戦国武将と寺

戦国武将を育てた寺の教育

文字サイズ

戦国時代、武将達は良き統治者となるため、幼少の頃より多くの学問を学び、英才教育を施されていました。そのため武将達には教育係が付けられましたが、戦国時代には民間に教育が普及していなかったため、武将達が師事するのは、当時の知識層であった寺院の僧侶だったのです。戦国時代に武将達がどのような教育を受けていたのか、教育機関としての寺社の役割、寺社で英才教育を施された武将達をご紹介します。

戦国時代の教育

戦国武将の英才教育

身分の高い武家に生まれた戦国武将は、幼少時より戦国乱世において生き残り、良い統治者となるために英才教育を受けることが一般的。武将達は武技や戦術訓練のみならず、家の格を示す指標ともなる、教養や作法を身に付けることが重要とされ、幼少時より研鑽を積むこととなっていたのです。

その内容は、言語学や文学、算術、医術、論理学、法律、哲学などの幅広い学問。彼らが勉強したとされるものは、仏教哲学である「般若心経」や「観音経」、一般常識の教科書となる「庭訓往来」(ていきんおうらい)、法律書となる「貞永式目」(じょうえいしきもく)などに加え、儒教の経書である「四書五経」(ししょごきょう)や「六韜三略」(りくとうさんりゃく)と呼ばれる兵法書、また「源氏物語」や「万葉集」などの教養を深めるものなど、幼少時より幅広い分野において英才教育を施されていたのです。

このように、戦国時代の武将は多くの学問に精通していなければいけなかったことから、多くの物事を学べる場、教師として白羽の矢が立ったのが、当時の知識階級であった寺院とその僧侶でした。教育が普及していなかった当時、舶来の知識を持つ僧侶は、衆生の悩みを解決するだけでなく、武将や大名の「教師」や「相談役」としての側面を持っていたのです。

戦国時代の寺院の役割

比叡山延暦寺

比叡山延暦寺

現在でこそ大きな権力を持たない寺社勢力ですが、戦国時代の寺社は政権の後ろ盾もあり、莫大な権力を保持。

戦国武将達は寺社勢力と対立し戦うこともありましたが、基本的には領国運営のために民間に大きな影響力を持った寺社を保護していました。

また、寺社は聖域であるとされ、「不入の権」(ふにゅうのけん)という現在で言う治外法権に近い権利を持ち、独特な権勢を誇っていたのです。

そして、僧侶には舶来の学識があり、修行に際して多くの学問を学ぶため、寺社には知識と技術力がありました。このため、当時の寺院は武将達の教育に理想的な教育機関だったのです。「織田信長」や「伊達政宗」など多くの戦国武将が、教育係としてへ招聘された僧侶に学び、仏教哲学が戦国武将達の思想に大きな影響を与えました。

寺院で養育された戦国武将

領国を持つ大名家となれば、一般的に武将の教育係として僧侶が招聘されましたが、「源義経」や「上杉謙信」のように、幼少時に寺院で養育された戦国武将もいます。これは、寺社が当時の学校の役割を果たしていたことに加え、仏門に下ることで俗世から離れることとなるため、嫡男ではない子息を寺社に預け、跡目争いを避ける目的もあったのです。

寺社で養育された武将達が、どのような目的で、どのような教えを受けたのか見ていきましょう。

源義経

源義経

源義経

清和源氏の棟梁「源義朝」(みなもとのよしとも)の九男に生まれた源義経は、7歳で「平治の乱」により平安京を追われ、平家一門に反旗を翻すことがないよう、反乱の芽を摘む意図で、「鞍馬寺」(くらまでら:京都市左京区)に預けられました。

源義経は鞍馬寺において学問に励み、学問僧として大きく期待を寄せられましたが、自らの出生を知り、平家打倒へ乗り出すこととなったのです。

戦術の極意が書かれた中国の兵法書である六韜三略を読破していた源義経は、天才的な戦術家として「源平合戦」に勝利。平家を滅亡させた立役者となったのです。

上杉謙信

上杉謙信

上杉謙信

「戦の天才」や「義の人」として知られる上杉謙信は、越後国(現在の新潟県)の守護代「長尾為景」(ながおためかげ)の四男として誕生。

長男が家督を継ぐと跡目争いを避けるため、7歳で禅宗である曹洞宗の寺院「林泉寺」(りんせんじ:新潟県上越市)へと預けられ、生涯の師となる6代住職「天室光育」(てんしつこういく)と、7代住職「益翁宗謙」(やくおうそうけん)から学びました。

上杉謙信は、林泉寺において主に「只管打座」(しかんたざ)という、打算的な心や私利私欲を捨てることを目的とした修行を行います。また禅だけでなく、兵学を含むその他の学問も学んだとされ、勉学以外の時間では城郭の模型を作って遊ぶなどしていました。

この経験が還俗(げんぞく:僧が僧籍を離れて、俗人にかえること)して武将となったあとも、上杉謙信の思想に大きな影響を与え、天才的な戦術家と称されると共に、義に生きる武将とさせたのです。

石田三成

石田三成

石田三成

近江国(現在の滋賀県)の武将「石田正継」(いしだまさつぐ)の次男として誕生した「石田三成」は、継嗣ではない男子は寺に入るか養子に出ることが多かった当時の慣習にならい、学問を学び研鑽を積むために、「観音寺」(かんのんじ:滋賀県米原市)へ預けられました。

石田三成は、ゆくゆくは出家して僧となる予定でしたが、「豊臣秀吉」が鷹狩りの途中で休憩のために観音寺へ立ち寄った際、細やかな心遣いと才覚を豊臣秀吉に対して発揮。豊臣秀吉は石田三成に才能を見出し、家臣として取り立てました。

石田三成は後世、戦術に関しては才能がなく、戦下手だったと評されています。しかし、寺院で多くの学問を修めた石田三成は、政治や算術、文芸に遺憾なく才能を発揮し、のちの豊臣政権では五奉行としてその政治を支えました。

今川義元

今川義元

今川義元

今川義元」は、駿河国(現在の静岡県)及び遠江国(現在の静岡県)の守護大名「今川氏親」(いまがわうじちか)の三男として誕生。

跡目争いを避けるため、4歳の頃に禅宗である臨済宗の僧侶「太原雪斎」(たいげんせっさい)に預けられ、「建仁寺」(けんにんじ:京都市東山区)や「妙心寺」(みょうしんじ:京都市右京区)で修行し、得度(とくど:出家して受戒すること)します。

この2つの寺で学識も深めた今川義元は、一度は僧侶となったものの今川家当主、及び継嗣が相次いで亡くなったことによって還俗し、今川家11代当主となりました。

寺院で学識を深めたことが経済政策や外交、軍事政策にも影響を及ぼし、優れた領国運営を展開。「桶狭間の戦い」で織田信長に討たれるまで、最盛期は駿河国、遠江国、三河国(現在の愛知県東部)の3国を支配する大大名となったのです。

まとめ

戦国時代に教師としての役割を持ち、戦国武将に英才教育を施した寺社は、江戸幕府の成立後、民間の子弟に読み書きを師事するようになりました。これは寺子屋や筆学所と呼ばれ、1872年(明治5年)に学制が敷かれるまで存続。江戸時代中期には、水戸徳川家が開校した「弘道館」(こうどうかん:現在の茨城県水戸市)のように、各藩で藩校と呼ばれる教育機関も整備され、戦国武将を育てた英才教育が、庶民にも浸透するようになっていったのです。

戦国武将を育てた寺の教育

戦国武将を育てた寺の教育をSNSでシェアする

「戦国武将と寺」の記事を読む


武将と寺院のつながり

武将と寺院のつながり
平安時代まで仏教を信仰するのは貴族が中心で、その祈りについても安産祈願や病気平癒といった内容でした。それが鎌倉時代以降、武士社会となっていくなか、武士達の間で仏教を崇拝する人々が増加。そして戦が続くようになった戦国乱世の時代では、社寺への戦勝祈願や、戦の守護神として念持仏(ねんじぶつ)を持つことが当たり前になっていきます。さらに武将達は、自身の躍進や先祖の霊を弔うため菩提寺の建立や、領民達のために寺院再興を行うようになりました。武将達とつながりのある寺院の歴史について追って行きましょう。

武将と寺院のつながり

仏教に由来する戦国武将の名前

仏教に由来する戦国武将の名前
全国でいくつもの争乱が頻発していた戦国時代、現代よりも死が近くあったことで、多くの人が篤く宗教を信仰していました。戦国武将達も例外ではなく、晩年には仏道に帰依し、出家をすることで隠居する武将も多くいたのです。多くの武将が深い信仰を持っていたことが、名前にも反映されることがありました。仏教用語や神様が名前の由来となった戦国武将を紹介します。

仏教に由来する戦国武将の名前

武将が深く信仰した仏像

武将が深く信仰した仏像
戦場を駆ける武将達は、現代にいる私達よりも圧倒的に死に近い場所にいました。合戦を繰り返す武将と、不殺を戒律に掲げる仏教の信仰はなじみのないもののように感じられますが、自らの手で命を奪うことも少なくなかった武将達は、御仏に手を合わせて自らの罪を懺悔していたのです。武将が愛し、信仰した仏像について紹介します。

武将が深く信仰した仏像

注目ワード
注目ワード