渋沢栄一と重要人物

渋沢栄一とパリ万博
 - 刀剣ワールド

文字サイズ

「近代資本主義の父」とも称される「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)は、1867年(慶応3年)に開催された第2回「パリ万国博覧会」(通称、パリ万博)に「御勘定格陸軍附調役」として参加したことが人生の転機となります。このヨーロッパで得た知識や経験が、渋沢栄一自身を大きく飛躍させ明治・大正時代における実業家のトップリーダーとして成長することとなるのです。パリ万博での渋沢栄一の経験・学び、それらがその後どのように活かされるのかを、ここではご紹介します。

渋沢栄一、パリ万博行きの命を受ける

1865年(慶応元年)、フランス皇帝「ナポレオン3世」から江戸幕府に宛てて、自国で開催するパリ万国博覧会の招待状が届きました。開催は2年後の1867年(慶応3年)、この年に合わせて15代将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)は準備を進めていました。けれどパリ万博には、将軍自ら赴くわけにもいかないことから徳川慶喜は弟「徳川昭武」(とくがわあきたけ)を参列させることに決めます。そして、その随行者一行のひとりに渋沢栄一を推挙したのです。

若いころの渋沢栄一

若いころの渋沢栄一

渋沢栄一が知らせを受けたのは、フランス行きのほぼ直前、1866年(慶応2年)の11月29日のこと。徳川慶喜の側用人「原市之進」(はらいちのしん)から、将軍の名代として行く弟・徳川昭武はパリ万博のあと3年から5年の間、フランス留学が決まったため、そのお供をして欲しいと話を聞きます。その際、長期のフランス滞在を滞りなく行うため、経済に明るく旅費、滞在費の管理が必須のため勘定の得意な渋沢栄一は適任でした。

さらに徳川昭武のお付きとして水戸藩から7人の藩士が供となるため、外国人を敵対視する頑固な水戸藩士と、他の随行者との仲介役も必要。そこで、渋沢栄一の思慮深く臨機応変に対応できる能力などを買われての大抜擢でもあったのです。

渋沢栄一は「喜んでフランスに行きます」とすぐに承諾してしまいましたが、原市之進は何度も確認しました。というのも渋沢栄一は、現在は幕府に仕えるようになっていましたが、もともとは過激な尊王攘夷(天皇を敬い、外敵を排除しようとする思想)論者だったからです。

原市之進は、夷狄の住む外国に行くのを渋沢栄一が嫌がりはしないかと心配していました。しかし渋沢栄一は、開国派である主君・徳川慶喜や、その家老「平岡円四郎」(ひらおかえんしろう)に仕えた数年ですでに尊王攘夷論者ではなくなっていました。主の影響を受け、今後はもっと積極的に異国のことを知り、徳川慶喜の期待に応えるべく奮起しようと考えていたのです。

徳川昭武とは

徳川昭武

徳川昭武

徳川昭武は、駿河国(現在の茨城県)の9代水戸藩主「徳川斉昭」(とくがわなりあき)の十八男で、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の異母弟です。徳川昭武は民部大輔(みんぶたいゆう)に任じられていたため、人々からは「民部公子」(みんぶこうし)と尊称して呼ばれていました。

1866年(慶応2年)に、「徳川御三卿」のひとつ「清水徳川家」の当主となり、のちに水戸藩最後の藩主となります。当時、フランスと敵対するイギリスが、すでに薩摩藩長州藩に武器や軍艦を提供するなど協力関係を築いていたことから、駐日フランス公使の「レオン・ロッシュ」は焦りました。

そこで江戸幕府はフランスと通商条約を結んでいたことから、レオン・ロッシュは「祖国と条約を結んでいる以上、皇帝陛下主催のパリ万博へ使節を派遣することが国際的な儀礼である」と幕府に強く進言。こうした外交上の問題もあり、徳川慶喜は、まだたった14歳の弟・徳川昭武をパリ万博使節団団長としてフランスへ送ることになったのです。

外遊の旅で日本との違いを目の当たりにする

1867年(慶応3年)の1月11日の早朝、パリ万博使節団一行は横浜港からフランス郵船「アルヘ―号」に乗り出港します。随行するパリ万博使節団一行は渋沢栄一を含め、外交官、医師、通訳、留学生、万博に出品する商人、駐日フランス領事ら総勢33名。乗り込んだ横浜港から、遠くフランスまで約50日の長い船旅が始まります。

最初に上陸したのは上海で、次はイギリス領となっている香港。香港でより豪華なフランス郵船「アンペラトリス号」に乗り換えます。次いでサイゴン(現在のベトナム・ホーチミン)、シンガポールなどアジア諸国に入港し、2月21日にエジプトのスエズに上陸。ここからは渋沢栄一は初めて鉄道に乗り、蒸気機関車の窓からスエズ運河建設の様子を眺めました。

スエズ運河

スエズ運河

現在もある世界最大のスエズ運河は、このとき10年の歳月をかけて作られ、開通まで残すところ2年というところでした。渋沢栄一は、この広大な事業がフランスとエジプトの2ヵ国共同で行われ、その目的が公共の利益のためだということを知り、深く感銘を受けたと言います。

島国である日本では、2ヵ国にまたがって共同で何かを行うことはまずないので渋沢栄一の驚きようも分かります。渋沢栄一達を乗せた船はフランスの港湾都市マルセイユに入港。ようやく使節団一行はフランスの地に足を踏み入れたのです。名誉総領事「フリュリ・エラール」、フランス政府の高官、軍総督、市長、幕府のフランス留学生らから盛大な出迎えを受けます。

パリ万博使節団

パリ万博使節団

そして3月1日にマルセイユで記念撮影をし、翌日から渋沢栄一は、徳川昭武に付いて関係者への表敬訪問から、市街の視察、芝居などを見物しました。海軍基地のあるツーロン(フランス南東部の都市)に行き最新の軍艦や武器に触れ、製鉄所や兵器貯蔵所にも赴きます。

さらに飛行船や潜水技術を披露されるなど、どれも初めて見る素晴らしい技術ばかりで渋沢栄一にとっては感動の連続だったことでしょう。帰国後、渋沢栄一は同じ随行者だった「杉浦愛蔵」(すぎうらあいぞう)と共著で旅の見聞録「航西日記」を上梓。他にも渋沢栄一単著として「巴里御在館日記」と「御巡国日録」なども残しています。

フランスに到着、ついにパリ万博へ

パリ万博のモニュメント「エッフェル塔」

パリ万博のモニュメント「エッフェル塔」

3月7日の夕方、ついにパリ万博使節団は目的地のパリに到着。パリ万博は、1867年(慶応3年)の2月27日から同年10月8日まで開催されました。会場は、セーヌ河畔の「シャン・ド・マルス公園」(現在のエッフェル塔広場)、世界42ヵ国が参加し、会期中の来場者数は1,500万人以上。

全敷地は40ヘクタールの楕円形、参加国の展示館は放射線状に並べられました。全箇所を回るには丸1週間かかるほどの広さだったと言います。ほとんどの展示品はフランスを中心としたイギリス、プロイセンなどのヨーロッパ諸国。

そしてアジア諸国からは、日本、清、タイの3ヵ国でした。展示品は、最新の電気電信機器や、エレベーター、蒸気を動力とした機械、医療機器、最新兵器、美術品など種類豊富で多様な品々が出展されたのです。パリ万博の盛況ぶりに、渋沢栄一は航西日記で「欧州各国はそれぞれに、多くの学問や芸術の新しさを競っている。

だからこそ、こんなにも精巧な出来映えで、豪華を極めているのだ」と感嘆しています。また、各国が使用する貨幣に関する展示があり渋沢栄一は、その差異についても深い関心を寄せました。日本の場合は、大小判、一分銀、二朱金、一朱銀、一文銭など、円形や方形でバラバラでしたが、ヨーロッパではすべてが円形で統一されていたからです。

度量衡も各国では円形が多いなか、「日本だけ方形の升を使用していることがやけに目立った」と航西日記にも感想が書かれています。貨幣の展示は、将来的な「世界共通の通貨」の必要性を訴えたものでした。パリ万博では、ヨーロッパ諸国の凄まじい産業の発展や軍事力に圧倒され、日本も近代国家として最新技術を取り入れ、早急に列強に追い付くようにしなければならないと渋沢栄一は実感したと言います。

江戸幕府の大政奉還

日本からフランス滞在中の徳川昭武に宛てて、江戸幕府が「大政奉還」を行ったという御用状(主君、官府からの公的書状)が届けられました。そして数ヵ月後の1868年(慶応4年)5月、ついに日本への帰国命令書が届きます。

このとき日本は内戦状態であったため、今帰るのは徳川昭武の身に危険が及ぶかもしれないことと、徳川慶喜の命でもあるためできる限りフランスに留まり留学を続行するべきだと渋沢栄一は主張しました。さらに数ヵ月後の7月、徳川慶喜と徳川昭武の兄で、水戸藩主の「徳川慶篤」(とくがわよしあつ)が死去した知らせが届きます。

その知らせには、徳川昭武が水戸徳川家を継ぐことが決まった旨が書かれていたため、ついに徳川昭武は留学を取り止め帰国することになりました。同じく、パリ万博使節団の随行員だった渋沢栄一達も、約1年半滞在したフランスから日本へ帰ることになります。

日本で合本組織による商法会所を設立する

帰国後の渋沢栄一は、徳川慶喜が将軍職を退いたあと徳川家臣らと江戸から徳川家康にゆかりのある駿府(現在の静岡県静岡市)に移動していたため、駿府へと向かいました。

そこで徳川慶喜の計らいで駿府藩の「勘定組頭」(財政の指揮・監督を行う役職)に任命されますが、渋沢栄一はそれを断り、ヨーロッパで学んだ合本制(がっぽんせい)を活用した「商法会所」を駿府で作ることにしたのです。

フリュリ・エラールから学んだ金融の仕組み

合本制とは、会社が株を売ってお金を集め、儲かった分を買ってくれた人に還元する仕組みのことで、現在の株式会社のようなもの。渋沢栄一はフランス滞在中、名誉総領事で銀行家でもあったフリュリ・エラールから銀行の仕組みや業務、株式会社の設立要件、貨幣制度、債券などの有価証券、株式取引所などの金融構造を教わりました。

しかしなぜ、日本よりも進んだ経済・金融制度を渋沢栄一は理解できたのでしょうか。それは幼い頃から、家業である藍葉(藍染めの原料となる草木)や藍玉(藍染めの染料)の売買などを行ってきたため、物やお金の流通、儲ける方法など、経営者としての素養が十分身に付いていたからです。フリュリ・エラールから教わるだけではなく、現場を見て経済や金融に関する知識を学べたのは、渋沢栄一にとって本当に意義のあることだったと言えます。

資本主義社会を作ろうとした渋沢栄一

渋沢栄一は、新政府から配布された「石高拝借金」(新政府が貸し付けたお金)と現金を集め、合本制による「商法会所」を作ります。この商法会所への出資者は商人や藩士で、これは現在の商社と銀行を合わせた組織でした。

ヨーロッパでは、個人や銀行からの出資で会社が設立・運営します。労働者はそこで働き賃金を得る。その税収で、政府や軍、病院が成り立ちます。個人の生活を豊かにすることで国家も共に繁栄することを、渋沢栄一はパリ万博への旅を通して知りました。

商法会所を経て明治政府で大蔵省(現在の財務省)の役人を務め上げ、渋沢栄一は念願だった実業の世界に入ることを決めます。誰でも自由に働けるよう官尊民卑(官人を尊び民間人を蔑むこと)を打破し、産業発展のため「第一国立銀行」(現在のみずほ銀行)を設立。

そして庶民も手軽に本や新聞が読めるよう「抄紙会社」(現在の王子ホールディングス)を立ち上げます。その後も商工業を発展させ、国民の暮らしを豊かにするために奔走し、渋沢栄一は500社以上もの企業設立にかかわっていくのです。

渋沢栄一とパリ万博

渋沢栄一とパリ万博をSNSでシェアする

「渋沢栄一と重要人物」の記事を読む


渋沢栄一と西郷隆盛の出合い

渋沢栄一と西郷隆盛の出合い
「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)が、「西郷隆盛」の人となりに深く触れることになったのは、ある頼みごとをするために、西郷隆盛が渋沢栄一の家を訪ねてきたときです。渋沢栄一はこのときのやり取りから、西郷隆盛のことを「心から尊敬する素晴らしい豪傑である」と称しています。しかし、このやり取りでは当時、大蔵省(現在の財務省)の役人にすぎなかった渋沢栄一が、12歳も年上で、かつ明治新政府の参議(さんぎ:大臣の上の役職)だった西郷隆盛に対して、「もっと国全体のことを考えるべきだ」と諫めていたのです。それにもかかわらず、渋沢栄一は、なぜ西郷隆盛のことを尊敬に値する人物だと評価したのでしょうか。ある頼みごとの内容を含め、渋沢栄一と西郷隆盛はどのような関係であったのかについてもご説明します。

渋沢栄一と西郷隆盛の出合い

渋沢栄一と近藤勇の出合い

渋沢栄一と近藤勇の出合い
幕末の歴史にその名を残す剣豪集団「新選組」。江戸幕府存続のために倒幕派達と戦い、最後は賊軍として滅びる運命を辿りますが、今もその人気は、幕末の偉人達のなかでもトップクラスを誇っています。その新選組局長として、「土方歳三」や「沖田総司」を始めとする志士達をまとめたのが、「近藤勇」です。「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)と近藤勇は、尊王攘夷(天皇を守り、外敵を打つとする思想)の風が吹き荒れていた京都の街で出会います。実はこの2人、同じ武蔵国(現在の埼玉県、東京都23区、神奈川県の一部)の農家の出身。そんな2人の間には、どのような交流があったのでしょうか。

渋沢栄一と近藤勇の出合い

渋沢栄一と徳川昭武

渋沢栄一と徳川昭武
明治維新へ突入寸前の幕末に、「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)はフランスのパリにいました。渋沢栄一が渡仏した目的は、1867年(慶応3年)に開催されたパリ万国博覧会へ、江戸幕府が派遣する「パリ万博使節団」の一員として参加すること。このときの経験が近代日本における「資本主義の父」と呼ばれるほどの偉業を成し遂げることに繋がるのです。そして、このパリ万博使節団の団長が、「徳川慶喜」の弟である「徳川昭武/民部公子」(とくがわあきたけ/みんぶこうし)でした。当時の徳川昭武は、まだ14歳。渋沢栄一が、なぜパリ万博使節団の一員に選ばれたのかを含め、徳川昭武との関係をご紹介します。

渋沢栄一と徳川昭武

渋沢栄一とフリュリ・エラール

渋沢栄一とフリュリ・エラール
「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)は、明治時代に経済や商工業の面で日本を近代国家にすべく奔走した、「日本の資本主義の父」と呼ばれる人物です。驚くのは、生涯に何と500もの会社を設立したこと。渋沢栄一が立ち上げにかかわった会社を紹介すると、みずほ銀行やサッポロビールなど誰もが知っている会社がズラリと並びます。まさに渋沢栄一は、日本経済の礎を築いた人物と言えるのです。 渋沢栄一の経済を見る才能が大きく花開いたきっかけとなったのは、明治維新前後の約2年間、パリ万博幕府使節団の一員としてフランスをはじめとする欧州各国を訪問したこと。特に、パリの銀行家「フリュリ・エラール」との出会いは、渋沢栄一の「近代日本経済の発展に一生を捧げよう」という意思を力強く後押ししたものでした。そんな2人の出会いと、渋沢栄一がフリュリ・エラールから学んだポイントを紹介しましょう。

渋沢栄一とフリュリ・エラール

渋沢栄一と大隈重信の出合い

渋沢栄一と大隈重信の出合い
「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)と「大隈重信」(おおくましげのぶ)は、明治政府において、部下と上司の関係で仕事をした間柄です。渋沢栄一が「大蔵省租税正」(現在の財務省主税局長)着任を要請されたとき、「大蔵大輔」(おおくらたいふ:現在の財務省事務次官)を務めていたのが大隈重信でした。 渋沢栄一は当初、大蔵官僚として新政府で働くという要請を断るため、大蔵省に出向きますが、「浩然の気に満ちた人」(こうぜんのき:天地にみなぎっている、万物の生命力や活力の源となる気のこと)であった大隅重信に説得されて受諾。結果的に、渋沢栄一が広く社会で活躍するきっかけを作ったのが大隈重信と言えるのです。この2人の間にどのようなやりとりがあったのでしょうか。また、渋沢栄一が評する「浩然の気に満ちた大隈重信」とはどういう人物だったのでしょう。

渋沢栄一と大隈重信の出合い

渋沢栄一と伊藤博文

渋沢栄一と伊藤博文
「伊藤博文」(いとうひろぶみ)は、日本の初代内閣総理大臣です。「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)が明治新政府の大蔵省(現在の財務省)の官僚として勤務することになったとき、伊藤博文は大蔵少輔(おおくらしょうゆう:現在の大蔵省事務次官である大蔵大輔の次席)役で、言わば部下と上司として出会います。そののち、2人は金融面だけでなく、明治時代の日本の近代化に大きな影響を与える数々の新規事業に共に携わりました。興味深いのは、お札の肖像にまつわる2人の関係です。渋沢栄一は、令和で10,000円札の肖像に選ばれますが、実は、1963年(昭和38年)発行の1,000円札においても肖像の最終候補でした。結果、このときに選ばれたのは伊藤博文ですが、2人の間にはどのような裏話があるのでしょう。

渋沢栄一と伊藤博文

渋沢栄一と井上馨

渋沢栄一と井上馨
幕末に長州藩士として活躍した「井上馨」(いのうえかおる)は、明治政府では「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)の直属の上司となった人物です。渋沢栄一が「大隈重信」(おおくましげのぶ)の強い説得により大蔵省(現在の財務省)の官僚になった際、大蔵大丞(おおくらたいじょう)と言う実務のトップを務めていたのが井上馨でした。井上馨は、理財(財貨の有効運用)の才能が突出していたと言われています。渋沢栄一は、井上馨の右腕として活躍。度量衡(どりょうこう)や租税制度の改正、貨幣・禄制の改革、鉄道敷設など、次々と重要案件を手掛け、スピード出世していきます。そんな2人の関係を物語る逸話を紹介しましょう。

渋沢栄一と井上馨

渋沢栄一と大久保利通

渋沢栄一と大久保利通
薩摩藩(現在の鹿児島県)出身の「大久保利通」(おおくぼとしみち)は、幕末に「西郷隆盛」と共に、長州藩(現在の山口県)と「薩長同盟」を締結するなど、討幕や明治維新において活躍した人物です。明治政府では初代内務卿(太政官制における首相)として実権を握り、近代国家の建設をけん引しました。 「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)は、大久保利通について「お互いに相手が嫌いだった」と表現すると同時に、大久保利通は達識(たっしき:物事を広く深く見通す見識)の人物であり、「公の日常を見るたびに、器ならずとは大久保公のごとき人を言うのであろう」とも語っています。大久保利通の「器ならず」とはどのようなものか、2人の関係性と共に紹介しましょう。

渋沢栄一と大久保利通

渋沢栄一と渋沢平九郎

渋沢栄一と渋沢平九郎
「渋沢平九郎」(しぶさわへいくろう)は、「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)の従兄であり義弟、そしてのちに養子となった人物です。1868年(慶応4年)7月、渋沢平九郎は「飯能戦争」(はんのうせんそう)で新政府軍と戦い、黒山(くろやま:現在の埼玉県入間郡越生町)で自刃(じじん:刀物で自分の生命を絶つこと)し、わずか20歳でその生涯を終えたのです。このとき、渋沢栄一は「徳川昭武/民部公子」(とくがわあきたけ/みんぶこうし)を団長とするパリ万博使節団の一員として欧州に滞在していました。渋沢栄一と渋沢平九郎の関係、そして渋沢平九郎の生涯について紹介します。

渋沢栄一と渋沢平九郎

注目ワード
注目ワード