文字サイズ

1615年(慶長20年)4~5月。豊臣家と徳川家は、再び大坂の地で相まみえます。もっとも「冬の陣」とは違い、情勢は徳川軍の圧倒的優勢。そのため、豊臣軍の兵達にとっては玉砕覚悟の戦いとなりました。真田幸村(真田信繁)ら豊臣軍の武将達が決死の突撃をするも衆寡敵せず。戦いに敗れた豊臣宗家は滅亡し、徳川家を頂点とした長期安定的な政権が本格化することになりました。

大坂夏の陣の開戦

「冬の陣」は、講和によって一応の決着をみましたが、豊臣家徳川家の間には、依然として火種がくすぶっていました。徳川家康は駿府へ、徳川秀忠は伏見へ戻りましたが、国友鍛冶に大砲の製造を命じるなど、次なる戦いへの準備を開始。豊臣家も金銀を浪人衆に配布したり、武具の準備をしたりするなど、戦いの準備に着手していました。

そうしたなか、1615年(慶長20年)4月、「夏の陣」が開戦。この戦いに敗れた豊臣宗家は滅亡したのです。

玉砕戦法

大坂城

大坂城

冬の陣で両陣営が合意した講和条件の実行により、大坂城は裸城同然になっており、冬の陣と同様の籠城戦では徳川軍に勝つ見込みはゼロ。豊臣軍には籠城ではなく、野戦によって徳川軍に決戦を挑む他に選択肢は残されていませんでした。

徳川軍の155,000人に対して、豊臣軍は78,000人。数的不利に加えて、大坂城という守りの要も失っていた豊臣軍にとって、徳川軍の総大将・徳川家康の首を取ることが、勝利への唯一の道でした。

開戦直後は豊臣軍が優勢。「郡山城の戦い」で大野治房隊が大和郡山城を落とし、兵器の供給や修理など徳川軍の総合的な軍事業務を行なう基地だった堺を焼き討ちにしました。もっとも、その後は劣勢。「樫井の戦い」、「道明寺の戦い」、「八尾・若江の戦い」で敗れた豊臣軍は、大坂城近郊に追い詰められていきました。

対する徳川軍は、豊臣軍の「本丸」である大坂城に向けて進軍。そして最終決戦となる「天王寺口の戦い」、「岡山口の戦い」を迎えることとなったのです。

真田隊壊滅

5月7日未明、最後の決戦に向け、大坂城から出陣した豊臣軍は、天王寺口・岡山口で徳川軍と対峙していました。

天王寺口では茶臼山に真田幸村(真田信繁)・真田幸昌親子らが布陣した真田勢が、天王寺口の徳川軍の松平忠直勢と交戦。真田勢の陣を抜き、大坂城へ直進した松平勢と入れ違う形で、徳川家康本陣方向へ進出した真田隊は、寝返りの虚報を流布して徳川軍の動揺を誘うなどして、徳川家康本陣へ接近。真田幸村(真田信繁)によって先鋒・次鋒、本陣など数段階に区分された真田隊は、3回にわたって突撃を繰り返しました。

真田隊の攻勢で、家康本陣は大混乱。武田信玄率いる武田軍に敗退した「三方ヶ原の戦い」以後倒れたことのなかった徳川家康本陣の馬標が倒された上に、徳川家康は騎馬で逃げる事態に陥りました。このとき、徳川家康は2度、自害を覚悟したと言われています。

当初、豊臣軍が優位に戦局を展開していた最終決戦は、思わぬところから風向きが変わりました。真田幸村(真田信繁)と大野治長は豊臣秀頼の出馬は今しかないと相談の上、大野治長が大坂城に帰り、豊臣秀頼への上申を決定。このとき、大野治長が豊臣秀頼の馬標を掲げたまま帰城しようとしたため、豊臣軍の兵は大野治長が撤退したと勘違いして戦意を喪失してしまいました。

これに加えて大坂城に火の手が上がったことで、さらに動揺。徳川軍は、これに乗じて攻撃を仕掛け、豊臣軍は総崩れとなり、一気に決着がつきました。

真田隊も決死の突撃で死傷者が増加。数が減ってしまったことで追撃不能となり、徳川家康を追い詰めながら、撤退せざるを得ませんでした。

真田幸村(真田信繁)は、四天王寺近くの安居神社で傷つき疲弊した身体を休めているところを松平勢の西尾宗次に発見され、討ち取られました。

徳川軍の松平忠直率いる越前勢の前に、真田隊は壊滅、共闘していた毛利勢も四方からの集中攻撃を受けて大坂城内に撤退しました。

大坂城の落城

冬の陣の講和で本丸と掘り返した堀以外の堀を埋められた大坂城に、難攻不落を誇ったかつての面影はありませんでした。

徳川軍は、真田隊を壊滅させ、一番乗りした松平忠直率いる越前勢を筆頭に、続々と城内に侵入。本丸台所で徳川軍の内通者によって放たれた火は、瞬く間に天守閣をも包み込み、7日深夜、ついに大坂城は落城したのです。

豊臣秀頼は、籾蔵(もみぐら)の中で母・淀君らと共に自害。豊臣秀吉以来の豊臣宗家は滅亡しました。

この戦いで、「応仁の乱」以来、150年近くにわたり続いてきた大規模な戦争が続いた時代が終焉。同年7月、江戸幕府は元号を「慶長」から「元和」に改め、「天下平定」を内外に宣言しました(元和偃武)。

勝敗を分けたポイント

冬の陣、夏の陣では共に豊臣軍が徳川軍と互角以上に戦った場面もあり、豊臣軍に勝機が全くないわけではありませんでした。しかし、結果として徳川軍に凱歌が上がりました。何が両軍の明暗を分けたのでしょうか。

浪人の寄せ集め軍団

最大100,000人いた豊臣軍の兵は、大半が「関ヶ原の戦い」後に行き場をなくしていた浪人でした。対する徳川軍の兵は現役の大名。大軍を率いて戦う術に長けていました。

豊臣軍にも真田幸村(真田信繁)や長宗我部盛親らの武将や元大名が参加していましたが、彼らは圧倒的少数派。単純な数の上では対抗可能に見えても、「優秀な指揮官」がいなければ、数を活かすことはできません。命のやり取りをする戦場は、ただでさえ混乱していました。指揮系統が明確に確立できていなかったために、混乱に拍車がかかってしまったのではないかと思われます。

特に、冬の陣では豊臣軍が徳川軍に勝つチャンスは十分にありました。兵力こそ100,000人と200,000人の徳川軍の半分程度でしたが、地の利を活かすことも可能でした。この戦いで、ある程度徳川軍にダメージを与えられていれば、形勢は変わっていたかもしれません。

しかし、豊臣軍は早々に敵軍の大坂侵入を許し、大坂城での籠城作戦に打って出るより他の手立てがありませんでした。統率の取れた徳川軍とは対照的に、寄せ集めの浪人集団だったため、集団的な戦術遂行ができなかったのです。

堅固な守備を誇る大坂城という切り札を戦いの早々に使わざるを得なかったことで、豊臣軍の戦いはジリ貧になっていきました。

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。
岐阜関ケ原古戦場記念館
「岐阜関ケ原古戦場記念館」の体験コーナーや展示内容など、施設の魅力をご紹介します。

豊臣秀頼の資質

冬の陣において、約1ヵ月間の籠城作戦を経て行なわれた豊臣側と徳川側の講和交渉。このとき、豊臣軍が徳川軍にある程度のダメージを与えられていれば、交渉を有利に進められる可能性もありました。

しかし、豊臣秀頼は目先の利益の確保を急いだだめに、戦いの切り札としてフル活用すべきだった大坂城における最大の長所である外堀を埋めるという極めて不利に思われる条件を受け入れる結果に。これにより、豊臣軍は「夏の陣」で玉砕戦法に近い戦い方を余儀なくされ、数と統率力で勝る徳川軍の前に屈しました。

もっとも、これは豊臣秀頼だけの問題ではありません。豊臣秀頼が生まれたのは豊臣秀吉が57歳のとき。その豊臣秀吉は、豊臣秀頼が5歳のときに亡くなってしまいました。そのため、豊臣秀頼は偉大な父から、人の上に立つ者のノウハウを学ぶことはできなかったのです。

具体的には、①人身掌握術、②戦いの仕方、③優秀なブレーンの確保。豊臣秀吉が天下統一を果たすために培ってきたこの3つのノウハウこそ、豊臣秀頼にとって最も重要なものであったと思われます。

豊臣秀頼の人身掌握術については明らかではありませんが、大坂の陣の時点で豊臣秀頼の実戦経験はゼロ、そして母・淀君の強い影響力ゆえ、自由な意思決定ができなかったと言われています。豊臣秀頼が父・豊臣秀吉からノウハウを承継していれば、違った結果が出ていたかもしれません。

「大坂冬の陣・夏の陣」関連YouTube動画

「大坂冬の陣・夏の陣」合戦・古戦場|YouTube動画

大坂夏の陣

大坂夏の陣をSNSでシェアする

「江戸時代」の記事を読む


武家諸法度

武家諸法度
「武家諸法度」(ぶけしょはっと)は、江戸幕府の2代将軍「徳川秀忠」が公布した全国の大名達に規範を示した法令です。3代将軍「徳川家光」の時代には「寛永令」(かんえいれい)が出され、「参勤交代」(さんきんこうたい)の制度化などが追加されました。以降も、武家諸法度は、徳川将軍家の歴史と共に歩みを進めます。武家諸法度についてと武士とは何であるのかを見ていきましょう。

武家諸法度

天保の大飢饉

天保の大飢饉
江戸時代の日本の気候は寒冷で、たびたび冷害や洪水が起こったと記録されています。異常気象が原因で凶作となり、飢饉が起こることが少なくありませんでした。なかでも「江戸四大飢饉」のひとつと言われるのが「天保の大飢饉」(てんぽうのだいききん)。1833~1836年(天保4~7年)の間に連続的に飢饉が起こり、何万人もの大量の餓死者を出したと言われているのです。天保の大飢饉について、飢饉がその後の歴史に与えた影響も含めてご紹介します。

天保の大飢饉

大坂冬の陣

大坂冬の陣
1614年(慶長19年)11~12月、大坂で豊臣軍と徳川軍が対峙する合戦が発生しました。「大坂冬の陣」です。開戦後、早々に大坂城での籠城戦を選択し、当初は徳川軍と互角に渡り合っていた豊臣軍でしたが、徳川家康の狡猾な心理作戦に翻弄され、最終的には講和。この講和により、外堀・内堀を埋め立てられた大坂城は「裸城」になってしまうなど、結果的に豊臣宗家滅亡への引き金を引いてしまったのです。

大坂冬の陣

参勤交代

参勤交代
「参勤交代」は、江戸時代にあった制度のひとつ。徳川将軍家に対する軍役奉仕を目的とした制度であり、諸大名は1年交代で、江戸と領地それぞれに在住することが義務付けられていました。参勤交代により社会秩序が安定した他、文化の発展や交通の発達など、多くの利点があった一方で、諸藩は大きな財政難に陥り、結果として江戸幕府崩壊の一因になったとも言われています。

参勤交代

桜田門外の変

桜田門外の変
「桜田門外の変」は、尊皇攘夷派(そんのうじょういは:天皇を守るために外国勢を排除する思想を持った一派)の浪士が起こした大老「井伊直弼」暗殺事件のこと。事件後、幕府の権威は失墜し、265年続いた江戸時代も終わりを迎えることになります。

桜田門外の変

池田屋事件

池田屋事件
「池田屋事件」は、1864年(元治元年)6月5日に京都で起こった、「新撰組」による尊王攘夷派(そんのうじょういは:天皇を守るために外国勢を排除する思想を持った一派)弾圧事件です。多くの浪士が殺害され、これにより明治維新が5年遅れたとも言われています。新撰組の名を一躍全国に轟かせるきっかけとなった池田屋事件は、どのような事件だったのでしょうか。新撰組が結成されてから池田屋事件に至るまでの経緯、及び事件後の影響などをご紹介します。

池田屋事件

江戸幕府とは

江戸幕府とは
1603年(慶長8年)、「徳川家康」が征夷大将軍に任命され「江戸幕府」を開きました。江戸幕府は、室町時代から続いてきた戦乱の世に終わりを告げ、265年におよぶ長期政権として君臨します。厳しい大名統制により政治が安定したことで経済も発展し、文化も成熟。265年間もの間、泰平の世を築いた江戸幕府についてご紹介します。

江戸幕府とは

江戸時代の服装とは

江戸時代の服装とは
天下泰平の世と言われた江戸時代は、和のファッション文化が熟成された時代でもあります。職業に応じた衣服が誕生し、武士や町人など、身分に応じたバリエーション豊かな服装が生まれました。装飾品も多彩になり、庶民の間にもオシャレや流行を楽しむ習慣が広がっていきます。一方、戦闘服だった甲冑(鎧兜)は、戦いがなくなったことにより、美術品や防具としての価値が高まっていきました。そんな江戸時代の衣服や装飾品・甲冑(鎧兜)について、ご紹介します。

江戸時代の服装とは

江戸時代の食文化とは

江戸時代の食文化とは
戦国時代が終わり、「太平の世」となった江戸時代は、商業が発展するとともに生活レベルも向上し、私達が毎日食べている日本食の原型が作られていきました。 特に、「醤油」や「みりん」といった日本独自の調味料が普及した他、そば、寿司、てんぷら、うなぎの蒲焼きなどといった外食できる屋台や店が増えたことにより、「外食文化」が定着します。そんな江戸時代の食文化について、詳しく説明します。

江戸時代の食文化とは

注目ワード
注目ワード