平安時代
後三年の役
平安時代
後三年の役

文字サイズ

「後三年の役」は、平安末期の1083年(永保3年)~1087年(寛治元年)に起こった、奥州の支配者・清原氏の内紛に、陸奥守(むつのかみ)である源義家が介入して起きた戦いです。この戦いの結果、清原氏は消滅して、奥州藤原氏へと繋がっていくこととなりました。

後三年の役の背景

後三年の役の背景

後三年の役の背景

11世紀の東北地方には、清原氏と安倍氏という二大勢力がありましたが、1062年(康平5年)、「前九年の役」で安倍氏が滅亡し、清原氏が奥羽地方(おううちほう:出羽国と陸奥国の総称)を制覇します。

その後20年程の間に、清原氏の当主の主流は前九年の役当時の清原光頼から、役で総大将を務め活躍した弟の武則の系統に移り、武則から息子の武貞、さらにその嫡子の真衡(さねひら)へと継承されていたのです。

清原氏の一族は複雑な血縁関係で結ばれており、真衡の異父兄弟の弟・清原清衛の母は、前九年の役で敗北した安倍氏の娘で、藤原経清の妻だった女性です。清衛の母はその後、武貞の子・家衛を産み、真衛と清衛・家衛兄弟とは仲が悪く、対立していました。

一方、清原氏と共に前九年の役で安倍氏を破った源氏の棟梁・源頼義は、1075年(承保2年)に没し、父と共に役で活躍した嫡男・源義家の代に変わり、義家は1083年(永保3年)に陸奥守に任ぜられます。

後三年の役の始まり

清原氏の当主となった真衛には嫡男が生まれず、平氏の血を引く成衛を養子に迎えました。さらに真衛は源氏とも縁戚になることを目論んで、源頼義の娘を成衛と結婚させます。

成衛の婚礼の際に、真衛と叔父の吉彦秀武との間に諍いが起こり、怒った真衛は秀武討伐に向けて挙兵。真衛と対立していた清衛・家衛兄弟も秀武軍に加わり、真衛の館に向けて兵を進めましたが、直接対決には至りませんでした。

1083年(永保3年)秋に義家が陸奥守として陸奥国入りすると、再度戦いが勃発。義家の国府軍は真衛側に加勢したため、清衛・家衛軍は大敗を喫して降伏しました。ところが、勝者の真衛は行軍の途中で急死してしまいます。

清衛VS家衛 兄弟決戦

ここで戦いは一旦収束し、源義家が間に立って清原氏の土地などを清衛と家衛に分配しました。しかし分け方に不満を持った家衛が、1086年(応徳3年)、清衛の館を襲撃して清衛の妻子を殺害、またもや争いが勃発します。

義家は清衛方に付き、内紛に介入することに。義家・清衛連合軍は家衛を襲撃しますが、準備不足のため家衛の籠城戦に苦戦し、ついには撤退。

武家の名門・源氏の棟梁に勝ったことに気を良くした家衛は、味方となった叔父の清原武衡の勧めで、難攻不落といわれる出羽国・金沢柵(現在の秋田県横手市)に移ります。1087年(寛治元年)、義家・清衛連合軍は金沢柵を攻めますが、なかなか落とすことができませんでした。

そこで、吉彦秀武の提案で兵糧攻めを行ないます。その内容は非常にむごい物でした。投降した女子供を最初は助命していましたが、見せしめに殺して投降させないようにすることで、食糧を早く食べ尽くさせたのです。その結果、兵糧の尽きた家衛・武衛軍は敗走。家衛も武衛も討ち取られます。

戦後

源頼朝

源頼朝

後三年の役は、清原氏の一族内の内紛であるとみなされ、勝利した清衛や義家に、朝廷からは恩賞も官位の賞与もありませんでしたが、清衛は清原氏の最後の生き残りとして、所領すべてを相続しました。その後、実父の姓である藤原姓に戻し、奥州藤原氏の祖となり、清原氏は歴史の舞台から消えていきます。

気の毒なのは義家です。義家は役を「私戦」とみなした朝廷から、恩賞どころか戦費の支払いもなされなかった上、陸奥守も罷免されてしまいます。役の間、戦費に回すために貢納が未納になっていたため受領功過定に合格できず、新たな官職に就くこともできませんでした。1098年(承徳2年)に白河法皇によって受領功過定が下りるまで、10年に亘って未納分を請求され続けたのです。

朝廷から恩賞が出なかったため、義家は関東などから出征してきた将士たちに私財から恩賞を与えました。この侠気に富んだ義家の行動が関東武士と源氏との結束を高め、のちの源頼朝による鎌倉幕府開府の礎になったのです。

こうして義家は、奥州支配の野望をまたもや果たすことができませんでした。源氏による奥州支配は、約90年後の「奥州合戦」まで持ち越されることとなるのです。

後三年の役

後三年の役をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「平安時代」の記事を読む


前九年の役

前九年の役
「前九年・後三年の役」とは、平安末期の陸奥国・出羽国(東北地方)で起こった2大戦役で、陸奥国の俘囚(ふしゅう:朝廷の支配下にある蝦夷[えぞ])と源氏との間に起きた戦争です。1051年(永承6年)~1062年(康平5年)の「前九年の役」と1083年(永保3年)~1087年(寛治元年)の「後三年の役」、2つを合わせてこう呼びます。

前九年の役

保元・平治の乱

保元・平治の乱
「源平合戦」とは、狭義では1180年(治承4年)~1185年(元暦2年)の「治承・寿永の乱」を指し、広義では、1156年(保元元年)の「保元の乱」から1192年(建久3年)の源頼朝の征夷大将軍就任までを指します。 具体的には、源氏が歴史に登場し、鎌倉幕府を開いて武士の頂点に上り詰めるまでです。 源氏と平家を中心に日本各地で起こった大規模な内乱である「治承・寿永の乱」を軸に、「保元の乱」での源平の台頭から、最終的に源氏が勝利するところまで、広義の「源平合戦」についてご紹介します。

保元・平治の乱

源平合戦①

源平合戦①
さて、ここからいよいよ、「源平合戦」のクライマックス、6年にも及ぶ内乱「治承・寿永の乱」が始まります。

源平合戦①

源平合戦②

源平合戦②
ここからは、「源平合戦」最後の決戦であり、ヒーロー・源義経の最大の見せ場でもある「壇ノ浦の戦い」について描いていきます。

源平合戦②

平将門の乱

平将門の乱
「平将門」(たいらのまさかど)は、武士ながら、桓武天皇(かんむてんのう)の血筋を引く高貴な人物。939年(天慶2年)に起きた「平将門の乱」では、自らを「新皇」(しんのう)と称して天皇になることを宣言します。これは、古代以来の支配体制を揺るがす、画期的な大事件。貴族の時代を終わらせ、武士の時代を作ろうとしたのです。

平将門の乱

注目ワード

ページトップへ戻る