに至った経緯と、三成から義宣に譲られた日本刀の一種である薙刀「丹波守吉道」(たんばのかみよしみち)についてご紹介します。

三成と義宣がかかわりを深めたきっかけとは?

石田三成

石田三成

石田三成」と佐竹義宣が親交を深めるきっかけを知るには、義宣の父・義重(よししげ)の時代にまで遡る必要があります。佐竹氏は、常陸国(ひたちのくに:現・茨城県)で平安時代から続く由緒正しい「清和源氏」(せいわげんじ)の家系。その第18代当主であった義重の時代には、関東のほとんどを北条氏が支配していました。

しかし義重は、7人の敵の首をひるむことなく1度に討ち取ったという逸話があることなどから「鬼義重」との異名を取るほどにその武勇をとどろかせ、越後国(えちごのくに)の「上杉謙信」(うえすぎけんしん)と連携を強めることで、北条氏の勢力拡大を阻止していたのです。

義重は戦の才能だけでなく、外交手腕や先見性も非常に優れていました。当時は、天下掌握に尽力していた「織田信長」が、関東への勢力拡大を目論んでいた時期。そこに目を付けた義重は、信長と友好関係を結んだのです。実際、信長が室町幕府第15代将軍「足利義昭」(あしかがよしあき)を擁して上洛(じょうらく:京都に入ること)する際、義重もそれに随行。そして、信長の奏上により、義重は常陸国の国司の中で実務上の長官の立場にある「従五位下・常陸介」(じゅごいのげ・ひたちのすけ)に補任されました。

1582年(天正10年)の「本能寺の変」により信長が倒れると、信長の権力を継承して天下統一を成し遂げるべく、彼の家臣であった豊臣秀吉が台頭してきます。このときにも義重は、1583年(天正11年)「賤ヶ岳の戦い」(しずがだけのたたかい)で、秀吉が「柴田勝家」(しばたかついえ)に勝利したことを祝うため、いち早く使者を送りました。

このような働きかけにより、天下人となる秀吉とも懇意の間柄になった義重。彼の息子である義宣が、秀吉に絶大な信頼を寄せられていた家臣・石田三成との親交が深くなっていったのも、ごく自然なことだと言えます。

三成と義宣 お互いのピンチを救う

義宣、伊達政宗と秀吉の狭間で悩む

伊達政宗

伊達政宗

1570年(元亀元年)に生まれた佐竹義宣は、父・義重の隠居に伴い、1586~1590年(天正14~18年)の間に家督を相続しました。この頃の佐竹氏は、義宣の従兄弟である仙台藩初代藩主「伊達政宗」の勢力が北方から拡大してきており、対立していた状況。

そして、南からは北条氏による侵攻が見られ、義宣は10代にして2大勢力の抗争の渦中に飛び込むことになったのです。

そんな中、1590年(天正18年)、義重・義宣父子のもとに、豊臣秀吉より戦への参陣要請が入ります。その戦とは、豊臣秀吉による天下統一の総仕上げとなった「小田原征伐」(おだわらせいばつ)。

1585(天正13年)に関白(かんぱく:成人した天皇の補佐として、政務を司っていた重職)に就任していた秀吉は、1587年(天正15年)天皇の名のもとに、関東・奥羽(おうう)地方(現・東北地方)に対して大名同士の私的な領土紛争を禁じた「惣無事令」(そうぶじれい)を発令していました。秀吉は、北条氏がこれに反したとして、当時の北条氏の居城であった小田原城に攻め入りました。

このときにも、政宗との戦いの真っ只中であった義重と義宣。すぐに小田原にまで向かうのは困難でした。しかし、当時の佐竹氏が置かれている状況を鑑みると、即参陣するのが得策だったのです。と言うのも、戦国時代において名を上げるためには、大きな戦いで武功を挙げることが何よりも重要。そして主君に背くことは、国替えやお家取り潰しなど、何らかの処分が科されることを意味していたのです。

そんな佐竹氏のピンチを救ったのが石田三成です。彼の仲介により、義重と義宣は小田原に駆け付けることができ、三成のもとで「忍城(おしじょう)の水攻め」に参陣。そのあとの「奥州仕置」(おうしゅうしおき)にも続けて参加した義重と義宣は、これら一連の功績が秀吉に認められたことにより、常陸国54万石が安堵され、悲願であった常陸国の平定を果たすことになりました。

ちなみに政宗は、義宣らより2ヵ月ほど遅れて小田原に向かったことが秀吉の心証を害してしまい、奥羽地方に約150万石あった所領が、72万石にまで減封されるという憂き目に遭っています。

義宣、「改易」という名のリストラの危機

1597年(慶長2年)、義宣の従兄弟にあたる下野(しもつけ)国の戦国大名「宇都宮国綱」(うつのみやくにつな)が、秀吉の命により、突如改易(かいえき:武士の身分を奪い、領地などを没収する刑罰)されました。

その理由には諸説あり、太閤検地の際、国綱が自身の石高を過少申告していたからだとも、豊臣五奉行のひとりで秀吉の重臣であった「浅野長政」(あさのながまさ)の三男・長重(ながしげ)を、跡継ぎのいなかった国綱の養子にさせる計画があったにもかかわらず、国綱の弟「芳賀高武」(はがたかたけ)や家臣らの反対により、破談にしたからだとも言われています。改易というのは、現代で言うリストラのこと。大名に科されてしまえば、その藩の武士全員が職を失うことになるのです。

この国綱の改易に際し、国綱と血縁関係にあった佐竹義宣は連座(れんざ:家族など、他の人が犯した罪の連帯責任を問われて処罰されること)させられそうになりました。このときも義宣は、石田三成の取り成しにより、改易の処分を免れたのです。

7人の武将による三成襲撃事件

豊臣政権下では、石田三成をはじめとする政務担当であった「文治派」と、軍務を担当していた「武断派」の武将達が度々衝突していました。1598年(慶長3年)に秀吉が亡くなると、両派の対立が表面化。秀吉の忠臣「前田利家」(まえだとしいえ)が何とかその仲を取り持って抑えていましたが、1599年(慶長4年)3月に利家が死去したことをきっかけに、武断派である「加藤清正」(かとうきよまさ)や「福島正則」(ふくしままさのり)ら「七将」(しちしょう)による、三成暗殺計画が実行されようとしていたのです。

しかし、秀吉の三男・秀頼(ひでより)に仕えていた「桑島治右衛門」(くわじまじえもん)からの通報により、三成は、七将らが屋敷を襲撃してくる直前に義宣の屋敷へと逃亡。義宣は、三成に女性用の着物を着せて女輿(おんなごし)に乗せると、豊臣政権の五大老のひとり「宇喜田秀家」(うきたひでいえ)の屋敷にまで運んで匿ったのです。この結果、三成の暗殺計画は未遂に終わることになりました。

義宣が自らの危険を顧みずにこのような行動に出たのは、小田原征伐や改易事件の際に、三成から受けた恩義を忘れていなかったからに他なりません。襲撃事件後、義宣は茶の湯の師匠であった武将「古田織部」(ふるたおりべ)からは、七将らとの仲介をしてくれた「徳川家康」に釈明するように勧められました。

しかし、「公命に背いたことのない三成を討とうとするのは諸将の私情によるもの。私が三成を救ったのは、かつて恩を受けたからである」と答えたのです。これを聞いた家康は、「義宣の身命にかけて三成の恩に報いたことは、義と言うべきこと。異存はない」として、義宣の行動を認めました。

佐竹家の運命をも左右した天下分け目の戦い

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い

義宣は、三成襲撃事件のときに「治部(じぶ:石田三成の役職治部少輔の略)なくしては生きる甲斐がない」との言葉を残しています。

この一言からも、三成と義宣の親交がかなり深かったことが窺えますが、そのことが最もよく表れている出来事と言えば、1600年(慶長5年)に勃発した天下分け目の戦いである「関ヶ原の戦い」。家康の東軍に付くのか、それとも三成の西軍に付くのか。佐竹氏は究極の選択を迫られます。

秀吉亡きあと、家康の力が無視できないほどに大きくなっていたことを見抜いていた父・義重は、義宣に対し東軍側に付くように助言しました。しかし、三成に受けた恩義を忘れられない義宣は、関ヶ原の戦いの幕開けであり、会津藩(現・福島県)120万石の大名「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)が対立した「会津征伐」に一応出陣したものの、あまり動こうとはせず、三成方であった上杉氏とも通じていたのです。

関ヶ原の戦いは、このように義宣がどっちつかずの態度を取ったまま、東軍が勝利を収めて終わってしまいました。

義宣本人は、あくまでも中立の立場を取っていたつもりかもしれません。しかし、家康からは「今の世の中では見たことのない、困りすぎるほどの律儀者」と評され、関ヶ原の戦いの2年後の1602年(慶長7年)、常陸国54万石から出羽(でわ)国秋田郡(現・秋田県)20万石への減転封を家康から命ぜられました。三成と義宣の厚い友情と親交が、佐竹家全体の運命も変える結果となったのです。

三成から義宣への思いを託した薙刀「丹波守吉道」

関ヶ原の戦いにおいて、一歩間違えれば佐竹家の存続が危ぶまれることを知りつつも、三成に対する恩義を忘れられず、最終的な決断を下すことができなかった義宣。

このとき三成は、そのような義宣の思いを知っていたかどうかは定かではありませんが、西軍側への助力を求め、薙刀「丹波守吉道」(たんばのかみよしみち)を義宣に贈っています。

薙刀 銘 丹波守吉道

薙刀 銘 丹波守吉道

鑑定区分 刃長 所蔵・伝来
丹波守吉道 未鑑定 2尺1寸2分 石田三成→
佐竹家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
詳細を見る

日本刀の刀工である丹波守吉道は、室町時代末期に美濃国武儀(むぎ)郡関(せき:現・岐阜県関市)在住であった刀工「兼道」(かねみち)の三男。1593年(文禄2年)、兼道は、「吉道」を含む4人の子どもを引き連れて京都に移住し、兼道の姓であった「三品」(さんぴん)からその名を取った「三品系」(みしなけい)の始祖となります。

初代吉道は、1595年(文禄4年)に「丹波守」を受領。丹波守吉道は、幕末に至るまで7代続く良工であり、日本刀の刃文の一種である「簾刃」(すだれば)が最大の特徴です。

簾刃とは、刃先に平行して、線状あるいは点状に二筋、三筋と構成されている刃文のこと。しかし、初代吉道の最初期の1振であるこの薙刀は、どちらかと言えば「兼房乱れ」(けんぼうみだれ)と呼ばれる、頭がタコのように丸い「互(ぐ)の目乱れ」の刃文が焼かれており、簾刃の気配はまだ現れていません。

初代吉道が晩年になって簾刃の前兆を示す刃文を考案し、2代目がそのあとを継いで完成させたと考えられています。

また、日本刀の刀工丹波守吉道には、「帆掛丹波」(ほかけたんば)という別称があります。銘の「丹」の字が極端に右に傾き、その横棒が極めて上に引かれているさまが、船の帆に風がはらんでいるように見えることが由来です。それに対してこの薙刀の銘には、角張った形の丹の字が切られており、初代吉道の最初期の作品であることが分かります。

この薙刀は、その刀身のみならず、付属されている拵の朱色の柄も、三成が義宣に譲った当時のままの物。関ヶ原の戦いについて窺い知ることのできる、貴重な1振であると言えるのです。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 石田三成のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

薙刀 丹波守吉道と平懐者 石田三成/律儀者 佐竹義宣

薙刀 丹波守吉道と平懐者 石田三成/律儀者 佐...をSNSでシェアする

「歴史上の人物と日本刀」の記事を読む


立花宗茂の刀 無銘 伝二字国俊

立花宗茂の刀 無銘 伝二字国俊
「刀 無銘 伝二字国俊」(重要美術品)は、柳川藩(やながわはん:現在の福岡県柳川地方)藩主「立花宗茂」(たちばなむねしげ)が所持したとされる名刀です。立花宗茂は、歴史好きの間では非常に人気の高い武将。「関ヶ原の戦い」では西軍に付き、一度は改易されたにもかかわらず、そののち大名として復帰したことはよく知られています。 作刀したのは、山城国(やましろのくに:現在の京都府南部)の刀工「国俊」。山城伝を代表する来派(らいは)に属し、来を冠する「来国俊」と「国俊」のみの二字銘が現存します。ここでは、立花宗茂について述べると共に、国俊や来派、山城伝についても解説していきます。

立花宗茂の刀 無銘 伝二字国俊

中山博道の太刀 銘 森良近 昭和三年仲秋

中山博道の太刀 銘 森良近 昭和三年仲秋
「夢想神伝流」(むそうしんでんりゅう)を創始した「中山博道」(なかやまひろみち/なかやまはくどう)は、様々な武道に通じ、史上初めて「剣道」、「居合道」、「杖術」(じょうじゅつ)の3つの範士の称号を授与された人物です。 道場以外にも、学校や警察、企業などにおいても師範を務め、「昭和の剣聖」、「最後の武芸家」と呼ばれました。 そんな中山博道が所有した日本刀を作ったのが、刀工「森良近」(もりよしちか)です。中山博道は、なぜこの刀と出逢い、愛刀としたのでしょうか。その理由をご紹介します。

中山博道の太刀 銘 森良近 昭和三年仲秋

十市遠忠伝来の短刀 備前長船祐定

十市遠忠伝来の短刀 備前長船祐定
「十市遠忠」(とおちとおただ)は、大和国(やまとのくに:現在の奈良県)を治めた戦国武将で、「十市城」(といちじょう)、龍王山城(りゅうおうざんじょう)の城主。武術はもちろん和歌にも通じ、「十市遠忠詠草」(とおちとおただえいそう)などの歌集も多数残しました。 そんな十市遠忠が所持していたのは、「短刀 銘 備州長船祐定 明応七年八月日」。この短刀を所持した十市遠忠が、どのような人生を歩んでいったのかをご紹介します。

十市遠忠伝来の短刀 備前長船祐定

明楽茂村の薙刀 武州住藤原兼永

明楽茂村の薙刀 武州住藤原兼永
徳川家の御用鍛冶として、幕末まで日本刀の制作を続けた「藤原兼永」(ふじわらかねなが)。その藤原兼永が作刀した日本刀の所有者で有名なのが、「明楽茂村」(あけらしげむら)です。 明楽茂村は、将軍に御目見できない「御家人」の身分でありながら、幕府の要職である勘定奉行を9年間務め「旗本」にまで大出世した人物。この大出世には、ある秘密が隠されていました。そんな明楽茂村とは一体どんな人物だったのでしょうか。 明楽茂村について紹介すると共に、明楽茂村が所持した薙刀の歴史と特徴についてご紹介します。

明楽茂村の薙刀 武州住藤原兼永

徳川家康誕生の地 岡崎藩と名刀 則房

徳川家康誕生の地 岡崎藩と名刀 則房
「徳川家康」(とくがわいえやす)は、1542年(天文11年)に三河国(みかわのくに:現在の愛知県東部)「岡崎城」で生を受けました。岡崎城は、徳川家康の祖父である「松平清康」(まつだいらきよやす)が戦国時代中期に「西郷氏」(さいごうし)から奪取した場所で、岡崎平野が広がる豊穣な地でありながら、交通の要衝でもあったため、争奪が繰り広げられる場となっていたのです。江戸時代、岡崎藩は徳川家康誕生の地として厚遇され、徳川家にとって特別な場所となっていました。今回は岡崎藩の歴史を振り返ると共に、岡崎藩最後の藩主家となった「本多平八郎家」(ほんだへいはちろうけ)に伝来した名刀「則房」(のりふさ)をご紹介します。

徳川家康誕生の地 岡崎藩と名刀 則房

朝香孚彦と靖国刀の靖光

朝香孚彦と靖国刀の靖光
1876年(明治9年)、明治新政府が発した「廃刀令」によって、それまで「武士の魂」とされていた日本刀の実用品としての需要は衰退。刀匠や金工師、鞘師など日本刀制作にかかわってきた大多数の職人は廃業を余儀なくされるなど、日本刀は「冬の時代」を迎えていました。大正時代に入ると、日本刀の材料である「玉鋼」(たまはがね)を精製する日本古来の「たたら製鉄法」が廃絶。しかし、風前の灯となっていた刀剣文化が息を吹き返しました。そのきっかけは、皮肉にも戦争の拡大。昭和初期、日本が軍国主義の道を進むにつれて、刀剣は「軍人の魂」として、需要が拡大。「日本刀鍛錬会」が創設され、「靖国神社」の境内に鍛錬所が設置されました。そこで制作された軍刀が「靖国刀」です。見た目が美しく、実用性の高い靖国刀は、恩賜刀(天皇から与えられる日本刀)としても用いられました。 ここでは、昭和初期の刀剣をめぐる状況と共に、元皇族で陸軍軍人の「朝香孚彦」(あさかたかひこ:元皇族・朝香宮孚彦王)に贈られた靖国刀「靖光」(やすみつ)についてご紹介します。

朝香孚彦と靖国刀の靖光

織田有楽斎(織田長益)と短刀「有楽来国光」

織田有楽斎(織田長益)と短刀「有楽来国光」
織田有楽斎(おだうらくさい)は織田信長の弟で、本名は織田長益(おだながます)と言います。武将として合戦に参戦し、大草城や深志城の城主になるほどの手腕を発揮。しかし、温厚な性格だった織田有楽斎(織田長益)は茶道に励むのでした。 「本能寺の変」で織田信長が自害したのち、織田有楽斎(織田長益)は豊臣秀吉に仕え、茶人として頭角を現します。ついには「わび茶」の完成者・千利休の高弟「利休十哲」に数えられるまでになり、武家茶道「有楽流」を確立します。さらには織田有楽斎(織田長益)の屋敷があったとされる町に「有楽町」(東京都千代田区)という名まで付けられました。 幾度も合戦に参戦しながらも、茶人として生きた織田有楽斎(織田長益)。 織田信長、豊臣秀吉、そして徳川家康の三英傑に仕えるなど波乱に満ちた織田有楽斎(織田長益)の人物像に迫ると共に、彼が愛用した日本刀「有楽来国光」(うらくらいくにみつ)についてご紹介します。

織田有楽斎(織田長益)と短刀「有楽来国光」

日本刀 山鳥毛の写しと愛刀家上杉謙信

日本刀 山鳥毛の写しと愛刀家上杉謙信
「山鳥毛」(さんちょうもう/やまとりげ)は、「上杉謙信」由来の日本刀です。関東管領の地位、上杉家の家督と共に、謙信に譲られたというこの名刀についてご紹介します。

日本刀 山鳥毛の写しと愛刀家上杉謙信

山名宗全と堀川国広の薙刀 磯波

山名宗全と堀川国広の薙刀 磯波
「凡そ例といふ文字をば向後は時といふ文字にかへて御心えあるべし」 この一文は、室町時代の説話集「塵塚物語」(ちりづかものがたり)に記載されている「山名宗全」(やまなそうぜん)の台詞で、「今現在の時勢こそ大切なのだ」という宗全のモットーが語られています。宗全が生きた時代は、室町幕府における守護大名の体制が変化していった時代で、諸国各地で対立や争いが勃発していました。そして何より宗全こそが、日本を戦乱の世へと導いた象徴的人物だったのです。 今回は、室町時代に勢力を拡大した守護大名・山名宗全をご紹介すると共に、彼の子孫が刀匠に注文したとされる薙刀について見ていきます。

山名宗全と堀川国広の薙刀 磯波

注目ワード

注目ワード