渋沢栄一の関連情報

渋沢栄一の本

文字サイズ

「近代資本主義の父」と呼ばれる「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)が遺した言葉は、後世に大きな影響を与えました。そんな渋沢栄一の金言は、現代においても多くの本で学ぶことができるのです。大正時代から100年以上続くベストセラーである渋沢栄一の著書「論語と算盤」を中心に、渋沢栄一の経営術や思想に触れていきましょう。

渋沢栄一の生涯と功績渋沢栄一の生涯と功績
渋沢栄一に関連する人物、功績・教えについてご紹介します。

時代を超えて読み継がれる「論語と算盤」

論語と算盤

論語と算盤

1916年(大正5年)に出版された「論語と算盤」は、「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)の著書のなかでも最も有名な1冊で、現代まで続くビジネス書のベストセラーとして知られています。

論語と算盤は、渋沢栄一の著作ではありますが、渋沢栄一自身が執筆した物ではなく、渋沢栄一が講演で発した言葉をまとめて編纂した物です。

これらの口述記録は、もともと、1886年(明治19年)に渋沢栄一を慕う経済人によって発足された「竜門社」(りゅうもんしゃ:現在の渋沢栄一記念財団)が発行していた「竜門雑誌」に掲載されていました。ここに掲載されていたもののなかから、テーマ別に編纂して出版されたのが論語と算盤なのです。

論語と算盤は何を意味する?

それでは、論語と算盤というタイトルは何を意味しているのでしょうか。

渋沢栄一の名言のひとつに「右手に算盤、左手に論語」という言葉があります。「算盤」は経済活動を表す道具で、「論語」は中国の思想家「孔子」が説いた古典のこと。これは、「お金」と「道徳」という相反する2つの事柄を意味し、渋沢栄一は、この2つのどちらも大切だということを説いているのです。

つまり、論語と算盤は、「お金儲けだけでなく、道徳も大切」という渋沢栄一の考えを軸に、経済と道徳の関係性を説いた本となっています。

論語と算盤の解説

渋沢栄一による論語と算盤には、道徳と経済を両立するための自説が、全10章にテーマを分けられて語られているのです。どのような内容が書かれているのか、1章ごとに簡単に解説します。

第1章「処世と信条」

渋沢栄一が商売に必要なものとして唱えた「士魂商才」(しこんしょうさい)について説かれています。これは、正しい商いをするためには、商才だけでなく、武士の精神も忘れてはいけないという言葉です。

第2章「立志と学問」

説かれているのは志を持って学び続けることの大切さです。成功するためには、目標を立てて自ら積極的に行動すること。渋沢栄一は、これを食事になぞらえて「自ら箸を取る」という言葉で表しました。

第3章「常識と習慣」

社会で常識を身に付けるために必要な「智・情・意」の3要素について説かれています。

これは、「知恵」、「情愛」、「意志」を意味しており、渋沢栄一はこれらを古くからの習慣で身に付けることができると唱えているのです。

第4章「仁義と富貴」(じんぎとふうき)

道徳無き富は長続きせず、社会活動のための利益を追求すべきだということが説かれてます。渋沢栄一は孔子の教えをもとに、道徳的な経済活動が社会を幸せにするという自説を展開しています。

第5章「理想と迷信」

仕事をする上で「趣味」を持つことと、道徳の変化に対応することの大切さが説かれています。趣味は、理想を持つことであり、心のこもった仕事をするために必要なことのひとつです。そして、道徳は時代と共に変わっていくものだということも唱えています。

第6章「人格と修養」(じんかくとしゅうよう)

人の価値は富や社会的地位では測れないということが説かれています。これは、成功者だけが評価される世の中ではなく、その人の社会への行いや、精神や知識といった人格がもたらす効果を評価すべきだということを示しています。

第7章「算盤と権利」

労働における個人の権利が、法律ではなく思いやりで尊重されるべきだということを解説。渋沢栄一は、法律ですべてを解決しようとすると対立が深まることを危惧し、人々が思いやりを持って向き合うことで、個人の権利が守られると考えていたのです。

第8章「実業と士道」

侍時代の渋沢栄一

侍時代の渋沢栄一

古来より日本が大切にしてきた「武士道」と、商売における「実業道」は同じだということが説かれています。

この章で渋沢栄一は、経済界で武士道が軽んじられていることが間違いであると主張しています。

商人こそ武士道を持ち、武士道とはすなわち実業道であるのだと唱えているのです。

渋沢栄一は、武士道を持って生きていけば、日本は世界にも負けることはないだろうと考えていました。

第9章「教育と情誼」(じょうぎ)

子どもや若者に対する教育について説かれています。学問の目的は単純に知識を付けることではなく、社会の役に立つ技術を身に付けることなのです。また、明治時代に渋沢栄一は、女子の教育促進にもいち早く言及しており、男女関係なく道徳心や人格を磨くべきだと主張しました。

第10章「成敗と運命」

人が生きていく上で、運命には「恭・敬・信」の態度を守ることが大切だということが説かれています。この3つは、「礼儀を正す」、「敬う」、「信頼する」という態度を表しており、渋沢栄一は「人事を尽くして天命を待つ」ということを唱えていました。

このように、論語と算盤では10章に亘って、渋沢栄一の唱えた道徳と経済を両立することの大切さが記されています。論語と算盤が、経済を学ぶためだけでなく、人生における指南書として、これまで多くの人々に愛読され続けてきた理由が分かるのです。

ぜひ論語と算盤を読んで、渋沢栄一が掲げた思想や教えをより深く学んでみてはいかがでしょうか。

渋沢栄一について知ることのできるその他の本

渋沢栄一の自伝「雨夜譚」(あまよがたり)

雨夜譚

雨夜譚

論語と算盤以外にも、渋沢栄一の言葉を読むことができる1冊があります。

それは現在、岩波文庫から出版されている、渋沢栄一の自伝「雨夜譚」(あまよがたり)です。これは、渋沢栄一が座談のなかで、自らの半生を子弟に対して語ったもの。

幕末維新の時代に青春期を過ごした渋沢栄一の怒濤の人生が自身の言葉で語られている雨夜譚は、渋沢栄一が生きた時代を初心者でも身近に感じ取ることができる1冊だと言えるでしょう。商人から幕臣となり、新政府から実業界へと身を移すまで、渋沢栄一の激動の半生を綴った雨夜譚は、渋沢栄一が残した貴重な伝記資料でもあります。

また、雨夜譚には、渋沢栄一の半生と共に、「維新以後における経済界の発展」も収録されているので、維新後の日本の経済史を渋沢栄一の視点で学ぶこともできるのです。

渋沢栄一の本

渋沢栄一の本をSNSでシェアする

「渋沢栄一の関連情報」の記事を読む


東京都北区の渋沢史料館

東京都北区の渋沢史料館
「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)は、在官中に製紙会社を起業し、現在の東京都北区王子に工場を設立しました。渋沢栄一が実業家としての第一歩を歩み始めた東京都北区は、そのあとも渋沢栄一にとって特別な町となっていきます。渋沢栄一が実業家人生を送ったゆかりの町である「東京都北区」と、晩年を過ごした旧邸跡に建つ「渋沢史料館」について見ていきましょう。

東京都北区の渋沢史料館

渋沢栄一の名言

渋沢栄一の名言
近代日本経済の礎を築き、日本の近代化のために奔走しながら91歳まで人生を全うした「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)は、次代に向けて多くの言葉を遺しています。その言葉の多くが、日本国内の実業家や経済界だけでなく、世界中のあらゆる人々に影響を与えたのです。尊王攘夷(そんのうじょうい)の志士、幕臣、新政府官僚、実業家と、様々な視点で生きた渋沢栄一が、自身の経験から語る名言の数々をご紹介しましょう。

渋沢栄一の名言

渋沢栄一がお札(紙幣)に!

渋沢栄一がお札(紙幣)に!
日本の紙幣が、2024年度(令和6年度)上半期から、20年ぶりに改刷されます。新紙幣の「顔」となるのは、10,000円札が「渋沢栄一」、5,000円札が「津田梅子」(つだうめこ)、1,000円札が「北里柴三郎」(きたざとしばさぶろう)です。なぜ今、流通している紙幣を一新する必要があり、この3人が新紙幣の顔に選ばれたのでしょうか。新紙幣への疑問と新紙幣の顔となる3人について、詳しくご紹介します。

渋沢栄一がお札(紙幣)に!

渋沢栄一賞

渋沢栄一賞
「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)は、明治時代から大正時代にかけて約500社もの企業設立に携わり、実業界を牽引するリーダーとして日本の近代化に最も貢献した人物だと言えます。現代においても「実業界の父」、あるいは「近代日本経済の父」と称えられる渋沢栄一ですが、ただ経営手腕が優れていただけではありません。渋沢栄一は、福祉や教育といった社会貢献活動や、国際交流でも自身の力を発揮し、人々のために尽くす慈善家としての顔も持っていました。私益よりも公益を大切にしていた渋沢栄一のように、社会事業に尽力した企業経営者には「渋沢栄一賞」という賞が贈られています。

渋沢栄一賞

渋沢栄一記念館、東商渋沢ミュージアムの紹介

渋沢栄一記念館、東商渋沢ミュージアムの紹介
「実業界の父」や「日本資本主義の父」とも呼ばれる「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)。日本初の銀行設立をはじめ、様々な企業創立に携わった人物として昨今はドラマや新札で話題になることもしばしばです。出身地である埼玉県深谷市には、そんな渋沢栄一の成した偉業を称えて「渋沢栄一記念館」を開館。そして日本経済の発展を目指して渋沢栄一が設立した「東京商工会議所」(東京都千代田区)には、「東商渋沢ミュージアム」があるのです。ここでは上記の施設紹介と、渋沢栄一が日本実業界のために設立した東京商工会議所についてご紹介していきます。

渋沢栄一記念館、東商渋沢ミュージアムの紹介

注目ワード
注目ワード