平安時代
源平合戦②
平安時代
源平合戦②

文字サイズ

ここからは、「源平合戦」最後の決戦であり、ヒーロー・源義経の最大の見せ場でもある「壇ノ浦の戦い」について描いていきます。

1184年(元暦元年/寿永3年)治承・寿永の乱・終焉 ~源平合戦~

「水島の戦い」での義仲軍への大勝以降、勢力を立て直した平家は瀬戸内海を制圧し、中国・四国・九州まで支配するようになっていました。1184年(元暦元年/寿永3年)正月には、かつて清盛が遷都を計画していた摂津福原まで勢力を拡大。

朝廷では、安徳天皇と共に平家が持ち出した「三種の神器」の行く末が案じられており、平家と和平するか武力攻撃で奪還するか協議の末、範頼・義経軍が、平氏を攻撃することに決まったのです。

義経の活躍「鵯越の逆落とし」 ~一ノ谷の戦い~

源義経

源義経

1184年(元暦元年/寿永3年)2月4日、範頼・義経軍は大軍を二手に分けて、平氏軍に攻撃を仕掛けます。数万の大軍である本隊は範頼が率いて生田口を攻めます。義経軍は播磨国へ回りこみ、「三草山の戦い」で夜襲をかけ、驚いた平氏軍は敗走。義経軍が前哨戦に勝利。

また、義経は軍を二手に分け、わずか70騎を率いて険しい山中の「馬ですら通れない」と言われる難路を進みます。一ノ谷の裏手の断崖絶壁から坂を駆け下りて攻撃。これが有名な「鵯越の逆落とし」(ひよどりごえのさかおとし)です。予想外の方向から攻撃を受けた平氏軍は大混乱となり、義経は一ノ谷の陥落に成功します。

鵯越の逆落としについては諸説あり、創作だとも「一ノ谷の背後である鵯越から攻撃を仕掛けた」ことが「逆落とし」を意味する、とも言われています。

しかしこの一ノ谷での勝利が、上洛時には無名だった義経を一躍時の人にしました。この合戦は、生田口や夢野口などでも激戦が繰り広げられていますが、一ノ谷の義経の活躍が鮮やか過ぎて、まとめて「一ノ谷の戦い」と呼ばれている程です。平家は一門の多くを失い、大打撃を受け敗走、屋島へ逃れます。鎌倉方は、戦いには勝利したものの、目的である三種の神器を取り戻すことはできませんでした。まだまだ合戦は続きます。

この一ノ谷の戦い、義経の活躍が伝説となっていますが、実は義経以上に暗躍した人がいます。それがあの「保元の乱」からずっと乱の中心にいる後白河法皇。法皇は源氏に平家追討を命じておきながら、合戦前日の2月6日、平家にはなんと源氏との和平を命じたのです。

これを信用して平家が警戒を緩めたことが勝敗を分けたとも言われています。頼朝から「大天狗」と呼ばれた後白河法皇、ここでも源平はすっかり法皇の手の内にあったのでした。

平氏残党の反乱 ~三日平氏の乱~

一ノ谷の戦い以降、源氏方は平家に対抗して、西国に勢力を伸ばして行きます。山陽道や平家の本拠地の伊勢・伊賀などに軍を配備しますが、平氏軍の反攻に苦しめられました。

1184年(元暦元年/寿永3年)7月7日、伊勢と伊賀でときを同じくして反乱が勃発。源氏方は多数の死者を出します。19日には近江で合戦が起こりますが、総大将の平家継をはじめ、平家方の多くの武将が討ち取られました。

反乱は鎮圧されたものの、伊勢平氏の有力人物・平信兼や藤原忠清には逃げられてしまいます。源氏軍も死者数百に及ぶ大きな損害を受けました。頼朝の命を受けた義経が、8月12日、信兼討伐に出陣。伊勢国滝野において激戦の末、信兼を討ち取ります。

義経の検非違使任命

平信兼追討の最中の8月6日、義経は後白河法皇より左衛門少尉(さえもんしょうじょう)・検非違使(けびいし)に任じられましたが、その背景には平家残党に対する都の不安があったと言われています。

信兼と共に逃げた藤原忠清は、翌年まで潜伏して京の人々を脅かし続け、その存在の不穏さは侮れない物でした。一ノ谷の戦い以降、鎌倉方の主だった武士は帰東し、範頼は平家討伐のため西国へ向かっており、京の警備は手薄となっていたのです。そのため京の治安維持には義経が必要でした。

平家討伐から義経が外されたのは、定説だった無断で検非違使に任じられたことに対する頼朝の怒りのせいではなく、近年の研究では義経の出陣に対する後白河法皇や貴族たちの強い反対があったためという説が有力です。

1185年(元暦2年/寿永4年)屋島の戦い

「屋島の戦い」とは、一ノ谷の戦いから約1年後の1185年(元暦2年/寿永4年)3月22日、讃岐国屋島(現在の香川県高松市)で行なわれた戦いです。

戦いの背景

一ノ谷の戦いで大敗した平家は、屋島を本拠として、長戸国(現在の山口県)彦島を拠点とし、瀬戸内海を制圧していました。清盛の時代に日宋貿易をしていたため、そこに水軍を保有していたのです。屋島には内裏(だいり:天皇の住まい)まで作り、周辺諸国から貢納を受け、独立国のようにどんどん力を蓄えていきました。

そんな中、後白河法皇より平宗盛へ三種の神器の返還と源平の和睦が打診されますが、宗盛は拒絶し、1184年(元暦元年)7月、三種の神器がないまま、後鳥羽天皇が即位しました。これによって、平家と朝廷は完全に袂を分かつこととなります。

範頼の山陽道・九州遠征

屋島の戦い

屋島の戦い

1184年(元暦元年/寿永3年)9月、範頼は3万の兵を率いて京を出立し九州へ向かいました。12月には備中国で「藤戸の戦い」において、平行盛の軍に勝利。しかし、水軍を持たない源氏は船もなく、九州に渡ることもできず、その後進軍は止まってしまいます。兵糧や馬の不足などで将兵の間で不満が高まり、士気は低下。戦況はどんどん悪くなっていきました。

1185年(元暦2年/寿永4年)1月、兵糧と兵船を調達し、範頼軍はようやく豊後国(現在の大分県)に渡ります。2月には「葦屋浦の戦い」で、平家方を撃破。この勝利により、平家を彦島に孤立させることに成功したのです。

扇の的

範頼の苦境を知ると、義経は、後白河法皇に西国への出陣を願い出て許可されました。

義経は、この戦いには水軍が必須だと考え、摂津国の水軍と熊野水軍、伊予国の水軍を味方に付けます。2月18日、諸将が出航を見合わせる暴風雨の中、義経は船頭を脅して、少数の船で出航を強行しました。義経軍の船団は通常3日かかるところを、数時間で到着。周辺の民家に火を点け、大軍であるかのように見せかけて、平家の拠点を奇襲したのです。海上ばかり警護していたため、背後からの攻撃に最初は驚いた平氏軍ですが、源氏方が意外に少数なのに気付くと、激戦となります。

夕刻になり両軍疲弊し、休戦状態に。すると、平家の船から美女が現れ、扇を掲げ、的にして射抜くよう挑発します。名だたる弓の名手が断る中、那須与一が断りきれず挑戦し、見事打ち抜きます。これが「扇の的」という有名な名場面ですが、真偽の程は不明。

源氏軍は少ない兵力ながら、平氏軍と激戦を続けます。やがて、源氏の大軍が到着し、もはやこれまでと、平氏軍は彦島へと退却しました。

平家は四国での本拠地を失い、九州も範頼軍に制圧され彦島に孤立し、逃げ場のない状況に追い込まれてしまいます。

こうしていよいよ源平最後の決戦である「壇ノ浦の戦い」が始まるのです。

1185年(元暦2年/寿永4年)壇ノ浦の戦い

1185年(元暦2年/寿永4年)3月24日、ついに、5年もの長きに亘った治承・寿永の乱のフィナーレ、源義経の数々の伝説を生み、栄華を誇った平家を滅亡させた壇ノ浦の戦いが行なわれました。

「壇ノ浦」とは、本州と九州を隔てる関門海峡の一番狭くなっている海域です。日本史上非常に重要な合戦にかかわらず、史料がほとんど遺されていませんが、現在信じられている定説をご紹介します。

決戦の様子

義経は摂津国の渡辺水軍・伊予国の河野水軍・紀伊国の熊野水軍などを味方にし、水軍を編成。御家人の反対を押し切り、大将自ら先陣に立って攻め込みます。

それを受けて、平氏軍が彦島より出陣し、関門海峡壇ノ浦での合戦が始まりました。豊前国(現在の大分県)側の陸地に布陣した3万の範頼軍は、平家の退路を断ち、弓矢で攻撃して義経軍の支援に回ります。

合戦の序盤は、海戦に慣れた平家の優勢に進みました。関門海峡は、潮の干満により一日に何度も潮流の向きが変わるため、それを熟知した平氏軍が有利だったのです。追い込まれた義経軍は、満珠島あたりまで後退します。

しかし、潮の流れが変わって、源氏軍を後押しするように動き出すと、戦況は一気に義経軍の有利になります。義経軍の猛攻撃に、平氏軍は壊滅状態になりました。

こうして、平家の敗北は決まり、平家方は、次々と入水していきます。まだ6歳の安徳天皇も、祖母であり清盛の妻である二位尼に抱きかかえられて海の泡と消えたのです。そのとき、二位尼が一緒に三種の神器のひとつ「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)を抱いて海に没したので、剣は海底に失われてしまいました。

決戦に関する諸説

ここにも諸説あり、前半の平氏軍優勢の際に、勢いづいた平家が義経の首を狙おうとしますが、そこで、義経が平家側の船の舵取(漕ぎ手)を狙うように命じたという説があります。これは当時としては非常に無作法で、実際には勝敗を決してから、源氏軍が平家の船に乗り移って舵取を斬り殺したのではないかとも言われています。

また、関門海峡の潮流の変化が壇ノ浦の戦いの勝敗を決したというのも、大正時代に提唱された説に基づいて、現在広く信じられているに過ぎず、反論もなされています。史料には壇ノ浦の戦いについては、簡潔にしか述べられていないのです。

平教経と義経の八艘飛び

次々と平家一門が入水する中、たったひとり、源氏に向かって戦いを挑む剛の者がいました。清盛の甥に当たる平教経(たいらののりつね)です。平家が都落ちしたあとも、水島の戦い・屋島の戦いなどでも源氏に手向かい、義仲や義経を苦しませて来たのが教経でした。

なおもひとり戦い続ける教経に、平家の大将・知盛が「すでに勝敗は決まっているから、これ以上罪作りなことはするな」と告げます。教経は「ならば敵の大将を道連れにする」と、船から船へと義経を探すのです。

教経はやっと義経を見つけ、飛び掛かろうとしますが、義経はひらりとかわし、船から船へと飛び移って、八艘(はっそう)彼方へ逃げ去ります。これが有名な「義経の八艘飛び」です。

教経は、首を討ち取ろうと飛び掛かった源氏方の武者二人を両腕に抱えたまま海に飛び込みました。これが平家髄一の猛将として知られる教経の最期ですが、その最期には諸説あり、一ノ谷の戦いですでに討ち死にしているという記録も残り、はっきりしていません。「平家物語」では、壇ノ浦の戦いのヒーロー・義経のライバル的存在として描かれています。

源平合戦②

源平合戦②をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「平安時代」の記事を読む


前九年の役

前九年の役
「前九年・後三年の役」とは、平安末期の陸奥国・出羽国(東北地方)で起こった2大戦役で、陸奥国の俘囚(ふしゅう:朝廷の支配下にある蝦夷[えぞ])と源氏との間に起きた戦争です。1051年(永承6年)~1062年(康平5年)の「前九年の役」と1083年(永保3年)~1087年(寛治元年)の「後三年の役」、2つを合わせてこう呼びます。

前九年の役

保元・平治の乱

保元・平治の乱
「源平合戦」とは、狭義では1180年(治承4年)~1185年(元暦2年)の「治承・寿永の乱」を指し、広義では、1156年(保元元年)の「保元の乱」から1192年(建久3年)の源頼朝の征夷大将軍就任までを指します。 具体的には、源氏が歴史に登場し、鎌倉幕府を開いて武士の頂点に上り詰めるまでです。 源氏と平家を中心に日本各地で起こった大規模な内乱である「治承・寿永の乱」を軸に、「保元の乱」での源平の台頭から、最終的に源氏が勝利するところまで、広義の「源平合戦」についてご紹介します。

保元・平治の乱

後三年の役

後三年の役
「後三年の役」は、平安末期の1083年(永保3年)~1087年(寛治元年)に起こった、奥州の支配者・清原氏の内紛に、陸奥守(むつのかみ)である源義家が介入して起きた戦いです。この戦いの結果、清原氏は消滅して、奥州藤原氏へと繋がっていくこととなりました。

後三年の役

源平合戦①

源平合戦①
さて、ここからいよいよ、「源平合戦」のクライマックス、6年にも及ぶ内乱「治承・寿永の乱」が始まります。

源平合戦①

平将門の乱

平将門の乱
「平将門」(たいらのまさかど)は、武士ながら、桓武天皇(かんむてんのう)の血筋を引く高貴な人物。939年(天慶2年)に起きた「平将門の乱」では、自らを「新皇」(しんのう)と称して天皇になることを宣言します。これは、古代以来の支配体制を揺るがす、画期的な大事件。貴族の時代を終わらせ、武士の時代を作ろうとしたのです。

平将門の乱

注目ワード

ページトップへ戻る