日本刀を所有する

刀屋とは

文字サイズ

自身の好みに合う日本刀を手に入れるのは、刀剣に興味を持つ人ならば誰しも思うこと。けれど刀剣初心者の場合、「いざ購入しよう」となったとしてもどんな風に選べばいいのか分かりません。あるいは、家に代々伝わる日本刀などの売却を考えている場合なども買取方法が分からなくて困ることがあります。 そんなときどこに相談するのが1番良いかと言えば、日本刀を専門に扱う「刀屋」がおすすめです。刀屋でしたら安心して販売や買取を任せることができます。では、刀屋では具体的にどのように刀剣販売・刀剣買取を行っているのかを解説していきましょう。

日本刀を購入する前に

刀屋

刀屋

刀剣初心者の方は日本刀を買うのに「特別な許可がいるのではないのか」と疑問に思う人が多いと言います。刀剣は、買う側に特別な資格は必要なく、誰でも購入することができるのです。

しかし、刀剣の購入に焦りは禁物。店頭販売で購入することを考えている場合は、最初に好みや目的、予算、求めている日本刀のイメージをはっきりさせておきます。

ひとくちに刀剣といっても、太刀打刀脇差短刀など形も長さも様々な種類があり、地鉄(じがね)や刃文(はもん)の様子も大きく違うもの。刀屋に足を運んで、実際に手に取って鑑賞してみることが大切です。扱う刀剣や価格帯は店舗により異なるので、何軒か店を訪れて比較することも方法のひとつでしょう。

おすすめを知りたいときや分からないことがあるときも、スタッフに声をかけてアドバイスを受けることができます。さらに、日本刀の外装である「刀装具」も多くの店舗で販売され、例えば、「」(つば)だけを個別に購入することもできます。

甲冑(鎧兜)を置いている店舗もあり、鑑賞しながらお店の方と会話をするだけでも刀剣への理解が深まり楽しめることでしょう。刀屋が取り扱う主な商品は下記の通りです。

刀屋が刀剣販売・日本刀販売で扱う刀剣・日本刀の種類(例)
太刀 打刀 脇差
短刀鎧通 直刀
軍刀・サーベル 薙刀長巻
刀屋が刀剣販売・日本刀販売で扱う刀装具(例)
目貫
三所物(みところもの) 縁頭(ふちがしら) 小柄

刀屋に必須の「古物商許可証」

古物商の標識

古物商の標識

刀屋には必ずなくてはならない許可証が「古物商許可証」です。「古物」とは、「1度でも使用された物品」、「新品でも使用するために取引された物品」、「これらに少し手入れをした物品」のことを指します。

また法律では「古物営業法 第2条第1項」に定義され、警察署に古物営業の許可(美術品類)を申請し古物商許可証を取得しなければなりません。

古物商許可証には、取得したことの証明となる「古物商許可番号」の記載された標識(プレート)があります。この標識を必ずお客さんから見える位置に掲げることが義務付けられています。古物商許可証を取得している古物商であれば、日本刀の専門店ではない骨董店などでも刀剣販売・刀剣買取は可能。

しかし、骨董店などでは日本刀に詳しいスタッフを置いていることは稀で、日本刀の持つ価値を正当に判断できなかったり、偽銘(ぎめい:有名な刀工の銘を別の人があとから入れること)が分からなかったりすることがあるのです。そのため日本刀の知識を持つ専門スタッフ「刀剣評価鑑定士」のいる刀屋で購入するのがベストです。

「刀剣評価鑑定士」のいる刀屋

刀屋のなかでも刀剣評価鑑定士がいる店舗であれば、より的確なアドバイスをしてくれるため刀剣販売も刀剣買取の場合も一気に心強くなります。

刀剣評価鑑定士とは、日本刀の専門家であることを証明する民間資格で、全国の刀屋によって運営されている「全国刀剣商業協同組合」が創設。この資格試験を受験するためには、全国刀剣商業協同組合に5年以上加入していることと、古物商許可証を取得してから5年以上が経過していることなどの基準を満たしていなければいけません。

この資格は、日本刀の価値を正確に査定・評価することができると認められた人物に付与されます。つまり、刀剣評価鑑定士のいる刀屋であれば安心して日本刀の相談や購入がきるということです。

「銃砲刀剣類登録証」は日本刀所持に必須

日本刀の購入は誰でもできますが、日本刀を所持するには「銃砲刀剣類登録証」が必須となります。もし登録証がなければ、「銃砲刀剣類所持等取締法」違反となってしまうため、日本刀を所持することや買取してもらうことはできないのです。

日本刀を購入したらまずやること

銃砲刀剣類登録証

銃砲刀剣類登録証

基本的には日本刀の売買を専門にする刀屋で売られている物には銃砲刀剣類登録証が付属しているので、購入者が取得する必要はありません。ただし、登録証の所有者変更手続を購入した日から20日以内に行うことが義務付けられています。

登録証に記載されている都道府県の教育委員会へ、所有者変更届出書を持参もしくは郵送しましょう都道府県によっては、郵送以外にインターネットでの電子申請手続も可能です。届出用紙は、刀屋の店頭や教育委員会のホームページからもダウンロードができますので利用しましょう。

「銃砲刀剣類登録証」がない日本刀

祖父母の遺品整理や、蔵や物置などから日本刀が出てきたけれど銃砲刀剣類登録証がないことが分かっている場合は、すぐに警察署へ相談することをおすすめします。まず、日本刀は発見された状態のままにしておき、居住する警察署の生活安全課へ連絡。

その際、日本刀の取り扱いは担当部署からの指示に従い、所有者となる人物が日本刀と印鑑、身分証を持って警察署へ向かい届出の手続きをします。後日、都道府県の教育委員会より「登録審査会のお知らせ」が届いたら、登録審査会の日まで日本刀は自宅で保管。刀剣類発見届出済証があれば日本刀の不法所持にはなりません。

次に、指定された日時に日本刀と届出済証を持参し登録審査会に向かいます。ここで審査員により日本刀の長さや反りなどをチェックされ、美術品として所持するのに問題がなければ銃砲刀剣類登録証が交付。その際に、登録審査手数料として1振につき6,300円が必要となります。

刀屋で日本刀を購入する方法

刀屋で日本刀を購入するためには3つの方法があります。店頭で直接観たり触ったりすることのできる「店頭販売」。そして刀屋の方が家に来てくれる「出張販売」と、インターネットを活用する「通信販売」、冊子を見て商品確認ができる「カタログ販売」があります。

店頭販売は購入者が店舗に向かい、欲しい日本刀を自身の目で観て、触って、その上でしっかりとお店のスタッフとも意見交換をすることのできる購入方法です。対して出張販売と通信販売、カタログ販売にはどんな利点があるのかを解説していきます。

出張販売

出張販売は、刀屋のスタッフが購入希望者の家などへ商品の日本刀を持ってきてくれる販売方法です。刀屋の店舗へ向かわなくても日本刀を観ることができる方法のため大変便利。

しかしこれは長年、店舗を利用したお得意様向けの販売方法のため、懇意にしている刀屋との信頼関係が不可欠となります。刀屋によっては出張販売を行っていない店舗もありますので、出張販売を希望する方はまずお店に問合せをしてみましょう。

通信販売

昨今、インターネット通販を使えば実店舗に行かなくても必要な品が入手できる時代。生活用品や嗜好品に加えて美術品である日本刀もインターネットで購入することが可能です。実際、インターネットで通販サイトを運営している刀屋はとても多いことから、通販での購入希望者は多いことが分かります。

購入希望者はサイトに掲載されている刀剣の画像や解説文を見て、好みの1振を選ぶことができます。遠方の場合でも、家にいながらたくさんの商品を比較しつつ購入できるのが通信販売の魅力です。また、実際に店舗を訪ねようと考えている方も、事前に通販サイトを確認して商品や、おおよその値段を知っておくことができるのもインターネットのメリットと言えるでしょう。

また、実店舗を持たない刀屋による通信販売は、実店舗を運営する経費を節約できるので、その分商品の値段を下げることができるという強みもあります。

一方で、実物の日本刀を観ることができないため、画像では分からないような傷や錆の状態や、手にしたときの感覚などは、商品が届くまでは確認できないという不安要素も持ち得ます。また、返品が可能かどうかも事前に確認しておきましょう。

カタログ販売

商品カタログ(一例)

商品カタログ(一例)

刀屋のなかには、日本刀の商品カタログを発行している店があります。自宅にいながら日本刀を選ぶことのできる方法です。カタログを入手するには発行している刀屋の店頭、もしくは問合せをして郵送してもらうことなどが必要となります。

またカタログは無料の場合と有料の場合がありますので、事前に確認しましょう。店によってはカタログの定期購読も可能です。

しかし、カタログの場合は店舗と購入希望者の間に時間差が生じてしまうため、掲載されていても、実際に店舗に訪れてみると希望商品はすでに売り切れていたというケースもあります。そのためカタログで気になる日本刀を見付けたら、すぐに店舗に問合せをすることがポイントです。

さらにホームページなどからデジタルカタログをダウンロードすることができる刀屋もあります。デジタルカタログでしたら、冊子のようにかさばることもなく手軽にパソコンやスマートフォン上で閲覧することができて大変便利です。

また、日本刀だけではなく、鍔や(こうがい)、小柄(こづか)などの刀装具が掲載された商品カタログなどもあります。こうして日本刀販売以外にも、日本刀や刀装具、模造刀などのオーダーメイドをするためのカタログなども用意されているのです。

刀屋以外にも、全国の刀屋が集まる刀剣展示・即売会「大刀剣市」では、展示品のカタログがセットになった入場券も発売。事前に商品の写真や、状態などをチェックすることが可能です。なお、展示・即売会のカタログは発行部数に限りがあるため、希望する方は早めの購入をおすすめします。

刀屋で日本刀を買取してもらう方法

刀屋では、刀剣の販売以外にも刀剣や刀装具の買取も行っています。買取を必要とする方には「今持っている日本刀を売り、また新しい日本刀が欲しい」といった方から「祖父母から受け継いだけれど、保管や管理が難しそう」というような事情を持つ人など様々。そんなときに頼りになるのが刀屋です。刀剣の買取には、「店頭買取」(持込買取)、「出張買取」、「宅配買取」、「オンライン査定」があり、ここではそれら4種類についての解説をしていきます。

店頭買取

買取をしてもらうためにまず必要なことは、刀屋にいきなり訪問するのではなく、事前に電話やメールなどで連絡を入れることが大切です。刀屋には日本刀の専門的な知識を持ったスタッフが揃っていますが、実際の買取を行うことのできる人物が限られているためです。

連絡をする際も、買取の希望であること、買取を行う日本刀や付属品の状態などをできるだけ詳細に伝えます。刀屋によっては買取を希望する日本刀の写真などを希望される場合もあるので、日本刀と付属品の全体から細部までが良く分かるよう撮影し画像データをメールなどで送りましょう。

ジュラルミンケース

ジュラルミンケース

店頭に持ち込んで買取を行う場合は、刀屋の人から詳しい説明を聞くことができ、さらに疑問点があればすぐに聞くことができるという大きなメリットがあります。査定や買取を決めて店に行く日を予約したら、次は日本刀の持ち運び方です。

日本刀は専用の刀袋に入れるか、付属の箱や白鞘などがあればそこに収め、中身が飛び出さないよう厳重に梱包しなければなりません。

さらに移動中、周囲を不安にさせないためにも日本刀専用のジュラルミンケースやゴルフバッグなどに入れ、外見から日本刀であると分からないようにすることが肝要です。そして、必ず銃砲刀剣類登録証も忘れず持ちましょう。日本刀は美術品ではありますが、刃物でもあります。事故や事件に巻き込まれないためにも細心の注意を払うようにしましょう。

出張買取

出張買取は、刀屋のスタッフが約束した日時に自宅を訪れ、その場で査定をしてくれます。「買取をしてほしい日本刀がたくさんある」、「日本刀以外にも鍔や馬具、甲冑[鎧兜]などがあり持ち込みが難しい」、「忙しいので早急に処分したい」といった理由がある方は、出張買取を選択してみるのも方法のひとつです。

出張買取では、一度に多数の品物を査定してもらうことが可能。そして査定結果に納得できるようなら売却は成立、代金を受け取り、そのまま品物を運び出してもらいます。買い取ってもらう側の手間がかからず便利な買取方法です。また、店頭買取と同じく刀屋の方から査定についての細かな説明を聞くことができるメリットもあります。

宅配買取

「忙しくて刀屋に行く時間がない」、「刀屋まで遠くて行けない」といった理由で、店頭買取も出張買取も難しいという方には、宅配買取がおすすめです。刀屋へ連絡する際に宅配買取の希望を伝えれば、梱包・発送の方法を教えてくれます。

刀屋によって違いはありますが、段ボール箱や緩衝材、送り状、申込書類などがセットになった刀剣専用の宅配キットを送ってくれるところもあります。もちろん、そういった宅配キットがなくても自宅にある物で代用することも可能です。

大切にしていた日本刀が配送中に傷付くことがないよう、梱包は丁寧に行いましょう。なお、送り状の品名欄には「刀剣類」と書いてしてしまうと宅配便では送れない場合もありますのでご注意下さい。宅配を活用する際は、刀屋に細かな郵送方法についても確認しておきましょう。

郵送した日本刀が刀屋に到着すれば査定が開始されます。査定完了後に査定内容と買取価格の連絡がありますので、納得できれば売買成立。もし、査定結果に納得できなければ買取依頼を取り下げても構いません。後日、日本刀は着払いで自宅まで返送されるのが通例です。

オンライン査定

まだ買取してもらうかどうか決めかねている場合や、おおまかに金額を把握したい方などにオンライン査定はおすすめです。オンライン査定に必要な物は、買取を希望する日本刀の写真です。撮影機材も専用のカメラではなく、一定の解像度のあるスマートフォンやデジタルカメラで問題ありません。刀身はもちろんのこと、鞘・鍔・小柄・笄などの外装が付属していれば、全体と細部がよく見えるように撮影します。真剣を取り扱うので、怪我をしないように十分注意しましょう。

また、銃砲刀剣類登録証と、鑑定書(付属する場合)は、文字が読める解像度の画像が必要となります。撮影した画像は、メールなどに添付して送信。または、刀屋のホームページに「オンライン査定フォーム」があれば、フォーム内容に従い必要画像を添付して送信しましょう。

オンライン査定での結果は、画像を見た上でのおおよその金額です。査定価格に納得できたなら、次の段階である持込買取・出張買取・宅配買取へ進み、直接、刀屋による現物確認を行い最終的な買取価格が決定となります。

刀屋で日本刀の購入・買取を考える方へ

日本刀初心者の方は、刀屋に訪れること自体がややハードルが高いというイメージがあるかもしれません。だからこそ、ぜひ刀屋に相談してみることをおすすめします。刀屋は、無料で相談に応えてくれるところがほとんどで、気になる日本刀の形状や、時代、金額について気軽に相談することが可能です。

そして、刀屋では初心者の方をいつでも歓迎しているので「日本刀の知識がない」と気にする必要もありません。祖父母から受け継いだ日本刀や、蔵から出てきた日本刀などの買取を考えている場合も刀屋に相談してみましょう。

店頭買取や出張買取など選択肢も多く、買取希望者の要望にあったスタイルを選ぶことができます。また手放す予定がないとしても、査定・評価を依頼し、価値だけでも知っておくことをおすすめします。

刀剣買取・日本刀買取
お住まいの地域で刀剣買取・日本刀買取を行っている刀剣商(刀剣店)が検索できます。
刀剣販売・日本刀販売
お住まいの地域で刀剣販売・日本刀販売を行っている刀剣商(刀剣店)が検索できます。

刀屋とは

刀屋とはをSNSでシェアする

「日本刀を所有する」の記事を読む


日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀(真剣)を購入・所持する
憧れの日本刀(真剣)を手に入れるなら、事前に知っておくべきことがあります。それは、日本刀(真剣)に関する法律や相場、許可が必要なのか、どこで購入し所持できるのか、などです。 信頼できるショップの見分け方についても詳しくご紹介します。一生ものの日本刀(真剣)を選ぶために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀の保管・保存・手入れ

日本刀の保管・保存・手入れ
刀剣を擬人化したオンラインゲームが大ヒットし、「日本刀」に興味を持つ人が年々急増しています。そこで、もっと日本刀の知識を深めてもらうために、おすすめのスポットや、鑑賞ポイントをご紹介。また、購入する際の注意点や手入れ方法などについても、詳しく取り上げました。

日本刀の保管・保存・手入れ

日本刀の飾り方

日本刀の飾り方
日本刀を持つことになったら、飾り方、保管の仕方など、正しい知識が必要になります。通常、博物館や美術館では刀身(とうしん:抜身)のみ、もしくは刀身と拵(こしらえ:日本刀の外装のことで、鞘、柄、鍔を指す)の両方を展示します。では、自宅で日本刀を扱うための作法とはどんなものでしょうか。自宅での正しい飾り方や、保管の仕方、そして楽しみ方をご紹介します。

日本刀の飾り方

日本刀を携帯

日本刀を携帯
かつて戦国武将が活躍した時代、携帯する物と言えば、日本刀でした。その日本刀を携帯する呼び方は、大きく分けて「日本刀を佩く」(はく)「日本刀をかつぐ」「日本刀を差す」の3種類があります。 まず、「日本刀を佩く」とは、日本刀を紐でつるす持ち方。そして、「日本刀をかつぐ」とは、背負うような持ち方。これは、鎌倉時代後期に使用される機会が増えた大太刀では、長すぎて佩くことができなくなったためです。最期に「日本刀を差す」とは、腰帯に指し込む持ち方です。長くて重い大太刀は次第に廃れ、装備しやすい打刀が重宝されるようになると、この「差す」持ち方が主流となります。 このページでは、日本刀の「佩く」「かつぐ」「差す」の違いについて、詳しくご紹介します。

日本刀を携帯

日本刀を売却する

日本刀を売却する
日本刀を売却したいと言っても、理由は様々あるでしょう。相続で引き継いだけれど手入れができない。新しい日本刀が欲しいから下取りに出したい。生前整理で処分しておきたいためなど。そこで、はじめて日本刀を売却する場合でも、知っておくと役に立つ、売却の注意点についてご紹介します。

日本刀を売却する

古物商とは

古物商とは
「古物商」は、「古物営業法」に定められた「古物」の買取・販売、交換、レンタルを商売として行なう業者・個人のことです。この古物営業を行なうには、「古物商許可証」が必要となります。「日本刀」を専門に取り扱う「刀剣商」(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)も古物商です。 古物商とは、具体的にはどのような店舗で、どんな種類があるのでしょうか。古物商に欠かせない資格の申請・許可の流れも含めて見ていきましょう。また、日本刀を売却・購入するときに、古物商の中でも特に刀剣商(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)を利用するべき理由についても解説していきます。

古物商とは

日本刀の相続・名義変更

日本刀の相続・名義変更
日本人の誇るべき文化を今に伝える日本刀は、史料としてだけでなく、資産としても大変な価値があるもの。親が遺した蔵や倉庫を整理していて思いがけず発見したり、相続で受け継いだりした場合には、まず何を行なえば良いのでしょうか。日本刀の保管や相続の方法が分からず、うっかり放置して法律違反にならないためにも、発見や相続によって手に入れた日本刀の扱い方について解説します。

日本刀の相続・名義変更

拵と白鞘の取り扱い

拵と白鞘の取り扱い
白く冷たい光を放つ刀身と、豪華絢爛たる「拵」(こしらえ)。どちらも日本の文化を象徴する美術品である反面、その姿を変わらず受け継いでいくにはきわめて繊細な注意が必要です。拵と白鞘の取り扱いでは、日本の伝統美術品とも言える、拵と「白鞘」(しらさや)を保存する上で、重要になるポイントをまとめました。

拵と白鞘の取り扱い

刀剣の正しい運搬方法

刀剣の正しい運搬方法
本来、日本では刀剣類を所持することは「銃砲刀剣類所持等取締法」で禁止されています。ただし、自分名義の「銃砲刀剣類登録証」があれば「美術品」として認められ、所持することが可能になり、正当な理由があれば携帯することも可能です。なお、この登録証付きの日本刀は、持ち運ぶ際にも注意事項がありますので、正しく理解し安全に持ち運びましょう。

刀剣の正しい運搬方法

注目ワード
注目ワード