明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)

内田吐夢

文字サイズ

【大菩薩峠】、【宮本武蔵】という戦前に人気を博した時代劇映画を、戦後復活させた内田吐夢(うちだとむ)。その両作では原作に忠実に、剣客を自負する者とその剣客の思いあがる心を諌める者とを対比的に描きます。

第2次世界大戦時は実在の足軽を描く

内田吐夢は谷崎潤一郎が文芸顧問を務めた大正活動写真(のち大正活映)で助監督・俳優業を経て、日本映画の父・牧野省三(マキノ省三)の興した牧野教育映画製作所で無声映画(サイレント:トーキー誕生以前の映画形式)の共同監督としてデビューします(1922年)。

小説【新書太閤記(五)】鳥居強右衛門の活躍場面収録

小説【新書太閤記(五)】
鳥居強右衛門の活躍場面
収録

その後、日本初の本格的映画会社とされる老舗の日本活動写真(略称・日活)に入社し(1926年)、監督業を生業にします。トーキー(*それまでの無声映画に対して技術発展した映像と音声が同期した発声映画)勃興時代に入ると日活の面々と新映画社を興します(1932年)。けれどもすぐに解散し、松竹の傍系・新興シネマに在籍しました。

その後、日活に再び移り、現代劇の悲喜劇【限りなき前進】(第14回キネマ旬報・日本映画ベストテンで第1位)や長塚節原作の農民劇【土】(第16回キネマ旬報・日本映画ベストテンで第1位)を経て、第2次世界大戦勃発時期には歴史映画【歴史 第一部 動乱戊辰】、【歴史 第二部 焦土建設・第三部 黎明日本】を監督・構成しています(1940年)。

第2次世界大戦が勃発すると映画製作に制限がかかります。劇映画の映画製作会社は国策によって松竹・東宝・大日本映画社(略称・大映)の3社に統合されます(1942年)。

3社統合時代に入ると内田吐夢は、松竹で時代劇映画【鳥居強右衛門(とりいすねえもん)】を監督します(1942年)。原作は吉川英治です。長篠の戦い織田信長徳川家康連合軍に仕えた実在の足軽が主人公です。命を賭けた伝令係を務め、敵対する武田勝頼軍から味方を救いました。

戦後復帰先は著名監督陣協力による時代劇映画

DVD【血槍富士】より

DVD【血槍富士】より

内田吐夢は第2次世界大戦終結直前、満州に渡ります。国策映画会社・満州映画協会(略称・満映)に籍を置きました。敗戦後は中国に数年抑留されました。帰還後は満映の流れを汲む戦後に誕生した東映に入社します(1952年)。

復帰第1作は、時代劇映画【血槍富士】(1955年〔東映〕配給)です。

大正活映の同僚だった井上金太郎の原作・脚本・監督作【道中悲記】(1927年)をリメイクしました。同映画の企画はマキノ光雄=満男(牧野省三の子。元・満映製作部長~松竹~東横映画~東映)、企画協力には溝口健二、伊藤大輔、清水宏、小津安二郎の映画監督が名を連ねます。

同作は、太平となっていた江戸時代を生きる持ちが主人公です。東海道から江戸への道中で出会った様々な人を通して、封建社会の理不尽さが描かれます。

中里介山の時代小説【大菩薩峠】

小説【大菩薩峠】より

小説【大菩薩峠】より

内田吐夢はその後、復帰4作目となった時代劇映画【黒田騒動】などを経て、中里介山【大菩薩峠】の映画版を監督。

主人公は、幕末を舞台に虚無的に人を斬り続ける剣客・机竜之助(つくえりゅうのすけ)です。

歴史・時代小説の金字塔とされるこの時代小説は、戦前にはトーキーが勃興するなかで稲垣浩監督が同原作を初映画化しました(1935年)。

戦後は渡辺邦男が監督します(1953年)。内田吐夢は同原作3度目となる映画化を手がけました。

初カラー版・映画【大菩薩峠】

DVD【大菩薩峠】より

DVD【大菩薩峠】より

内田吐夢版【大菩薩峠】(1957~1959年〔東映〕配給―3部作)は原作初のカラー映画となります。

3部作の第1部では、武蔵国(東京都埼玉県神奈川県の一部)の流派・甲源一刀流の剣士・机竜之助(片岡千恵蔵)に対する敵討が原作に忠実に描かれます。

机竜之助は奉納試合で甲源一刀流の師範・宇津木文之丞(波島進)を惨殺します。そして宇津木文之丞の内縁の妻・お浜(長谷川裕見子)を手ごめしたうえで連れ去り、江戸に出奔しました。そんな机竜之助の命を兄の恨みを晴らそうと宇津木兵馬(中村錦之助=のち萬屋錦之介)は狙い続けます。

対して机竜之助は敵討される身などにとらわれず、江戸で金のために人斬りに加担します。京都に出ると尊王攘夷派による天誅組の変に加わり、その争いのなかで失明に至ります。

机竜之助の剣の美学は不倶戴天

机竜之助(片岡千恵蔵)は、自身のの美学を次のように語ります。奉納試合を前に対戦相手・宇津木文之丞(波島進)への手加減を密かに申し出にやってきた彼の内縁の妻・お浜(長谷川裕見子)に話します。

机竜之助
「剣を取って立ち向こうときは、親もなく子もなく、弟子も師もない。入魂(じっこん)の間柄とて不倶戴天の敵と思うて立ち合う。が、竜之助の武道の覚悟でござる」

(中略)

机竜之助
「物に例うなら、我らの武術、女の操と同じこと。例え親兄弟のためなりとて、操破るば女の道ではござるまい」

映画【大菩薩峠】より

島田虎之助の剣の美学は正しき心

そんな美学を持つ机竜之助(片岡千恵蔵)は江戸で、実在の剣客で直心影流島田派・島田虎之助(大河内伝次郎)との斬り合いに遭遇します。

机竜之助の無軌道ぶりの噂を聞き付けていた島田虎之助は、自身の剣の美学を次のように机竜之助へ語ります。

島田虎之助
「剣は心、心正しくなければ剣も正しくない。剣を学ぶものは、まず心を学べ」

映画【大菩薩峠】より

吉川英治の時代小説【宮本武蔵】

小説【宮本武蔵】より

小説【宮本武蔵】より

内田吐夢は海音寺潮五郎原作【酒と女と槍】(主人公は戦国武将富田高定)の監督作を経て、歴史・時代小説の金字塔である吉川英治【宮本武蔵】を映画化します。

戦前は滝澤英輔(1936年)を皮切りに、尾崎純(1937年)、稲垣浩(1940年―4部作)、佐伯幸三(1942年)、伊藤大輔(1943年―2部作)が順に映画化しています。

戦後は、再び稲垣浩(1954年―3部作)が映画化します。2度目の稲垣浩版は戦後初かつ配給会社・東映初のイーストマン・カラー作品(*3本のフィルムを使ってカラー化するテクニカラー方式から技術発展した1本のフィルムだけでカラー化を可能にした撮影技術)でした。

それから7年後、内田吐夢が宮本武蔵の映画化を手がけます。

初の5部作版・映画【宮本武蔵】

DVD【宮本武蔵】より

DVD【宮本武蔵】より

内田吐夢版【宮本武蔵】(1961~1965年〔東映〕配給)は、同原作映画の最初で最後の5部作となりました。

第1部では、宮本村(現在の岡山県美作市宮本)のたけぞうこと宮本武蔵(中村錦之助=のち萬屋錦之介)の若き頃を描きます。

宮本武蔵は関ヶ原の戦いに、幼馴染の本位田又八(ほんいでんまたはち:木村功)と共に豊臣方に付き参戦するも、負けて落ち武者となります。

手傷を負った本位田又八は命を救ってもらった、もぐさ屋のお甲(木暮実千代)と恋愛関係に陥ります。お甲の養女・朱美(丘さとみ)も含む新しい人生を選びます。

対して、無傷の宮本武蔵は姉・お吟(風見章子)が待つ故郷に戻ることを選びます。けれども本位田又八の母・お杉(浪花千栄子)から息子を戦へそそのかしたと目の敵にされます。また、帰郷の際に関所破りをしたこともあって役人・村人に捕えられます。

本位田又八には許嫁がいました。禅僧・宗彭沢庵(そうほうたくあん:三國連太郎)の寺で働く娘・お通(入江若葉)です。お通は宗彭沢庵の寺に捕えられていた宮本武蔵を逃がし、宮本武蔵との新しい人生を選びます。

宮本武蔵の剣の美学は立身出世

内田吐夢は映画の冒頭、宮本武蔵(中村錦之助=のち萬屋錦之介)の心情を次のように語らせました。落ち武者狩りから逃げ、山小屋で本位田又八(木村功)と隠れる場面です。

宮本武蔵
「夢だったんだ。夢が夢だったことじゃないか。俺たちは運が悪かったんだ。もうこれで大きな戦(いくさ)はあるまい。生まれてくるのが遅かったんだ」

映画【宮本武蔵】より

宗彭沢庵の剣の美学は知恵の光

故郷に戻り、村人に捕えられた宮本武蔵(中村錦之助=のち萬屋錦之介)は、宗彭沢庵(三國連太郎)によって寺の千年杉にくくりつけられます。暴れる宮本武蔵に宗彭沢庵はこう人生を説きます。

宗彭沢庵
「野獣はな、どう強くとも野獣に過ぎん。人間以下のものでしかないんだ。哀れな奴だ。知恵の光を知らぬ奴。人間の真の強さとはそんなものじゃぁない。たけぞう、もう一晩よぅく考えておけ。首はいつでもはねてやるぞ」

映画【宮本武蔵】より

最後の監督作は宮本武蔵と宍戸梅軒の物語

DVD【真剣勝負】(イタリア盤)より

DVD【真剣勝負】
(イタリア盤)より

内田吐夢は剣客映画を監督する前後から、のちに古典芸能4部作と称されることになる監督作を発表します。

【暴れん坊街道】(1957年)、【浪花の恋の物語】(1959年)、【妖刀物語 花の吉原百人斬り】(1960年)、【恋や恋なすな恋】(1962年)です。

それぞれ、近松門左衛門作の人形浄瑠璃【丹波与作待夜の小室節】、同じく近松門左衛門作の人形浄瑠璃【冥途の飛脚】と同作を歌舞伎化した【恋飛脚大和往来】、歌舞伎【籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)】、人形浄瑠璃【芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)】と清元【保名狂乱】を題材としています。

遺作は、宮本武蔵と彼に敗れた鎖鎌の使い手・宍戸梅軒(ししどばいけん)とその家族をドキュメンタリータッチで描いた【真剣勝負】(1971年〔東宝〕配給)となりました。脚本は伊藤大輔です。

同作は宮本武蔵5部作の番外編に位置付けられています。

戦前に人気を博した歴史・時代小説の金字塔、大菩薩峠と宮本武蔵を戦後に監督した内田吐夢。その両作では原作に忠実に、剣客を自負する者とその剣客の思いあがる心を諌める者とを対比的に描きました。

著者名:三宅顕人

内田吐夢

内田吐夢をSNSでシェアする

「明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)」の記事を読む


伊藤大輔

伊藤大輔
【丹下左膳】の初映画化を手がけた伊藤大輔(いとうだいすけ)。戦前・戦中は剣客の時代劇映画を手がけ、戦後は【大江戸五人男】など歌舞伎作品を多数監督しました。晩年にはテレビ時代劇の影響のなかで【徳川家康】を監督しています。その戦後の時代劇映画の代表作では男性側だけでなく女性の存在も強調して描いています。

伊藤大輔

稲垣浩

稲垣浩
【大菩薩峠】の初映画化、【宮本武蔵】の初長編映画化を手がけた稲垣浩(いながきひろし)。歴史・時代小説の金字塔を映像化した時代劇映画監督の先駆的な存在です。戦後は三船敏郎主演の時代劇映画を数多く監督し、なかでも【大坂城物語】や【風林火山】では城や旗を通した武士道が見出せます。

稲垣浩

松田定次

松田定次
【赤穂浪士 天の巻 地の巻】で忠臣蔵映画の初カラー化を手がけた松田定次(まつださだつぐ)。生涯に亘って数々の歴史・時代小説を映画化しました。【水戸黄門】は映画化とテレビシリーズ演出の両方を手がけています。現在の時代劇イメージの定番を形作った松田定次は、両作で太平の世を舞台にした武士道を描きました。

松田定次

マキノ雅弘

マキノ雅弘
代表作【浪人街】が計4度リメイクされているマキノ雅弘(まきのまさひろ)。父親が創案した剣劇(チャンバラ)映画を継承しました。剣劇(けんげき)を生み出した劇団、新国劇にかかわる映画を幾本も手がけ、日本映画における刀剣描写・立ち回りに大きな功績を残します。

マキノ雅弘

山中貞雄

山中貞雄
【丹下左膳余話 百萬両の壺】、【河内山宗俊】、【人情紙風船】の時代劇映画3本のみが、ほぼ完全なかたちで遺されている山中貞雄(やまなかさだお)。日中戦争下で若くして病でこの世を去った山名貞雄の時代劇映画は、戦況と同じように喜劇から悲劇性を帯びていきます。その喜劇的世界の刀剣場面においては、粋な立ち回りや心意気が描かれます。

山中貞雄

黒澤明

黒澤明
【七人の侍】、【用心棒】で時代劇映画に革命をもたらした黒澤明(くろさわあきら)。両作では人間らしい人物が主人公です。主人公は対立する者の間で揺れ動きます。また、刀の耐久性や、拳銃との勝負を描くうえでもリアリズムがこだわられ、独自の刀剣描写も生み出しました。それは海外文学、西洋演劇への造詣の深さによって支えられています。

黒澤明

市川崑

市川崑
【四十七人の刺客】や【どら平太】など、多作のなかで時代劇映画も遺した市川崑(いちかわこん)。アニメーター出身の実写監督という特異な経歴を有します。その独自の映像演出では光が巧みに使われており、刀剣描写・立ち回りでも変わりません。

市川崑

小林正樹

小林正樹
【切腹】や【上意討ち 拝領妻始末】などの時代劇映画を監督した小林正樹(こばやしまさき)。第2次世界大戦の応招経験に基づいた反戦映画で名を成し、その時代劇映画では武家の理不尽さを描き出しました。そこでは中間管理職の恐ろしさ、武家が抱える根源的な危うさをあぶり出します。

小林正樹

加藤泰

加藤泰
【瞼の母】、【沓掛時次郎 遊侠一匹】といった長谷川伸原作の時代劇映画を遺した加藤泰(かとうたい)。現代を舞台にした任侠映画へと時代が移行する直前を映画人として生きました。長谷川伸が創始した股旅物に基づく刀剣観には、古き良き剣劇(チャンバラ)映画の香りが漂っています。

加藤泰