明治元年~10年代生まれの刀剣小説家

中里介山

文字サイズ

未完の長編『大菩薩峠』を生涯執筆し続けた中里介山(なかざとかいざん)。『大菩薩峠』はその後、多くの剣豪小説を生みだしていくことになる原典です。出版されたこの歴史小説には、多数在銘の刀剣・日本刀も登場します。

未完の大著『大菩薩峠』

大菩薩峠

大菩薩峠

中里介山は、都新聞社に勤務時代、『大菩薩峠』(1913~1941年『都新聞』他断続連載)を執筆します。

大正時代の『南総里見八犬伝』や東洋の『レ・ミゼラブル』を目指したと言い、新聞社退社後も他紙で断続的に連載は続けられましたが、介山の死によって途絶えた未完の大著となっています。

「音無しの構え」を持つ甲賀一刀流の剣客

介山は、『大菩薩峠』には主人公はいないとしていましたが、「音無しの構え」を持つ剣客・机竜之介が中心人物です。

沢井道場音無しの勝負というのは、ここの若先生、すなわち机竜之助が一流の剣術ぶりを、そのころ剣客仲間の呼慣わしで、竹刀にあれ木剣にあれ、一足一刀の青眼に構えたまま、我が刀に相手の刀をちっとも触らせず、二寸三寸と離れて、敵の出る頭、出る頭を、或いは打ち、或いは突く、自流他流と敵の強弱に拘らず、机竜之助が相手に向う筆法はいつでもこれで、一試合のうち一度も竹刀の音を立てさせないで終ることもあります。

机竜之助の音無しの太刀先に向っては、いずれの剣客も手古摺(てこず)らぬはない、竜之助はこれによって負けたことは一度もないのであります。

『大菩薩峠』より

幕末を舞台にした物語は竜之介が大菩薩峠で辻斬りをする場面から始まります。竜之介は、甲賀一刀流の道場で学ぶも、その粗暴な性格から破門に。その後、父の営む沢井道場で働きますが、関東の武芸者達の集まる武蔵御嶽神社の奉納試合で、かつての同門を斬り倒し、追われる身となります。

しかし敵討ちの追手とは対峙せず、新撰組の母体となった浪士組から分離した新徴組と交流し、剣客・島田虎之助を襲い、尊王攘夷派の集団・天誅組にも参加。ただ無軌道に生き、視力も失ってしまいます。

影響を与えていく虚無で非情な剣客像

眠狂四郎無頼控

眠狂四郎無頼控

介山が生みだした、虚無にとりつかれた非情な剣客像は、演劇・映画・小説の世界に広がっていきます。

「剣劇」を創始したとされる新国劇の創設者・沢田正二郎がこの作品を舞台化。沢田は竜之介を「もっとも好きな役」と述べています。

守田勘弥(13代目)が主演した帝国劇場版では、音無しの構えの型を高野弘正(一刀流中西派)が付けます。最初の映画化では、新国劇出身の大河内伝次郎が主演しました。小説では、林不忘の『丹下左膳』・柴田錬三郎の『眠狂四郎』など、多くの作家が同系統の剣客を登場させていくことになります。

家宝は粟田口吉光・愛刀は武蔵太郎安国

『大菩薩峠』には、多くの刀剣・日本刀が登場します。

机家の家宝は、山城国の刀工・粟田口吉光(通称・藤四郎)の短刀です。竜之介の愛刀は大村加卜(おおむらかぼく:『刀剣秘宝』・『日本刀鍛法秘書』の著者)の弟子で武州出身の刀工・武蔵太郎安国の物です。出羽国の刀工・月山などの刀剣・日本刀も譲り受けます。

竜之介と薩摩藩藩士の剣客・田中新兵衛との斬り合いの場面では、薩摩国の刀工・主水正正清(もんどのしょうまさきよ)その人も登場しました。

日本武術を体系化

日本武術神妙記

日本武術神妙記

介山は、小説だけでなく歴史書『日本武術神妙記』(1933年)・『続・日本武術神妙記』(1935年)も執筆。日本武術の名人の逸話を収集しました。

大家に、上泉信綱(かみいずみのぶつな:新陰流)と柳生宗矩(やぎゅうむねのり:柳生新陰流)。名人に、塚原卜伝(つかはらぼくでん:鹿島新當流)。上手に、小野忠明(小野派一刀流)と宮本武蔵(二天一流)を据え、体系化を行ないました。

刀剣・日本刀について介山はこう記します。

世界に於て、古来、日本国民ほど武器を愛する国民はなかった、日本国民の武器を愛好する態度は蛮力の表象として誇るのではない、破邪の正器として恭敬するのである、そこで、刀剣を作る鍛冶は斎戒沐浴(さいかいもくよく)し、神に祈り仏に仕うる心をもって刀剣を鍛えた、故に日本の刀剣は世界絶倫の利器である

『日本武術神妙記』より

のちの時代小説の中で活躍する新たな剣客像を生みだし、日本武術の歴史書を記した介山は、刀剣・日本刀の世界に多大なる功績を残しています。

著者名:三宅顕人

中里介山

中里介山をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「明治元年~10年代生まれの刀剣小説家」の記事を読む


野村胡堂

野村胡堂
『銭形平次捕物控』を執筆した野村胡堂(のむらこどう)。空想科学小説から髷物へ移行してきた歴史・時代小説家です。その幅広い知識で、新刀よりも古刀に重きを置いた刀剣・日本刀観を描きます。

野村胡堂

長谷川伸

長谷川伸
戯曲『関の弥太ッペ』『瞼の母』など「股旅物」と呼ばれる多数の人気戯曲を遺した長谷川伸(はせがわしん)。武士を描いた多数の小説も遺した長谷川は、博徒も浪人も武士も刀剣・日本刀の描写を違えども、「義」を描き続けました。

長谷川伸

行友李風

行友李風
戯曲『月形半平太』を書いた行友李風(ゆきともりふう)。「剣劇」と呼ばれた新国劇の沢田正二郎のイメージを決定付ける役割を果たしました。小説も執筆した李風は独自の日本刀観を貫きます。それは「怪異」です。

行友李風

岡本綺堂

岡本綺堂
「綺堂物」と呼ばれた新歌舞伎の戯曲、『半七捕物帳』の小説などを執筆した岡本綺堂(おかもときどう)。明治末期に興った新歌舞伎運動の中心人物のひとりでもあり、捕物帳物を創始した綺堂は、戯曲と小説とで明治人の視点から刀剣・日本刀を描きました。

岡本綺堂

注目ワード

注目ワード