戦国武将一覧

土岐頼芸

文字サイズ

「土岐頼芸」(ときよりのり)は、美濃国(現在の岐阜県)に栄えた土岐家の次男として生まれ、実兄「土岐頼武」(ときよりたけ)との熾烈な家督争いに打ち勝ち、美濃国守護(しゅご:鎌倉・室町幕府が置いた地方官)に上り詰めた戦国武将です。しかし、時は下剋上の時代。自身が守護代に任命した「斎藤道山」(さいとうどうさん)に裏切られ、美濃国を追われることとなります。土岐頼芸は、天下人「織田信長」の父で、「尾張の虎」と称された「織田信秀」(おだのぶひで)を頼り、斎藤道三と和睦しますが、最終的には11代続いた美濃国守護の地位を手放し、流浪の人生へと転落。81歳にして美濃国へ戻りますが、直後にその生涯を終えた人物です。激動の戦国時代を生きた土岐頼芸についてご紹介します。

実兄との家督争いに勝利した土岐頼芸

名門・土岐家の次男として誕生

土岐頼芸のイラスト

土岐頼芸

1501年(文亀元年)、「土岐頼芸」(ときよりのり)は美濃国(現在の岐阜県)の守護「土岐政房」(ときまさふさ)の次男として生まれました。

土岐政房の嫡男は、土岐頼芸より2歳年上の実兄「土岐頼武」(ときよりたけ)。

土岐氏は、第56代天皇「清和天皇」を祖とする清和源氏の嫡流であり、室町幕府の政権運営にも関与した名門と言われています。

また、美濃国は701年(大宝元年)に定められた街道のひとつ「東山道」(とうさんどう)の要所であり、群雄割拠の戦国時代には多くの歴史的戦いの舞台となりました。

兄弟間における家督争いで敗北

土岐政房は、幼い頃より長男の土岐頼武よりも、次男の土岐頼芸を寵愛しており、結果的に実の兄弟間で熾烈な守護職争いへと発展していきます。また、守護代でもあった土岐氏の重臣・斎藤氏が衰退し、その座を狙う長井氏が台頭。重臣も、斎藤氏は土岐頼武派、長井氏は土岐頼芸派に分かれ、ついには実戦に突入することとなるのです。

初戦となった1517年(永正14年)の戦いでは、兄の土岐頼武が大勝、しかし翌年の1518年(永正15年)の戦いでは、土岐頼芸に軍配が上がります。勝った土岐頼芸は、兄を越前国(現在の福井県)に追放。しかし、土岐頼武も諦めることなく再び美濃に侵攻し、1519年(永正16年)に起こった3度目の争いで、土岐頼芸は敗北してしまうのです。

また同年、父の土岐政房が亡くなり、土岐頼武が美濃国守護に就任。土岐頼芸は、土岐頼武の居城「稲葉山城」(いなばやまじょう:のちの岐阜城[岐阜県岐阜市])から見下ろすことができる山城「鷺山城」(さぎやまじょう:岐阜県岐阜市)に追いやられ、不遇のときを過ごします。

実兄・土岐頼武を破り、美濃国守護に就任

1525年(大永5年)、土岐頼芸に起死回生の機会が訪れます。土岐家の重臣「長井長弘」(ながいながひろ)と、その家来「西村新左衛門尉」(にしむらしんざえもんのじょう:のちの長井新左衛門尉)らが、土岐頼芸を擁立し、挙兵。

この西村新左衛門尉は、僧から還俗(げんぞく:出家した僧が俗人に戻ること)して着々と出世した人物で、息子は「西村勘九郎」(にしむらかんくろう)と言いました。実は、この西村勘九郎こそ、のちに「美濃の蝮」と恐れられた「斎藤道三」(さいとうどうさん)なのです。

1530年(享禄3年)、土岐頼芸は長井氏の協力により、ついに土岐頼武を追放。1536年(天文5年)には、室町幕府からも正式な美濃守護として認められました。土岐頼芸は、守護の座を獲得するために協力した、長井氏や西村新左衛門尉を信用し、統治運営でも重用するようになります。

美濃の蝮こと斎藤道三の裏切りで没落

守護代に命じた斎藤道三による攻撃

斎藤道三

斎藤道三

土岐頼芸が美濃守護に就任したことは、兄・土岐頼武を支えていた斎藤氏の衰退も意味していました。

また、1538年(天文7年)に土岐頼芸の父・斎藤政房の時代から守護代を務めていた「斎藤利良」(さいとうとしなが)が死去したことで、守護代の斎藤氏は断絶。

土岐頼芸は、1533年(天文2年)、父・西村新左衛門尉の死去に伴い、家督を継いでいた息子の西村勘九郎に斎藤氏を継がせ、守護代に任命します。

西村勘九郎は、「斎藤新九郎利政」(さいとうしんくろうとしまさ)、のちに「斎藤秀龍」(さいとうひでたつ)と名乗り、次第に権力を増大させていき、遂には土岐頼芸とも敵対するようになるのです。

斎藤秀龍は、1542年(天文11年)、土岐頼芸の居城であった「大桑城」(おおがじょう:岐阜県山県市)を攻撃。土岐頼芸は、尾張国(現在の愛知県)に逃げ延びます。土岐頼芸は、「織田信長」の父親であり、尾張国の守護代「織田信秀」(おだのぶひで)に協力を要請。織田信秀の支援を受けて斎藤秀龍と和睦し、守護に復帰します。

11代続いた美濃国守護を手放し、土岐氏没落へ

なんとか守護に復帰した土岐頼芸でしたが、復帰から2年後の1547年(天文16年)、兄の土岐頼武の死去をきっかけに、再び斎藤秀龍による攻撃が始まりました。

土岐頼芸は再度、織田信秀に協力を要請しますが、織田氏と斎藤氏が和睦。斎藤新九郎利政の娘「帰蝶」(きちょう:通称・濃姫)が、織田信秀の息子・織田信長と結婚し、斎藤秀龍は、ますます勢力を拡大していくこととなります。また1549年(天文18年)、斎藤新九郎利政は入道し、斎藤道三と名乗りました。

そして、1552年(天文21年)、斎藤道三による3度目の大桑城攻めが始まると、土岐頼芸は美濃国を追放され、美濃守護として11代続いた土岐家は没落してしまったのです。

土岐頼芸の晩年

全国を流浪し、美濃国で死去

美濃国を出た土岐頼芸は、実の弟「土岐治頼」(ときはるより)を頼り、常陸国(現在の茨城県)へ身を寄せます。土岐治頼は、「江戸崎城」(えどさきじょう:茨城県稲敷市)の城主を務めており、土岐頼芸は、土岐家宗家の家宝や家系図をすべて土岐治頼に移譲。

そののちの足取りは、土岐頼芸の従妹であり、上総国(現在の千葉県)の「万喜城」(まんぎじょう:千葉県いすみ市)城主「土岐為頼」(ときためより)や、近江国(現在の滋賀県)の六角氏などに寄宿したとも伝わりますが定かではありません。

織田信長

織田信長

しかし、武田氏が治める甲斐国(現在の山梨県)に身を寄せていたところ、1582年(天正10年)織田信長により武田氏が滅亡。

土岐頼芸は、織田信長に捕らえられ、尾張国で蟄居の身となります。

そののち、土岐氏の旧臣「稲葉一鉄」(いなばいってつ)に迎えられ、美濃国に帰還。

稲葉一鉄が設けた寺「東春庵」(現在の法雲寺:岐阜県揖斐郡)で余生を過ごしますが、まもなく病気により81歳の生涯を終えました。

文武両道・土岐頼芸の佩刀「無銘 伝志津」

戦国随一とも言えるほどの策士であり、劇的な下剋上を成し遂げた斎藤道三の引き立て役となってしまったとも言える土岐頼芸ですが、自身も少年時代より戦を重ねた戦国武将

また、和歌にも通じ画才に優れ、特に鷹の絵を得意としていたと言います。「土岐洞文」(ときとうぶん)の印を持つ「鷹図」が現存しており、この土岐洞文は、土岐頼芸と同一人物とする説もあるのです。

文武両道とも言える土岐頼芸が佩用(はいよう:腰から下げること)したと伝わるが、美濃伝の「刀 無銘 伝志津」。美濃伝は、美濃国で南北朝時代に誕生し、戦国時代に繁栄した五箇伝(五ヵ伝、五ヶ伝)の一派です。「志津」とは、名匠志津三郎兼氏」(しづさぶろうかねうじ)のことで、大和伝相州伝を加味し、新しい美濃伝を創始した人物として知られています。

刀 無銘 伝志津(土岐頼芸佩刀)
刀 無銘 伝志津(土岐頼芸佩刀)
無銘
鑑定区分
重要美術品
刃長
73.3
所蔵・伝来
土岐頼芸
(ときよりのり)→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

土岐頼芸

土岐頼芸をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


那須与一

那須与一
鎌倉幕府の「御家人」(ごけにん)として、同幕府初代将軍「源頼朝」に仕えていた「那須与一」(なすのよいち)。いわゆる「源平合戦」における一連の戦いのひとつである「屋島の戦い」(やしまのたたかい)にて、「扇の的」に矢を見事命中させたほどの「弓の名手」として知られています。しかし、その逸話と那須与一の名前は、軍記物の「平家物語」などに登場するのみであるため、それらの真偽のほどは謎に包まれた部分が多いのです。平家物語や「源平盛衰記」(げんぺいせいすいき/げんぺいじょうすいき)などに伝わるところから、那須与一の生涯について紐解きつつ、人物像にも迫っていきます。

那須与一

山内一豊

山内一豊
「山内一豊」(やまうちかずとよ)と言えば、「司馬遼太郎」(しばりょうたろう)の名著「功名が辻」(こうみょうがつじ)の主人公としても知られる戦国武将です。妻の「千代」(ちよ)による内助の功などにより大出世を果たし、やがて土佐国(現在の高知県)202,600石の大名へと出世を遂げました。伝記によれば、山内一豊は口数の少ない穏和な性格で、華々しい武勲もそれほど多くなかった戦国武将でしたが、その反面、「織田信長」や「豊臣秀吉」、「徳川家康」という天下人達から厚い信頼を得ていたのです。 そんな山内一豊の生涯を追いながら、妻と共に果たした立身出世の道のりを辿っていきます。

山内一豊

蒲生氏郷

蒲生氏郷
「織田信長」や「豊臣秀吉」などの天下人に一目置かれながら、40歳の若さで生涯を閉じた「蒲生氏郷」(がもううじさと)。数々の戦場で武功を立てただけでなく、領地の経営や家臣団の統制にも長け、「世に優れたる利発人」と称された戦国武将でした。その一方で、キリシタン大名や「千利休」(せんのりきゅう)の高弟「利休七哲」(りきゅうしちてつ)のひとりとしての顔も持ち、当代きっての文化人としても知られた人物です。「六角氏」(ろっかくし)の重臣一族から「織田家」の家臣、そして、東北一の大大名へとのし上がった蒲生氏郷の生涯をたどり、その人物像に迫っていきます。

蒲生氏郷

最上義光

最上義光
「最上義光」(もがみよしあき)は、出羽国(現在の山形県・秋田県)の小さな勢力であった「最上家」を、東北有数の大大名へと押し上げた武将です。父や弟との骨肉の争いに始まり、調略を駆使して領土を拡大しましたが、一方で合戦の際には、勇猛果敢な戦いぶりを見せ、「虎将」とも称されました。そんな最上義光の戦いの軌跡や、逸話から見える人物像に注目。ほぼ一代で、東北の大大名へとのし上がった、その生涯に迫っていきます。

最上義光

結城秀康

結城秀康
「結城秀康」(ゆうきひでやす)は「徳川家康」の子でありながら、数奇な運命を背負った戦国武将です。元服前には「豊臣秀吉」の養子に出されただけでなく、豊臣秀吉が甥の「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)を後継者に定めると、下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部、茨城県南西部)の「結城晴朝」(ゆうきはるとも)の養子となり、豊臣家の中枢から遠ざけられました。天下人の家に生まれながら不遇な目に遭い、それでも道を切り開いた結城秀康にまつわる数々の逸話をご紹介すると共に、その生涯を辿っていきます。

結城秀康

山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元

毛利元就

毛利元就
「毛利元就」(もうりもとなり)は、安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の国人領主から、中国地方全域を統一した戦国時代の豪傑。幼少期に両親を失い、19歳で兄を失い、さらに甥までをも亡くしたことで、次男にして毛利家の家督を相続します。権謀術に長け、稀代の策略家としても有名な武将です。一代で中国地方統一を成し遂げた、毛利元就の生涯を見ていきましょう。

毛利元就

注目ワード
注目ワード