明治元年~10年代生まれの刀剣小説家

野村胡堂

文字サイズ

『銭形平次捕物控』を執筆した野村胡堂(のむらこどう)。空想科学小説から髷物へ移行してきた歴史・時代小説家です。その幅広い知識で、新刀よりも古刀に重きを置いた刀剣観を描きます。

作者初の髷物『美男狩』

美男狩

美男狩

野村胡堂は、報知新聞社に勤めながら、空想科学小説『二万年前』(1922年『報知新聞』連載)などを執筆。

その後、伝奇小説『美男狩』(1928~1929年『報知新聞』連載)で、自身初の髷物(まげもの)を書きました。

愛刀は井上真改と貞宗

『美男狩』の主人公は、千葉周作門下の美男剣士・篠原求馬です。加賀藩藩士の父親が、密貿易で財をなした加賀の商人・銭屋五兵衛と通じていると疑われて切腹。求馬は江戸に出て浪人となり、敵を討つ日を待っています。父を死に追いやった加賀藩藩士・横山遠江とその甥で斎藤弥九郎門下の美男剣士・新太郎が敵です。

求馬は敵討ちに、江戸時代前期に活動した摂津国の刀工・井上真改の刀、鎌倉時代からの歴史を持つ相模国の刀工・正宗の跡継ぎ貞宗(通称・彦四郎)の刀を使いました。

左片手上段に、彦四郎貞宗を振り冠った篠原求馬の姿は、中天の月と、掛け連ねた灯に照らされて、物凄いばかりです。
(中略)
兎に角、悪魔的な魅力を持つ求馬の片手構えに対して、正統派的な新太郎の青眼も、決して見劣りのするものではありません。
まして、白皙豊頬、近松の所謂、油壺から出たよな男前の新太郎が、髷節から爪先まで、気合いに充ち満ちて構えた青眼は、なかなか容易のことで破れるものではありません。

『美男狩』より

『半七捕物帳』から『銭形平次捕物控』へ

銭形平次捕物控傑作選

銭形平次捕物控傑作選

胡堂は、『オール讀物』の月刊創刊号用に、当時人気を博していた岡本綺堂『半七捕物帳』のような作品を書いて欲しいと依頼されます。そこで、『銭形平次捕物控』(1931~1957年『オール讀物』連載)を執筆します。

主人公・江戸の岡っ引きの平次は、投げ銭(寛永通宝・四文銭)の得意技を持っています。『水滸伝』の張清が得意とした「石つぶて」から着想しました。

『銭形平次捕物控』は、連載時すぐさま嵐寛寿郎らの主演で映画化されるなど人気を博し、26年にもおよぶ長期連載となっていきます。

何度も登場する貞宗

平次は、貞宗にまつわる事件に何度もでくわします。

江戸時代中期、徳川幕府第8代将軍・徳川吉宗の命によって刀剣の目利き・本阿弥家の手で名刀が集められ、通称『享保名物帳』が記されます。貞宗は、正宗・粟田口吉光・郷義弘の順に次いで多く記載された日本刀です。

「それが大変でございました。なんでも、根津の石川良右衛門様が、公儀御腰物方から、御手入を申付けられた、上様の佩刀、彦四郎貞宗とやら――東照宮様伝来の名刀だということでございました――その研から拵への直しを、父がお引受してお預り申上げているうちに、何時の間にやら盜まれてしまったのだそうです」
「フーム」
平次も引入れられるように唸りました。将軍家の腰の物を預って盜まれたのでは、なるほどその頃の社会で、人間の命が一つ二つ飛ぶのに何んの不思議もありません。

「買った遺書」『銭形平次捕物控』より

「本当に貞宗だった日にゃ、十両で売っちゃ大変に損だから、一日待って貰って、知り合いの刀屋を二三軒当って見ると、――飛んでもない、そいつは備前物で、彦四郎でも藤四郎でもある筈はねぇ。その上日本一の大なまくらだから、鍋の尻を引っ掻くより外に役に立たない代物だ。望み手があるなら、拵へごと一両で売っても大儲けだ――と言うんで、思い切って手離しましたよ、親分」

「呆れ返った野郎だ。手前はその刀屋の鑑定を、相手に言わなかったのか」

「鉄砲汁」『銭形平次捕物控』より

胡堂は、髷物で日本刀を描くにあたり、貞宗を重んじました。

著者名:三宅顕人

野村胡堂

野村胡堂をSNSでシェアする

「明治元年~10年代生まれの刀剣小説家」の記事を読む


長谷川伸

長谷川伸
戯曲『関の弥太ッペ』『瞼の母』など「股旅物」と呼ばれる多数の人気戯曲を遺した長谷川伸(はせがわしん)。武士を描いた多数の小説も遺した長谷川は、博徒も浪人も武士も刀の描写を違えども、「義」を描き続けました。

長谷川伸

行友李風

行友李風
戯曲『月形半平太』を書いた行友李風(ゆきともりふう)。「剣劇」と呼ばれた新国劇の沢田正二郎のイメージを決定付ける役割を果たしました。小説も執筆した李風は独自の日本刀観を貫きます。それは「怪異」です。

行友李風

中里介山

中里介山
未完の長編『大菩薩峠』を生涯執筆し続けた中里介山(なかざとかいざん)。『大菩薩峠』はその後、多くの剣豪小説を生みだしていくことになる原典です。出版されたこの歴史小説には、多数在銘の日本刀も登場します。

中里介山

岡本綺堂

岡本綺堂
「綺堂物」と呼ばれた新歌舞伎の戯曲、『半七捕物帳』の小説などを執筆した岡本綺堂(おかもときどう)。明治末期に興った新歌舞伎運動の中心人物のひとりでもあり、捕物帳物を創始した綺堂は、戯曲と小説とで明治人の視点から日本刀を描きました。

岡本綺堂

注目ワード
注目ワード