徳川家を支えた武将

水戸徳川家

文字サイズ

水戸徳川家は、徳川将軍家の支系である「徳川御三家」のひとつで、常陸国水戸(ひたちのくにみと:現在の茨城県水戸市)を拠点とした大名家です。江戸時代を通して水戸徳川家の歴代当主が、現在の茨城県中部・北部を治める水戸藩の藩主を務めました。家祖の「徳川頼房」(とくがわよりふさ)は、晩年の「徳川家康」と「お万の方」の間に生まれた最後の子で、水戸徳川家の基盤を固めた人物です。
水戸徳川家の石高(こくだか:領地や俸禄などの規模を示す単位)は350,000石で、徳川御三家の中では最も少ない石高。そのため、尾張徳川家、紀州徳川家よりも格下の家格でしたが、ある特異な立場から「副将軍」という渾名が付けられていました。また、水戸徳川家は江戸時代を通して「水戸学」という学問を成立させ、明治維新にも大きな影響を与えることに。学問振興に大きな功績を残し、徳川御三家の地位を確立していった水戸徳川家について見ていきましょう。

水戸徳川家の興り

水戸徳川家の誕生

徳川頼房

徳川頼房

水戸徳川家の家祖である「徳川頼房」(とくがわよりふさ)は、「徳川家康」の十一男として「伏見城」(ふしみじょう:京都市伏見区)で生まれました。

のちに紀州徳川家の家祖となる兄「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)と同様に伏見城から父の隠居城である「駿府城」(すんぷじょう:静岡県静岡市)へ移り、兄弟ともに成長していったのです。

1605年(慶長10年)、徳川頼房は3歳で常陸国下妻(ひたちのくにしもつま:現在の茨城県下妻市)100,000石を与えられ、1609年(慶長14年)には常陸国水戸(ひたちのくにみと:現在の茨城県水戸市)250,000石の領主となります。

しかし当時、兄の徳川頼宣が幼少であったことから、しばらく駿府に留め置かれ、父・徳川家康のもとで育てられたのです。徳川家康の没後もしばらく領地へ移らず、江戸で過ごしていたと言われています。

そして、1619年(元和5年)、徳川頼房は17歳で初めて水戸入りしましたが、わずか2ヵ月の滞在で江戸へ戻ることに。一説によると当時、徳川頼房は次代将軍の「徳川家光」(とくがわいえみつ)と歳が近かったため、徳川家光の学友として江戸に留め置かれていたと言われています。

このようにして水戸徳川家は誕生しましたが、水戸藩成立後も、1625年(寛永2年)まで水戸藩領に赴くことはなく、徳川頼房は青年期を江戸で過ごすこととなったのです。

初代藩主・徳川頼房と3代将軍・徳川家光の関係

水戸城(薬医門)

水戸城(薬医門)

1625年(寛永2年)から1630年(寛永7年)にかけて、初代藩主・徳川頼房は江戸と水戸を行き来し、「水戸城」(茨城県水戸市)の改修や城下町整備に努めました。

ところが、1632年(寛永9年)に大御所(おおごしょ:隠居した前江戸幕府征夷大将軍の尊称)「徳川秀忠」(とくがわひでただ)が亡くなり、3代将軍・徳川家光の親政が始まると、徳川頼房は再び江戸から統治を行うようになります。

1651年(慶安4年)に徳川家光が亡くなるまでの17年間、徳川頼房が水戸城へ入ったのは、わずか3回でした。これは、徳川頼房の養母「英勝院」(えいしょういん)を通じて「そなたには何でも相談したい。そなたのことを本当の兄弟のように思っている」という徳川家光からの書状を受け取っていたからだと考えられます。

徳川頼房は頼れる身内がおらず、将軍として孤独な立場にあった徳川家光に寄り添い、良き相談相手になっていたのです。こうした初代藩主・徳川頼房と将軍・徳川家光の関係を始まりとして、以後、水戸藩主は参勤交代を行わずに江戸に定住する「定府」(じょうふ)となりました。これは、水戸徳川家の特徴として最たるものであり、水戸藩主が通称「副将軍」と呼ばれるようになった由来でもあるのです。

そののち、徳川頼房は江戸から領地経営を行い、城下町や藩法の整備をして藩政の基盤を築いていきました。1641年(寛永18年)には、水戸の領内総検地を実施し、領内支配や財政基盤の確立に尽力。そして、徳川家光が亡くなった10年後の1661年(寛文元年)に、徳川頼房は水戸城で逝去したのです。

歴代藩主が完成させた「水戸学」

初代藩主・徳川頼房のあと、2代藩主「徳川光圀」(とくがわみつくに)によって歴史書「大日本史」の編纂が行われたことで、以後、水戸徳川家は儒学を中心とした学問の研究に注力していくこととなります。

徳川光圀から受け継いだ修史事業が行われていくなかで、水戸藩は様々な分野の編纂著書物を残し、藩独自の「水戸学」を形成していきました。特に、6代藩主「徳川治保」(とくがわはるもり)と7代藩主「徳川斉昭」(とくがわなりあき)は、徳川光圀を手本に学問を好み、後期水戸学の形成に大きく貢献。

こうして、水戸徳川家によって水戸学を継承し続けられた結果、全国に水戸学の思想が広まり、幕末に尊王攘夷思想(そんのうじょういしそう:君主[天皇]を尊び、外敵を斥けようとする思想)の機運が高まることとなりました。

水戸徳川家の著名な人物

水戸藩2代藩主・徳川光圀

徳川光圀

徳川光圀

水戸徳川家と言えば、「水戸黄門」の愛称や「水戸光圀」(みとみつくに)で知られる2代藩主・徳川光圀(とくがわみつくに)の存在です。

TVドラマでお馴染みの台詞「この紋所が目に入らぬか」とともに出される印籠には、水戸徳川家が掲げる「徳川葵紋」(とくがわあおいもん)の家紋が記されています。

さらに、続く台詞では水戸徳川家を象徴する副将軍という言葉も使われていました。

徳川光圀は初代藩主・徳川頼房の三男で、歴代藩主の中でも、特に好奇心旺盛で利発な人物です。大日本史の編纂事業に注力し、水戸藩が掲げた水戸学の基礎を築き上げました。一方で、水戸光圀には酒宴や女遊びを好む遊び好きな面もあったと言われているのです。

水戸藩9代藩主・徳川斉昭

徳川斉昭

徳川斉昭

水戸徳川家で徳川光圀に次いで特徴的な人物が、水戸藩9代藩主・徳川斉昭です。

徳川斉昭は、他の兄弟姉妹達が日本各地の大名、あるいは公家の養子や正室となり縁付いていくなか、幼少期から青少年期を水戸藩上屋敷「小石川邸」(こいしかわてい)にて、部屋住み(へやずみ:家督相続前の嫡男。また、次男以下で親や兄の家に留まっている者)で過ごしました。

その理由は、病弱だった兄「徳川斉脩」(とくがわなりのぶ)に万が一のことがあったり、跡継ぎができなかったりしたときに備えて留め置かれたとされています。そののち徳川斉昭は30歳で藩主となり、遅咲きながら積極的に藩政改革を行いました。

徳川斉昭の藩政の中でも、特に水戸徳川家として象徴的なものが、神仏分離や社寺整理を行った宗教政策や、日本最大規模の藩校である「弘道館」(こうどうかん:茨城県水戸市)の設置をした文教政策です。これらの政策は「天保の改革」(てんぽうのかいかく)と呼ばれ、幕府や諸藩に大きな影響を与え尊王攘夷の思想的な基盤となりました。

この改革が及ぼした影響は全国的に広まり、保守派と改革派が対立することとなったため、1844年(弘化元年)に徳川斉昭は、江戸幕府より蟄居(ちっきょ:江戸時代、武士に科した刑罰のひとつ。自宅や一定の場所に閉じ込めて謹慎させたもの)謹慎を命じられてしまうことに。

しかし、徳川斉昭は長男「徳川慶篤」(とくがわよしあつ)に家督を譲った隠居後も、1850年(嘉永3年)に徳川斉昭を支持する水戸藩士による、徳川斉昭復権運動が起こったために謹慎を解かれ復権。1856年(安政3年)には、ペリー来航に伴い、江戸幕府の海防参与(かいぼうさんよ:江戸幕府の海防における相談役職)に命じられています。

また、徳川斉昭は15代将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)の実父であり、徳川慶喜を非常に厳しく育てたことでも有名です。2代藩主・徳川光圀の教育方針を活かし、徳川慶喜を江戸へ出さず水戸で養育しました。学問を嫌う徳川慶喜を座敷牢に閉じ込めて教育していたと言われているのです。

水戸徳川家

水戸徳川家をSNSでシェアする

「徳川家を支えた武将」の記事を読む


徳川御三家

徳川御三家
「徳川御三家」とは「尾張徳川家」、「紀州徳川家」、「水戸徳川家」の3家のこと。江戸時代、全国に存在した藩は300以上。そのなかでも徳川将軍家に次ぐ地位を持っていたのが徳川御三家です。徳川御三家の基礎知識と共に、3家にゆかりのある名刀をご紹介します。

徳川御三家

徳川御三卿

徳川御三卿
「徳川御三卿」とは、徳川将軍家から分立した3家「田安徳川家」、「一橋徳川家」、「清水徳川家」のこと。江戸時代に300以上あった藩のなかでも最高位に位置付けられていた「徳川御三家」と似た役割を持っていながらも、徳川御三家とは異なる特徴がありました。徳川御三卿の特徴や徳川御三家との違い、ゆかりのある名刀をご紹介します。

徳川御三卿

徳川四天王

徳川四天王
「徳川四天王」とは「徳川家康」に仕え、最も重用された4名の戦国武将のことを指します。彼ら徳川四天王は、徳川家康が若く、人質であった頃から支え、生涯に亘って忠義を尽くしました。江戸幕府の開設には、彼ら四天王の支えが必要不可欠だったと言われ、現在でもその名は広く知られています。

徳川四天王

徳川十六神将

徳川十六神将
「徳川十六神将」(とくがわじゅうろくしんしょう)とは、徳川家康が三河国(現在の愛知県東部)の1大名であった頃から忠義深く仕え、江戸幕府の開設に力を尽くした家臣達のことを言います。この16名は特に武勇で名を馳せ、黎明期の徳川家康を力強く支えました。

徳川十六神将

徳川二十八神将

徳川二十八神将
「徳川二十八神将」(とくがわにじゅうはちしんしょう)とは、「徳川家康」に仕え、江戸幕府の設立に大きな貢献をした、28名の功臣のこと。この28名は、栃木県日光市にある「日光東照宮」において、徳川家康と共に配祀(はいし:同じ神社の中に主祭神以外の神を祭ること)され、信仰を集めています。

徳川二十八神将

注目ワード
注目ワード