安土桃山時代

清洲会議

文字サイズ

「清洲会議/清須会議」(きよすかいぎ)は、「明智光秀」が起こした「本能寺の変」によって、自害した「織田信長」の後継者を決めるために開かれた会議です。代表的な出席者は、「柴田勝家」や「丹羽長秀」(にわながひで)、「池田恒興」(いけだつねおき)、そして「羽柴秀吉」(のちの豊臣秀吉)の4人が挙げられます。「会議」と言えば聞こえは良いですが、この清洲会議をきっかけに新たな対立が生じ、のちに激烈な戦へと発展していったのです。今回は、清洲会議の内容や、そののちに起こった戦いについても解説します。

清洲会議が開かれた理由

本能寺の変で後継者が不在に

織田信長

織田信長

1582年(天正10年)6月2日、織田信長の家臣・明智光秀の謀反によって起こった本能寺の変において、織田信長が自刃し、非業の死を遂げました。これにより、明智光秀が実質的な天下人となりましたが、中国地方に侵攻中であった羽柴秀吉が踵(きびす)を返して京都に戻り、「弔い合戦」とも言える「山崎の戦い」(やまざきのたたかい)を仕掛けます。そして、同合戦で明智光秀は、わずか10日ほどで倒されてしまったのです。

この山崎の戦いには、明智光秀と同様に、織田信長の重臣であった丹羽長秀や池田恒興も参加。その一方で、「織田家」の筆頭家老だった柴田勝家は北陸地方を攻略中であったため、京都で起きた同合戦には参加しませんでした。

本能寺の変では、織田信長の嫡男「織田信忠」(おだのぶただ)も、自害に追い込まれます。そのため、棟梁(とうりょう)を失った織田家は、天下統一への道のさなか、早急に織田信長の後継者を決めることになったのです。

後継者候補の3人とは

清洲城

清洲城

1582年(天正10年)6月27日、「清洲城」(愛知県清須市)で、柴田勝家を中心とした織田家の家臣達が集まり、後継者を決めるための会議を開催。戦国時代において、戦をせずに後継者を決めようとする試みは、非常に珍しいことでした。

後世で「清洲会議」と称されるこの会議で、織田信長の後継者候補に選出されたのは、「織田信雄」(おだのぶかつ)と「織田信孝」(おだのぶたか)、「織田秀信」(おだひでのぶ)の3人。

織田信雄は、織田信長と側室「生駒吉乃」(いこまきつの/よしの)との間に生まれた次男です。本能寺の変が起きた際に、明智光秀を討とうとした織田信雄でしたが、羽柴秀吉に先を越されたため、自軍を撤退させたという経緯がありました。

そして「織田信孝」は、織田信長と側室「華屋院」(かおくいん)との間に生まれた三男で、山崎の戦いで活躍。織田信雄と織田信孝は、自分こそが織田信長の後継者にふさわしいということを互いに主張していましたが、清洲会議では離席させられていました。

さらには、織田信忠の息子であった織田秀信は、この当時わずか3歳。幼名である「三法師」(さんぼうし)を名乗っており、本能寺の変で亡くなった織田信忠の嫡男、すなわち織田信長の嫡孫であったことから、後継者争いに巻き込まれることになったのです。

4人の重臣、それぞれの意見とは

柴田勝家

柴田勝家

柴田勝家

柴田勝家はもともと、織田信長の父「織田信秀」(おだのぶひで)の家臣を務めていた戦国武将。織田信秀の没後は、織田信長の弟「織田信行」(おだのぶゆき)の家老となりました。

しかし、織田家の跡目争いにおいて、織田信長が勝利したことから、織田信行に見切りを付け、織田信長に家臣として仕えるようになったのです。

多くの戦で活躍した柴田勝家は、筆頭家老にまで昇り詰め、清洲会議では、自身が烏帽子親(えぼしおや:元服の際に立てる儀礼上の親)となった、織田信孝を後継者に推しました。

丹羽長秀

丹羽長秀

丹羽長秀

織田信長に長年仕えた丹羽長秀は、織田信長から「長秀は友であり、兄弟」と評されるほど、信頼を得ていました。また、丹羽長秀の長男「丹羽長重」(にわながしげ)が、織田信長の娘「報恩院」(ほうおんいん)と結婚しており、織田信長と丹羽長秀は、姻戚関係にもあったのです。

柴田勝家に続く二番家老の立場にあった丹羽長秀は、清洲会議では、織田信孝を後継者に推した柴田勝家の意見に同調しています。

池田恒興

池田恒興

池田恒興

織田信長の乳母を務めた「養徳院」(ようとくいん)を母に持つ池田恒興は、織田信長と乳兄弟の関係にありました。

さらには、池田恒興の父親「池田恒利」(いけだつねとし)が亡くなったあと、養徳院は織田信秀の側室になったため、織田信長とは、義兄弟でもあったのです。

このようなことを背景に池田恒興は、長年織田信長に仕えており、清洲会議では、対立する柴田勝家と羽柴秀吉の間で、中立の立場を保ったと伝えられています。

羽柴秀吉(豊臣秀吉)

豊臣秀吉

豊臣秀吉

農民出身の羽柴秀吉は、「今川義元」(いまがわよしもと)の陪臣(ばいしん:家臣の家臣)であった「松下長則」(まつしたながのり)に仕え、松下家を去ったのちに、織田家の家臣となりました。

織田信長に気に入られて出世街道をひた走り、山崎の戦いでは、明智光秀を相手に勝利を収め、主君の仇を討つことに成功したのです。

そんな羽柴秀吉は、清洲会議では幼い三法師(織田秀信)を後継者に推していました。この時、仇討ちを果たした羽柴秀吉の発言力は強大だったと言われています。

清洲会議の結果とその後

織田信長の後継者は三法師(織田秀信)に

清洲会議では最終的に、織田秀信が後継者に選ばれました。当時3歳だったことから、織田信長の側近である「堀秀政」(ほりひでまさ)が、その代官、及び守役となります。

さらに清洲会議では、織田信雄と織田信孝、そして出席した4人を含む家臣団に対する、領地の再配分も決定。その中で柴田勝家は、山崎の戦いに参戦できなかったこともあり、他の3人よりも少ない領地を与えられています。

具体的には、以下のように再配分されました。

  • 柴田勝家:越前国(現在の福井県北東部)、長浜城(滋賀県長浜市)、北近江国(現在の滋賀県長浜市、米原市彦根市)3郡
  • 丹羽長秀:若狭国(現在の福井県西部)、近江国(現在の滋賀県)2郡
  • 池田恒興:摂津国(現在の大阪府北中部、及び兵庫県南東部)3郡
  • 羽柴秀吉:山城国(現在の京都府南部)、河内国(現在の大阪府東部)、丹波国(現在の京都府中部、及び兵庫県北東部)

この再配分により、柴田勝家は12万石、丹羽長秀と池田恒興は15万石、羽柴秀吉は28万石の加増となりました。

そして織田信雄は、尾張国(現在の愛知県西部)、織田信孝は、美濃国(現在の岐阜県南部)を相続。織田信長の存命中は、織田家家臣団の中では、柴田勝家が強い権力を持っていましたが、清須会議を経て、羽柴秀吉が大きな影響力を持つようになったのです。

対立を深める柴田勝家と羽柴秀吉

清洲会議以前から、あまり仲が良くなかった柴田勝家と羽柴秀吉ですが、織田信長の葬儀をきっかけに、さらに対立を深めていきます。1582年(天正10年)10月15日、羽柴秀吉は、織田信長を送る大々的な葬儀を行いました。

その際に柴田勝家は、後継者に選ばれた三法師(織田秀信)ではなく、織田信長の四男であり、羽柴秀吉の養嗣子であった「羽柴秀勝」(はしばひでかつ)が喪主を務めたことに激怒したのです。これは、羽柴秀吉が、織田信長の跡を継ぐのは、織田家の誰でもなく自分だとアピールしたとも言える行為。そのため柴田勝家は、この葬儀をきっかけに、羽柴秀吉に対して敵意を抱くようになりました。

賤ヶ岳の戦いが勃発

1583年(天正11年)、柴田勝家と羽柴秀吉の間で「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)が勃発しました。戦はあまり好まない羽柴秀吉でしたが、最終的に勝利します。

敗れた柴田勝家は、本拠地である「北ノ庄城」(きたのしょうじょう:福井県福井市、別称[福井城])に退却して「北ノ庄城の戦い」に挑みますが、羽柴秀吉の命を受けた堀秀政や「加藤清正」、「前田利家」(まえだとしいえ)らに包囲されたため、城に火を放ち、妻である織田信長の妹「お市の方」(おいちのかた)と共に、自害して果てたのです。

そして、柴田勝家が後ろ盾となっていた織田信孝も、「大御堂寺」(おおみどうじ:愛知県知多郡、通称[野間大坊])にて、自害に追い込まれるという結果となりました。

清洲会議

清洲会議をSNSでシェアする

「安土桃山時代」の記事を読む


小谷城の戦い

小谷城の戦い
「小谷城の戦い」(おだにじょうのたたかい)は、「織田信長」と「浅井長政」(あざいながまさ)の間で起きた戦いです。この戦いは、浅井家が滅亡するきっかけとなっただけでなく、浅井家に援軍を送った朝倉家を滅亡させる原因にもなりました。もともと同盟を結んでいた織田信長と浅井長政がなぜ敵対関係となってしまったのでしょうか。その理由と共に小谷城の戦いについてご紹介します。また、浅井長政の正室だった「お市の方」(おいちのかた)と2人の間に生まれた3人の娘の行く末についても迫っていきましょう。

小谷城の戦い

長篠の戦い

長篠の戦い
1575年(天正3年)4月、織田信長が名実ともに天下人となった、歴史上非常に重要な合戦「長篠の戦い」が起こりました。織田・徳川連合軍が、戦国最強と言われた武田軍を相手に圧勝した戦いです。

長篠の戦い

本能寺の変

本能寺の変
1582年(天正10年)6月2日、日本の歴史上屈指の大事件が発生しました。「本能寺の変」です。明智光秀が13,000人もの大軍を率いて、京都・本能寺に宿泊中の織田信長を急襲。防戦空しく対抗し切れないと悟った信長は、寺に火を放って自害しました。

本能寺の変

山崎の戦い

山崎の戦い
1582年(天正10年)6月2日、「本能寺の変」で命を落とした織田信長。それを知った羽柴秀吉は信長の敵を討つために中国遠征を中断し、約2万の全軍で京を目指しました。そして約10日後の6月13日、摂津国と山崎国の境に位置する山崎において明智光秀と激突。退却を余儀なくされた光秀は、坂本城を目指して落ち延びていましたが、その後、命を落としました。これにより、戦国乱世は終焉へと向かい、秀吉による天下統一への道がスタートすることになったのです。

山崎の戦い

賤ヶ岳の戦い

賤ヶ岳の戦い
1582年(天正10年)6月13日に起こった「山崎の戦い」で、織田信長の仇を討った羽柴秀吉。 「清洲会議」で織田信長の後継者争いをした柴田勝家と徐々に対立が深まっていき、「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)まで発展しました。これに勝利した秀吉は、天下人へと大きく前進したのです。

賤ヶ岳の戦い

小牧・長久手の戦い

小牧・長久手の戦い
「小牧・長久手の戦い」(こまき・ながくてのたたかい)は、1584年(天正12年)3~11月に行なわれた、「羽柴[豊臣]秀吉」陣営と「織田信雄[おだのぶかつ]・徳川家康」陣営の間の戦いです。合戦があったのは、尾張北部、南部、美濃西部、東部、伊勢北部、紀伊、和泉、摂津の各地。北陸や四国、関東でも連動して戦が起こり、戦乱は全国規模となりました。

小牧・長久手の戦い

文禄の役

文禄の役
天下統一を成し遂げた「豊臣秀吉」。貧しい農民から天下人にまで上り詰めた男の目は、日本国内に止まらず、海の向こうに向けられていました。そんな天下人が目を付けたのは明(みん:現在の中華人民共和国)。まずは明の柵封国(明を宗主国とした従属国)だった朝鮮に服属を求めますが、朝鮮は拒否します。これを受けた秀吉は、朝鮮半島への出兵を決断。釜山経由で、西国の大名を中心に編成した大軍を朝鮮半島に送り込んだのでした。これが「文禄の役」です。

文禄の役

四国平定

四国平定
「四国平定」(しこくへいてい)は、1585年(天正13年)6~8月にかけて、四国を舞台として起こった、「羽柴秀吉」(のちの「豊臣秀吉」)と「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)の戦いです。四国を統一したばかりの長宗我部元親でしたが、同合戦により、わずか2ヵ月で土佐国(現在の高知県)のみを残して、その他の国を奪われることとなりました。「土佐の出来人」(とさのできびと)と称された長宗我部元親さえも、羽柴秀吉には敵わなかったのです。四国平定について、経緯とその後について併せてご紹介します。

四国平定

九州平定

九州平定
「織田信長」の死後、関白にまで昇り詰めた「豊臣秀吉」は、日本全国の統一を成し遂げるために動き出します。当時、九州で勢力を強めていた「島津義久」(しまづよしひさ)の台頭を危惧した豊臣秀吉は、1587年(天正15年)九州に出兵し、島津義久ら九州諸将を降伏させました。これが「九州平定」(きゅうしゅうへいてい)です。九州平定の経緯と、この戦いで活躍した武将達について、愛用した日本刀も併せてご紹介します。

九州平定

注目ワード
注目ワード