明治20年代生まれの刀剣小説家

白井喬二

文字サイズ

長編『富士に立つ影』で一躍有名になった白井喬二(しらいきょうじ)。芥川龍之介にも賞賛されたその想像力で日本の伝奇小説を大きく発展させました。その刀剣観も独特のものでした。

築城家の対決

富士に立つ影

富士に立つ影

白井喬二は、代表作となった長編小説『富士に立つ影』(1924~1927年『報知新聞』連載)で、江戸から明治の時代にかけ、築城家の親子三代にわたる対決を描きました。レフ・トルストイの長編小説『戦争と平和』を意識したと述べています。

主人公・熊木公太郎とライバル・佐藤兵之助は、築城の腕前だけでなく、剣術でも争いました。

作品連載中、「剣劇」を創始したとされる新国劇の創設者・沢田正二郎主演で舞台化されています。

さアこうなると、刀が勝つか巧みが勝つか、俄かに判ずる事の出来ない難試合となったが、しかし兵之助の智略は恐らく公太郎の弱みを突いて結局は討果すのではあるまいか。見ていると兵之助は忽ち次ぎの策略を考え付いた物と見え、又もや切先を立て直してジリジリと接近して来た。今度は寄り身の突きに出るらしく、刀身は毛切虫の髭の如く敏感なる気概を発しながら攻防七三の備えを見せて進んで行く。
アア公太郎はこの俊敏なる突きの一手をもあの下げ刀で払うツモリであろうか。

『富士に立つ影』より

芥川龍之介が賞賛した空想力

雑誌社勤務などを経て作家となった白井は、新人のとき、芥川龍之介にその空想力を賞賛されます。築城術対決の他、兵学対決、変術と呼称した忍術対決など、独自の物語設定を好みました。

『富士に立つ影』と同時期に執筆し、「新講談」と付けた『新撰組』(1924~1925年『サンデー毎日』連載)では、新撰組を物語の時代背景として登場させたうえで、独楽(こま)職人の腕前対決を中心に描きました。

愛刀は日置光平 ~剣客・阿地川盤嶽~

盤嶽の一生

盤嶽の一生

白井は、『盤嶽の一生』(1932~1951年『オール讀物』他断続連載)で、本格的に剣士像を描きます。作品連載中、大河内伝次郎主演で映画化されています。

主人公の浪人・阿地川磐三(盤嶽)は、武州の一刀流の使い手・大垣周次郎に学びました。愛刀は、近江国出身の刀工・日置光平(へきみつひら)の物です。

磐三は、日置光平の一刀を持っていた。刀身二尺八寸、製は鋼造だが、いい刀であった。これは、周次郎から貰ったのだと言っていた。磐三が、この刀を愛していたことは、人に向かって「われわれ二人――」と言って、複数を用い、刀をも、一人前に数えていたので分る。

『盤嶽の一生』より

『盤嶽の一生』が執筆された頃は、昭和恐慌による就職難の時期でもありました。そんな時代を投影し、世の中の不条理に振り回されながらも真実を探し求める盤嶽は、刀を抜くことがめったにありませんでした。

日本刀と一心同体ではあるもののそれを抜かない盤嶽は、作品中で以下のように表現されました。

でも、変人ではなかった。
といっても凡人でもなかった。
無論、偉人でもない。――
では、何か?
(中略)「阿地川は繭のような男だ――」とある。

『盤嶽の一生』より

斬るな剣

その後も白井は『斬るな剣』(1933年『日曜報知』初出)を発表。主人公の宗方兄弟は、父の遺言で刀を一度しか抜いてはいけないものの、兄弟が世話になった博徒がのちに父の敵であることが分かり、苦悩します。

白井にとって日本刀は、不条理と隣り合わせの存在でした。

著者名:三宅顕人

白井喬二

白井喬二をSNSでシェアする

「明治20年代生まれの刀剣小説家」の記事を読む


土師清二

土師清二
『砂絵呪縛』でその名を残す土師清二(はじせいじ)。歌舞伎の時代小説化で小説家としてのキャリアを始めた土師は、傾奇者や隠密・浪人など武士道をはみ出す日本刀の世界を描きました。

土師清二

国枝史郎

国枝史郎
『八ヶ嶽の魔神』を含む三大伝奇長編を遺した国枝史郎(くにえだしろう)。日本の伝奇小説を大きく発展させたひとりです。そんな国枝は、江戸時代の2大流派に注目し、その剣技を出版された伝奇小説の中に巧みに取り入れました。

国枝史郎

直木三十五

直木三十五
『日本剣豪列伝』が遺稿となった直木三十五(なおきさんじゅうご)。その名は現在直木賞として知られます。初恋は劇場で観た女剣舞師と記した直木は生涯に亘って剣を描きました。

直木三十五

吉川英治

吉川英治
長編『宮本武蔵』でその名が知られる吉川英治(よしかわえいじ)。当初伝奇小説で人気を博していた吉川の想像力は『宮本武蔵』にも流れ込んでいます。伝奇小説が歴史小説とみなされていくその広がりには当時の時代背景が大きく影響しています。

吉川英治

子母澤寛

子母澤寛
『新選組遺聞』を含む新選組三部作を遺した子母澤寛(しもざわかん)。その後、多くの新選組小説を生みだしていく端緒となった子母澤は、幕末に生きた実在の剣客に関心を寄せ続けました。

子母澤寛

佐々木味津三

佐々木味津三
『旗本退屈男』でその名を残す佐々木味津三(ささきみつぞう)。純文学から大衆文学へ移行してきた佐々木は、当時人気を博していた『半七捕物帳』と『丹下左膳』の時代小説を巧みに換骨奪胎しました。それは当時の時代小説の人気ぶりを教えてくれます。

佐々木味津三

三上於菟吉

三上於菟吉
『雪之丞変化』でその名を残す三上於菟吉(みかみおときち)。翻訳・現代物から髷物へ移行し人気を博した三上は、時代小説の幅を大きく広げました。そこには日本刀を用いない試みがなされています。

三上於菟吉

注目ワード
注目ワード