戦国武将の生涯

服部半蔵の武将年表

文字サイズ

服部半蔵(はっとりはんぞう)は、「鬼の半蔵」の異名を持つ戦国時代から江戸時代にかけての武将。ただし、服部半蔵の名は、服部家に代々伝わる通称であり、特定の人物を指すわけではありませんでした。なかでも最も有名なのが、同家の2代当主である服部正成(はっとりまさなり/まさしげ)です。徳川家康に仕え、三河一向一揆や姉川の戦いなど、数多くの合戦に同行しています。徳川家康が九死に一生を得た伊賀越えでは、服部半蔵が伊賀の地侍や土豪と交渉したことで、徳川家康一行は無事に帰還。こういった活躍もあって服部半蔵は、最終的に「徳川十六神将」のひとりにも選ばれています。
また、東京にある「半蔵門」(東京都千代田区)の地名は、服部半蔵の屋敷があったことが由来。半蔵門は、江戸城に直結する唯一の街道、甲州街道へと抜ける門となっていました。半蔵門が軍事的にも重要な役割を担っていたことからも、服部半蔵が徳川家康に重用されていたことが分かります。

西暦(和暦) 年齢 出来事
1542年(天文11年) 1
初代服部半蔵である服部保長(はっとりやすなが)の四男として、三河国・伊賀(現在の愛知県岡崎市)に生まれる。
1548年(天文17年) 7
大樹寺(だいじゅじ/だいじゅうじ)に預けられる。
1551年(天文20年) 10
大樹寺への出家を拒否して失踪。そのあと、初陣を飾るまでの7年間消息を絶つ。
1557年(弘治3年) 16
三河宇土城(愛知県蒲郡市:別称[上ノ郷城])に夜襲をかけ、武功を立てる。
1563年(永禄6年) 22
三河一向一揆が勃発。一向宗を信仰していたが、徳川家康への忠誠を誓い、一揆勢と戦う。
1569年(永禄12年) 28
掛川城(かけがわじょう:静岡県掛川市)攻めに参戦。
1570年(永禄13年/
元亀元年)
29
姉川の戦いに参戦。
姉川堤において一番槍の武勲を立てる。
1572年(元亀3年) 31
三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)に参戦。大須賀康高(おおすがやすたか)の部隊に属し、一番槍の武功を挙げるが、徳川軍は大敗を喫する。
1575年(天正3年) 34
長坂信政(ながさかのぶまさ)の娘を正室に迎える。
高天神城の戦いに参戦。
1576年(天正4年) 35
長男である服部正就(はっとりまさなり:のちの三代服部半蔵)が誕生。
1579年(天正7年) 38
徳川家康の嫡男・松平信康が織田信長に切腹を命じられる際、徳川家康から介錯を指示される。しかし、「三代相恩(主君などから、代々恩義を受けること)の主に刃は向けられない」と言って拒否。これにより、徳川家康からの評価がさらに上がったとされる。
1580年(天正8年) 39
次男・服部正重(はっとりまさしげ:のちの四代服部半蔵)が誕生。三男・服部正廣(はっとりまさひろ)が誕生。
1582年(天正10年) 41
徳川家康の伊賀越えでは、伊賀(現在の三重県西部)や甲賀(現在の滋賀県甲賀市)の地侍、土豪と交渉。彼らに警護を頼み、一行は、伊勢(現在の三重県北中部)から三河(現在の愛知県東部)に抜けることができた。
天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)で徳川家康に従い、甲斐(現在の山梨県)へ出陣。
1584年(天正12年) 43
小牧・長久手の戦いに参戦。伊賀、甲賀の忍者約100人を引き連れ、鉄砲で豊臣軍を撃退。
1590年(天正18年) 49
小田原征伐に従軍。鉄砲奉行として戦い、首級を18級挙げた。この武功により徳川家康の関東入国後、8,000石を与えられる。
1592年(天正20年/
文禄元年)
51
豊臣秀吉からの朝鮮出兵の命に伴い、徳川家康と共に、肥前・名護屋(現在の佐賀県唐津市)へ鉄砲奉行として従軍。
1597年(慶長2年) 56
病に伏して死去。

服部半蔵の武将年表

服部半蔵の武将年表をSNSでシェアする

「戦国武将の生涯」の記事を読む


土岐頼芸の武将年表

土岐頼芸の武将年表
「土岐頼芸」(ときよりのり)は、群雄割拠の戦国時代において、下剋上の世に翻弄された武将のひとりです。美濃国(現在の岐阜県)守護「土岐政房」(ときまさふさ)の次男として生まれ、実兄の「土岐頼武」(ときよりたけ)と守護の座を争い、幾度も交戦。兄に勝利し美濃国守護に就任するも束の間、家臣に裏切られやがて美濃国を追われます。裏切った家臣は、「美濃の蝮」と恐れられた「斎藤道三」(さいとうどうさん)です。美濃国を追われた土岐頼芸は流浪の身となり、身を寄せていた甲斐国(現在の山梨県)で「織田信長」に捕らえられ、尾張国にて蟄居。最後は旧臣「稲葉一哲」(いなばいってつ)の計らいで、美濃国に戻り、81歳で生涯を終えました。土岐頼芸は、和歌や鷹の絵を得意とした文武両道の人物だったと伝えられています。

土岐頼芸の武将年表

那須与一の武将年表

那須与一の武将年表
平安時代末期より活躍し鎌倉幕府の御家人(ごけにん)であった那須与一(なすのよいち)は、武勇に優れ、なかでも弓術において卓越した才能を持っていたことから、「弓の名手」として知られている武将です。源氏と平氏が覇権争いを繰り広げた「治承・寿永の乱」(じしょう・じゅえいのらん:いわゆる[源平合戦])における戦いのひとつ、「屋島の戦い」(やしまのたたかい)では源氏軍に属し、平氏軍から仕掛けられた挑発とも言える「扇の的」(おうぎのまと)を、その弓術の才能を活かして矢で射落とした伝説が今もなお語り継がれています。しかし、この伝説は鎌倉時代の軍記物語を代表する「平家物語」や「源平盛衰記」に記されているのみで、「吾妻鏡」(あずまかがみ/あづまかがみ)など、同時代に成立した歴史書には登場しておらず、その真偽は不明です。同様に那須与一の生涯についても判然としない部分が多いため、こちらの年表には平家物語などから現在分かっている事柄のみ掲載しています。

那須与一の武将年表

朝倉義景の武将年表

朝倉義景の武将年表
朝倉義景(あさくらよしかげ)は、越前国(現在の福井県北東部)の守護大名です。朝倉家の最盛期に生まれ、父・朝倉孝景が没すると、わずか16歳の頃に同家の当主となります。当初は朝倉家が代々頭を悩まされていた、加賀国(現在の石川県南部)における一向一揆(いっこういっき)の征伐に明け暮れていた朝倉義景。そのあと一向一揆との和睦を結ぶと、室町幕府15代将軍・足利義昭(あしかがよしあき)の上洛が契機となり、やがて織田信長と対立するように。反織田信長連合、いわゆる「信長包囲網」の一員として織田勢を相手に奮戦するも朝倉家の重臣・朝倉景鏡(あさくらかげあきら)が織田方に寝返ったことで、41歳の若さで非業の死を遂げました。そんな朝倉義景は武将のみならず文化人の側面があったことでも知られていた人物。自身の居城・一乗谷城(いちじょうだにじょう:福井県福井市)の城下町に、洗練された京風文化を積極的に取り入れ、往時の繁栄ぶりから現在では「北陸の小京都」と称されています。

朝倉義景の武将年表

結城秀康の武将年表

結城秀康の武将年表
結城秀康(ゆうきひでやす)は、徳川家康の次男の立場にありながら、数奇な運命を辿った戦国武将です。元服を果たす前に、豊臣秀吉のもとへ養子に出されましたが、豊臣家の後継者が豊臣秀吉の甥・豊臣秀次(とよとみひでつぐ)に決まると、今度は下総国(千葉県北部、及び茨城県南西部)結城晴朝(ゆうきはるとも)の養子となります。天下人の家系に生まれながら、流転の境涯(きょうがい:この世で置かれている立場、身の上)にあったのです。小牧・長久手の戦いや関ヶ原の戦いなどで活躍し、権中納言(ごんちゅうなごん)にまで昇進しますが、34歳の若さで病没してしまいます。 結城秀康は名刀を数多く所有し、そのなかでも南北朝時代の名工・郷義弘(ごうよしひろ)による「稲葉郷」(いなばごう)は、上杉討伐の際、上杉軍の抑えとして、宇都宮城(栃木県宇都宮市)に留まる結城秀康へ、徳川家康が秘蔵の采配(さいはい:戦場において、兵士達を指揮するために大将が手にして振っていた武具)と共に託した1振。結城秀康亡きあとも、代々、越前松平家(えちぜんまつだいらけ)の家宝として受け継がれ、のちに作州松平家(さくしゅうまつだいらけ)へと伝えられています。この他にも結城秀康は、童子切安綱(どうじぎりやすつな)や石田正宗(いしだまさむね)など、名立たる日本刀を所有していました。

結城秀康の武将年表

石田三成の武将年表

石田三成の武将年表
近江国(現在の滋賀県)に生まれた石田三成は、幼い頃から天下人・豊臣秀吉の右腕として活躍したことで知られています。豊臣政権下では司法や行政を担当し、知将として貢献しました。豊臣秀吉の代名詞でもある「太閤検地」は、全国を駆けまわった石田三成の脚と頭で遂げた実績です。 不公平を嫌った、真面目な石田三成の人柄を示す逸話には事欠きません。猛将・島左近(しまさこん)を召し抱えるにあたっての禄高は、なんと自身と同じ額。豊臣秀吉が石田三成の心配りを評価して家来にすることを決めた「三献の茶」(さんこんのちゃ)や、盟友・大谷吉継(おおたによしつぐ)との友情を物語る茶会など、数多くの逸話が挙げられます。 その優れた頭脳をもって、豊臣秀吉と共に天下統一の夢を追いかけた石田三成でしたが、天下の覇者となるべく、徳川家康が台頭してきた時勢には抗うことができませんでした。なお、石田三成の愛刀であった「石田正宗」は、徳川家康の次男・結城秀康(ゆうきひでやす)に贈られています。

石田三成の武将年表

丹羽長秀の武将年表

丹羽長秀の武将年表
丹羽長秀(にわながひで)は青年期から織田信長に仕え、柴田勝家(しばたかついえ)と並ぶ織田家家臣団の双璧として織田信長が目指す天下統一の夢を支えました。織田信長とは年齢も近く、早くからその寵愛を受け「友であり、兄弟である」と言わしめるほどの関係にあったのです。また丹羽長秀は合戦における戦略以外でも造船、築城といった内政面で手腕を発揮し、武勇と智略に優れ、近江国の要衝・佐和山城(さわやまじょう:滋賀県彦根市)の城主を務めています。 織田信長亡きあとは、清洲会議(きよすかいぎ)を経て若狭(現在の福島県西部)一国と近江国高島(現在の滋賀県高島市)、及び滋賀(現在の滋賀県大津市)を領有。豊臣秀吉や柴田勝家らと共に織田家を支え、武田勝家を破った賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)でも武功を挙げ、北ノ庄城(きたのしょうじょう:福井県福井市)の城主となりました。 そんな丹羽長秀は、安土城(あづちじょう:滋賀県近江八幡市)普請の際、その功績を織田信長より認められ、珠光茶碗(じゅこうちゃわん)を賜っています。しかし、理由は定かではありませんが珠光茶碗は後日、織田信長に召し上げられてしまったのです。その代わりに授かった刀が、鎌倉時代の刀工「長光」(ながみつ)による、鉋切長光(かんなぎりながみつ)と号する小太刀(こだち)でした。この刀は、近江国の守護大名であった六角義賢(ろっかくよしかた)が所有していましたが、1568年(永禄11年)、織田信長が六角義賢を降した(くだした)際に召し上げたと伝えられており、そのあと丹羽長秀のもとへ渡ったと考えられています。

丹羽長秀の武将年表

高山右近の武将年表

高山右近の武将年表
高山右近(たかやまうこん)は、キリシタン大名として知られる戦国武将。家を守る当主の立場と、信仰との狹間で悩みながらも生涯に亘り深くキリスト教に傾倒しました。領民が亡くなれば自ら棺を担ぎ民衆に慕われ、安土城(あづちじょう:滋賀県近江八幡市)城下に、セミナリヨ(イエズス会主宰の一般教育機関)を建設するため織田信長と交渉するなど、西洋文化や教育の普及にも尽力。蒲生氏郷(がもううじさと)や黒田官兵衛(くろだかんべえ)、牧村政治(まきむらまさはる)などの錚々たる武将達も、高山右近の影響により洗礼を受けています。 晩年は、江戸幕府が発した禁教令の弾圧から逃れるためフィリピンへ亡命。スペイン国王の名のもとに国賓待遇の歓待を受けますが、上陸から40日後熱病に冒され亡くなります。その装束は妻により整えられ、純白の鎧直垂、折烏帽子、枕元には愛用の太刀と兜、胸元には十字架という姿で聖アンナ教会において執り行われた葬儀では、10日間に亘り祈りが捧げられました。

高山右近の武将年表

織田信秀の武将年表

織田信秀の武将年表
「織田信秀」(おだのぶひで)は、天下人「織田信長」の父親であり、自身も「尾張の虎」(現在の愛知県西部)と称された戦国武将です。時代はまさに群雄割拠、下剋上の時代。 織田信秀は、父親の「織田弾正忠信定」(おだだんじょうのちゅうのぶさだ)から受け継いだ経済基盤と知略を武器に、勢力拡大を図ります。駿河国(現在の静岡県中部・北東部)の「今川義元」(いまがわよしもと)や美濃国(現在の岐阜県南部)の「斎藤道三」(さいとうどうさん)と何度も交戦。 尾張国の完全支配は叶いませんでしたが、その夢は織田信長へと受け継がれていきました。

織田信秀の武将年表

注目ワード
注目ワード