名家に代々伝えられた日本刀

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

文字サイズ

日本各地に異なる系統が見られる「池田氏」のなかでも、江戸時代初期頃に全盛期を迎えた近世大名の「池田家」は、備前国岡山藩(現在の岡山県岡山市)を筆頭に、播磨国(現在の兵庫県南西部)や淡路国(現在の兵庫県淡路島)などの諸藩を領有していました。代々岡山藩の藩主として、そして外様大名としての池田家が、どのような歴史を辿って発展したのかをご説明すると共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する同家伝来の刀剣2振について解説します。

近世大名・池田家のルーツと歴史

池田恒利

池田恒利

池田氏には、摂津国(現在の大阪府北中部、及び兵庫県南東部)の荘官が始祖となった「摂津池田氏」や、その摂津池田氏から出た「池田泰継」(いけだやすつぐ)から始まった「美濃池田氏」(みのいけだし)など、複数の一族が存在していました。

そのなかで、近世大名であった池田家のルーツには諸説あり、一説には摂津池田氏に属していた「池田恒利」(いけだつねとし)が、尾張国(現在の愛知県西部)に移住したことが始まりであったと伝えられています。

池田恒利は当初、室町幕府12代将軍「足利義晴」(あしかがよしはる)に仕えていました。そののち尾張に移ってからは「織田信長」の父「織田信秀」(おだのぶひで)の家臣となったのです。

また、池田恒利の嫡男であり、織田信長の乳兄弟でもあった「池田恒興」(いけだつねおき)別名「池田信輝」(いけだのぶてる)は、幼少の頃から織田信長に小姓として仕え、「姉川の戦い」や「長島一向一揆」など、数々の合戦で大きな武功を挙げていました。

1582年(天正10年)の「本能寺の変」により、主君・織田信長が没すると、池田恒興は「豊臣秀吉」に仕えることに。このときに池田恒興は、「大垣城」(おおがきじょう:岐阜県大垣市)130,000石を賜りましたが、1584年(天正12年)に勃発した「小牧・長久手の戦い」に豊臣軍として参戦するも、嫡男「池田元助」(いけだもとすけ)と共にあえなく戦死。

そののち、池田恒興の次男「池田輝政」(いけだてるまさ)が、同合戦で敵対した「徳川家康」に近付き、その次女である「督姫」(とくひめ)と結婚。これによって池田家は、外様でありながら、「徳川家」と懇意な間柄となっていったのです。

さらに池田輝政は、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」で徳川方の東軍に属して活躍。その功により池田輝政は、播磨国520,000石に封じられ、姫路藩(現在の兵庫県姫路市)の初代藩主となります。

岡山城

岡山城

1603年(慶長8年)には、池田輝政の次男「池田忠継」(いけだただつぐ)が備前国(現在の岡山県東南部)280,000石を授かり、岡山藩(現在の岡山県岡山市)の初代藩主に就任。

さらに1610年(慶長15年)には、同じく三男の「池田忠雄」(いけだただかつ)が淡路国(現在の兵庫県淡路島)63,000石を与えられ、洲本藩(現在の兵庫県洲本市)藩主となりました。

このような経緯により、池田家は合計約899,000石を領する大大名となったのです。

1615年(慶長20年/元和元年)に池田忠継が亡くなると、池田忠雄が家督を継ぎ、岡山藩2代藩主となります。そののち、姫路藩や鳥取藩(現在の鳥取県)の藩主を務めていた「池田光政」(いけだみつまさ)が、岡山藩を相続しました。同藩は、その末裔達によって明治時代まで存続しています。

しかし岡山藩池田家は、皇族であった「順宮厚子内親王」(よりのみやあつこないしんのう)と結婚した「池田隆政」(いけだたかまさ)の代で断絶してしまったのです。

池田家紋に見る織田家との関係

岡山藩主 池田家紋「備前蝶」

岡山藩主 池田家紋「備前蝶」

池田家が戦国時代という乱世を生き抜いて大大名となるほどに繁栄したのは、前述した通り、池田輝政が徳川家康と姻族関係を結んだことが背景にあります。

最終的に天下統一を果たしたのが徳川家康であることから、池田輝政は有力者の懐に入るのが上手であったと言えるのです。

そんな池田輝政の性格が、父・池田恒興譲りであったのかもしれないことが窺える逸話が、岡山藩の池田家が用いていた家紋の意匠に見られます。

それは、図案化した揚羽蝶をモチーフとした「備前蝶」の紋章です。もともと蝶の意匠は、「桓武平氏」(かんむへいし)の一族が、家紋に用いていました。平氏と言えば、平安時代後期に「源氏」と覇権争いを繰り広げていた一族。その当時、平氏と源氏が交代で政権を握っていたことから、「源平交代思想」と呼ばれる俗説が、織田信長の時代に一部で広がっていました。

そのため織田信長は、源氏の流れを汲み、室町幕府を開いた「足利家」の次に天下を取るのは自分であると平氏を称するようになります。そして織田信長は、自身の家紋に平氏の象徴である蝶紋を施すことにしたのです。

そんな織田信長の小姓として、「織田家」に出入りしていた池田恒興。身の回りの世話だけではなく、織田信長の遊び相手も務めていました。このとき、池田恒興は、織田信長の父・織田信秀から気に入られ、蝶紋があしらわれた麻袴(あさばかま)を賜ります。

このできごとが由来となり、池田家の家紋には蝶の意匠が用いられるようになりました。つまり池田家紋の備前蝶は、織田家と池田家が厚い信頼関係を築いていた証しとも言えるのです。

そして、織田家の後継者を決めるために、織田信長の没後に開かれた「清洲会議/清須会議」(きよすかいぎ)に池田恒興は、同家に仕えた重臣4人のうちのひとりとして出席。このことからも池田恒興は、織田家に重用されていたことが窺えるのです。

池田家に伝来した2振の刀

戦国時代の様々な合戦において、一族で大きな活躍を見せていた池田家。彼らが多くの武功を挙げられたのは、同家に伝来していた名刀の数々を、合戦で用いていたからかもしれません。刀剣ワールド財団の所蔵刀のなかで、池田家に伝来した打刀太刀を1振ずつご紹介します。

刀 無銘 伝来国次

本刀を作刀したと推測される「来国次」(らいくにつぐ)は、鎌倉時代中期以降に、山城国(現在の京都府南部)で繁栄した刀工一門「来派」(らいは)に属する刀工です。

来国次は、同派を代表する名工「来国俊」(らいくにとし)の娘婿であった縁から、当初は同工に師事していました。そののちは鎌倉に移り、「相州伝」の鍛法を完成させた「正宗」(まさむね)の門下に入ります。これが背景となり来国次は、「鎌倉来」とも呼ばれているのです。

また来国次は、正宗に学んだ10人の高弟「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりに数えられるほど、高い作刀技術を持っていました。そのため、中古刀期(元応~長禄年間[1319~1460年])における「最上作」に列せられています。

本刀に見られる大きな特徴は、地刃共に(にえ)が強く現れていること。これに加えて、地景(ちけい)が目立ち、鋒/切先(きっさき)が延びごころとなるなど、来国次が学んだ相州伝の作風が顕著に示されています。

その一方で、来国次の本国で成立した「山城伝」の作刀を彷彿させる優美な姿になっていることから、山城伝と相州伝を掛け合わせた作風を得意としていた、来国次による作刀であると鑑せられるのです。

刀 無銘 伝来国次
刀 無銘 伝来国次
無銘
鑑定区分
重要美術品
刃長
67.0
所蔵・伝来
岡山藩 藩主 池田家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

大太刀 銘 兼高作

本太刀を手掛けた「兼高」(かねたか)は、五箇伝(五ヵ伝、五ヶ伝)の中で最も新しい時代に発生した「美濃伝」の刀工です。同伝において兼高は、室町時代中期以降に繁栄した「末関鍛冶」(すえせきかじ)として、「三阿弥派」(さんあみは)に属していました。

また本太刀は、通常の太刀に比べて刀身の寸法が長大である「大太刀」に分類される1振です。大太刀のなかでも実戦での使用を想定した「野太刀」(のだち)である本太刀は、(つか)が長めに作られていることが特徴のひとつ。合戦の場では、馬上で振り回すことで、敵を攻撃していたと考えられているのです。

野太刀としての性能を持つ本太刀は、身幅(みはば)や重ね(かさね)などが、実戦に耐え得る堅牢な造込み(つくりこみ)になっており、その鋒/切先はごくわずかに延びています。また、刃中に砂流し(すながし)がかかり、美濃伝の大きな特色である「地蔵帽子」が小丸に長く返るなど、賑やかな作風であるのも特徴です。

長大な大太刀であるにもかかわらず、綻び(ほころび)がまったくなく、見事な出来映えである本太刀は、兼高の秀でた作刀技術を大いに示す名刀です。

大太刀 銘 兼高作
大太刀 銘 兼高作
兼高作
鑑定区分
未鑑定
刃長
107
所蔵・伝来
池田家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)
室町時代の守護大名として、最大で11ヵ国にも及ぶ所領を有していた「山名家」。主に山陰地方において、同家が大きな勢力を誇ることになったのは、「室町幕府」が開かれたあと、伯耆国(現在の鳥取県中西部)の守護職に任じられたことから始まります。そんな山名家に伝来したのが、同国で作刀活動を行っていた名工「伯耆国宗」(ほうきくにむね)による「太刀 銘 国宗」です。どのような経緯を経て、山名家が隆盛を極めるまでに至ったのか、同家の歴史を辿ると共に、国宗による本太刀の詳細についてもご説明します。

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光
「徳川将軍家」と言えば、江戸幕府の初代将軍「徳川家康」の一族のこと。武力、財力共に日本一の成功者。江戸幕府は滅びましたが、徳川将軍家に伝わる宝物は、現在も「徳川美術館」(愛知県名古屋市)などに数多く所蔵され、輝き続けています。そんな貴重な徳川将軍家伝来の太刀1振が、刀剣ワールド財団の所蔵となりました。重要文化財(旧国宝)「太刀 銘 備州長船住景光 正和五年十月日」について、詳しくご紹介します。

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀
「久保田藩」は、江戸時代に出羽国秋田(でわのくにあきた:現在の秋田県)を領地とした藩で、別名「秋田藩」。室町時代以降、「常陸国」(ひたちのくに:現在の茨城県)で代々守護を務めていた佐竹氏が秋田へ国替えとなって藩主となり、初代は豊臣政権下で活躍した名将「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)が務めました。今回は東北の地・秋田を260年に亘って統治した佐竹家をご紹介すると共に、久保田藩佐竹家に伝来した「福岡一文字」(ふくおかいちもんじ)の名刀を観ていきましょう。

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞
南北朝時代に制作されたと伝わる「短刀 銘 吉貞」は、「水戸徳川家」に伝来した1振です。同家は江戸幕府の開府後、幕府によって常陸国水戸(ひたちのくにみと:現在の茨城県水戸市)に移された徳川家の一族であり、「尾張徳川家」や「紀州徳川家」と共に「徳川御三家」のひとつに数えられる名門中の名門。時代劇「水戸黄門」でお馴染みの水戸藩2代藩主「徳川光圀」(とくがわみつくに)も、水戸徳川家の出身です。ここでは、吉貞が伝来した水戸徳川家と水戸藩に焦点を当てつつ、吉貞の歴史や特徴について解説します。

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

安芸吉川家と名刀 備州長船近景
「長船近景」(おさふねちかがけ)は、日本の代表的な刀剣の産地である、備前国(現在の岡山県東南部)の刀工。その作刀のいくつかは、「国宝」や「重要文化財」などに指定されるほどの高い技術力を持った名工でした。 そんな長船近景による作刀のひとつである「刀 銘 備州長船近景」を所有していたのが、江戸時代に代々周防国岩国藩(すおうのくにいわくにはん:現在の山口県岩国市)の藩主を務め、明治時代には「子爵」(ししゃく)の爵位を授けられた、「吉川家」(きっかわけ)宗家にあたる「安芸吉川家」(あききっかわけ)と伝えられているのです。ここでは、安芸吉川家の歴史を振り返ると共に、同家に伝来した刀 銘 備州長船近景についてご紹介します。

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作
「有栖川宮家」(ありすがわのみやけ)は、江戸時代から大正時代にかけて存続した、由緒正しい宮家(宮号を与えられた皇族)です。特に、「有栖川宮熾仁親王」(ありすがわのみやたるひとしんのう)と「有栖川宮威仁親王」(ありすがわのみやたけひとしんのう)は、刀剣好きと知られています。有栖川宮家の歴史と有栖川宮家にまつわる刀剣について、詳しくご紹介します。

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)
薙刀の必殺技「大外刈」(おおそとがり)の号を持つ「薙刀 無銘 片山一文字」。この薙刀を最初に所持していたのは、薙刀の名手と言われた「山口修弘」(やまぐちながひろ)です。豊臣秀吉から賜ったこの薙刀はそののち、どのようにして加賀百万石を誇る前田家へと伝わったのでしょうか。薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)について、詳しくご紹介します。

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀
徳川将軍家の世継ぎ誕生の折に「徳川御三家」や大名家より、度々献上された刀剣が「守家」(もりいえ)作の「太刀 銘 守家」です。その名前が「家を守る」といった意味にもなることから、縁起の良い日本刀だとして重宝されました。刀工・守家と、代々繁栄した徳川家についてご紹介します。

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀

酒井家の恒次

酒井家の恒次
「徳川四天王」筆頭とされる三河国(現在の愛知県東部)の戦国大名「酒井忠次」(さかいただつぐ)。この酒井家に伝来した刀剣「刀[折返銘]恒次[左近将監・備前]」は、鎌倉時代後期に備前国(現在の岡山県東南部)長船にて活躍した刀工「左近将監恒次」(さこんのしょうげんつねつぐ)によって作刀されました。酒井家の歴史と酒井家に伝来したと伝わる「恒次」(つねつぐ)という折返し銘が入った特別重要刀剣についてご紹介します。

酒井家の恒次

注目ワード
注目ワード