安土桃山時代
文禄の役
安土桃山時代
文禄の役

文字サイズ

天下統一を成し遂げた「豊臣秀吉」。貧しい農民から天下人にまで上り詰めた男の目は、日本国内に止まらず、海の向こうに向けられていました。そんな天下人が目を付けたのは明(みん:現在の中華人民共和国)。まずは明の柵封国(明を宗主国とした従属国)だった朝鮮に服属を求めますが、朝鮮は拒否します。これを受けた秀吉は、朝鮮半島への出兵を決断。釜山経由で、西国の大名を中心に編成した大軍を朝鮮半島に送り込んだのでした。これが「文禄の役」です。

朝鮮出兵が起きた背景

豊臣秀吉

豊臣秀吉

豊臣秀吉が朝鮮半島に攻め入った理由については様々な説がありますが、資料に乏しいこともあり、どれも決定的とは言えません。そこで、代表的な物をご紹介しながら、豊臣秀吉が朝鮮半島に出兵を命じた理由を探ります。

「織田信長」による「唐入り構想」の影響説

織田信長

織田信長

天下統一を目前にして、「本能寺の変」で命を落とした織田信長は、日本平定後に明(中国)に進行する唐入り構想を持っていたと言われています。戦国時代における主な褒賞は、武功などのあった者に国(支配権)を与えること。しかし、それには物理的な限界がありました。

信長は、宣教師「ルイス・フロイス」によってもたらされた地球儀に興味を持っていたとされる程、先進的な考えの持ち主。それだけに、海の向こう(大陸)に次のターゲットを定めていたとしても不思議はありません。

ルイス・フロイスが著した「日本史」には、信長が天下統一を成し遂げた暁には、一大艦隊を編成して戦国武将らを大陸に送り込み、明を攻めるプランを持っていた旨の記述が見られます。信長が家臣に対して唐入り構想を披露していたか否かについては明らかではありません。

しかし、信長の天下統一路線を身近で観察していた秀吉が、普段の言動から主君の意図を感じ取ることは可能。天下統一という大事業を成し遂げた段階で、秀吉が信長の唐入り構想についてインスパイアされていた可能性は、十分に考えられるのです。

さらなる領土・権益拡大への野望説

秀吉が信長の唐入り構想に影響を受けていなかったとしても、日本を統一した時点で、さらなる領土拡大を目指したと考えることは十分に可能。天皇をはじめとした権力の中枢を大陸に移転し、さらに大きな国家を築こうとしていたとも考えられるのです。実現すれば、単なる領土拡大を超えたスケールの、「東アジア統一構想」とでも言うべき壮大な構想。これを支えるのが軍事力でした。

戦国時代にポルトガルから初めてもたらされたとされる一丁を起点として、朝鮮出兵が行なわれた時点で、国内には世界最多の50万丁以上の火縄銃があったとされています。加えて、戦国時代に実戦で腕を磨いた戦国武将という一級品の実働部隊の存在。日本は世界屈指の「軍事大国」でもありました。

また秀吉には、室町時代中期以降停滞していた明との貿易を再開したいという目論見もあったと言われています。室町時代の日明貿易(勘合貿易)は朝貢形式であったこともあり、一度明と貿易を行なうと、元手としてかかった費用の少なくとも数倍、場合によっては数十倍の利益が得られたとされていました。朝貢形式ではなく、対等な立場で貿易を行なったとしても、莫大な富を見込めるものでした。

為政者として、こうした経済的権益は見逃す手はありません。「文禄の役」における明との講和交渉において、秀吉が希望した条件に「勘合貿易の再開」という項目があったことからも、その意図をうかがい知ることができるのです。

スペインをはじめとする列強国への対抗説

戦国時代と同時期、スペインを初めとした欧州列強国は、(東)アジアへの関心を強めていました。「コロンブス」がアメリカ大陸を発見し、「バスコ・ダ・ガマ」がインド航路を発見するなど、ときは大航海時代。「マゼラン」が率いるスペイン艦隊がフィリピンに進出して植民地化し、アジアの侵出の拠点づくりが始まっていました。スペインの次なるターゲットは明。これを征服したのちには、日本への侵出(植民地化)を目論んでいたとも考えられていました。これを食い止める方法は、日本が先に明を制し、防波堤とすること。そのために、秀吉は唐入りを決断したとも考えられるのです。もっとも、当時の日本の航海技術は、直接本土(大陸)へ船団を進められるレベルになかったため、朝鮮半島経由で明に攻め入る方法が選択されたと考えられます。

欧州列強国によるアジア侵出の動きについて、秀吉が察知していたフシもあります。列強各国の侵略手法は、ターゲットとした国に対してキリスト教の宣教師を送り込み、布教活動を通じて情報を集めるというものでした。すなわち、宣教師はスパイの役割も担っていた偵察部隊。教科書等でおなじみの「フランシスコ・ザビエル」ら「イエズス会」の宣教師が代表的です。

当初、秀吉はキリスト教には寛容な態度を示していましたが、九州平定後に一変。きっかけは、ポルトガル人が日本人を奴隷として輸出しているという噂を聞き付けた秀吉が、宣教師「ガスパール・コエリョ」を呼び出して叱責したことに対して、コエリョが当時建造中だった大砲を積み込んだ船を見せるなどの挑発的な行為をしたことでした。これを受けた秀吉は、1587年(天正15年)に「バテレン追放令」を発布。来日中の宣教師を国外に退去させました。

バテレン追放令の発布の9年後、秀吉の予感が的中していたことを示す事件が発生します。1596年(文禄5年)、スペインの「サン=フェリペ号」が土佐に漂着。救助された船員から、こんなセリフが飛び出したのです。「宣教師を先兵として、アジアを侵略するのが、スペイン王・フェリペ二世の戦略だ」。これを機に、秀吉はキリスト教への態度をさらに硬化させました。翌1597年(慶長元年)には、「日本二十六聖人殉教事件」が発生。確かにこれらの事件が発生した時点で、すでに文禄の役は終了しており、唐入りとの間には直接の因果関係はないようにも思えます。

しかし、バテレン追放令など一連の行動から読み取れることは、秀吉が列強国のアジア侵出について漠然とした不安感を抱いていたという事実。そうだとすれば、これらについて秀吉が唐入りを行なった理由にならないとは言い切れないのです。

嫡男・鶴松の死亡ショック説

1591年(天正19年)、秀吉にとってショッキングな出来事が発生しました。嫡男「鶴松」がわずか2歳(数え3歳)で急逝。53歳にしてはじめて恵まれた愛息の死に、秀吉は大きく落胆したと言われています。

遺骸が運ばれた「東福寺」で剃髪するなどして喪に服した秀吉は、このショックを払拭するために朝鮮半島への出兵を決意したというものです。

もっとも、秀吉による朝鮮出兵は鶴松の死去前から計画されていたとされています。この説に則った場合、鶴松の死が出兵決意につながったというように、時系列が逆になってしまうこともあり、信憑性が低いと考えられるのです。

文禄の役

豊臣秀吉軍

豊臣秀吉軍

唐入りを決意した秀吉の行動は迅速でした。手始めに対馬の「宗義調」(そうよししげ)らに対し、朝鮮への服属受諾交渉と征明への協力交渉を行なうことを命令。これが不調に終わると、肥前国名護屋(ひぜんこくなごや:現在の佐賀県唐津市)に「名護屋城」の築城を命じます。

関白職を甥の「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)に譲り、自らは太閤となるなどして出征準備を進める程の本気度だったのです。そして、西国の武将を中心に約15万2,000人の兵を9つの部隊に分けて、朝鮮半島に送り込みました。

秀吉軍の快進撃

加藤清正

加藤清正

開戦当初の秀吉軍は、快進撃を続け、第一部隊の「小西行長」(こにしゆきなが)、「宗義智」(そうよしとし)が4月12日に釜山から上陸。瞬く間に釜山周辺を征圧すると、朝鮮内部の混乱もあり、第一部隊の後続部隊も易々と上陸に成功したのです。第一部隊は、その後も勝ち進み、わずか3日で北へと向かう拠点となる「東莱城」(とうらいじょう)を占領。釜山から上陸し、北(明方面)へと向かうルートが確立されたのでした。

17日には、第二、第三、第四部隊が釜山から上陸。それぞれのルートで勝ち進みました。その後、5月2日には朝鮮の首都「漢城」(かんじょう:現在のソウル)が陥落。開戦からわずか21日という早業でした。朝鮮国王を都落ちさせた秀吉軍でしたが、目指しているのはあくまでも明の征服であり、目的地は明との国境。そのため、陥落させた首都を荒らす意図はなかったと考えられ、程なくして地元住民は、街に戻って生活を再開したと言われています。

その後秀吉軍は、それぞれの部隊が朝鮮半島の8つの道である平安道(へいあんどう)、減鏡道(かんきょうどう)、黄海道(こうかいどう)、江原道(こうげんどう)、忠清道(ちゅうせいどう)、全羅道(ぜんらどう)、慶尚道(けいしょうどう)、京畿道(けいきどう)の各方面を制圧する目標を設定します(八道国割)。この方針にしたがい、平安道方面を攻めた小西行長率いる一番隊は、平壌を征服。減鏡道方面を攻めた加藤清正率いる二番隊は、朝鮮と明の国境付近にまで到達。秀吉軍は全羅道を除く、朝鮮半島のほぼ全土を征服するに至りました。

行長VS清正 ~文治派と武断派の対立~

石田三成

石田三成

順調に明へと迫っていた秀吉軍でしたが、内部では不安を抱えていました。代表的なものが小西行長と加藤清正の対立。両者は文禄の役における朝鮮への出征に当たり、どちらが先陣を切るかで争い、結局秀吉の裁定によって行長が先陣を切ることに決まったのですが、それ以前から両者の関係はどこかギクシャクしていたと言えるのです。

行長と清正の微妙な関係は、両者が治めていた領地に原因がありました。肥後を治めていた「佐々成政」(さっさなりまさ)を処断した秀吉は、子飼いの2人に対して肥後を二分して与えました。行長の領地は肥後・宇土(うと:現在の熊本県宇土市)、清正の領地は肥後・熊本(現在の熊本県熊本市)。秀吉の意図は、肥後の共同統治だったと考えられますが、境界線を巡る小競り合いは絶えなかったと言われています。そのため、必要以上にお互いを意識するようになったのでした。

行長と清正は、ともに秀吉の政権運営を支えた武将でしたが、その性格は好対照。商人を父に持つ行長は、合理性重視でした。これに対して幼少期から秀吉の下で戦国の世を勝ち抜いてきた清正は、腕一本でのし上がるタイプ。文禄の役においても、朝鮮を単なる通り道と考え、明に向かってどんどん進んだ清正に対し、行長は戦局が停滞したと見るや早々に明との講和を模索し始めました。ともに主君・秀吉のために取った行動でしたが、その手法は正反対。両者の亀裂は大きくなったのです。

その後、行長が「石田三成」と共に文禄の役における清正の独断専行を秀吉に訴え出て、清正が京に謹慎となったことで、両者の確執は表面化。豊臣政権内における文治派(行長・三成ら)と武断派(清正ら)の対立へとつながっていきました。この時点で、すでに豊臣政権崩壊の萌芽があったと言えます。

秀吉軍に漂う厭戦感

秀吉軍内における微妙なひずみの原因として、人間関係以外には次のようなものが考えられます。朝鮮の宗主国・明の介入による戦の長期化や海外への長期出征による精神的疲労、冬の朝鮮半島の寒さなどです。決定的な原因については不明ですが、特に問題となったのは精神的疲労と冬の朝鮮半島の寒さでした。当時の武将たちにとって、朝鮮半島は未知の世界。戦場では命のやりとりをし、戦場を離れても日本国内とは勝手が違う。このことは相当のストレスだったと考えられるのです。

また冬の朝鮮半島は、日中でも氷点下であることが珍しくない程の寒さ。加えて、朝鮮水軍によって日本の食糧補給が十分に行なえないこともありました。長年「倭寇」(わこう:朝鮮半島、中国沿岸を襲った海賊)に悩まされていた朝鮮水軍の水準は、秀吉軍が想定した以上のものでした。

食料補給が滞ったことに加え、ストレスと朝鮮半島の寒さなどから伝染病が蔓延。さらには、明軍によって食糧貯蔵庫が焼かれてしまったことで、約2ヵ月分の食料が灰に。これらの要素が積み重なり、有利に戦いを進めてきた秀吉軍の士気は大きく低下していました。そこで行長らは、明と講和の道を模索し始めます。明側の窓口として派遣されたのは「沈惟敬」(しんいけい)、日本側からは、行長と清正が交渉のテーブルに。このとき、朝鮮は日本との講和に反対していましたが、明はこれを受け入れず、1593年(文禄2年)に日本と明は講和することで合意。条件は以下のようなものでした。

  1. 日本は朝鮮王子と従者を返還する
  2. 日本は釜山まで後退する
  3. 明は漢城まで後退する
  4. 明から日本に使節を派遣する。

これによって、一旦休戦状態に入りました。

文禄の役

文禄の役をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「安土桃山時代」の記事を読む


長篠の戦い

長篠の戦い
1575年(天正3年)4月、織田信長が名実ともに天下人となった、歴史上非常に重要な合戦「長篠の戦い」が起こりました。織田・徳川連合軍が、戦国最強と言われた武田軍を相手に圧勝した戦いです。

長篠の戦い

慶長の役

慶長の役
「文禄の役」において明と交わした講和による休戦状態は、長くは続きませんでした。講和内容が、両国の交渉担当者が通謀して自国に都合の良いように書き換えられた物だったからです。これに基づいて行なわれた和平交渉が上手く行くはずはなく、決裂。これを受け、秀吉は1597年(慶長2年)に西国(主に九州・中国・四国地方)の諸大名に対して動員令を発令。朝鮮半島に向けて約14万人の大軍を送り込み、「慶長の役」が始まりました。

慶長の役

関ヶ原の戦い①

関ヶ原の戦い①
1600年(慶長5年)、天下分け目の戦いと言われた「関ヶ原の戦い」。この戦いは、約6時間でその勝敗が決まったと言われています。「徳川家康」の率いる東軍が「石田三成」の率いる西軍に勝ったということは誰もが知っていることですが、一体なぜそんなに早く決着がついたのでしょうか?この謎を解くために必要なキーワードは「豊臣秀吉」。戦いは、ここから始まります。

関ヶ原の戦い①

関ヶ原の戦い②

関ヶ原の戦い②
1600年(慶長5年)9月15日、天下分け目の戦い「関ヶ原の戦い」が始まり、わずか6時間弱でその勝敗は決まりました。この戦いで「徳川家康」の率いる東軍と最後まで戦い抜いた武将の名は「石田三成」。三成は豊臣秀吉からも「天下にはばかる程の知恵者」と言われていました。では、なぜ石田三成と三成率いる西軍は、勝利できなかったのでしょうか?その謎に迫るため、三成と秀吉の出会いから関ヶ原の戦いに至るまでの経緯をご紹介します。

関ヶ原の戦い②

関ヶ原の戦い③

関ヶ原の戦い③
「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」という「徳川家康」の川柳通り、チャンスが巡り天下は家康の手に。チャンスの切符を手に入れたのは1600年(慶長5年)に起こった「関ヶ原の戦い」です。家康側から関ヶ原の戦いを見てみると、いかに計画的な人物だったかも明らかになります。さて、計画的な家康の戦略とは?

関ヶ原の戦い③

本能寺の変

本能寺の変
1582年(天正10年)6月2日、日本の歴史上屈指の大事件が発生しました。「本能寺の変」です。明智光秀が13,000人もの大軍を率いて、京都・本能寺に宿泊中の織田信長を急襲。防戦空しく対抗し切れないと悟った信長は、寺に火を放って自害しました。

本能寺の変

山崎の戦い

山崎の戦い
1582年(天正10年)6月2日、「本能寺の変」で命を落とした織田信長。それを知った羽柴秀吉は信長の敵を討つために中国遠征を中断し、約2万の全軍で京を目指しました。そして約10日後の6月13日、摂津国と山崎国の境に位置する山崎において明智光秀と激突。退却を余儀なくされた光秀は、坂本城を目指して落ち延びていましたが、その後、命を落としました。これにより、戦国乱世は終焉へと向かい、秀吉による天下統一への道がスタートすることになったのです。

山崎の戦い

賤ヶ岳の戦い

賤ヶ岳の戦い
1582年(天正10年)6月13日に起こった「山崎の戦い」で、織田信長の仇を討った羽柴秀吉。 「清洲会議」で織田信長の後継者争いをした柴田勝家と徐々に対立が深まっていき、「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)まで発展しました。これに勝利した秀吉は、天下人へと大きく前進したのです。

賤ヶ岳の戦い

小牧・長久手の戦い

小牧・長久手の戦い
「小牧・長久手の戦い」(こまき・ながくてのたたかい)は、1584年(天正12年)3~11月に行なわれた、「羽柴[豊臣]秀吉」陣営と「織田信雄[おだのぶかつ]・徳川家康」陣営の間の戦いです。合戦があったのは、尾張北部、南部、美濃西部、東部、伊勢北部、紀伊、和泉、摂津の各地。北陸や四国、関東でも連動して戦が起こり、戦乱は全国規模となりました。

小牧・長久手の戦い

注目ワード

ページトップへ戻る