飛鳥時代

大宝律令

文字サイズ

日本刀の価値を判断するには、その姿が持つ美しさや制作当時の時代背景など、様々な物がありますが、その基準となるルールも多く存在します。そのひとつが、飛鳥時代末から奈良時代中期頃にかけて用いられた法律である「大宝律令」(たいほうりつりょう)。大宝律令は、日本で初めて行政法と民法、そして刑法の3つがそろえられた本格的な法律として施行された物ですが、日本刀とはどのようなかかわりがあったのでしょうか。

701年 大宝律令と銘

銘

いわゆる「刀剣・日本刀」と呼ばれる武具は、日本では古墳時代(3世紀中頃~7世紀頃)以前から制作されていたと考えられていますが、刀剣・日本刀と聞いて一般的にイメージされるような片刃で反りのついた刀が出現したのは、平安時代末期からです。

刀剣・日本刀は時代や刀工(とうこう:日本刀を作る職人)などによって特徴が異なりますが、それらを知る手がかりのひとつに「銘」(めい)があります。

銘とは、刀剣・日本刀が制作された年月や刀工の名前などが刀身の茎(なかご)に彫られている物。普段は、この茎が柄(つか:握る部分)の中に収められているため、銘も見逃されがちになりますが、流派や個人を特定できる重要な物です。

そのため、日本では701年(大宝元年)に制定された「大宝律令」(たいほうりつりょう)の中で、刀剣・日本刀の茎に銘を切ることを義務付けました。この時代にはすでに刀剣・日本刀の制作が広く行なわれていましたが、それらの仕上がりは刀工によって優劣の差がありました。そこで粗悪品が売られるなどの混乱を避けるため、銘によって見分けが付くようにしたのです。

757年 養老律令

藤原仲麻呂

藤原仲麻呂

大宝律令の原文については散逸してしまっており、直接確認することは不可能ですが、大宝律令が施行後も撰修が継続されました。

757年(天平宝字元年)の孝謙(こうけん)天皇の時代に藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)の主導によって施行された「養老律令」(ようろうりつりょう)の中に、下記のような条文が確認されています。

第20「営繕令」(ようぜんりょう)

第4条「営造軍器」
「凡営造軍器、皆須依様。令鐫題年月及工匠姓名。若有不可鐫題者、不用此令。」
(軍器を制作するときには、すべて見本に倣った物にすること。制作年月や工匠の姓名も彫りつけ記すこと。もし彫りつけ記すことができない場合は、この令を用いない。)

第27「関市令」(げんしりょう)

第17条「出売」
「凡出売者、勿為行濫。横刀、槍、鞍、漆器之属者、各令題鑿造者姓名。」
(販売される物は、偽物や欠陥品などであってはならない。横刀、槍、鞍や漆器の類の物には、それぞれに制作者の姓名を彫りつけ記すこと。)

銘を切らない特別な場合

大宝律令によって銘を切ることが義務付けられていた刀剣・日本刀でしたが、下記のような場合にはその限りではありませんでした。

神社仏閣への奉納の場合
神仏には誰が作った日本刀であるかということはお見通しであるという考えから、銘を切らずに奉納しました。
身分ある方への献上の場合
天皇や殿様など、貴人が抱えている刀工はあまり多くないことから、銘を切ると逆に失礼に当たるとされたため、無銘となりました。

大宝律令

大宝律令をSNSでシェアする

注目ワード

注目ワード