歴史上の人物と日本刀

黒田斉清伝来の刀 無銘 真長

文字サイズ

「黒田斉清」(くろだなりきよ)は、「黒田官兵衛」の子孫です。福岡藩(現在の福岡県)黒田家の10代藩主として、江戸時代後期に活躍。黒田家には、黒田官兵衛や「黒田長政」が蒐集した名刀が多数あったことで有名ですが、そのなかの1振、10代藩主・黒田斉清が佩用したという「刀 無銘 真長」が刀剣ワールドの所蔵刀となりました。黒田斉清と刀工「真長」(さねなが)について、詳しくご紹介します。

10代藩主「黒田斉清」とは

福岡藩黒田家の歴史と苦難

  • 黒田斉清
    黒田斉清
  • 黒田官兵衛
    黒田官兵衛

「黒田斉清」(くろだなりきよ)は、福岡藩(現在の福岡県)藩主「黒田斉隆」(くろだなりたか)の嫡男として、江戸時代後期の1795年(寛政7年)に誕生しました。

福岡藩主黒田家と言えば、戦国武将黒田官兵衛」を祖先とする500,000石の大大名家。何不自由ない暮らしを約束された御曹司とばかりに思われがちですが、実は黒田斉清には出生直後から大きな苦難が待ち受けていたのです。

ひとつ目は、父・黒田斉隆が19歳という若さで病死してしまったこと。このとき、黒田斉清は生後4ヵ月。父・黒田斉隆は、一橋徳川家2代当主「徳川治済」(とくがわはるさだ)の三男で、福岡藩の養子となっていた人物でした。黒田斉清は急遽、祖父・徳川治済を後ろ盾とし、生後9ヵ月にして福岡藩黒田家10代藩主に就任することになったのです。

藩主就任にあたり、伯父である江戸幕府11代将軍「徳川家斉」(とくがわいえなり)の1字を賜り、幼名の「松次郎」、初名の「長順」(ながゆき)から、黒田斉清と改名。「おぎゃあ」と泣きながら藩主になったため、「ぎゃっと殿様」とも呼ばれました。この藩主就任時に佩用したのが、「 無銘 真長」であったと伝えられています。

また、黒田斉清に起こった2つ目の苦難が、目の病です。黒田斉清は、6歳で江戸に参府し、学問好きの名君に成長。蘭学や本草学(ほんそうがく:薬物[動植物、鉱物]を研究する学問)を得意としましたが、幼少期から眼病に苦しんだと言われています。

蘭癖大名と呼ばれる

  • 福岡藩と佐賀藩
    福岡藩と佐賀藩
  • フェートン号
    フェートン号

黒田斉清が23歳のときに起こったのが、1808年(文化5年)「フェートン号事件」です。これは、佐賀藩(現在の佐賀県)が警護していた長崎港に、当時入港を許可していたオランダ船ではない、イギリス船・フェートン号を誤って入港させてしまった事件。

当時、オランダとイギリスは敵対関係にあり、イギリス船・フェートン号はオランダ船のふりをして長崎港に不法入港。欺かれた長崎奉行ら2人はイギリス人に捕らえられ、港は荒らされ、薪水や食糧を要求されます。幸い、長崎奉行らは釈放され、フェートン号は退去。

しかし、事件を重く見た長崎奉行「松平康英」(まつだいらやすひで)は切腹し、これ以降、福岡藩が佐賀藩と共に長崎港の警護を行うという重責を担うことになったのです。

しかし、黒田斉清は蘭学や本草学に長けた聡明な藩主。足繁く長崎を訪問し「蘭癖大名」(らんぺきだいみょう:西洋に傾注する大名)と呼ばれるほどになりました。海防論を執筆し、鳥類や動植物の分野にも明るく、長崎出島のオランダ商館医「シーボルト」とも親交があったと伝えられています。しかし、40歳の頃には職務ができないほど眼病が進み隠居。享年は57歳と言われています。

刀匠「真長」とは?

「真長」(さねなが)とは、備前長船派の始祖「光忠」(みつただ)の子で、初代「長光」(ながみつ)の弟。鎌倉時代中期から後期にかけて活躍した名匠です。名物「無布施経真長」(ふせないきょうまさなが)が有名で、重要文化財に9振が指定されています。

作風は、品格のある落ち着いた太刀姿地鉄(じがね)は青江物のように青黒く冴えて奥ゆかしく、備前長船派のなかでも一番と言われる美しさです。刃文は備前長船正伝系の丁子乱れではなく、匂本位直刃(すぐは)を基調としているのが特徴。

ただし、刃縁が締まり、刃中の働きもよく、帽子は「三作帽子」(さんさくぼうし)わずかに湾れ(のたれ)て小丸に返る、真長の同系である長光や「景光」(かげみつ)にも共通する特徴で、備前長船正伝系が守られています。

黒田斉清の刀 無銘 真長とは?

黒田家の刀剣と後継者問題

福岡藩黒田家は多くの戦で武功を挙げ、その褒賞品として国宝へし切長谷部」、国宝「日光一文字」など、多くの名刀を所有していたことで有名です。

1870年(明治3年)、福岡藩黒田家12代藩主「黒田長知」(くろだながとも)が福岡県知藩事を解任されるまで、100振以上の刀剣を所持していました。数多い刀のなかから、どうして、刀 無銘 真長が、福岡藩黒田家10代藩主・黒田斉清の藩主就任時の佩刀に選ばれたのでしょうか。

この刀を選んだと思われるひとりが、黒田斉清の祖父・徳川治済です。徳川治済の祖父は、刀剣好きで有名な江戸幕府8代将軍「徳川吉宗」。徳川治済もまた、刀剣の知識に長けていたのではないかと思われるのです。

実は福岡藩黒田家は、長年、後継者問題に頭を抱えていました。6代藩主「黒田継高」(くろだつぐたか)は、4男11女に恵まれていたのですが、ほとんどの子どもが死亡。男系のみならず女系の血統も途絶えてしまい、江戸幕府の提案により、一橋徳川家の初代当主「徳川宗尹」(とくがわむねただ)の五男を1763年(宝暦13年)に7代藩主「黒田治之」(くろだはるゆき)として養子に迎えることとなったのです。

しかし、その黒田治之は30歳という若さで嗣子がないまま逝去。このため、多度津藩(たどつはん:現在の香川県)藩主「京極高慶」(きょうごくたかよし)の七男を1781年(天明元年)に8代藩主「黒田治高」(くろだはるたか)として養子に迎えますが、またもや29歳という若さで逝去。そして黒田斉清の父、9代藩主・黒田斉隆もまた早世となっていたのです。

刀 無銘 真長とは?

刀 無銘 真長は、腰反りの付いた、品格のあるとても美しい姿。大磨上げで、表裏に棒樋(ぼうひ)も入っています。地鉄は小板目肌(こいためはだ)がよく詰み地沸(じにえ)がよく付き、乱映りが立つ。刃文は、出来で、直刃調に小互の目(こぐのめ)、小丁子乱(こちょうじみだれ)が交じり、帽子は三作帽子で、真長の特徴がよく表れた代表作であると言えるのです。

本刀は、刀匠・真長が作刀したと伝わる1振。真長は「真に長い」という長寿を意味する縁起が良い名前です。黒田斉清に対しても、福岡藩主黒田家に対しても、「真に長く生きて欲しい」という願いを込めて、この刀が選ばれたのではないでしょうか。

刀 無銘 真長
刀 無銘 真長
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.8
所蔵・伝来
黒田斉清 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

黒田斉清伝来の刀 無銘 真長

黒田斉清伝来の刀 無銘 真長をSNSでシェアする

「歴史上の人物と日本刀」の記事を読む


勝海舟と海舟虎徹

勝海舟と海舟虎徹
「勝海舟」は、幕末時代に江戸城の「無血開城」を実現させた人物です。日本はこれによって、江戸時代から明治時代へ、近代国家のスタートを切りました。江戸城の無血開城は、暴力によって相手を制するのではなく、話し合いによって実現しましたが、じつは勝海舟は剣術家としても優れた腕前を持っていたのです。また、愛刀家であったため、著名な刀工が作刀した刀を多く所有していました。そのコレクションのひとつに「海舟虎徹」(かいしゅうこてつ)と呼ばれる刀が存在。日本を近代国家へ導いた勝海舟とは、どのような人物だったのか。そして、勝海舟の愛刀として著名な海舟虎徹とは、どのような刀なのか。刀剣ファンなら知っておきたい、勝海舟と愛刀海舟虎徹についてご紹介します。

勝海舟と海舟虎徹

紀州徳川家の家老・三浦将監の刀 銘 和泉守兼定作

紀州徳川家の家老・三浦将監の刀 銘 和泉守兼定作
「紀州徳川家」とは、紀伊国(現在の和歌山県と三重県南部)を治めた徳川家康の十男「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)を祖とする一族です。その家老「三浦将監」(みうらしょうげん)の指料(さしりょう:腰に差す刀剣)が、「刀 銘 和泉守兼定作[金象嵌]二ツ胴 三浦将監所持」。名匠「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)が作刀し、1996年(平成8年)に「特別重要刀剣」に指定された名刀です。どうして三浦将監の指料となったのか、その謎に迫ります。

紀州徳川家の家老・三浦将監の刀 銘 和泉守兼定作

徳川慶喜と長巻 銘 備前長船住重真

徳川慶喜と長巻 銘 備前長船住重真
「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)は、幕末期に「大政奉還」などの大胆な政策を実行した江戸幕府15代将軍です。徳川慶喜が「最後の将軍」であることは知っていても、その人物像までは深く知らない人も多いのではないでしょうか。また徳川慶喜は、「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)が主人公のNHK大河ドラマ「青天を衝け」(せいてんをつけ)に、実父「徳川斉昭」(とくがわなりあき)と共に登場したことがきっかけとなり、にわかに注目を集める人物。そんな徳川慶喜について、徳川斉昭との関係を軸にして、その人となりをご紹介すると共に、徳川慶喜の愛刀「長巻 銘 備前長船住重真」についても解説します。

徳川慶喜と長巻 銘 備前長船住重真

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定
「明治天皇」は、明治時代を切り開いた近代日本の指導者であり、「大正天皇」はその明治天皇の三男。そして、大正天皇の長男「昭和天皇」は太平洋戦争という大波を乗り越えた人物です。ご紹介する大正天皇は、在位期間が15年ほどであったことから一般的には影の薄い天皇と言われることもあります。しかし、大正天皇も他の皇族に倣い儀式においては、多くの日本刀を授かる機会を持ちました。刀工である11代目「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ:会津兼定とも)は、こうした名誉ある機会を得て皇太子時代の大正天皇に刀を献上。大正天皇と11代目和泉守兼定のこと、そして11代目和泉守兼定が打った「刀 銘 大日本兼定」についてご紹介します。

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継
「徳川家康」の跡を継ぎ、江戸幕府2代将軍となった「徳川秀忠」には、5つ上の兄がいたことをご存知でしょうか。武将としての実力は徳川秀忠よりも勝っていたとも言われている兄の名は「結城秀康」(ゆうきひでやす)。戦国武将の期待の星とされていました。では、なぜ弟・徳川秀忠よりも武功のあった結城秀康は将軍になれなかったのでしょうか。徳川家康の子でありながら「結城」姓を名乗っているなど、謎に包まれた徳川家康の次男・結城秀康の生涯を探ると共に、結城秀康に仕えた刀工「越前康継」(えちぜんやすつぐ)についてご紹介します。

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広
「鍋島茂紀」(なべしましげのり)とは、江戸時代初期に活躍した佐賀藩(現在の佐賀県)の藩士です。藩主・鍋島家の親類同格で、自治領・武雄(たけお:現在の佐賀県武雄市)の領主をしていました。切れ味が鋭くて有名な、佐賀藩の御用刀工「藤原忠広」(ふじわらただひろ)に薙刀直しの脇差を注文し、愛用した人物。鍋島茂紀の生涯や刀工・藤原忠広が作る刀剣の特徴、化け猫騒動について詳しくご紹介します。

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀
「薙刀 銘 直光」は、江戸時代末期に幕臣によって結成された「京都見廻組」(きょうとみまわりぐみ)を指揮した「岩田通徳」(いわたみちのり)が所持した薙刀です。作刀したのは「細田直光」(ほそだなおみつ)。細田直光は刀鍛冶として優れていましたが、時代に翻弄された結果「贋作の名人」として有名になってしまった人物です。岩田通徳と細田直光の来歴を追っていきながら、薙刀 銘 直光について、詳しくご紹介していきます。

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之
「刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之」(かたな めい えんりゅうさいたちばなくにひでこれをきたえる)は、幕末の国学者で尊王攘夷派(そんのうじょういは:天皇を尊び、外国を排斥しようとする一派)として活動した「宮和田光胤」(みやわだみつたね)の愛刀とされています。宮和田光胤は、「千葉周作道場」(ちばしゅうさくどうじょう)にて「北辰一刀流」(ほくしんいっとうりゅう)の免許皆伝を受けた剣客という顔も持っていました。 本刀の制作者「立花圓龍子国秀」(たちばなえんりゅうしくにひで)は、江戸末期の刀工で「中山一貫斎義弘」(なかやまいっかんさいよしひろ)の門下に入り、上野国(上野国:現在の群馬県)や相模国鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)で作刀。「坂本龍馬」もまた、国秀の日本刀を佩刀していたことは有名です。坂本龍馬と千葉周作道場の同門だった尊王攘夷派の剣客・宮和田光胤について述べると共に、国秀作の刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之について解説します。

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武
江戸時代初期の刀工である「出雲大掾藤原吉武」(いずもだいじょうふじわらよしたけ)は、またの名を「出雲守藤原吉武」(いずものかみふじわらよしたけ)、あるいは「堀川吉武」と言います。「堀川」の姓からも分かる通り、吉武は稀代の名工として名を馳せた「堀川国広」の一門でした。 ご紹介する打刀と脇差は、上級旗本で伊勢山田奉行を務めた「長谷川重章」(はせがわしげあき)が特別注文した逸品です。注文主である長谷川重章と、刀工の出雲大掾藤原吉武は、どのような人物だったのかを解説すると共に、吉武が手掛けた刀剣の魅力に迫ります。

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武

注目ワード
注目ワード