平安時代
前九年の役
平安時代
前九年の役

文字サイズ

「前九年・後三年の役」とは、平安末期の陸奥国・出羽国(東北地方)で起こった2大戦役で、陸奥国の俘囚(ふしゅう:朝廷の支配下にある蝦夷[えぞ])と源氏との間に起きた戦争です。1051年(永承6年)~1062年(康平5年)の「前九年の役」と1083年(永保3年)~1087年(寛治元年)の「後三年の役」、2つを合わせてこう呼びます。

11世紀当時の東北情勢について

11世紀当時の東北情勢

11世紀当時の東北情勢

朝廷は、平安時代初期に東北地方の征服には成功しますが、蝦夷を完全降伏させることはできず、岩手県秋田県の中部付近を北限として、その北は朝廷の力の及ばぬ蝦夷の領域が広がっていました。

11世紀当時、朝廷が征服した陸奥国(岩手県側)を統治していた俘囚(ふしゅう)が安倍氏で、出羽国(秋田県側)を治めていたのが清原氏。

朝廷は、蝦夷との緩衝地帯であるこの地域に、陸奥守(むつのかみ)や出羽介(でわのすけ)などを置いて、東国を支配しようとします。

前九年の役・後三年の役は、なぜこう呼ばれるのか?

「役」とは「戦争」のことですが、「同国人同士の対等な勢力間での戦争」ではなく、「中央政権が反抗勢力を征服・鎮圧するために行なわれた戦争」、もしくは「外国や異民族との間の戦争」を指します。

なぜこう呼ばれるかと言えば、当時は、東北地方が京の中央政権から異国として見られ、その支配者の安倍氏は「蛮族」(ばんぞく)として扱われていたためです。

そのような経緯から、今日では教科書等では「前九年合戦」「後三年合戦」という表記が増えてきています。

「前九年の役」はもともと「古事談」・「愚管抄」・「古今著聞集」などで「奥州十二年合戦」と呼ばれていたように、12年間の戦争です。しかし、「保元物語」・「源平盛衰記」・「太平記」などでは「前九年の役」と記載されており、こちらが一般的に使用されるようになりました。

なぜ9年としたかについては諸説ありますが、以下のようなことが考えられています。

  • 「奥州十二年合戦」が「後三年の役」を合わせた物と誤認され、12年から3年引いて、前半を「前九年の役」と呼ぶようになった。
  • 源頼義が介入してからの戦乱を9年間とした。
  • 間に休戦状態があり、実際に戦闘が行なわれたのは9年程度だった。

これらの理由は推測だけで、はっきりとしたことはいまだ分かっていません。

前九年の役はなぜ起きたのか ~合戦の背景~

「前九年の役」は、11世紀半ばに陸奥国北部を中心に権勢をふるっていた安倍氏と、清和源氏(河内源氏)出身の源頼義とその子・源義家の間に起こった争いです。

安倍氏の始祖については、明らかではありません。陸奥国土着の先住民「アイヌ」だったのではないかとする説、あるいは、もとは中央官人だったという説など、研究者によって見解は様々。

安倍氏は、奥六郡(現在の岩手県奥州市から盛岡市にかけての地域)において、婚姻などで勢力を拡大し、11世紀には独立国のように周りを支配していました。俘囚長となって以来、安倍氏は、朝廷を中央政府と認め、貢租(年貢)を納めていたのですが、最も勢力を広げた安倍頼時の代に、貢租を怠るようになってしまいます。

鬼切部の戦い

源頼朝・足利尊氏

源頼朝・足利尊氏

安倍頼時が貢租を怠った懲罰のために、1051年(永承6年)、陸奥守・藤原登任(ふじわらのなりとう)と秋田城介・平重成が挙兵し、玉造郡鬼切部(現在の宮城県大崎市鳴子温泉鬼首[おにこうべ]とされる)で戦闘が勃発しました。

この「鬼切部の戦い」(おにきりべのたたかい)は、安倍氏の圧倒的勝利に終わり、敗れた登任軍は膨大な死者を出し、藤原登任は解任されてしまったのです。

朝廷は、安倍氏に対抗できるように、後任の陸奥守には公家ではなく、武勇の誉れ高い武家の河内源氏・源頼義を着任させます。

頼義は、のちに鎌倉幕府を開いた源頼朝や室町幕府を開いた足利尊氏の祖先で、関東地方で起きた「平忠常の乱」を平定した英雄・源頼信の息子です。父と共に戦った頼義の活躍は、奥州の安倍氏の元まで知れ渡っていました。

頼義の武力を恐れた安倍頼時は、忠誠を誓い、さらには改名までしています。頼時の当時の名は頼良(よりよし)でしたが、源頼義と同じ読みのため、遠慮して自ら改めたのです。

翌1052年(永承7年)、後冷泉天皇の祖母・上東門院の病気平癒の願いを込めた大赦(たいしゃ:罪人の罪が許されること)の際に、安倍氏も赦されます。

源頼義は、11世紀当時、武士の最高栄誉職とされていた「鎮守府将軍」に任せられました。鎮守府将軍とは、陸奥国に置かれた鎮守府(軍政府)の長官です。頼義は、陸奥国を源氏の支配下に置く野望を持っており、その後も安倍氏を討つ機会を狙っていたとも言われています。

前九年の役の再開

こうして源氏の棟梁・源頼義に安倍頼時が恭順し、平穏な日々が続くかに見えましたが、頼義の任期満了となる1056年(天喜4年)、大赦により一時停戦となっていた「前九年の役」が、今度は安倍氏と源氏との間で再開されることとなりました。そのきっかけとなったのが「阿久利川事件」(あくとがわじけん)です。

阿久利川事件

陸奥守の任期終了間近、頼義が多賀城へ帰還中に阿久利川河畔で野営をしていると、何者かに夜襲を受け、人馬が殺害されます。これが「阿久利川事件」です。

報告に来た藤原光貞は、「安倍貞任(あべのさだとう:頼時の嫡子)が以前に自分の妹と結婚したいと言ってきたが、安倍氏のような蛮族に妹はやれないと断ったのを恨んでやったに違いない」と頼義に告げたのです。頼義は貞任の出頭を命じますが、頼時がこれを拒否したことから、安倍氏と朝廷は戦いに突入。朝廷からも頼時追討の宣旨が下され、「前九年の役」は再開されたのです。

安倍頼時の娘を妻に迎えていた藤原経清(ふじわらのつねきよ)と平永衡(たいらのながひら)は共に朝廷側に就いて参戦していましたが、永衡が謀反の疑いで頼義に討たれると、身の危険を感じた経清は、私兵を率いて安倍氏方に寝返ります。これにより、藤原経清は安倍軍の有力武将として活躍。経清の策略と財力は、頼義を苦しめることとなります。官軍は大きく戦力を失い、戦役を泥沼化し、長引かせる要因となりました。

「阿久利川事件」には、陰謀説があります。頼時は、この事件の直前にも頼義を饗応しており、もうじき任期の切れる頼義を討つ理由がなかったことなどから、陸奥国の支配権を狙っていた頼義の陰謀だったのではないかとする説が有力となっています。

頼時の死

頼義の後任の陸奥守は、藤原良綱(良経と言う説も)という公家に決まっていました。後任に公家を選んだことからも分かるように、朝廷には、安陪氏を討つ意思はなかったことが伺われます。しかし、戦が再開し、陸奥が戦場になると、藤原良綱(良経)が陸奥守を辞退したため、頼義は1056年(天喜4年)、陸奥守に再任。

官軍は苦戦し、一進一退の攻防戦が繰り広げられる中、1057年(天喜5年)5月、頼義は津軽の俘囚で頼時の親族である安倍富忠(あべのとみただ)を味方に引き入れることに成功しました。これに慌てた頼時は7月、富忠に思いとどまるよう津軽へ説得に向かう途中で、富忠の兵の攻撃を受けた傷が元で亡くなってしまいます。

頼時の死後も安倍氏は降伏することなく、むしろあとを継いだ貞任は以前にも増して激しく抗戦。9月、頼義は朝廷に頼時の戦死を報告し、援軍と兵糧の支援を依頼しますが、朝廷からは音沙汰がありませんでした。

黄海の戦い

1057年(天喜5年)11月、頼義は陸奥国府多賀城から出陣します。国府軍約2,000の兵に対して、安倍貞任・藤原経清の軍勢は約4,000の兵。陸奥国・黄海(現在の岩手県一関市)で「黄海の戦い」(きのみのたたかい)が始まりました。

国府軍は、そもそも兵力で劣る上、地の利を生かした安倍軍が優勢。さらに頼義軍は、厳しい寒さと雪に苦しめられ兵糧も不足したため、安倍軍が圧勝します。

国府軍は、頼義の古参の家臣を始めとして、数百の戦死者を出す壊滅的な敗北でした。安倍軍に包囲され、大将の頼義も討ち死にしたと誤報が流れる程でしたが、嫡男の源義家の活躍で九死に一生を得たのです。

「八幡太郎」(はちまんたろう)の通称で親しまれ、源氏の東国での勢力基盤をつくったとされる義家はこのとき18歳でした。

清原氏懐柔作戦

「黄海の戦い」の勝利で勢いに乗った安倍氏は、奥六郡以南に勢力を伸ばし、朝廷の赤札に変わって藤原経清の白札で税を徴収する程になっていました。すっかりやりたい放題です。

一方の源氏は、朝廷から「頼時を討ち取った功績」に対して、論功行賞(手柄に見合った恩賞)が与えられなかった上、「鬼切部の戦い」と「黄海の戦い」の二度の敗戦で失った国府兵も補充されないという厳しい状況になります。

1062年(康平5年)春、頼義の陸奥守の任期が再度切れ、後任で公家の高階経重(たかしなのつねしげ)が着任。しかし、郡司たちは従わず、経重は何もできないまま帰洛し、そのまま解任されてしまいます。結局後任が決まらないまま、頼義が再々任されることとなりました。

頼義は兵の補充のため、関東以南の武士に働きかけ、源氏の私軍を編成。また、安倍氏と並んで勢力を誇っていたお隣の出羽国の俘囚・清原氏の族長清原光頼に接近しました。参戦の依頼になかなか首を縦に振らない光頼に、珍しい贈り物を贈り続け、臣下の礼までとったと言われています。

その甲斐あって、7月に光頼の弟・清原武則を総大将に、清原軍の参戦が決定。これが今後の戦の行方を決めたのです。

厨川の戦い

清原氏の加勢で、朝廷側の兵力は倍以上に膨れ上がり、一気に国府軍側に形勢が傾きました。

官軍は「小松柵の戦い」・「衣川関の戦い」に勝利し、安倍氏は敗走を重ねて、いよいよ安倍氏の最北の重要拠点にして本拠地・厨川柵(くりやがわのさく:現在の岩手県盛岡市)の決戦を迎えます。

1062年(康平5年)9月17日、ついに厨川柵が陥落。敗北した総大将の安倍貞任と朝廷側より寝返った藤原経清が、頼義の面前に連れて来られますが、貞任は深手が元でそのまま亡くなります。

藤原経清は、苦しみを長引かせるため、錆びた刀で鋸挽き(のこぎりびき)によって斬首されました。国府の役人でありながら、安倍方に寝返っただけでなく、朝廷の赤札を無視して国印もない私的な白札で税を徴収した経清に対する頼義の恨みは相当に深かったと言われています。

こうして、「鬼切部の戦い」から数えて12年に亘る「前九年の役」は終結し、安倍氏は滅亡しました。

前九年の役の結果

1063年(康平6年)2月25日、「前九年の役」の一番の功労者と言える頼義は、陸奥守ではなく、伊予守(いよのかみ:現在の愛媛県の国府)に任ぜられます。この当時の伊予国は、財政面が豊かで播磨国(はりまのくに:現在の兵庫県)と並んで「四位上臈」(しいじょうろう)と呼ばれ、受領としてはトップクラスでした。

「三位」(さんみ)以上は「公卿」(くぎょう)と呼ばれる上級貴族であったので、その一歩手前の位を授けられたのは、朝廷から役における功績を認められたのです。嫡男の義家も出羽守(でわのかみ)に任じられました。このように表向きは出世でしたが、奥州を支配しようという頼義の野望は打ち砕かれた形になったのです。

頼義は、役の間も兵士たちを気遣い、ねぎらったと言われています。また、戦後伊予守に任ぜられてからも、部下の恩賞獲得のために奔走しました。そうした中から関東の武士と源氏との結束が高まり、のちの鎌倉幕府へと繋がっていったのです。

一方、清原氏はさらなる格段の恩賞を受けることに。清原武則は従五位に叙せられ、俘囚として初めて、鎮守府将軍に補任されました。こうして清原氏は出羽と共に陸奥にも勢力圏を広げ、奥羽(おうう)の覇者になったのです。

錆びた刀で斬首された藤原経清の妻・有加一乃末陪(ありかいちのまえ)は、経清が安倍方に走る原因となったように、安倍頼時の娘です。皮肉なことに戦後、有加一乃末陪は遺児を連れ、父と夫の敵である清原武則に再嫁することになりました。この遺児がのちの藤原清衡で、奥州藤原氏の祖となる人物です。また清衡が清原家に入ったことが、後に起こる「後三年の役」の原因のひとつとなりました。

こうして奥州の安倍氏は歴史の舞台から消えますが、その血筋は奥州藤原氏に引き継がれ、藤原氏の滅亡後はまた安倍氏を名乗り、現代まで血筋が残っています。

源頼義・義家の家系である河内源氏からは、のちに鎌倉幕府を開いた源頼朝や、室町幕府を開いた足利尊氏が出ています。河内源氏を源氏の棟梁としての正当性を誇示するために、中世以降頼義の蝦夷征伐の戦勝はことさらにアピールされてきました。

頼朝以降、源氏は武門の棟梁として、蝦夷を征討するという意味の「征夷大将軍」を名乗っています。その背景には、頼義が蝦夷を征討した、この戦役での戦勝があるのです。

前九年の役

前九年の役をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「平安時代」の記事を読む


保元・平治の乱

保元・平治の乱
「源平合戦」とは、狭義では1180年(治承4年)~1185年(元暦2年)の「治承・寿永の乱」を指し、広義では、1156年(保元元年)の「保元の乱」から1192年(建久3年)の源頼朝の征夷大将軍就任までを指します。 具体的には、源氏が歴史に登場し、鎌倉幕府を開いて武士の頂点に上り詰めるまでです。 源氏と平家を中心に日本各地で起こった大規模な内乱である「治承・寿永の乱」を軸に、「保元の乱」での源平の台頭から、最終的に源氏が勝利するところまで、広義の「源平合戦」についてご紹介します。

保元・平治の乱

後三年の役

後三年の役
「後三年の役」は、平安末期の1083年(永保3年)~1087年(寛治元年)に起こった、奥州の支配者・清原氏の内紛に、陸奥守(むつのかみ)である源義家が介入して起きた戦いです。この戦いの結果、清原氏は消滅して、奥州藤原氏へと繋がっていくこととなりました。

後三年の役

源平合戦①

源平合戦①
さて、ここからいよいよ、「源平合戦」のクライマックス、6年にも及ぶ内乱「治承・寿永の乱」が始まります。

源平合戦①

源平合戦②

源平合戦②
ここからは、「源平合戦」最後の決戦であり、ヒーロー・源義経の最大の見せ場でもある「壇ノ浦の戦い」について描いていきます。

源平合戦②

平将門の乱

平将門の乱
「平将門」(たいらのまさかど)は、武士ながら、桓武天皇(かんむてんのう)の血筋を引く高貴な人物。939年(天慶2年)に起きた「平将門の乱」では、自らを「新皇」(しんのう)と称して天皇になることを宣言します。これは、古代以来の支配体制を揺るがす、画期的な大事件。貴族の時代を終わらせ、武士の時代を作ろうとしたのです。

平将門の乱

注目ワード

ページトップへ戻る