日本刀の基礎・基本学習

日本刀の部位名称一覧

文字サイズ

日本刀には、刃や鋒/切先(きっさき)などの斬るために特化した部位だけでなく、帽子や棟、映りや鎬(しのぎ)、樋(ひ)や刀身彫刻、茎(なかご)、銘など、様々な目的を持った部位があります。名前が付けられた部位は、日本刀を形作る上でもとても重要な意味を持ち、作刀された時代を紐解くヒントになったり、それぞれの流派や刀工の個性が光ったりする部位でもあるのです。日本刀の主な部位の名称と、その役割などを簡単に見ていきましょう。

鋒/切先(きっさき)とは

鋒/切先

鋒/切先

鋒/切先」(きっさき)とは、日本刀の先端にあたる部位です。

横手筋から上の部分で、形状の長さや「ふくら」(鋒/切先にあるカーブ)の付き方によって、小さいものから「かます鋒/切先」、「小鋒/切先」、「猪首鋒/切先」、「中鋒/切先」、「大鋒/切先」の5種類に分けられます。鋒/切先の形状は戦法の変遷などにより変化していることから、作刀年代を特定するポイントのひとつ。

また、鋒/切先は敵を直接斬ったり刺したりするため、切れ味が鋭い最強の日本刀や威力が最も反映される部位でもあります。

帽子(ぼうし)とは

帽子

帽子

帽子」は、「鋩子」(ぼうし)と書かれることもあり、日本刀の鋒/切先にある刃文のこと、もしくは鋒/切先そのものを指すこともある部位です。

鍛刀の工程である「焼き入れ」の仕方によって現れる刃文が変化するため、帽子は刀工の個性がよく表れる部位でもあります。また、鋒/切先は重ねが薄く焼き入れが難しいため、刀工の技量が顕著に表れる部分でもあるのです。

小丸」(こまる)や「中丸」(ちゅうまる)、「大丸」(おおまる)などの種類の他、「掃掛け」(はきかけ)や「火焔」(かえん)など、時代や流派によって様々な帽子の形状が見られます。

棟(むね)とは

棟

」(むね)とは、刀身の刃とは反対側にある、刃が付いていない背の部分です。片刃ならではの部位で、別名「峰」(みね)とも呼ばれます。

三つ棟」(真の棟とも)、「丸棟」(草の棟とも)、「角棟」、「庵棟」(いおりむね:行の棟とも)の4種類に大別され、その種類から作刀年代や流派を特定することもできるのです。

また、棟側から見た刀身の厚みのことを重ねと呼びます。

刃(は/やいば)とは

刃

「刃」(は/やいば)は、斬るために薄く鋭く研がれた部分のこと。特に日本刀の刃は「折れず、曲がらず、よく切れる」とされ、世界一の切れ味を誇ると言われています。

また、刃には日本刀の大きな見どころのひとつである美しい刃文が存在。刃文は焼き入れ時に入れられるものですが、焼き入れは刃の切れ味をより鋭く、強靭にする目的があります。

刃文は刀工が計画的に入れるため、流派や刀工によって特徴が異なり、刀工を特定するひとつの指標にもなるのです。

映り(うつり)とは

映り

映り

映り」(うつり)とは、日本刀の地鉄部分に現れる働き(地肌や刃中に動きや変化のあること)のひとつで、刃文と鎬筋(しのぎすじ:刀身の側面、刃と棟の間にある山高くなった筋)の間に見られる白く淡い影になったような部分のこと。

すべての日本刀に現れるわけではなく、古い日本刀ほど鮮明に見ることができ、映りがあるものはより切れ味が良いとされます。

備前国(現在の岡山県)や山城国(現在の京都府)の古刀によく見られ、映りの具合から、「乱映り」や「棒映り」といった種類に分けられるようになりました。

鎬(しのぎ)とは

鎬

」(しのぎ)とは、刀身の側面に走る山高くなった稜線のことを言い、線そのものを指す際には鎬筋、鎬筋と棟の間にある部位を指す際は「鎬地」(しのぎじ)と言います。

平安時代以降、日本刀が「刺す」武器から「斬る」武器に変化したことや、日本刀の強度を保ったまま軽量化を図ったことにより誕生しました。

また、鎬は造込みの種類である「鎬造り」を指す場合もあります。鎬造りとは、単純に鎬のある造込みのことで、「菖蒲造」や「おそらく造」など、地域や流派によって様々な種類が存在。鎬は棟側から見たときの厚みにより高さを確かめますが、鎬筋の高さにも各流派・刀工の特徴が表れるのです。

樋(ひ)とは

樋

」(ひ)とは、日本刀の刀身に彫られている細長い溝のこと。鎬地に彫られ、刺したり斬ったりした際に樋の中を血が流れていく様子から別名「血流し」とも呼ばれます。

樋の役割として、日本刀の重量を軽減させたり見栄えを良くしたりするため、もしくはその両方の目的があると言われていますが、詳しいことは分かっていません。樋は平安時代に入れられるようになり、時代が下るにつれて様々な形状や長さの樋が誕生しました。

また、樋には血が入り込みやすいことから、錆が付かないように朱漆が塗られていることもあります。

刀身彫刻(とうしんちょうこく)とは

刀身彫刻

刀身彫刻

刀身彫刻とは、日本刀の刀身に彫られた彫刻のこと。通常、刀身の鎬地に彫られています。

刀身彫刻は美しさを求めた装飾性だけでなく、宗教的な図像も多く彫られたことから、作者や注文者の信仰心が込められたものでもありました。

日本刀の刀身彫刻は平安時代末期から鎌倉時代初期に誕生したと考えられており、元々刀工が彫刻をしていましたが、江戸時代になると日本刀専門の彫師が誕生。彫り方にも様々な技術が込められるようになったのです。

例えば、一般的な彫刻である「陰刻」(いんこく)や、模様の周囲を彫り下げて図像を浮かび上がらせる「浮彫り」などがあります。

刀身彫刻の種類

刀身彫刻の種類

刀身彫刻の種類

刀身彫刻には、主に写実的な「真」(しん)と極端に簡略化された「草」(そう)、その中間「行」(ぎょう)の3種類があります。

刀身彫刻の図像には様々なものがありますが、特に多いのが「密教」を主題とした彫刻です。特に「不動明王」に関連するものが多く、不動明王をそのまま彫刻したものもあれば、不動明王の化身である「倶利伽羅龍」(くりからりゅう)や「素剣」(すけん)なども存在。

他にも「毘沙門天」や「愛染明王」など、悪霊退散や守護を司る神仏の意匠には武士達の信仰心が込められています。

また、古代中国の「神仙思想」(しんせんしそう:道教の基本となった思想)から、「玉追龍/珠追龍」(たまおいりゅう)など、龍をモチーフとする図像が多く考案されました。

肉置(にくおき)とは

肉置

肉置

肉置」(にくおき)とは、刀身の鎬地を除いた刀身の厚みを指します。「平肉」(ひらにく:地肉とも)と「刃肉」(はにく)の2種類に分かれており、肉置が厚いものを「豊か」、薄いものを「枯れる」と表現。

肉置は度重なる研磨により薄くなってしまうことから、作刀時の厚さを保持している日本刀は少なく、大変貴重です。

なお、肉置は刀工で左右されるものではなく、日本刀の研師により付けられているのです。また、「」の造形を表す言葉にも、肉置という表現が使われています。

棟区(むねまち)・刃区(はまち)とは

棟区・刃区

棟区・刃区

」とは、刀身の刃・棟と茎(なかご)の境目にある、鉤形(かぎがた)に窪んだ部分を指し、棟側にある区を「棟区」(むねまち)、刃側にある区を「刃区」(はまち)と呼びます。

棟区・刃区が形成されるのは、「火造り」が行われたあとの、日本刀の姿を決める最終段階です。博物館で鑑賞する際には、区には「」(はばき)が付けられていることが多い部位。一般的に、棟区・刃区が深く残っている場合は、研ぎ減りがなく、作刀時の姿に近い状態であるとされます。

茎(なかご)とは

茎

茎とは、日本刀の持ち手部分である、に収められる刃のない部分のこと。茎には刀工の名前などのが刻まれることから、日本刀鑑定のなかでも重要な部位です。

磨上げ茎」と「生ぶ茎」(うぶなかご)の2種類が存在し、どのように磨上げられているかが分かる部位でもあります。

また、茎の形状にも種類があり、「普通形」と呼ばれるものから、「振袖形」や伊勢国(現在の三重県北中部)の刀工「村正派」の特徴となる「たなご腹形」などが存在。

なお、茎には鑢が掛けられており、その鑢目から刀工や流派を特定することもできます。

銘(めい)の種類

銘の種類

銘の種類

日本刀の茎に刻まれる銘には、刀工の名前の他、刀工の国司名を切った「受領銘」(ずりょうめい)や所有者の名前を切った「所持銘」(しょじめい)、切れ味の鋭さを記した「截断銘」(さいだんめい/せつだんめい)など、様々な種類が存在。

「紀年銘」(きねんめい)と呼ばれる作刀年月を記した銘は、一般的に茎の裏側に彫られたことから、「裏銘」とも呼ばれます。

また、日本刀を磨上げたときのみ表れる「折返し銘」、「額銘」の他、後世になってから鑑定士の手によって切られた「朱銘」や「金粉銘」、「金象嵌銘」(きんぞうがんめい)など、日本刀によって様々な種類が存在するのです。

目釘穴・目釘孔(めくぎあな)とは

目釘穴・目釘孔

目釘穴・目釘孔

目釘穴」(めくぎあな:目釘孔とも)は、日本刀の茎に存在する、日本刀の刀身が柄から抜けないように付けられる、「目釘」と呼ばれる留め具で固定させるための穴です。

直径5~7mm程度の大きさで、目釘穴がひとつの場合もあれば、ふたつ開けられる場合も存在。開けられている位置や穴の形状により、作刀年代が分かることもあるのです。

また、日本刀を磨上げることによって、目釘穴の場所が茎尻(なかごじり:茎の下の方先端部分)に寄ってしまい使えなくなることがありますが、その際には新しく目釘穴が開けられます。そのとき、古い目釘穴の位置によってどの程度磨上げられたのかも分かるのです。

日本刀の部位名称一覧

日本刀の部位名称一覧をSNSでシェアする

「日本刀の基礎・基本学習」の記事を読む


日本刀の部位名称

日本刀の部位名称
一口に刀剣・日本刀と言っても、その構造や種類は様々です。「日本刀の構造と部位の名称」コンテンツでは、刀剣・日本刀の各部位についてイラストで解りやすく、ご紹介致します。 刀剣・日本刀に興味を持ち始めたばかりの方はもちろん、長年の刀剣・日本刀ファンの方にもお楽しみ頂けるよう、様々な刀(打刀・飾剣・太刀)についての解説付き。各部位の名称や、用語の説明もご覧頂けます。

日本刀の部位名称

日本刀の帽子とは

日本刀の帽子とは
日本刀の「刃文」とは、「焼き入れ」(やきいれ)によって付けられた焼刃の形状のこと。それは、日本刀の魅力と言えることであり、ひとつとして同じ紋様はありません。「帽子」(ぼうし)は、日本刀の鋒/切先(きっさき)に現れる刃文で、刀工の個性が顕著に見られることでも知られています。日本刀の鑑定をするうえでも、特に重要と言われるのが鋒/切先です。そこに描かれる帽子とはどのような物なのか、基礎的な情報と共に、種類や刀工にとっての帽子の存在について、解説していきます。

日本刀の帽子とは

鋒(切先)とは

鋒(切先)とは
刀剣は、全体を眺めていても非常に美しいのですが、細部の造り込みにも刀匠のこだわりを感じ取れます。刀剣の各部名称をしっかり覚えておくと、刀剣鑑賞をする際にとても役立つことでしょう。刀身の先端部分である「鋒/切先」は、刀身の中でも最も美しい部分だと評価されます。鋒/切先の構造や、現存する刀剣の鋒/切先の種類、そして時代ごとの移り変わりについて、詳しくご紹介します。

鋒(切先)とは

日本刀の棟とは

日本刀の棟とは
刀剣には様々な部位があり、鑑賞するポイントがたくさんあります。その中で「棟」(むね)の形や反り具合は、刀剣全体の形状の中でも分かりやすい部分です。棟の種類や形によって何が分かるのか、棟にまつわる豆知識などをご紹介します。

日本刀の棟とは

日本刀の刃(やいば)とは

日本刀の刃(やいば)とは
日本刀は「世界一切れる」と称される刀剣類です。では、その切れ味を表す日本刀の「刃」(は/やいば)とは明確に言うと何のことなのでしょうか。ここでは刃の意味や、良い切れ味を出す刃のための作刀技術、刃に付けられる模様「刃文」についてご紹介しています。

日本刀の刃(やいば)とは

日本刀の映りとは

日本刀の映りとは
日本刀を評価するうえで注目すべき点は、「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)、「刃文」(はもん)などいくつもあります。なかでも、日本刀の芸術性を見る際に重視されるポイントのひとつが、「映り」(うつり)です。映りは、平地(ひらじ)に光を反射させたとき、刃文と鎬筋の間にぼんやり白く影のように見える働きのこと。映りが乱れて見える物(乱れ映り)とまっすぐ見える物(棒映り)があり、日本刀の美しさを表現する要素でもあります。映りは、コレクターにとっては日本刀の魅力をさらにアップさせる要素ですが、鑑定するうえでも映りは重視されてきました。なぜなら、刀匠や時代によって映りの特徴が異なるからです。江戸時代を境に途絶えてしまった乱れ映りの技術を再現しようと、長年多くの刀匠達が挑んできました。

日本刀の映りとは

鎬(しのぎ)とは

鎬(しのぎ)とは
刀剣は、刀匠達が実践の中で失敗と改良を繰り返しながら、たゆまぬ努力によって極限まで無駄を省き、鍛えぬいた芸術品です。「鎬」(しのぎ)とは、刀剣に施された刀身の側面(刃と棟の間)にある山高くなっている筋のこと。デザインとして美しいのはもちろん、鎬には、刀剣の「強み」にかかわる秘密が隠されていました。なぜ日本の刀匠は、刀剣に鎬を施したのでしょうか。鎬には、どんな優れた機能が潜んでいるのか、鎬について詳しくご紹介します。

鎬(しのぎ)とは

樋の種類

樋の種類
「樋」(ひ)とは、日本刀の刀身に彫られる細長い溝のこと。刀身に樋を施すことを「掻く」あるいは「突く」と言い、樋がある日本刀は見栄えが良いため、樋が掻かれた日本刀の方が好きという刀剣ファンも多いです。しかし、なぜ日本刀に樋が掻かれているのかまでは知られていません。樋の役割と共にどのような種類があるのかをご紹介します。

樋の種類

刀身彫刻の種類

刀身彫刻の種類
「刀身彫刻」は、刀工達が時間をかけて作刀した日本刀を、より魅力的な作品へと仕上げるための工程です。日本刀の美しさを損なわないように、強度を保ったまま、吉祥を授かるよう、神仏や聖獣などを題材にします。そこには、制作者や所持者の守護を願う気持ちが込められているのです。そうした刀身彫刻について紐解いていきましょう。

刀身彫刻の種類

注目ワード
注目ワード