戦国時代の姫・女武将一覧

北条政子
 - 刀剣ワールド

文字サイズ

「北条政子」(ほうじょうまさこ)は、鎌倉幕府を創立した将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)の正室として知られる人物。2022年(令和4年)NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主役「北条義時」(ほうじょうよしとき)の姉でもある北条政子は、夫・源頼朝亡きあと、その情熱的な性格で、鎌倉幕府のさらなる発展のために尽力しました。北条政子の負けん気の強さが窺えるエピソードを交えてその生涯を追いながら、尼将軍・北条政子が、鎌倉幕府でどのような役割を果たしたのかについてもご説明します。

北条政子が尼将軍になるまで

周囲の反対を物ともせず源頼朝と結婚

北条政子

北条政子

北条政子は1157年(保元2年)、伊豆国(現在の静岡県伊豆半島)の有力豪族「北条時政」(ほうじょうときまさ)の長女として生まれました。

のちに夫となる源頼朝との出会いは、「源氏」と「平氏」が対立した「平治の乱」(へいじのらん)で敗れた源頼朝が、1160年(平治2年/永暦元年)に伊豆へ配流されてきたことがきっかけ。

その当時、同国の在庁官人を務めていた父・北条時政が、源頼朝の監視役に任じられていたのです。このとき源頼朝はわずか14歳の少年、そして北条政子は4歳の幼子でした。出会った当初はまだ子どもだった2人。

しかし源頼朝が約20年間、流刑の身のまま「蛭ヶ小島」(ひるがこじま:静岡県伊豆の国市)で過ごしていたことにより、次第に恋仲へと発展していきます。

源頼朝との関係が周りに知られるようになったのは、1177年(安元3年/治承元年)頃。結婚を望んでいた2人でしたが、「北条氏」が平氏の流れを汲んでいたため、敵対する源頼朝との結婚は、周囲から猛反対されたのです。

「源平盛衰記」(げんぺいせいすいき/げんぺいじょうすいき)によれば、父・北条時政は2人の結婚を阻止しようと、平氏一族出身の「山木兼隆」(やまきかねたか)と北条政子を婚約させたと伝えられています。しかし北条政子は、山木邸を抜け出して源頼朝のもとへと走り、駆け落ち同然で結婚。この逸話は、現代では同書における創作だとされていますが、それだけ北条政子が、自分の意志を貫く強い女性であったことの表れとも言えるのです。

実の息子を容赦なく幽閉する

最終的に源頼朝との結婚を父から認められた北条政子は、二男二女の子どもを産みます。のちの鎌倉幕府2代将軍「源頼家」(みなもとのよりいえ)となる長男「万寿」(まんじゅ)は1182年(養和2年/寿永元年)、同じく3代将軍「源実朝」(みなもとのさねとも)となる次男「千幡」(せんまん)は、源頼朝が朝廷より征夷大将軍に任命された1192年(建久3年)に生まれました。

1199年(建久10年/正治元年)に源頼朝が急死したことにより、源頼家が18歳の若さで2代将軍に就任。その3ヵ月後には、源頼家を補佐してその独裁を防ぐために、北条政子の弟・北条義時や父・北条時政、そして「比企能員」(ひきよしかず)など13人の有力御家人達により「13人の合議制」が発足。これにより源頼家は、訴訟を直接裁断することができなくなったのです。

源頼家には自身の乳母の夫・比企能員を重用したり、側室を比企一族から選んだりと、比企氏を何かと贔屓する傾向がありました。さらには、源頼家と比企能員の娘の間に長男「一幡」(いちまん)が誕生したことで、比企氏が権勢を振るうようになっていたのです。そんななか源頼家は、1203年(建仁3年)に急病で倒れ、一時危篤状態に陥ります。

これを機に、源頼家の後ろ盾になっていた比企氏が本格的に台頭することを恐れた北条政子と北条時政は、源頼家の弟・源実朝を3代将軍に擁立。病から快復し、このことを知った源頼家は比企能員に北条氏討伐を命じ、反乱を起こします。しかし結局は失敗に終わり、源頼家は実母である北条政子により「修善寺」(しゅぜんじ:静岡県伊豆市)に幽閉され、殺害されてしまったのです。

父・北条時政の追放も厭わなかった

北条時政

北条時政

源頼家の没後、正式に源氏の家督を継いで鎌倉幕府3代将軍となった源実朝。その補佐役となる初代執権は、北条政子の父である北条時政が就任しました。このときの源実朝は、わずか12歳。そのため北条時政は補佐役の枠を超えて、同幕府における実質的な権力を独占していたのです。

さらに北条時政は、源実朝が将軍の座に就いていながらも、後妻である「牧の方」(まきのかた)と共に、長女の婿である鎌倉御家人「平賀朝雅」(ひらがともまさ)を次期将軍に擁立しようと画策。この北条時政と牧の方による企みに気付いた北条政子は、弟の北条義時と相談し、父・北条時政と牧の方を出家させて伊豆国へ追放したのです。このあと北条義時は父の跡を継ぎ、2代執権に就任しました。

このように、実の息子と父親という身内を相次いで処罰した北条政子は、非常に冷酷な女性だったと思われるかもしれません。しかしこれは鎌倉幕府を何とか存続させたいという想いがあったために北条政子が下した、冷静な判断の結果だったとも言えます。1219年(建保7年/承久元年)に「鶴岡八幡宮」(神奈川県鎌倉市)にて、将軍・源実朝が、源頼家の次男「公暁」(くぎょう/こうきょう)に暗殺される事件が勃発。

これにより源氏の嫡流が途絶えることとなりました。愛する息子である源実朝が突然亡くなり、深い悲しみに暮れた北条政子でしたが、実子のいなかった源実朝の跡を継ぎ、次期将軍となる人物を探すために奔走します。

そして最終的には、源氏と遠戚関係にあった「藤原頼経」(ふじわらのよりつね)を京都より招き、鎌倉幕府4代将軍に据えたのです。とは言っても、当時の藤原頼経はまだ乳児であったため、北条政子がその後見となり、2代執権の弟・北条義時と共に実権を握ります。このときの北条政子はすでに出家して尼になっていたことから、「尼将軍」と呼ばれるようになったのです。

承久の乱における北条政子の活躍

朝廷から政権を奪う形で始まった鎌倉幕府。そのため天皇家を含む朝廷側は、権力を奪回する機会を虎視眈々と狙っていました。鎌倉幕府の将軍家であった源氏はもともと、天皇家の流れを汲む家系。しかし、源実朝の暗殺事件により源氏の血筋が絶えてしまったことで、同氏と天皇家は何の関係もなくなったのです。

これを好機と捉えた82代天皇「後鳥羽上皇」(ごとばじょうこう)は1221年(承久3年)、鎌倉幕府に仕えていた御家人達に対して同幕府を討つように命じました。これにより、「承久の乱」(じょうきゅうのらん)が勃発します。

そして、鎌倉幕府という武家政権下にあっても、変わらず絶対的な存在であった天皇、そして朝廷からの命令を受けたことで御家人達は、朝廷側と幕府側、どちらの味方に付くのか悩み、板挟み状態となったのです。

このような御家人達の苦悩を慮った北条政子は、彼らを鼓舞するために一世一代の演説を行います。「これが私からの最期の言葉です」と前置きしてから始まったその演説で北条政子は、御家人達に対して次のように呼びかけました。

「源頼朝公が鎌倉幕府を開いて以降、あなた達は幸せに暮らせるようになりましたね。これはすべて、源頼朝公のおかげ。その御恩は山よりも高く海よりも深いのです。しかし今、天皇や上皇をそそのかす者が現れ、幕府を討伐するという道理に合わない命令が朝廷より出されています。悪いのは上皇ではなく、その周囲の人間なのです。我々がすべきことは、残された鎌倉幕府を守り抜くこと。そして、将軍から受けた多大な御恩に報いて下さい。朝廷側に付きたい者は、今すぐここで申し出なさい。」

後鳥羽上皇

後鳥羽上皇

御家人達が最も恐れていたのは、幕府側に付くことで「朝敵」(ちょうてき:朝廷に背く敵)と見なされてしまうことでした。そこで北条政子は、悪いのは後鳥羽上皇自身ではなく、あくまでも上皇を裏で操ろうとしている人間であることをこの演説で強調し、例え幕府側に付いたとしても、上皇の敵にはならないことを明確に伝えたのです。

鎌倉時代に編纂された歴史書「吾妻鏡」(あずまかがみ/あづまかがみ)によれば、この演説を聴いた御家人達は皆涙を流し、朝廷側に付くことを申し出た者はひとりもいなかったと伝えられています。

当時の日本では、大勢の男性がひとりの女性の話に耳を傾けるのは前代未聞のことでした。このとき、御家人達が北条政子の演説を聴いて心が動かされたのは、源頼朝の没後、鎌倉幕府存立のために、北条政子が尼将軍として尽力する姿を御家人達に示していたからかもしれません。北条政子の演説によって幕府軍の結束が高まり、承久の乱は同軍が勝利を収めます。

御家人達の心を的確に汲むことができた北条政子のリーダーシップが、鎌倉幕府による武家政権が長く続くことに繋がったと言えるのです。

北条政子の本名は誰にも知られていなかった!?

日本史上に残る女性政治家のなかで、最もその名を知られているひとりと言っても過言ではない北条政子。ところが当時は、女性の本名は公にしないとする社会通念があったため、北条政子の場合も明らかにはなっていません。

つまり「政子」の名は、本名ではなかったのです。政子と名付けられたのは、北条政子が62歳の頃。1218年(建保6年)、朝廷より「従三位」(じゅうさんみ)に叙された際、記録に残す名前が必要であったため、急遽付けられた名前でした。それまでの北条政子には、いくつか異なる呼称が用いられていたのです。

例えば夫・源頼朝が鎌倉幕府を成立させてからは、「御台所」(みだいどころ)と呼ばれていました。御台所とは、「御台盤所」(みだいばんどころ)の略。「台盤所」は、貴族の屋敷や宮中にあった配膳室のことを指し、そこから転じて、将軍や大臣など貴人の妻に対する呼称として使われていたのです。

また、源頼朝の没後に落飾(らくしょく:高貴な人が髪を剃り落として仏門に入ること)してから用いられたのは、「尼御台」(あまみだい)という呼称。こちらは文字通り、出家した貴人の妻を意味する言葉です。

そのあと、前述した通り幕政の実権を握るようになった北条政子は、尼将軍と呼ばれていました。なお「政子」の名が付けられたときには、源頼朝や源頼家、そしてその名から1字をもらった北条時政もすでに亡くなっていました。つまり政子と言う名前は、自身の家族にも知られていなかった可能性があるのです。

実際に北条政子の呼称がよく使われるようになったのは、昭和期に入ってからのことだと言われています。

北条政子

北条政子をSNSでシェアする

「戦国時代の姫・女武将一覧」の記事を読む


朝日姫

朝日姫
天下人「豊臣秀吉」の妹であった「朝日姫/旭姫」(あさひひめ)。すでに尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西部)の農民に嫁いでいた朝日姫でしたが、天下を取りたい兄の夢のために、長年連れ添った夫と無理矢理離縁させられ「徳川家康」の正室となりました。ここでは、朝日姫が徳川家康に嫁ぐことになった背景を、天下統一を果たすまでの兄・豊臣秀吉が歩んだ道のりと共に紐解いていきます。

朝日姫

阿茶局(雲光院)

阿茶局(雲光院)
「徳川家康」の21人にも及んだ正室・側室のなかで、ひときわ異彩を放つ女性がいます。甲冑に身を包み、徳川家康と共に戦場を駆け抜け、大坂冬の陣では豊臣方との交渉にあたった「阿茶局」(あちゃのつぼね)です。今回は、徳川家康から厚い信頼を受け、表舞台でも裏方としても活躍した阿茶局について、人柄やその生涯を見ていきます。

阿茶局(雲光院)

綾御前(仙桃[洞]院)

綾御前(仙桃[洞]院)
「上杉謙信」の異母姉であった「綾御前」(あやごぜん)は、上杉家の将来を大きく変えていくこととなった重要人物です。政略結婚や上杉謙信亡きあとの後継者争いなど、上杉家の発展や存続のために、その力を注いでいたと伝えられています。上杉家のために生きたとも言える綾御前は、果たしてどのような人物だったのでしょうか。そこで今回は、綾御前に焦点を当てて、彼女の歴史や生涯について解説します。

綾御前(仙桃[洞]院)

明智熙子

明智熙子
かつて「明智の妻こそ天下一の美女」という噂がありました。明智とは、戦国武将「明智光秀」のこと。妻は「明智熙子」(あけちひろこ)です。少ない史料をたどっていくと、明智熙子の美貌は東美濃随一で、たいへん心が美しい女性であったことが分かります。明智熙子とはどんな出自で、どのような女性であったのかを詳しくご紹介します。 明智熙子 YouTube動画

明智熙子

荒木だし

荒木だし
「有岡城」(ありおかじょう:現在の兵庫県伊丹市)の城主「荒木村重」(あらきむらしげ)の妻であった「荒木だし」(あらきだし)は、「今楊貴妃」(いまようきひ)と称されるほど、絶世の美女でした。ここでは、荒木だしが壮絶な最期を遂げるまでに、夫・荒木村重をどのように支えていたのか、その生涯を通して見ていきます。

荒木だし

生駒吉乃

生駒吉乃
「織田信長」の側室にして、その最愛の女性であったと伝わる「生駒吉乃」(いこまきつの/いこまよしの)。織田信長との間に授かった3人の子ども達は、織田家にとって重要な役割を果たし、生駒吉乃は織田信長から正室と同格の扱いを受けていたとも言われています。生駒吉乃に関する記載がある資料は「武功夜話」(ぶこうやわ)しかなく、大変謎が多い女性です。ここでは、そんな生駒吉乃が織田信長に嫁ぐ前から死去する前の行動など、その生涯についてご紹介します。

生駒吉乃

犬姫

犬姫
「織田信長」の妹と言えば「お市の方」が有名ですが、もうひとりの妹「犬姫」(いぬひめ)をご存知でしょうか?お市の方は「絶世の美女」だったとよく言われますが、その妹の犬姫も美しい女性だったのです。織田信長の戦略によって、2度も政略結婚をさせられるなど、波乱万丈な人生を歩んだ犬姫の生涯をご紹介します。

犬姫

栄姫

栄姫
「栄姫」(えいひめ)は、福岡藩初代藩主「黒田長政」(くろだながまさ)の継室(けいしつ:後妻のこと)となった女性です。1600年(慶長5年)、「関ヶ原の戦い」が始まる直前に黒田長政と結婚し、大坂で戦乱に巻き込まれます。はたして栄姫とは、どのような人物だったのでしょうか。ここでは栄姫の生涯と、栄姫にかかわりの深い人物達についてご紹介します。

栄姫

お市の方

お市の方
戦国時代の覇者「織田信長」の妹であった「お市の方」(おいちのかた)。戦国一と言われるほどの美貌の持ち主であったと伝えられています。お市の方は、最初の夫であった「浅井長政」(あざいながまさ)と兄の織田信長が戦うことになり、夫が兄によって自刃に追い込まれるなど、波乱万丈の生涯を送った女性です。ここでは、戦国の世に翻弄されたお市の方が歩んだ道のりと、その3人の娘達についてもご紹介します。

お市の方

注目ワード
注目ワード