主な刀剣学者

佐藤寒山

文字サイズ

「佐藤寒山」(さとうかんざん)は、新刀研究における第一人者であり、刀剣界の権威として活躍した人物です。また数々の刀剣に関する著書を刊行し、特に刀剣を批評した著書は刀剣を学ぶ上で非常に参考になることから、刀剣愛好家に欠かせない資料になっています。佐藤寒山とはどのような人物で、どのような著書を執筆したのか。佐藤寒山の経歴と共に佐藤寒山が著した書籍についてご紹介します。

佐藤寒山とは

佐藤寒山の経歴

佐藤寒山

佐藤寒山

「佐藤寒山」は、本名を「佐藤貫一」(さとうかんいち)と言い、刀剣界では知らない人がいない著名な人物です。「寒山」は号で、「貫さん」と呼ばれていたことにちなんで名付けられました。

佐藤寒山は、1907年(明治40年)に山形県鶴岡市大海町(現在の新海町)で誕生。幼少期から学業に秀で、剣道の腕前が優れていたと言います。

若い頃から刀剣に触れていたため自然と刀剣に興味を持つようになり、その優れた観察眼は東京へ出てから刀剣鑑定家「神津伯」(かみつはく)のもとで養いました。

国学院大学を卒業後は中学校の教師に着任し、この頃から刀剣研究を行っていたと言われています。文部省(現在の文部科学省)の国宝調査にかかわった他、戦後は「東京国立博物館」の学芸部刀剣室長や、「日本美術刀剣保存協会」の事務局長、「刀剣博物館」の副館長などを勤めました。刀剣界で名を馳せた理由のひとつにその穏やかな人柄の良さが挙げられることも。刀剣博物館で副館長を務めていた頃は全国から佐藤寒山のファンが訪れて列をなしたと言われています。

佐藤寒山の名著

寒山刀剣教室基礎編

寒山刀剣教室基礎編

寒山刀剣教室基礎編

「寒山刀剣教室基礎編」は、1968年(昭和43年)に発行された著書。本書は、これまでの刀剣研究から得られた知識や古来の説に対する佐藤寒山の意見が対話形式で書き綴られています。

日本で作刀された刀剣が、どのような変化をしてきたのかをはじめ、古刀新刀の見分け方、刀剣の「反り」に関する解説、(なかご:刀身のなかでも[つか]に収める部位)に切られる「」(めい:茎に入れられる、作刀者や所有者の名)などの種類・特徴に関する雑学や豆知識など、刀剣を学んだり、鑑賞をしたりする上で知っていると役に立つ様々な情報を掲載。

なお、本書のなかで佐藤寒山と対話をしているのは、刀剣に興味を持ってまだ日が浅いと推測される「A」と呼ばれる人物です。Aから刀剣に関する様々な質問を受けた佐藤寒山が、分かりやすく解説すると言うのが本書の特色となっているため、刀剣を深く知りたいビギナーの方に特におすすめしたい1冊となっています。

寒山小論文集

寒山小論文集

寒山小論文集

「寒山小論文集」は、佐藤寒山が書いた論文のうち、31編の論文を佐藤寒山自らが選出して掲載した小論文集。

本書には、古墳時代に作刀されていた「蕨手刀」(わらびてとう)に関する研究のほか、「源頼朝」や「平清盛」をはじめとする武士と刀剣の関係に関する小論文、「受領名」が入れられた銘の謎に関する考察、また「妖刀」の異名で知られる「村正」に関する研究など、刀剣界だけではなくアニメや漫画で目にする機会が多い著名な武士・刀工の諸説が掲載されています。

刀剣に関する謎を、歴史的な背景から追究した小論文が多くまとめられているため、深く刀剣の知識を知りたい人はもちろんのこと、アニメ・漫画から刀剣界に興味を持ったビギナーの方にもおすすめできる1冊です。

日本名刀100選

日本名刀100選

日本名刀100選

「日本名刀100選」は、現存する日本刀のなかから佐藤寒山が100振を選出し、解説した刀剣解説書。「1刀工につき1振」と言うルールのもと選出されていますが、「五郎入道正宗」だけは2振の刀が選ばれています。

同時期に発行されていた刀剣解説書の多くが「刀そのもの」に焦点を当てて書かれているのに対して、本書はその名刀の作刀者である「刀工」に焦点を当てて解説しているのが特徴です。

上古刀を除いて、平安時代から幕末時代までに活躍した刀工とその作にまつわる逸話を、年代順に掲載しているため、日本刀剣史としても優れた1冊となっています。

刀剣のすべて

刀剣のすべて

刀剣のすべて

「刀剣のすべて」は、刀剣鑑定家である佐藤寒山が刀剣を鑑定したり鑑賞したりする上で、身に付けておくべき刀剣の歴史や基礎知識を著した「刀剣教科書」とも呼ぶべき1冊です。

本書は、日本刀が出現するまでの歴史や、奈良時代以前に存在した刀剣の種類をはじめ、(こしらえ)の変化、時代ごとに活躍していた刀工・刀工一派に見られる作風の特徴、刀剣に施された彫刻や装飾の変遷、刀剣の「研ぎ」の歴史や道具・工程に関する研究、刀剣を鑑賞する上で大切なポイント解説など、これから本格的に日本刀を学ぶビギナー必読の内容となっています。

なお、本書の終盤には「刀剣用語解説」も収録。刀剣の特徴で不明な点がある場合は、本書を参考にするとより深く理解することができます。

後鳥羽院番鍛冶考全

後鳥羽院番鍛冶考全

後鳥羽院番鍛冶考全

「後鳥羽院番鍛冶考全」は、1974年(昭和49年)に発行された著書。「後鳥羽上皇」は、鎌倉時代に「新古今和歌集」を編纂したことで知られる人物です。また、刀剣への造詣が深いことでも有名。

自ら刀剣を鍛えており、後鳥羽上皇が鍛えた刀剣はその茎に菊花紋が刻まれたことから「菊御作」(きくごさく)と呼ばれています。

そして、後鳥羽上皇が刀剣の技術向上や武士の士気を高めるために定めたのが「御番鍛冶」(ごばんかじ)です。御番鍛冶とは、山城国(現在の京都府南半部)、備前国(現在の岡山県東部)、備中国(現在の岡山県西部)の名工を御所へ召し寄せ、月番を定めて作刀をさせた制度のこと。御番鍛冶に名を連ねた刀工は、高位や高官の位階が授けられた他、多くの所領を賜ることができたため身分が低い者であっても出世の機会が得られました。

本書は、後鳥羽上皇の経歴や人となりの考察をはじめ、御番鍛冶に関する研究、御番鍛冶に選ばれた名工の特徴、現存する菊御作や御番鍛冶の刀工が作刀した刀などが収録されています。当時、後鳥羽上皇がなぜ御番鍛冶制度を定めたのか、また御番鍛冶制度によって鍛冶技術が向上した理由などが詳しく解説されているため、刀剣への造詣をより深めたい方におすすめの1冊です。

武将とその愛刀

武将とその愛刀

武将とその愛刀

「武将とその愛刀」は、日本で活躍した武将、及び武将達が所有していた刀剣に関する逸話とその特徴を解説した著書。

本書の特徴として挙げられるのは、一般に語り継がれる伝説や講談だけではなく、現存する名刀と、その所有者である武将の歴史的な出来事を結び付けて解説している点。

例えば、三重県伊勢市にある「伊勢神宮」の「神宮徴古館」(じんぐうちょうこかん)、または滋賀県長浜市の「宝厳寺」(ほうごんじ)には、「むかで退治」で知られる「俵藤太」(たわらとうた:[藤原秀郷]、または[俵藤太秀郷]とも呼ばれる)が佩用していたと言う「毛抜形太刀」(けぬきがたたち)が実在しますが、伝承によると、この毛抜形太刀は俵藤太が「竜神」から賜った刀剣と言われています。

毛抜形太刀

毛抜形太刀

本書では、俵藤太が毛抜形太刀を入手した経緯と共に、現存する毛抜形太刀の特徴を解説。そして、佐藤寒山は「この毛抜形太刀が竜神から賜った代物であるかは別として、本太刀が直刀から弓なりの反りが付いた湾刀(わんとう)への過渡期に作刀された刀剣であることは間違いがないため、刀剣史上、最も貴重な資料のひとつと言える」と見解しました。

本書にはこのほかにも、平家の重宝である太刀「小烏丸」(こがらすまる)や、天下に名高い5つの刀剣「天下五剣」(てんがごけん)の「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)や「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)、また戦国時代に活躍していた「上杉謙信」や「武田信玄」、「織田信長」などの愛刀にまつわるエピソードとその解説が多数収録されています。本書に掲載されている名刀はいずれも現存する刀剣なので、本書を読んだあとに実際に展示されている施設などへ足を運ぶのもおすすめです。

佐藤寒山の代表書籍一覧

書籍 日本名刀物語
出版社 河出書房新社

日本名刀物語

書籍 刀剣鑑定手帖
出版社 日本美術刀剣保存協会
刀剣鑑定手帖

刀剣鑑定手帖

書籍 日本の刀剣
出版社 至文堂
日本の刀剣

日本の刀剣

書籍 武将と名刀
出版社 人物往来社
武将と名刀

武将と名刀

書籍 武将とその愛刀
出版社 新人物往来社
武将とその愛刀

武将とその愛刀

書籍 寒山刀話
出版社 東京出版
寒山刀話

寒山刀話

書籍 康継大鑑
出版社 日本美術刀剣保存協会
康継大鑑

康継大鑑

書籍 日本名刀図鑑
出版社 新人物往来社
日本名刀図鑑

日本名刀図鑑

書籍 庄内金工名作集
出版社 日本美術刀剣保存協会
庄内支部
庄内金工名作集

庄内金工名作集

書籍 後鳥羽院番鍛冶考全
出版社 後鳥羽院番鍛冶顕彰
委員会
後鳥羽院番鍛冶考全

後鳥羽院番鍛冶考全

書籍 日本刀は語る
出版社 青雲書院
日本刀は語る

日本刀は語る

書籍 新・日本名刀100選
出版社 秋田書店
新・日本名刀100選

新・日本名刀100選

書籍 刀剣のすべて
出版社 河出書房新社
刀剣のすべて

刀剣のすべて

書籍 甲冑と刀剣
出版社 小学館
甲冑と刀剣

甲冑と刀剣

書籍 寒山小論文集
出版社 寒山小論文集
出版記念刊行会
寒山小論文集

寒山小論文集

書籍 豊前守藤原清人
出版社 日本美術刀剣保存協会
刀匠豊前守藤原清人顕彰碑建設委員会
豊前守藤原清人

豊前守藤原清人

書籍 英文版 刀剣 – The Japanese Sword_A Comprehensive Guide
出版社 講談社インターナショナル
英文版 刀剣 - The Japanese Sword_A Comprehensive Guide

英文版 刀剣 – The Japanese Sword_A Comprehensive Guide

スペーサー画像

佐藤寒山

佐藤寒山をSNSでシェアする

注目ワード
注目ワード