日本刀を所有する

日本刀の買取
 - 刀剣ワールド

文字サイズ

日本刀を買い取ってもらいたいならば、専門性が高い「刀剣商」(刀剣店)に買取依頼するのがいちばんです。専門性が低い「リサイクルショップ」や「リユースショップ」では、刀の真の価値が分からないため、残念な結果となる恐れがあります。刀剣商(刀剣店)とは何か、日本刀の買取相場や高値買取となるポイント、刀剣商(刀剣店)への買取依頼方法について、詳しくご紹介します。

刀剣買取・日本刀買取
お住まいの地域で刀剣買取・日本刀買取を行っている刀剣商(刀剣店)が検索できます。

日本刀の買取について

刀剣商(刀剣店)とは

日本刀の買取とは、日本刀を買い取ってもらう方法のことです。祖父母や父母、兄弟から受け継いだ刀を整理したい、以前買った刀を手放して新しい刀を購入したいなど、日本刀の買取を希望する理由は様々なことでしょう。

ただし、日本刀は、価値が高い美術品であり、「古物」です。古物は、「古物営業法」により「古物商許可証」を持つ「古物商」でなければ、売買することができません。あなたが古物商でなければ、「フリマアプリ」には安易に出品できないので、注意しましょう。

そこで、おすすめしたいのが、「刀剣商」(刀剣店)です。刀剣商(刀剣店)とは、古物商の資格を持つ刀剣専門店のこと。古物商は、古物営業法に定められた古物の販売や買取を行う「古物商許可証」を持つ業者・個人で、全国刀剣商業協同組合の登録会員のお店です。刀剣商(刀剣店)の中には、さらに「刀剣評価鑑定士」を擁するお店もあり、信頼できます。

古物商の資格を持つリサイクルショップやリユースショップもありますが、専門性が低い場合は、日本刀の価値が分からないため、価値がある刀であるにもかかわらず0円と査定されることも。そのようなことでは、ご先祖様が遺した想いもあなたの時間もムダになります。

専門性の高い刀剣商(刀剣店)ならば、あなたの日本刀の価値をしっかりと査定してくれるはず。刀を買い取って欲しいならば、刀剣商(刀剣店)に依頼するのが得策です。

なお、日本刀は「一般ゴミ」や「粗大ゴミ」には出せません。安易に廃棄すると、「銃刀法」(銃砲刀剣類所持等取締法)違反となり、罰則を受ける可能性があるので、絶対にしないこと。また、破棄されてしまうと、あとで価値ある刀と分かっても、取り返しがつきません。

高価買取になるポイント

日本刀の価値は、作刀年代や日本刀の鑑定書によって、ある程度、決定しているため、値崩れが少なく、資産運用に向いていると言われます。買取相場は、購入時のおよそ60~80%。

この相場を知っていれば、損をすることが少ないでしょう。以下、高価買取になるポイントをご紹介します。

作刀年代を確かめる

作刀年代は、古いほど玉鋼(鉄)の質が良いと言われており、現代刀より新々刀、新々刀より新刀、新刀より古刀のほうが、高価買取となっています。

鑑定書を確かめる

鑑定書

鑑定書

日本刀の鑑定書とは、国指定の「国宝」、「重要文化財」、「重要美術品」。公益財団法人 日本美術刀剣保存協会指定の「特別重要刀剣」、「重要刀剣」、「特別保存刀剣」、「保存刀剣」のことです。

この鑑定書があると、査定時にとても有利で高価買取が期待できます。買取相場の目安は、特別重要刀剣の場合が5,000,000~10,000,000円以上。重要刀剣は1,000,000~5,000,000円、特別保存刀剣は300,000~3,000,000円、保存刀剣は100,000~1,000,000円と言われています。

なお、鑑定書がない場合には、有料となりますが、公益財団法人 日本美術刀剣保存協会に審査を申請することが可能です。

また、この他にも、「名物」(めいぶつ)や「業物」(わざもの:評価が高い順から最上大業物大業物良業物、業物の4段階)、「位列」(いれつ:評価が高い順から最上作、上々作、上作、中上作、中作の5段階)が付いていれば、名刀中の名刀と評価され、これらも高値で取引されます。

保存状態を確かめる

日本刀は、保存状態によっても、査定額に違いが生じます。保存状態とは、疵(きず)や錆(さび)が付いてしまったかどうか。疵や錆がないほうが高値になると言えますが、疵や錆がある場合でも「味」があると評価されれば、高価となることもあります。

なお、錆は素人が簡単に取れる物ではなく、下手に触ると価値が下がる場合もあるので、触らないこと。また、錆を取るために研師に研磨を依頼すると、1寸あたり、6,000~10,000円の費用が掛かります。定寸と言われる2尺3寸(約70㎝)の刀ならば、約200,000円と高額です。はじめから売却を考えている場合は、研ぎには出さない方が無難でしょう。

流行を確かめる

その時代における刀工の人気度によっても、査定額は変動します。日本刀が登場するゲームや芝居、映画やアニメが放映されて人気になると、そこに登場した刀の査定額が上がるのです。刀を買い取ってもらうのなら、流行にも敏感だと良いでしょう。

付属する刀装具を確かめる

刀装具が付属していると、査定額が高くなることが多いと言えます。刀装具とは、拵(こしらえ)に付属する、刀を美しく飾る物。鍔(つば)や目貫(めぬき)、小柄(こづか)や(こうがい)のことです。

良い刀の刀装具は、絵柄がお揃いで作られている場合が多く、刀装具のみでも価値があります。なお、白鞘に文字が書かれている場合、それは「鞘書」(さやがき)といって査定の参考となるため、刀身と一緒に観てもらいましょう。

ご先祖様から譲り受けた大切な刀であれば、手間が掛かっても、複数の刀剣商(刀剣店)に査定してもらうこと。そして、いちばん高値を付けてくれたお店に買取してもらうのが良いでしょう。

査定を依頼する

買取に必要な物を確認する

それでは、実際に刀剣商(刀剣店)に日本刀の買取依頼をしてみましょう。

まずは、次の3点を確認します。

「銃砲刀剣類登録証」を確認する
銃砲刀剣類登録証

銃砲刀剣類登録証

「銃砲刀剣類登録証」(じゅうほうとうけんるいとうろくしょう)とは、刀剣を購入したときに、必ず付与される登録証のこと。

真剣(本物の日本刀)であることを証明する物で、銃砲刀剣類登録証のない刀は、銃刀法違反となり、刀剣を所持することも、買取を依頼することもできません。

銃砲刀剣類登録証がない場合には、できるだけ早く、最寄りの警察署・生活安全課、または都道府県の教育委員会に電話で連絡し、再交付の手続をする必要があります。

刀の所有者は誰かを確認する

日本刀は、所有者本人でなければ、売却することができません。まだ、前所有者の名義になっている場合は、すみやかに「所有者変更手続」を行いましょう。

所有者変更手続は、銃砲刀剣類登録証に記載されている都道府県の教育委員会宛に、所有者変更届出書を郵送すれば良いだけ。所有者変更届書のテンプレート(ひな形)が、都道府県の教育委員会ホームページからダウンロードできるため、利用しましょう。

付属品を確認する

刀身(日本刀本体)以外に、どんな付属品がついているのかを確認しておきましょう。付属品があることで、刀の価値が上がる場合が多いので、しっかりと把握しておくことが重要です。

買取依頼方法を決定する

刀剣商(刀剣店)に買取依頼をするには、全部で4つの方法があります。それは、①店頭(持込)買取、②出張買取、③宅配買取、④オンライン査定。

なお、どの方法で依頼する場合でも、銃砲刀剣類登録証と依頼する人の「身分証明書」が必要です。それぞれの良い点、悪い点を確認し、あなたがいちばん利用しやすい方法で、買取依頼をしてみましょう。

①店頭(持込)買取とは

店頭(持込)買取とは、あなたが刀剣商(刀剣店)に買い取って欲しい日本刀を持ち運ぶ方法です。まずは、「刀剣・日本刀の買取店」の検索で、お近くの刀剣商(刀剣店)を選ぶこと。予約の必要がないので気楽です。

ただし、刀剣を持ち運ぶことは、銃刀法により、「おおいを被せ、容器に入れなければならない」と定められています。刀を持ち運ぶ際は、必ず刀袋やファスナー付のカバン、ゴルフバッグ等に入れて持ち運びましょう。

【良い点】

  • 訪問日時を予約する必要がない。
  • 店員さんから直接説明を聞くことができる。
  • その日の内に査定して貰えて現金を受け取れる。

【悪い点】

  • 持ち運ぶ際に手間がかかる。

②出張買取

出張買取とは、刀剣商(刀剣店)があなたの自宅を訪問して買取をする方法です。

刀剣・日本刀の買取店の検索で刀剣商(刀剣店)を選び、電話をして訪問してもらう日時を決定しましょう。売りたい刀がたくさんあり、持ち運ぶのが困難な場合などに便利です。

【良い点】

  • 店員さんに直接説明を聞くことができる。
  • 持ち運びや梱包の手間がない。
  • その日の内に査定して貰えて現金を受け取れる。

【悪い点】

  • 事前に予約をする必要がある。

③宅配買取

宅配買取とは、あなたが買い取って欲しい日本刀を刀剣商(刀剣店)に宅配便で送る方法です。刀剣・日本刀の買取店の検索で刀剣商(刀剣店)を選び、電話またはインターネットで、どんな物を売りたいのかを連絡し、品物を梱包して、宅配便で送ります。

なお、お店によっては、段ボール箱や緩衝材がセットになった宅配キットが進呈されたり、宅配便業者が家まで引き取りに来てくれたりするところもあります。

数日後、買取価格の連絡があり、審査結果に納得できれば買取成立。代金が指定口座へ振り込まれます。査定結果に納得できなければ、日本刀は着払いにて返送されます。

【良い点】

  • 相手の都合に関係なく、いつでも依頼ができる。

【悪い点】

  • 梱包に手間が掛かり面倒。
  • 配送と審査にも時間が掛かる。
  • 審査に納得できない場合は、返却の宅配便費用があなた負担となる。

④オンライン査定

オンライン査定

オンライン査定

オンライン査定とは、パソコンやスマートフォンなどのインターネットが繫がる環境で、刀剣商(刀剣店)に、査定してもらう方法です。

まずは買い取って欲しい商品の画像や動画を撮影し、メールやオンライン査定フォームで送信します。のちに、お店から連絡があり、査定額を通知されます。査定金額に納得した場合は、持込買取か出張買取、または宅配買取へと進みます。

【良い点】

  • 比較的すぐに査定結果がでる。

【悪い点】

  • 査定後に宅配便で送る場合は、梱包に手間が掛かり、配送や最終的な買取価格決定まで時間が掛かる。
  • 最初の査定額と最終的な査定額に乖離がある場合がある。

日本刀の買取

日本刀の買取をSNSでシェアする

「日本刀を所有する」の記事を読む


銃砲刀剣類所持等取締法

銃砲刀剣類所持等取締法
「銃砲刀剣類所持等取締法」(銃刀法)は、銃砲や刀剣類などの所持・使用等に関して、人に危害が及ぶ事態を防止する上で必要な規則について定める法律です。1958年(昭和33年)3月10日に公布され、同年の4月1日に施行されました。この銃刀法により、日本では刀剣類を所持することはできません。ただし、「美術品」として認められている日本刀に限り、自分名義の「銃砲刀剣類登録証」(登録証)があれば所持することが可能であり、正当な理由があれば携帯することもできます。日本刀を所持する上で必ず知っておかなければならない「銃砲刀剣類所持等取締法」について詳しく見ていきましょう。

銃砲刀剣類所持等取締法

刀剣の審査

刀剣の審査
公益財団法人日本美術刀剣保存協会(以下:日刀保)は、刀剣を①「特別重要刀剣」②「重要刀剣」③「特別保存刀剣」④「保存刀剣」の4段階にランクを設定して審査し、鑑定を行っています。また、特別重要刀剣、重要刀剣、特別保存刀剣、保存刀剣の4段階に評価された刀剣には、鑑定書が発行され、これは優れた刀剣であることを示す物です。「刀剣の審査」について、手順や注意点をご説明します。

刀剣の審査

日本刀の販売

日本刀の販売
日本刀が購入できるお店として、店舗やWEBのお店、フリマアプリのお店など、たくさんの販売店が存在します。そこで、気を付けたいのが、本物の刀を扱っているお店なのかどうかということ。残念ながら、本物の日本刀ではない偽物を販売されたり、粗悪品を高額で販売されたりと、被害に遭っている人が少なくはないのです。本物の刀を購入するために、どのようなお店を選ぶと良いのか、詳しくご紹介します。

日本刀の販売

日本刀の相続・名義変更

日本刀の相続・名義変更
日本人の誇るべき文化を今に伝える日本刀は、史料としてだけでなく、資産としても大変な価値があるもの。親が遺した蔵や倉庫を整理していて思いがけず発見したり、相続で受け継いだりした場合には、まず何を行なえば良いのでしょうか。日本刀の保管や相続の方法が分からず、うっかり放置して法律違反にならないためにも、発見や相続によって手に入れた日本刀の扱い方について解説します。

日本刀の相続・名義変更

日本刀のオークション

日本刀のオークション
日本刀を入手したり、手放そうと思ったりした際、刀剣商で買い取りや売却を行うのが一般的。しかし、なかにはオークションでの購入や売却を考える人が増えてきています。その場合、どこで日本刀オークションが開催されるのか、ネットオークションは信用できるものなのかなど、疑問に思う人もいるでしょう。ここでは、日本刀のオークションについて解説します。さらに、オークションを運営する「カーム株式会社」(愛知県名古屋市)にインタビューを行い、日本刀のオークションがどのようなものなのか、流れやその様子を伺いました。

日本刀のオークション

銃砲刀剣類登録証を提出

銃砲刀剣類登録証を提出
刀剣・日本刀を譲渡・相続する場合や、新たに購入した際には教育委員会が発行する「銃砲刀剣類登録証」が必須となります。譲渡や相続・新規に購入する場合は、登録証に記載されている教育委員会に名義変更届けを提出することが必要です。

銃砲刀剣類登録証を提出

古物商とは

古物商とは
「古物商」は、「古物営業法」に定められた「古物」の買取・販売、交換、レンタルを商売として行なう業者・個人のことです。この古物営業を行なうには、「古物商許可証」が必要となります。「日本刀」を専門に取り扱う「刀剣商」(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)も古物商です。 古物商とは、具体的にはどのような店舗で、どんな種類があるのでしょうか。古物商に欠かせない資格の申請・許可の流れも含めて見ていきましょう。また、日本刀を売却・購入するときに、古物商の中でも特に刀剣商(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)を利用するべき理由についても解説していきます。

古物商とは

刀剣商(刀屋)とは

刀剣商(刀屋)とは
自身の好みに合う日本刀を手に入れるのは、刀剣に興味を持つ人ならば誰しも思うこと。けれど刀剣初心者の場合、「いざ購入しよう」となったとしてもどんな風に選べばいいのか分かりません。あるいは、家に代々伝わる日本刀などの売却を考えている場合なども買取方法が分からなくて困ることがあります。 そんなときどこに相談するのが1番良いかと言えば、日本刀を専門に扱う「刀屋」がおすすめです。刀屋でしたら安心して販売や買取を任せることができます。では、刀屋では具体的にどのように刀剣販売・刀剣買取を行っているのかを解説していきましょう。

刀剣商(刀屋)とは

刀剣の正しい運搬方法

刀剣の正しい運搬方法
本来、日本では刀剣類を所持することは「銃砲刀剣類所持等取締法」で禁止されています。ただし、自分名義の「銃砲刀剣類登録証」があれば「美術品」として認められ、所持することが可能になり、正当な理由があれば携帯することも可能です。なお、この登録証付きの日本刀は、持ち運ぶ際にも注意事項がありますので、正しく理解し安全に持ち運びましょう。

刀剣の正しい運搬方法

注目ワード
注目ワード