戦国武将一覧

朝倉義景

文字サイズ

越前国(現在の福井県北東部)随一の名門大名家である「朝倉家」に生まれ、11代目にして最後の当主となった戦国武将「朝倉義景」(あさくらよしかげ)。「武田信玄」や「浅井長政」(あざいながまさ)ら、反織田信長勢力の武将達と「織田信長包囲網」を張り、「織田信長」を敗北寸前にまで追い詰める武功を挙げていた一方で、政治への関心は薄く、家臣達に任せきりであったことが実情。自身は文弱に流れ、遊芸に明け暮れていたとも伝えられているのです。ときに「凡将」(ぼんしょう)と揶揄される朝倉義景の生い立ちを紐解くと共に、天下人・織田信長との関係についても解説します。

朝倉宗滴と共に歩んだ前半生

わずか16歳で朝倉家当主に

朝倉義景のイラスト

朝倉義景

「朝倉義景」(あさくらよしかげ)が、越前国(現在の福井県北東部)の戦国大名であり、「朝倉家」の10代当主であった「朝倉孝景」(あさくらたかかげ)の長男として生まれたのは、1533年(天文2年)。

この当時の朝倉家は、地方の一大名でありながら、父の朝倉孝景が、室町幕府の「御供衆」(おともしゅう:将軍が外出する際、お供の列に加わる役職)や「相伴衆」(しょうばんしゅう:将軍の宴の席などに、相伴役として従った者)に列せられるなど、同幕府より「直臣」(じきしん:主君直接の支配下にある家臣)同然の厚遇を受けていました。

越前国は、天皇や将軍が住む京都に近く、有事の際にはすぐに駆け付けられる場所であったこともあり、朝倉家は朝廷や室町幕府より、篤い(あつい)信頼を寄せられていたのです。

そんな朝倉家の全盛期に生まれた朝倉義景でしたが、1548年(天文17年)に、父・朝倉孝景が急死。わずか16歳で同家の家督を継ぎ、このタイミングで、幼名の「長夜叉」(ながやしゃ)から「朝倉延景」(あさくらのぶかげ)に改名しました。

若年であったため、政務や軍事などにおいて、朝倉家の重臣「朝倉宗滴」(あさくらそうてき)別称「朝倉教景」(あさくらのりかげ)の補佐を受けていたと考えられています。

そして1552年(天文21年)、室町幕府13代将軍「足利義輝」(あしかがよしてる)から「義」の字の偏諱(へんき:貴人などが用いた2字名のうちの1字)を賜り、朝倉義景を名乗るようになりました。このことからも朝倉家が、室町幕府と密接な関係を築いていたことが窺えるのです。

一向一揆と朝倉宗滴の死

朝倉家11代当主となった朝倉義景は、1555年(天文24年/弘治元年)、祖父の代より対立していた加賀国(現在の石川県南部)の「一向一揆」(いっこういっき)を駆逐するため、軍師としての才知に長けていた朝倉宗滴を総大将に据え、越前国に侵攻して来た一向一揆のもとへ、大人数の軍勢を送り込みます。

この他にも、能登国(石川県北部)や越前国の一向一揆と交戦しており、特に加賀国ではその半国を制圧する武功を挙げましたが、陣中において朝倉宗滴が病に倒れてしまいました。そののち、朝倉家が拠点としていた「一乗谷城」(いちじょうだにじょう:福井県福井市)へと戻りますが、そのまま亡くなってしまうことに。

朝倉一族の大黒柱である朝倉宗滴を失った朝倉義景の軍勢は、一向一揆の完全駆逐を成し得ることなく、帰国することとなったのです。

朝倉義景に訪れた天下人へのチャンス

政治や軍事などの実務面のみならず、精神面でもその支柱となっていた朝倉宗滴を亡くした朝倉義景。1565年(永禄8年)、そんな彼にとって転機となる事件が勃発します。

足利義昭

足利義昭

時の将軍・足利義輝が、「松永久通」(まつながひさみち)と「三好三人衆」らにより京都で暗殺されたのです。

そして、追手が来ることを恐れた足利義輝の弟「足利義昭」(あしかがよしあき)が、近江国(現在の滋賀県)や若狭国(現在の福井県西部)へ逃亡した末に、朝倉義景を頼って越前国までやって来ました。

朝倉義景は、足利義昭を迎え入れることを快諾し、居城の一乗谷城で匿う(かくまう)ことにしたのです。

そんななか、室町幕府の次期将軍候補に挙げられていた足利義昭は、兄の亡きあとに追われる身となっても、将軍の座に就くことを諦めきれず、上洛を嘱望するように。将軍になるためには朝廷からの任命が必要であったことから、足利義昭は何としてでも京都へ赴くことを強く願っていたのです。

そのため足利義昭は、朝倉義景に対して上洛に際しての警護を何度も要請しました。戦国大名にとって将軍となる人物を擁して上洛することは、天下人へ一歩近付くことを意味していましたが、朝倉義景はこれを断固拒否。

朝倉義景は1567年(永禄10年)に、足利義昭の仲介によって加賀一向一揆との和睦を結ぶなど、その威光を借りていたのにもかかわらず、共に上洛を果たすことについては、頑なに首を縦に振ろうとはしなかったのです。

その理由には、溺愛していた側室「小宰相」(こざいしょう)と、その間に儲けた息子「阿君丸」(くまぎりまる)を立て続けに亡くしたために、意気消沈し正常な判断を下せなかったとする説や、この頃には「三好家」の勢力が、すでに京都にまで拡大しており、朝倉家だけでは立ち向かえないと考えたとする説など様々に推測されています。いずれにしても朝倉義景は、人生における最大のチャンスを自ら逃してしまったのです。

そののち足利義昭は、一向に動く素振り(そぶり)を見せない朝倉義景に痺れ(しびれ)を切らし、美濃国(現在の岐阜県南部)を手中に収め、勢いに乗っていた「織田信長」のもとへと移ります。そして1568年(永禄11年)11月、足利義昭は織田信長に奉じられ、遂に上洛を果たすことになりました。

織田信長を追い詰めるも、朝倉家滅亡へ

金ヶ崎の戦いまでの経緯

織田信長と上洛した足利義昭は、やがて室町幕府15代将軍に就任します。そんななか、織田信長は足利義昭の名のもとに、朝倉義景へ上洛を命じました。ところが朝倉義景は、本国である越前国を長期間留守にする不安と、織田信長のもとに馳せ参じれば、臣下の礼を執らなければならないと考え、織田信長からの命令を拒絶。

しかし、この判断は足利義昭への謀反だと見なされ、織田信長に越前国を侵攻する大義名分を与えてしまうことになったのです。

そして1570年(永禄13年/元亀元年)4月、織田信長は「徳川家康」との連合軍約30,000人を引き連れて、朝倉家討伐を開始。同家が領していた若狭国へ入り、「金ヶ崎城」(かねがさきじょう/かながさきじょう:福井県敦賀市)別称「敦賀城」(つるがじょう)、その支城であった「天筒山城」(てづつやまじょう:福井県敦賀市)、さらには、近江国と越前国を結び、交通の要衝となっていた街道が集まる「疋壇城/疋田城」(ひきだじょう:福井県敦賀市)を次々に攻略。

浅井長政

浅井長政

しかし、朝倉義景の本拠である一乗谷へ向かう道中、織田信長は、妹「お市の方」(おいちのかた)の夫であり同盟関係にあった「浅井長政」(あざいながまさ)が反旗を翻した知らせを受けます。

浅井長政にとって朝倉家は、大名として独立する際に支援をしてくれた恩義のある存在。このような背景があり、浅井長政は織田信長と同盟を結ぶ条件として、「朝倉家への不戦の誓い」を立てていました。

これを破ったことを不服とした浅井長政は、北近江からの出兵を決意。織田・徳川連合軍の背後を詰めて、朝倉軍と共に挟撃しようとしていたのです。

これをいち早く察知した織田信長は戦場から潔く離脱し、京都へ戻ることを決めます。このときの撤退戦が、世に言う「金ヶ崎の戦い」です。このときの「殿」(しんがり:後退する部隊の最後尾にあって、敵の追撃を阻止する役割)は、「織田家」の家臣であった「豊臣秀吉」や「明智光秀」らが務めました。彼らのおかげで織田信長は、命からがら京都に逃げ延びることができたのです。

織田信長包囲網にほころびを作った朝倉義景

金ヶ崎の戦いで勝利を収めた朝倉・浅井連合軍でしたが、織田信長を取り逃がしたままであったため、当然、織田信長からの報復を受けることになります。

それが起こったのが、1570年(永禄13年/元亀元年)6月のこと。浅井長政の裏切りに激怒していた織田信長が、「浅井家」の居城「小谷城」(おだにじょう:滋賀県長浜市)を攻め、「姉川の戦い」(あねがわのたたかい)が勃発。朝倉義景は、「朝倉景健」(あさくらかげたけ)を総大将とした約8,000人の軍勢を、浅井長政のもとへ援軍として送り出します。浅井長政の軍勢約5,000人と合わせて、約13,000人にも及ぶ兵で織田・徳川連合軍と対峙しましたが、最終的には大敗を喫することになりました。

武田信玄

武田信玄

さらに1572年(元亀3年)、甲斐国(現在の山梨県)の「武田信玄」が、足利義昭の申し出に応じて「西上作戦」(せいじょうさくせん)を開始。

遠江国(とおとうみのくに:現在の静岡県西部)や三河国(現在の愛知県東部)へ進軍し、「徳川家」の配下にあった城を攻め落としていきます。

このとき、朝倉義景は武田信玄より浅井長政と協力して、織田信長を釘付けにしておくことを要請されていましたが、積雪と兵士の疲弊を理由に突如として越前へ帰国。

武田信玄と浅井長政、そしてすでに和を固めていた「石山本願寺」(大阪市中央区)の僧侶「顕如」(けんにょ)らとの「織田信長包囲網」に大きなほころびを作り、織田信長を討つ絶好のチャンスを自らの手で再び逃してしまったのです。

そして1573年(元亀4年/天正元年)、武田信玄が陣中で亡くなり、武田軍が甲斐国へ撤兵したことで、朝倉家の討伐に全力を注げるようになった織田信長は、約30,000人の兵と共に近江国へ侵攻します。

これに対して朝倉義景も約20,000人の軍勢を率いて応戦するも、越前国への撤退途中に織田軍からの厳しい追撃を受け、遂には織田信長が一乗谷にまで乱入して来たのです。

一乗谷城への帰還を果たした朝倉義景でしたが、この頃には家臣達から見放されており、同城の留守を預かっていたはずの兵士達も、その大部分が逃走してしまっていた状況にありました。そのため朝倉義景は従兄弟であり、自身の重臣であった「朝倉景鏡」(あさくらかげあきら)の勧めにより、「六坊賢松寺」(ろくぼうけんしょうじ:福井県大野市)へと逃れたのです。

しかしこのとき、織田信長と内通していた朝倉景鏡は、同寺院を包囲し、200騎の兵士達と共に朝倉義景を急襲。朝倉義景は自刃し、41歳の若さでこの世を去りました。

そののち織田信長は、家臣の「丹羽長秀」(にわながひで)に朝倉一族の殺害を命じ、朝倉家は滅亡することになったのです。

文化人・朝倉義景が遺した城下町

復原町並

復原町並

チャンスを逃し続け、遂には朝倉家を滅亡させてしまった朝倉義景。

戦国武将としては、「凡将」と揶揄されていますが、連歌茶道などの様々な芸事を好み、それらの才能に長けていた「文化人」として、高く評価されていた一面も持っています。

自身の領地である一乗谷に、文化人や優秀な職人などを京都から多数招き入れ、一乗谷城の城下町に雅な京風文化を花開かせていました。

また、一乗谷からは、青磁器の花瓶や唐物茶碗といった高価な輸入品が出土しており、豊かな文化圏が形成されていたことが窺えるのです。

現在、一乗谷の地には発掘された石垣などを利用して、町屋や武家屋敷が並ぶ様子を再現した「復原町並」(ふくげんまちなみ)や、朝倉家の歴史や文化を辿ることができる「福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館」(福井県福井市)などがあり、多くの歴史ファンが訪れる観光スポットになっています。

朝倉義景

朝倉義景をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


那須与一

那須与一
鎌倉幕府の「御家人」(ごけにん)として、同幕府初代将軍「源頼朝」に仕えていた「那須与一」(なすのよいち)。いわゆる「源平合戦」における一連の戦いのひとつである「屋島の戦い」(やしまのたたかい)にて、「扇の的」に矢を見事命中させたほどの「弓の名手」として知られています。しかし、その逸話と那須与一の名前は、軍記物の「平家物語」などに登場するのみであるため、それらの真偽のほどは謎に包まれた部分が多いのです。平家物語や「源平盛衰記」(げんぺいせいすいき/げんぺいじょうすいき)などに伝わるところから、那須与一の生涯について紐解きつつ、人物像にも迫っていきます。

那須与一

土岐頼芸

土岐頼芸
「土岐頼芸」(ときよりのり)は、美濃国(現在の岐阜県)に栄えた土岐家の次男として生まれ、実兄「土岐頼武」(ときよりたけ)との熾烈な家督争いに打ち勝ち、美濃国守護(しゅご:鎌倉・室町幕府が置いた地方官)に上り詰めた戦国武将です。しかし、時は下剋上の時代。自身が守護代に任命した「斎藤道山」(さいとうどうさん)に裏切られ、美濃国を追われることとなります。土岐頼芸は、天下人「織田信長」の父で、「尾張の虎」と称された「織田信秀」(おだのぶひで)を頼り、斎藤道三と和睦しますが、最終的には11代続いた美濃国守護の地位を手放し、流浪の人生へと転落。81歳にして美濃国へ戻りますが、直後にその生涯を終えた人物です。激動の戦国時代を生きた土岐頼芸についてご紹介します。

土岐頼芸

山内一豊

山内一豊
「山内一豊」(やまうちかずとよ)と言えば、「司馬遼太郎」(しばりょうたろう)の名著「功名が辻」(こうみょうがつじ)の主人公としても知られる戦国武将です。妻の「千代」(ちよ)による内助の功などにより大出世を果たし、やがて土佐国(現在の高知県)202,600石の大名へと出世を遂げました。伝記によれば、山内一豊は口数の少ない穏和な性格で、華々しい武勲もそれほど多くなかった戦国武将でしたが、その反面、「織田信長」や「豊臣秀吉」、「徳川家康」という天下人達から厚い信頼を得ていたのです。 そんな山内一豊の生涯を追いながら、妻と共に果たした立身出世の道のりを辿っていきます。

山内一豊

蒲生氏郷

蒲生氏郷
「織田信長」や「豊臣秀吉」などの天下人に一目置かれながら、40歳の若さで生涯を閉じた「蒲生氏郷」(がもううじさと)。数々の戦場で武功を立てただけでなく、領地の経営や家臣団の統制にも長け、「世に優れたる利発人」と称された戦国武将でした。その一方で、キリシタン大名や「千利休」(せんのりきゅう)の高弟「利休七哲」(りきゅうしちてつ)のひとりとしての顔も持ち、当代きっての文化人としても知られた人物です。「六角氏」(ろっかくし)の重臣一族から「織田家」の家臣、そして、東北一の大大名へとのし上がった蒲生氏郷の生涯をたどり、その人物像に迫っていきます。

蒲生氏郷

最上義光

最上義光
「最上義光」(もがみよしあき)は、出羽国(現在の山形県・秋田県)の小さな勢力であった「最上家」を、東北有数の大大名へと押し上げた武将です。父や弟との骨肉の争いに始まり、調略を駆使して領土を拡大しましたが、一方で合戦の際には、勇猛果敢な戦いぶりを見せ、「虎将」とも称されました。そんな最上義光の戦いの軌跡や、逸話から見える人物像に注目。ほぼ一代で、東北の大大名へとのし上がった、その生涯に迫っていきます。

最上義光

結城秀康

結城秀康
「結城秀康」(ゆうきひでやす)は「徳川家康」の子でありながら、数奇な運命を背負った戦国武将です。元服前には「豊臣秀吉」の養子に出されただけでなく、豊臣秀吉が甥の「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)を後継者に定めると、下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部、茨城県南西部)の「結城晴朝」(ゆうきはるとも)の養子となり、豊臣家の中枢から遠ざけられました。天下人の家に生まれながら不遇な目に遭い、それでも道を切り開いた結城秀康にまつわる数々の逸話をご紹介すると共に、その生涯を辿っていきます。

結城秀康

山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元

注目ワード
注目ワード