武将が広めた仏教

武士と仏教

文字サイズ

仏界の1尊である「毘沙門天の化身」として知られる「上杉謙信」に見られるように、戦国時代において多くの武将達は仏教を深く信仰し、戦勝を祈願していました。また、「平清盛」や「武田信玄」のように仏道に帰依し、出家をする武将も少なくありません。武士達が仏教を深く信仰するようになったきっかけとなる鎌倉時代と、室町時代の仏教について紹介していきます。

仏教の広まりと武士

日本に仏教が伝来したのは飛鳥時代のことでしたが、当初の仏教は国を守るための宗教として、鎮護国家の役割を担っていました。奈良時代から平安時代には国策として仏教が取り入れられ、朝廷を中心に信仰が広まります。

しかし、海外伝来の知識が含まれている仏教は学術的な側面も持ち合わせていたことから、平安時代の仏教の信者は、ほとんどが貴族階級などの知識層でした。しかし、平安時代後期からは武士が台頭しはじめ、政権が朝廷から武家へ移行すると、これまで貴族中心であった文化が武家にも浸透するようになり、仏教も同様に、これまでの知識層から武家や庶民へ広がっていったのです。

比叡山延暦寺

比叡山延暦寺

平安時代の仏教は、国を守るための役割を持っていたものの、民衆の救済という側面は持ち合わせておらず、なおかつ平安仏教を代表する「比叡山延暦寺」(滋賀県大津市)を総本山とする「天台宗」は、当時の最高学府としての役割も担っていました。

しかし、鎌倉時代に入ると、戦乱によって台頭した新興の武士や庶民の需要に応えて、在世に苦しむ人びとの救済を目的とした新興の宗派が続々と生まれていきます。

浄土宗や浄土真宗、時宗、日蓮宗、臨済宗、曹洞宗などの、いわゆる鎌倉新仏教と呼ばれる宗派が次々と誕生していったのです。

鎌倉武士と禅宗

新しい宗派が次々と生まれていった鎌倉時代、政権を握った武士達から特に信仰を集めていたのが、「臨済宗」と「曹洞宗」をはじめとする、「禅宗」と呼ばれる宗派です。

禅宗は、鎌倉時代に中国から新しく入ってきた2派で、厳しい戒律や豊富な知識も必要としない性格を持っていました。また、禅宗は座禅をすることによって精神統一し、内観して悟りを開くことを目的とすることが特徴の宗派です。

念仏や題目を唱えることで救いが得られるとする「浄土宗」や「日蓮宗」、阿弥陀仏の救済を待つことを説いた「浄土真宗」とは違い、禅宗は自身の力や鍛錬によって悟りの境地にたどり着くことができることから、武士の闘争的で実直な気風に受け入れられたと考えられます。

なお、のちに、「織田信長」や「豊臣秀吉」をはじめとする戦国武将が傾倒した「茶の湯」も、禅の道に通ずるもの。戦乱などによる荒廃から、「平家物語」や「方丈記」に代表される、無常観が注目されるようになり、「侘び寂び」(わびさび)の文化へと繋がっていったのです。

幕府による仏教の保護

鎌倉時代に勃興した新宗教は、平安時代に朝廷との結び付きが強かった、天台宗や「真言宗」、「華厳宗」(けごんしゅう)などの旧仏教から弾圧を受けていました。民衆からの税の取り立て、教えを普及させることの禁止や、新仏教の始祖を流罪にするなどの圧迫を受けたことから、特に旧仏教の影響が大きい京都において新仏教を広めることは困難を極めていたのです。

建仁寺

建仁寺

鎌倉幕府が設立された当初、貴族社会への反骨から、「源頼朝」は武士を中心に据えた幕府体制を組織していました。

幕府が朝廷との結び付きが強い旧仏教を迎合しなかったことから、旧仏教から弾圧を受けていた臨済宗の始祖「栄西」(えいさい)は、鎌倉幕府に庇護を求めたのです。

これにより臨済宗は鎌倉幕府の庇護を受けることになり、源頼朝の妻「北条政子」や、鎌倉幕府2代将軍「源頼家」(みなもとのよりいえ)も臨済宗に帰依。北条政子は「建仁寺」(けんにんじ:京都市東山区)を建立し、栄西の死後は、鎌倉幕府執権となった北条氏により発展を続けていくこととなったのです。

武将と仏教の関係の根幹は、武家政権の樹立から。貴族社会から武家社会に変遷する過渡期となった鎌倉時代は、武士達に仏教の信仰が広まり、のちの戦国武将達が仏教を深く信心する大きなきっかけとなった時代なのです。

五山制度と室町幕府

五山制度とは

五山制度とは、インドの「五精舎」(ごしょうじゃ)から発展した南宋の制度をモデルとした、禅宗の保護と統制のために定められた寺格のこと。また、寺格とは、政府によって認められた寺院の格式のことを指します。五山制度は寺院を格付けして管理をする性格を持っていたことから、広がり勢いを増す禅宗の寺院を、幕府の任命によって統制することを目的として制定されました。

1299年(正安元年)、鎌倉時代後期の執権「北条貞時」(ほうじょうさだとき)により、「浄智寺」(じょうちじ:神奈川県鎌倉市)がこの五山に認められたことから「鎌倉五山」が制定。鎌倉五山は上から順に、「建長寺」(けんちょうじ:神奈川県鎌倉市)、「円覚寺」(えんがくじ:神奈川県鎌倉市)、「寿福寺」(じゅふくじ:神奈川県鎌倉市)、浄智寺、「浄妙寺」(じょうみょうじ:神奈川県鎌倉市)の5つが選出されました。

そののち、鎌倉幕府が打倒され、「建武の新政」が成立すると、政治の中心が鎌倉から京都に移行し、仏教の中心となる寺院も京都へ移っていきました。

室町幕府初代将軍「足利尊氏」(あしかがたかうじ)と3代将軍「足利義満」(あしかがよしみつ)により、「天龍寺」(てんりゅうじ:京都市右京区)、「相国寺」(しょうこくじ:京都市上京区)、建仁寺、「東福寺」(とうふくじ:京都市東山区)、「万寿寺」(まんじゅじ:京都市東山区)が「京都五山」に制定。

なお、足利義満は「南禅寺」(なんぜんじ:京都市左京区)を別格として、最上位の寺格に固定することで、京都五山と鎌倉五山を統制し、「五山十刹」(ござんじゅっさつ)と制度を定めました。

室町武士と仏教

室町時代の武士は、鎌倉時代に引き続き、幕府が臨済宗を保護していたことから、多くの上流武士や大名が禅僧を招き、各地に禅寺を建立。臨済宗で禅の心を学んでいたと言います。

平安時代のように仏教が知識層のためのものであることはなくなりましたが、寺院が当時の最高学府で、僧侶が多くの知識を持っていたことには変わりがありませんでした。そのため、武将や大名は兵法や言語学、文学、医学、算術、哲学などの幅広い学問を寺院の僧侶に学び、寺院は武将や大名達の教師として結び付き、その地位を確立させていったのです。

織田信長

織田信長

なお、もうひとつの禅宗である曹洞宗やその他の鎌倉仏教は、下級武士や庶民達の間で広がりを見せていました。

天台宗や浄土真宗などは領主として次第に力を付けていったことから寺社勢力と呼ばれ、一部が武装化。

中小寺院を恫喝して上納金を納めさせるなどの暴挙を繰り返すようになりました。

この風潮が変化したのは、戦国時代の織田信長による「比叡山焼き討ち」から。こののち、豊臣秀吉や「徳川家康」などの天下人も宗教戦争を起こし、寺社勢力とぶつかりましたが、戦国武将達は宗教が武力や富、政治勢力を持つことを嫌ったためだったとされます。

武士と仏教

武士と仏教をSNSでシェアする

注目ワード
注目ワード