日本刀の基礎・基本学習

日本刀の刃(やいば)とは
 - 刀剣ワールド

文字サイズ

日本刀は「世界一切れる」と称される刀剣類です。では、その切れ味を表す日本刀の「刃」(は/やいば)とは明確に言うと何のことなのでしょうか。ここでは刃の意味や、良い切れ味を出す刃のための作刀技術、刃に付けられる模様「刃文」についてご紹介しています。

刀(かたな)と刃(は/やいば)の違い

日本刀を語る上で、正しく把握しておきたいのが「刀」(かたな)と「刃」(やいば)の違い。刀と刃は、漢字の形は似ていますが、意味は微妙に異なります。しかし、どちらも対象を切断する道具を表す単語のため、間接的に似通った意味を持つのも事実。ここでは、漢字の伝来を交えて刀と刃の違いについて解説していきます。

刀と刃の漢字の伝来

刃

日本は、もともと自国の文字を持たない国でした。文字は、言語を記録するためにあとから作られるものなので、日本に限らず世界中のどの言語も最初から文字を持っていたわけではありません。

国の言語が文字を持つには2通りの方法が考えられます。それは新たに作り出すか、他の言語で使われている文字を借りてくるかの方法です。

日本に文字が伝来したのは1世紀頃だと言われ、当時すでに交易がさかんだった中国の文字である「漢字」を輸入して用いていました。また、刀や刃という漢字が海を越えてやって来たのもこの頃です。

刀とは

「刀」(かたな)

「刀」(かたな)

刀は、刀剣類を示す言葉であり、あるいは日本刀の呼称のひとつ。主に刀身の片側にのみ刃のあるものを指しました。

日本は刀剣類の中でも片刃が発達したことから、片方のみに刃が付いた「片刃」(かたな)として、刀の漢字に「かたな」と読みをあてたのだと伝わります。刀の種類には「打刀」・「脇差」・「太刀」・「」・「」・「薙刀」などがありますが、もともとこれらは刀と称されていました。

また刀の漢字は、「刀の形状」そのものを象った「象形文字」(しょうけいもじ)です。象形文字は、古代遺跡の壁画や石版などに遺された絵文字から「物の形を象った」文字体系だと言われています。刀以外の象形文字として挙げられるのは、「魚」・「馬」・「鳥」などです。

なお、刀の切れ味刃文の入れ方によっても変化します。刃文は、日本刀を作る最後の工程「焼き入れ」によって付けることができ、熟練の刀工達による技で様々な模様を入れることができるのです。

刃(やいば)とは

「刃」(やいば)

「刃」(やいば)

刃(やいば)は、研ぎの入った刃(は)の部分のこと。対象を切断する機能の付いた面で、日本刀にとって肝心要の部分でもあります。語源は「焼き刃」のイ音便形で、本来は焼き入れをした日本刀の刃や、焼き入れによって生じた刃文のことを言いました。

それが訛って「やいば」と発音されるようになったと言います。以来、刀剣類の刃の総称となり、その他にも鋭い物や威力のある物の形容としても使われるようになりました。刃の漢字は「指事文字」(しじもじ)という分類をされる文字です。

指事文字とは、「形のない物」や「抽象的な事柄」を表現するために生まれました。従来の漢字に点や線を足すことで、別の意味を持つ文字を作り上げます。つまり刃は、「丶」を付け足すことで刀の一部分を示す文字になったのです。

意味 語源・由来
日本刀を示す言葉、あるいは呼称 片方のみに刃が付いた「片刃」が転じて「刀」と読むようになった。
刀の刃(は)に当たる部分 「焼き刃」が訛って「やいば」となる。
漢字の「刀」に「丶」を付け足し「刃」とすることで、刀の一部分を示す文字となった。

刃の切れ味が鋭い秘密

日本刀は「世界一切れる」ことで有名ですが、この刃の切れ味の良さを作り上げる作刀技術が3項目あります。「折り返し鍛錬」・「造込み」・「反り」です。ここではその3項目について解説していきましょう。

折り返し鍛錬

折り返し鍛錬

折り返し鍛錬

日本刀は、鉄に含まれる炭素量で硬さや切れ味に違いが生じます。炭素量を整えるために考えられたのが日本刀独自の製造方法「鍛錬」です。まず日本刀作りに使われる鉄は、日本古来の「たたら製鉄法」によって作られる「玉鋼」を活用。

玉鋼の原料は砂鉄で、不純物が少ない高純度の鋼です。この鋼を小割りにして「皮鉄」(かわがね)と「心鉄」(しんがね)用という2種類の鋼に分類。皮鉄用の鋼を平たく伸ばして積み重ね、積み沸かしにより高温で熱します。

次が折り返し鍛錬という重要な工程。熱された素材を平たく打ち伸ばして、さらに折り返して打ち伸ばすことを15~16回繰り返します。こうすることで、鋼の中に含まれる不純物を除去することができ、炭素の含有量を調整することができるのです。

しかし、折り返し過ぎて硬度が高くなるほど靭性(じんせい:粘り強さ)が下がり、刃が欠けやすくなってしまいます。そのため刀工は、積み沸かしのときの鋼の色を見極め、音を聞き、鍛錬に最適な瞬間と回数を判断しているのです。

重層構造による造込み

造込み

造込み

「折れず 曲がらず 良く切れる」とは、日本刀を表すのに良く使われる言葉です。けれど、鋼は硬くなるほど曲がりにくくなりますが、大きな衝撃に対しては弱く壊れやすい性質を持ちます。

対して、やわらかければ折れにくく衝撃に強いのですが、曲がりやすいことから日本刀の材料としては使うことはできません。そこでこうした矛盾を解決するのが「重層構造」です。

折り返し鍛錬で鍛えた硬い鋼を外側の皮鉄に、内側にはやわらかな鋼である心鉄を包んで作ります。これを造込みと言い、2種類の性質の異なる鋼を組み合わせてひとつにすることで、折れにくさと曲がりにくさを両立することに成功させました。こうして折れず 曲がらず 良く切れるという日本刀最大の持ち味を実現させることができたのです。

反りがある

日本刀の特徴的な部分として反りがあることが挙げられますが、反りは日本刀作り最後の工程になる焼き入れによって生じるもの。反りは、鋒/切先(きっさき)から棟区(むねまち)までを線で結び、棟とその線までが一番離れている場所の寸法を反りと言います。

この反りは、平安時代中期に登場した「古刀」(ことう)から付けられるようになったと考えられています。それ以前の「上古刀」(じょうことう)は、まっすぐな刀身を持つ「直刀」(ちょくとう)で、主に貴族が佩用していました。

反りのある日本刀は、武士の台頭と大きなかかわりがあります。武士が馬に乗って戦うようになった平安時代中期頃、反りのある刀は素早く鞘から抜くのに適していました。また、反りがあることによって切り付けたときの衝撃を緩和させ、自然と「引き切り」の動作が行われるようになります。「引きながら切る」は、まっすぐ切り付けることではなく刃を滑らせながら切り付けることで、より切れ味の鋭さに結び付くのです。こうした働きを「斜面の原理」と言います。

反り

反り

刃の模様 刃文とは

「刃文」とは、刀身の刃に付いた形状のことです。刀身に白く浮き上がる模様を指し、日本刀を光にかざすことによって鑑賞することができます。ここでは刃文の入れ方と、刀工がどのように刃文を入れるのか、そして刃文の種類について見ていきましょう。

焼き入れの方法

焼刃土

焼刃土

この刃文を入れるために必要な工程を「焼き入れ」と言い、これは日本刀に命を吹き込むための重要な作業です。

この焼き入れによって刃文や反りが生じ、それが日本刀の美しさを際立たせます。

しかし焼き入れの目的はそれだけではなく、刃の強靭さと切れ味の鋭い日本刀へと仕上げるためです。焼き入れは、刀身を日本刀の形に整える「素延べ」や「火造り」といった作業を終えたあとに行われます。

刀身に、粘土や木炭などを混ぜた「焼刃土」(やきばつち)を塗り、約800度の火で加熱し、そして熱したあとは水槽に沈め一気に冷却。熱で膨張した鋼が急速に冷やされることで、刃文や反りが生じるのです。

刃文は日本刀の価値を左右する重要な部分

焼入れした刀身

焼入れした刀身

刀工は、焼き入れにふさわしい温度かどうかを炎の色で見極めます。それは修業を重ね、経験を積むことでしか身に付けられない技術です。

そして、刃文は焼刃土の置き方や火の入れ方によって、個性的な模様になります。

鑑賞する人の目を楽しませるだけではなく、いつの時代、誰によって作刀されたのかを特定するためにも欠かせない情報であるため、刃文は日本刀の価値そのものを左右する重要な存在と言えるのです。

刃文の種類

刃文は大きく分けると「直刃」(すぐは)と「乱刃」(みだれば)の2種類のものがあります。

直刃の種類

最も基本的で直線的な刃文のことを直刃と言いますが、以下の4つの種類に分けることができるのです。

直刃の種類

直刃の種類

糸直刃(いとすぐは)
直刃の中でも、極めて焼き幅が細い刃文です。
細直刃(ほそすぐは
細い焼き幅を細直刃と呼び、糸直刃よりも太くなります。
中直刃(ちゅうすぐは)
細直刃と広直刃の中間が直刃あるいは中直刃です。
広直刃(ひろすぐは)
広い焼き幅は広直刃です。

乱刃の種類

直線ではないものを乱刃と言いますが、代表的な形としては「丁子」(ちょうじ)や「互の目」(ぐのめ)、「湾れ」(のたれ)などの刃文があるのです。その他にも組み合わさり細かな種類があり、合わせてご紹介していきます。

丁子(ちょうじ)
丁子(香辛料の一種)の実を連ねた形に似ていることから付けられました。また、ひとつひとつの円形から、刃に向かって棒状の模様が浮かんでいるのも特徴です。
丁子

丁子

互の目(ぐのめ)
碁石のような丸い模様が並ぶ刃文。丸い部分の大きさが揃っていたり、または不揃いであったりするなど種類が豊富です。
互の目

互の目

湾れ(のたれ)
大きくうねったような刃文が特徴。蛇行が大きく、直刃に似た浅い湾れから、互の目を交えた模様もあります。
湾れ

湾れ

重花丁子(じゅうかちょうじ)
丁子の上にさらに丁子が重なり、花弁が重なり合っているように見えます。鎌倉時代中期に活躍した刀工一派「備前一文字派」や「福岡一文字派」などが多く取り入れた刃文です。
重花丁子

重花丁子

片[肩]落互の目(かたおちぐのめ)
互の目の片方が斜めに切り取られ、のこぎりの刃のように見える物。逆がかっている物が多いことが特徴。鎌倉時代中期に活躍した刀工一派「長船派」(おさふねは)が得意とした刃文です。
片[肩]落互の目

片[肩]落互の目

スペーサー画像

「刃」を含む慣用句、ことわざ

諸刃の剣

諸刃の剣

諸刃の剣

諸刃の剣」(もろはのつるぎ)とは、物事を遂行したり、選択したりする際に、利益だけではなく不利益を被る恐れがあること。

「両刃の剣」(りょうばのつるぎ)と言われることもありますが、これは「両刃の剣は相手を斬ろうと振り上げると、その剣を振り上げた自分も傷付ける恐れがある」ことから来ていることわざです。

刃金が棟へまわる

刃金が棟へまわる

刃金が棟へまわる

刃金が棟へまわる」(はがねがむねへまわる)とは、時間が経過していくにしたがって知恵や能力が衰えていくこと。

刀は消耗品であるため、たくさん使えばその分、メンテナンスが必要になります。

現代のように美術品として刀を手入れする際は、研磨を行う必要はありませんが、武器として使われていた時代は切れ味を戻すために研磨は必要不可欠でした。しかし、刀は研げばそれだけ、刀身が磨り減っていきます。そうして次第に切れ味が悪くなることから生まれたことわざです。

白刃前に交われば流矢を顧みず

白刃前に交われば流矢を顧みず

白刃前に交われば流矢を顧みず

白刃前に交われば流矢を顧みず」(はくじんまえにまじわればりゅうしをかえりみず)とは、困難な状況に陥っているときは、小さなトラブルに気が回らなくなること。

接近戦が基本となる戦場では、目の前にいる敵と戦うことに集中するため、流れ矢(ながれや:目標から逸れて飛んでくる矢)など気にしている余裕はありません。

日常生活においても、大きな問題が起きているときは小さな問題に気付きにくくなります。「白刃前に交われば流矢を顧みず」とならないよう、日頃から様々なことに気を配ることが重要です。

付焼刃/付け焼き刃

付焼刃/付け焼き刃」(つけやきば)とは、現状を乗り越えるために、浅い知識や技術を身に付けること。通常、刀は1振1振をオリジナル作品として作刀します。

しかし、名のある刀工の刀は、非常に高値で取引されることから、悪い刀工や商人が偽物の焼刃(刃文)を付けて名工の作品として売り出すことがありました。このときに付けられた偽物の刃文のことを付焼刃/付け焼き刃と言います。

なお、刀に入れられた付焼刃/付け焼き刃は精巧に付けられているため見抜くのが難しいとされていますが、付焼刃/付け焼き刃は研磨すると消えると言う特性が存在。美術品として価値がある現存の刀を研磨するのは非常に難しいですが、いざと言うときに覚えておくと役に立つ知識です。

剣の刃を渡る/剣の刃渡り

「剣の刃を渡る/剣の刃渡り」(つるぎのはをわたる/つるぎのはわたり)とは、極めて危険な状態のこと。「剣の刃を踏む」や「かみそりの刃渡り」などと同様の意味を持つことわざです。一説によると、この言葉は刀の刃の上を素足で渡る曲芸が由来となっています。

道理に向かう刃なし

「道理に向かう刃なし」(どうりにむかうやいばなし)とは、どのような悪事も、道理の前では言い訳は通用しないこと。道理とは、人として当たり前とされる理論や道筋のことです。「物を盗んではいけない」や「人を傷付けてはいけない」などが該当し、もしもそれらの「道理」から外れれば、当然のことながら罰則を与えられます。そのため、道理から外れないようにしようと言う教訓が込められたことわざです。

寝刃を合わす

寝刃を合わす

寝刃を合わす

寝刃を合わす」(ねたばをあわす)とは、内緒で悪事を企むこと。「寝刃」(ねたば)は切れ味が落ちた刀の刃のことを指し、寝刃を合わすは本来、刀剣の刃を研ぐことを意味する言葉です。

切れ味が落ちた刀など、通常はほとんど見向きもされませんが、切れ味を復活させれば、いざと言うときに活躍します。こうした様子から、こっそりと悪事を企てる様子を寝刃を合わすと言うようになったのです。

まとめ

刀と刃は、似た形の漢字ではありますが、刀は「日本刀を含め、刀剣自体を広くまとめる呼称」、刃は「刀剣のパーツのなかでも、切断する機能を持つ部位」ということをご紹介しました。

昨今の刀剣ブームによって様々な形で注目されている日本刀ですが、じつはこの他にも、たくさんの秘密や魅力があります。

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」では、日本刀に関する基礎知識や豆知識を幅広く紹介していますので、より深く知りたい場合は刀剣ワールドで学習するのがおすすめです。

日本刀の刃(やいば)とは

日本刀の刃(やいば)とはをSNSでシェアする

「日本刀の基礎・基本学習」の記事を読む


日本刀の部位名称

日本刀の部位名称
一口に刀剣・日本刀と言っても、その構造や種類は様々です。「日本刀の構造と部位の名称」コンテンツでは、刀剣・日本刀の各部位についてイラストで解りやすく、ご紹介致します。 刀剣・日本刀に興味を持ち始めたばかりの方はもちろん、長年の刀剣・日本刀ファンの方にもお楽しみ頂けるよう、様々な刀(打刀・飾剣・太刀)についての解説付き。各部位の名称や、用語の説明もご覧頂けます。

日本刀の部位名称

日本刀の部位名称一覧

日本刀の部位名称一覧
日本刀には、刃や鋒/切先(きっさき)などの斬るために特化した部位だけでなく、帽子や棟、映りや鎬(しのぎ)、樋(ひ)や刀身彫刻、茎(なかご)、銘など、様々な目的を持った部位があります。名前が付けられた部位は、日本刀を形作る上でもとても重要な意味を持ち、作刀された時代を紐解くヒントになったり、それぞれの流派や刀工の個性が光ったりする部位でもあるのです。日本刀の主な部位の名称と、その役割などを簡単に見ていきましょう。

日本刀の部位名称一覧

日本刀の帽子とは

日本刀の帽子とは
日本刀の「刃文」とは、「焼き入れ」(やきいれ)によって付けられた焼刃の形状のこと。それは、日本刀の魅力と言えることであり、ひとつとして同じ紋様はありません。「帽子」(ぼうし)は、日本刀の鋒/切先(きっさき)に現れる刃文で、刀工の個性が顕著に見られることでも知られています。日本刀の鑑定をするうえでも、特に重要と言われるのが鋒/切先です。そこに描かれる帽子とはどのような物なのか、基礎的な情報と共に、種類や刀工にとっての帽子の存在について、解説していきます。

日本刀の帽子とは

鋒(切先)とは

鋒(切先)とは
刀剣は、全体を眺めていても非常に美しいのですが、細部の造り込みにも刀匠のこだわりを感じ取れます。刀剣の各部名称をしっかり覚えておくと、刀剣鑑賞をする際にとても役立つことでしょう。刀身の先端部分である「鋒/切先」は、刀身の中でも最も美しい部分だと評価されます。鋒/切先の構造や、現存する刀剣の鋒/切先の種類、そして時代ごとの移り変わりについて、詳しくご紹介します。

鋒(切先)とは

日本刀の棟とは

日本刀の棟とは
刀剣には様々な部位があり、鑑賞するポイントがたくさんあります。その中で「棟」(むね)の形や反り具合は、刀剣全体の形状の中でも分かりやすい部分です。棟の種類や形によって何が分かるのか、棟にまつわる豆知識などをご紹介します。

日本刀の棟とは

日本刀の映りとは

日本刀の映りとは
日本刀を評価するうえで注目すべき点は、「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)、「刃文」(はもん)などいくつもあります。なかでも、日本刀の芸術性を見る際に重視されるポイントのひとつが、「映り」(うつり)です。映りは、平地(ひらじ)に光を反射させたとき、刃文と鎬筋の間にぼんやり白く影のように見える働きのこと。映りが乱れて見える物(乱れ映り)とまっすぐ見える物(棒映り)があり、日本刀の美しさを表現する要素でもあります。映りは、コレクターにとっては日本刀の魅力をさらにアップさせる要素ですが、鑑定するうえでも映りは重視されてきました。なぜなら、刀匠や時代によって映りの特徴が異なるからです。江戸時代を境に途絶えてしまった乱れ映りの技術を再現しようと、長年多くの刀匠達が挑んできました。

日本刀の映りとは

鎬(しのぎ)とは

鎬(しのぎ)とは
刀剣は、刀匠達が実践の中で失敗と改良を繰り返しながら、たゆまぬ努力によって極限まで無駄を省き、鍛えぬいた芸術品です。「鎬」(しのぎ)とは、刀剣に施された刀身の側面(刃と棟の間)にある山高くなっている筋のこと。デザインとして美しいのはもちろん、鎬には、刀剣の「強み」にかかわる秘密が隠されていました。なぜ日本の刀匠は、刀剣に鎬を施したのでしょうか。鎬には、どんな優れた機能が潜んでいるのか、鎬について詳しくご紹介します。

鎬(しのぎ)とは

樋の種類

樋の種類
「樋」(ひ)とは、日本刀の刀身に彫られる細長い溝のこと。刀身に樋を施すことを「掻く」あるいは「突く」と言い、樋がある日本刀は見栄えが良いため、樋が掻かれた日本刀の方が好きという刀剣ファンも多いです。しかし、なぜ日本刀に樋が掻かれているのかまでは知られていません。樋の役割と共にどのような種類があるのかをご紹介します。

樋の種類

刀身彫刻の種類

刀身彫刻の種類
「刀身彫刻」は、刀工達が時間をかけて作刀した日本刀を、より魅力的な作品へと仕上げるための工程です。日本刀の美しさを損なわないように、強度を保ったまま、吉祥を授かるよう、神仏や聖獣などを題材にします。そこには、制作者や所持者の守護を願う気持ちが込められているのです。そうした刀身彫刻について紐解いていきましょう。

刀身彫刻の種類

注目ワード
注目ワード