明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)

伊藤大輔

文字サイズ

【丹下左膳】の初映画化を手がけた伊藤大輔(いとうだいすけ)。戦前・戦中は剣客の時代劇映画を手がけ、戦後は【大江戸五人男】など歌舞伎作品を多数監督しました。晩年にはテレビ時代劇の影響のなかで【徳川家康】を監督しています。その戦後の時代劇映画の代表作では男性側だけでなく女性の存在も強調して描いています。

【丹下左膳】を初映画化

伊藤大輔は俳優学校・松竹キネマ俳優学校(校長は小山内薫)の第1期生として学びます(1920年)。卒業後、松竹にて数多くの脚本を担当します。

帝国キネマに移った翌年、監督デビューします(1924年)。同年、第2作目監督作【剣は裁く】で自身初の時代劇映画を監督しました。

その後、東邦映画製作所を経て自身の伊藤映画研究所を設立します(1925年)。現代劇の映画化(菊池寛、三上於菟吉)に取り組みましたがこの独立はうまくいかず、日本初の本格的映画会社とされる老舗の日本活動写真(略称・日活)に入社しました(1926年)。

同社で監督・脚本した、国定忠次を主人公にした3部作【忠次旅日記】が初期の代表作となります(1927年)。同映画は第4回キネマ旬報・日本映画ベストテンで1位を獲得しました。

以後、多くの歴史・時代小説を原作とし、無声映画(サイレント:トーキー誕生以前の映画形式)時代、多数の時代劇映画を監督します。その活躍から時代劇の父と呼ばれることになります。

小説【丹下左膳】より

小説【丹下左膳】より

のちに【丹下左膳】と改題される林不忘原作【新版大岡政談】を初映画化します(1928年―3部作)。隻眼隻腕の剣客が主人公です。林不忘原作は【続大岡政談 魔像】も続きます(1930年・1930年―2部作)。この時期、第7回キネマ旬報ベストテンでは特別に日本・時代劇映画ベストテンが設けられ、【続大岡政談 魔像篇第一】は第1位を獲得しました(1930年度)。

他にも、井伊直弼の隠し子を主人公とする郡司次郎正原作【侍ニッポン】、鼠小僧を主人公とする吉川英治原作【御誂次郎吉格子(おあつらえじろきちこうし)】、大佛次郞原作【薩摩飛脚】などです。

トーキー(*それまでの無声映画に対して技術発展した映像と音声が同期した発声映画)勃興時代に入ると、日活の面々(内田吐夢ら)と新映画社を興します(1932年)。けれどもすぐに解散し、以後は日活の招聘監督、第一映画撮影所と新興キネマに籍を置きます。

この間、大佛次郞原作【赤穂浪士】改題【堀田隼人】、行友李風【月形半平太】、林不忘原作【丹下左膳】、吉川英治原作【女人曼荼羅】、子母澤寛原作【唄祭三度笠】、森田草平原作【四十八人目】、大佛次郞原作【異変黒手組】などを監督しました。

戦中【鞍馬天狗】【宮本武蔵】から戦後へ

第2次世界大戦が勃発すると映画製作に制限がかかります。劇映画の映画製作会社は国策によって松竹・東宝・大日本映画社(略称・大映)の3社に統合されます(1942年)。3社統合時代に入ると伊藤大輔は日活の流れを汲む大映に所属します。

大佛次郞原作【鞍馬天狗横浜に現る】(1942年:のち【鞍馬天狗 黄金地獄】改題)、吉川英治原作【二刀流開眼】(のち【宮本武蔵 金剛院の決闘】改題)と【決闘般若坂】(共に1943年)などを監督・脚本。

第2次世界大戦後は、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)占領下、剣劇(チャンバラ)が禁止されるなかで、【素浪人罷通る】を自身の戦後第1作の時代劇映画とします(1947年)。山伏の天一坊が徳川吉宗江戸幕府第8代将軍)の落とし子を騙った史実の事件を実子として創作した人情物語でした。

その後は、北条秀司原作【王将】、川口松太郎原案【遥かなり母の国】、ヴィクトル・ユーゴー原作【レ・ミゼラブル あゝ無情 第一部 神と悪魔】の近現代劇に取り組みました。

  • DVD【鞍馬天狗 黄金地獄】より

    DVD【鞍馬天狗 黄金地獄】より

  • DVD【宮本武蔵 金剛院の決闘】より

    DVD【宮本武蔵 金剛院の決闘】より

歌舞伎映画【大江戸五人男】

DVD【大江戸五人男】より

DVD【大江戸五人男】より

剣劇(チャンバラ)解禁(1950年)の翌年、大佛次郎原作のミステリー時代劇【おぼろ駕籠】と、松竹映画30周年記念作【大江戸五人男】(1951年〔松竹〕配給)を監督します。

大江戸五人男は歌舞伎【極付幡随長兵衛】でよく知られる、町奴・幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)と旗本奴で白柄組(しろつかぐみ)を率いる水野十郎左衛門(みずのじゅうろうざえもん)の対立が題材です。

徳川家綱(江戸幕府第4代将軍)の時代に起こった史実に基づきます。町奴とは町人身分のかぶき者、旗本奴とは侍身分のかぶき者です。

同映画では、口入れ屋の町奴・幡随院長兵衛(阪東妻三郎)と戦国武将水野勝成福山藩初代藩主)の孫で旗本奴・水野十郎左衛門(市川右太衛門)の争い、町奴・白井権八(高橋貞二)と花魁の小紫(花柳小菊)との恋路、水野十郎左衛門に殺された腰元・おきぬ(高峰三枝子)の騒動を劇中劇「番町皿屋敷」(岡本綺堂作)として、など歌舞伎の名場面で構成されました。

町奴と旗本奴の意地

幡随院長兵衛(阪東妻三郎)は命を賭す覚悟で、水野十郎左衛門(市川右太衛門)の屋敷を訪れます。

子分の白井権八(高橋貞二)が水野十郎左衛門を揶揄する芝居の上演をけしかけたことがきっかけです。そのことで歌舞伎役者・水木あやめ(3代目・河原崎権三郎)が水野十郎左衛門の屋敷に軟禁されていました。

幡随院長兵衛、子分の面々の前で水野十郎左衛門に屋敷を訪れる決意を語る。

幡随院長兵衛
「喧嘩は両成敗。もしも再び市中に騒ぎを起こしたら、町人旗本の分け隔てなしに双方共に成敗すると御老中からのお達し。大久保のお殿様からしっかと聞いた。だから一人で行くというのよ。殺される俺は一人、両成敗のとがめを受ける相手は旗本八万騎だ。だから一人で行かせろと言うんだよ」

映画【大江戸五人男】より

訪問の結果、水野十郎左衛門は幡随院長兵衛の身を捨てた行動に心打たれ、2人は心を通じ合わせます。けれども、幡随院長兵衛を許さない旗本奴・近藤登之助(三島雅夫)ら一同が手を下す決意をすると、苦渋のなか水野十郎左衛門は自ら手を下すことを選択します。

心を通じ合わせ、水野十郎左衛門より勧められた湯殿に入ろうとする幡随院長兵衛。そこにを手にした水野十郎左衛門が駆け込んでくる。

水野十郎左衛門
「長兵衛許せ。所詮助からぬそちの命。浪人ばらの手にかけるより、いっそ水野が手を下すのだ」

映画【大江戸五人男】より

長兵衛の女房・お兼と倅・伊太郎の意地

物語は長兵衛の女房・お兼(山田五十鈴)と、夫婦の幼子・伊太郎(本松一成)の印象的な場面で終わりを迎えます。

町内のお祭り当日に起こった幡随院長兵衛(阪東妻三郎)と水野十郎左衛門(市川右太衛門)の面子のぶつけ合いの結末に、残された女性や子供の存在が強調されます。

町内中に声をかけるお兼。幡随院長兵衛の亡骸を入れた桶を運ぶ子分たち。伊太郎、子分におぶわれ同行する。

お兼
「ご町内の皆さまに申し上げます。どうかお祭り提灯に灯りをお入れ下さいまし。喧嘩騒ぎはもうございません。幡随院長兵衛がしっかとお受け合い致します。どうぞ横道をお開けになってお祭りをお祝い下さいませ」

伊太郎
「どうぞ。横道をお開けになってお祭りをお祝い下さい。もう喧嘩はございません、提灯に灯をお入れ下さーい。提灯に灯をお入れ下さいませ」

映画【大江戸五人男】より

徳川家康嫡男・松平信康を描いた新作歌舞伎映画

DVD【反逆児】より

DVD【反逆児】より

伊藤大輔はその後、松竹、新東宝、大映、東映で主に文芸原作を監督します。

吉川英治原作のリメイク版、岡本綺堂原作、谷崎潤一郎原作、川口松太郎原作、中村藤吉原作のセルフリメイク、北条秀司原作の2度目の映画化、室生犀星原作などです。

同時に歌舞伎を題材にした監督作も発表し続けます(歌舞伎【青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)】の抜粋【弁天小僧】、歌舞伎【与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)】の通称【切られ与三郎】)。

そして文芸と歌舞伎の両手法を重ねるかのように、大佛次郞の新作歌舞伎戯曲【築山殿始末】を原作とする【反逆児】を監督・脚本しました(1961年〔東映〕配給)。

徳川家康の子・松平信康を主人公に、今川義元の血をひく母・築山御前の暗躍、妻・徳姫(今川義元を桶狭間の戦いで討ち取った織田信長の娘)への愛情との板挟みが描かれます。

映画【徳川家康】

柴田錬三郎原作、北条秀司原作の3度目の映画化を経て、山岡荘八原作【徳川家康】(1965年〔東映〕配給)を監督・脚本。

同原作は前年、同名のテレビ時代劇化されていました。

映画版では松平竹千代=松平元信(のちの徳川家康)の誕生から桶狭間の戦いまでの若き頃が、原作をふまえ独自に描かれます。

刈谷城(三河国:現在の愛知県東部)の城主・水野忠政(加藤嘉)の娘・於大(おだい:有馬稲子)は降伏の印として輿入れします。相手は対立する岡崎城(三河国)の城主・松平広忠(田村高広)です。

夫婦の間には松平竹千代(*2人の子役が演じる)が生まれます。けれども家督を継いだ於大の兄・水野信元(原田甲子郎)が織田信秀(三島雅夫)と同盟を結んだことで、織田氏と対立していた今川義元(西村晃)を頼る松平広忠は苦境に立たされます。

苦渋の末、於大は離縁されました。

そうした動きのなかで松平竹千代は、今川義元の人質とされます。けれども、今川家が治める駿河国(現在の静岡県の中部・北東部)の中心地・駿府への移送中、突如、水野信元の策略によって織田氏の尾張国(現在の愛知県西部)へ連れ去られます。

尾張国では織田信長(中村錦之助=のち萬屋錦之介)と松平竹千代との交流が描かれます。

その後、今川氏・松平氏は織田信秀の嫡男・織田信広(近江雄二郎)を捕縛したことで、松平竹千代との人質交換に成功します。こうして3年ぶりに松平竹千代は三河へ帰れることになるも、すぐに今川家へ向かうことになりました。

松平竹千代は駿府で雪斎禅師(千田是也)のもとで学問を身に付けます。そして今川義元の名前から「元」を賜り、松平元信(北大路欣也)と名乗り元服します。今川義元の姪・築山御前も正室に迎えました。

松平元信は今川家とのつながりを深めると今川義元の上洛の際、織田信長攻略にあたり、桶狭間の戦いへと至ります。映画は当初5部作を予定としていましたが、ここまでの1作で映画は終わっています。

  • 小説【徳川家康】より

    小説【徳川家康】より

  • VHS【徳川家康】より

    VHS【徳川家康】より

松平元信(徳川家康)の母・於大の意地

映画版の前半は、於大(有馬稲子)が実質の主人公です。

対立する松平家への輿入れ(嫁入り)する決意が、映画版独自に描かれました。

病に伏せる水野忠政の枕元で於大、父を労り宣言する。

於大
「大はそのようにばかりは考えてはおりません。大は女子でございますから、お嫁入りしたらお子を産みます。強い強いお子を産みます。そのお子は水野のものでも松平のものでもない。刈谷も岡崎も踏んまえて立って、天と地との間に踏みはだかって、四方八方に大きな声で号令するような、そういうお子を産みに参ります」

映画【徳川家康】より

松平家家臣・本多忠高の嫁・小夜の意地

映画版では松平広忠(田村高広)の家臣・本多忠高(*映画内未登場)の嫁・小夜(桜町弘子)も活躍します。

松平家の家臣は、松平竹千代=松平元信(北大路欣也)の元服を故郷・岡崎城に迎えようと交渉します。けれども今川家は許可しません。議論を戦わす松平家家臣の集う談合で、小夜は次のように発言します。原作に準ずる場面です。

武士の意地にばかりにこだわり、あげくを抜いて争い出す家臣。その現状にあきれた小夜、大勢の前に出る。

小夜
「意地は男だけのもんと言わっしゃるか。よう考えてごらんしゃい。駿府の差配に替わった当座のあの苦労、あれから今までの苦労はのう、男にばっかりつらい苦労ばかりやなかったぜえもん。女子供には、男の知らん、男には知らされんつらい苦労がありましたぞえ」

映画【徳川家康】より

岡崎か?駿府か? 腹を決める松平元信(徳川家康)の意地

松平元信(北大路欣也)は織田氏に通じた旧・今川氏傘下を倒した初陣を経て、今川義元(西村晃)から上洛のため、織田信長(中村錦之助=のち萬屋錦之介)攻めの先鋒を任されます(桶狭間の戦い)。

映画版ではこのとき松平元信が松平家の菩提寺・大樹寺(愛知県岡崎市)に足を運んだとします。そして領民の前で宣言します。かつて今川家の駿河国駿府への移送途中、裏切りによって織田氏の尾張国に送られるに至った際、同行していた幼き童子が自決したことを振り返ります。映画版独自の場面です。

大樹寺に集う松平家家臣、領民。彼らを前に、高らかに、強く宣言する松平元信。

松平元信
「あの時私は幼心に誓うたのだ。この子供ら志を生涯心に刻みつけて忘れはせぬぞと。一念、必ず空(むな)しゅうはせぬぞ。死んだ子らへのわし誓いが、わしのこのここに生き続けている限り、わしはあの子らと同じように生まれついての岡崎の子ぞ。今、これからも。死ぬまでわしは岡崎の子ぞ。岡崎と共に生き、共に死ぬのだ」

映画【徳川家康】より

最後の監督作は司馬遼太郎原案の時代劇映画

DVD【幕末】より

DVD【幕末】より

坂本龍馬を主人公とする司馬遼太郎原案【幕末】が伊藤大輔最後の監督・脚本作となりました(1970年〔東宝〕配給)。

明治100周年を迎えた年(1968年)、司馬遼太郎原作【竜馬がゆく】がNHK大河ドラマの6作目としてテレビドラマ化されるなど以後、幕末がブームとなっていました。

戦前・戦中は剣客の時代劇映画を手がけ、戦後は歌舞伎作品を多数映画化。晩年にはテレビ時代劇の影響のなかで時代劇映画を監督した伊藤大輔。戦後の時代劇映画の代表作では男性側だけでなく女性の存在も強調して描きました。

著者名:三宅顕人

伊藤大輔

伊藤大輔をSNSでシェアする

「明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)」の記事を読む


内田吐夢

内田吐夢
【大菩薩峠】、【宮本武蔵】という戦前に人気を博した時代劇映画を、戦後復活させた内田吐夢(うちだとむ)。その両作では原作に忠実に、剣客を自負する者とその剣客の思いあがる心を諌める者とを対比的に描きます。

内田吐夢

稲垣浩

稲垣浩
【大菩薩峠】の初映画化、【宮本武蔵】の初長編映画化を手がけた稲垣浩(いながきひろし)。歴史・時代小説の金字塔を映像化した時代劇映画監督の先駆的な存在です。戦後は三船敏郎主演の時代劇映画を数多く監督し、なかでも【大坂城物語】や【風林火山】では城や旗を通した武士道が見出せます。

稲垣浩

松田定次

松田定次
【赤穂浪士 天の巻 地の巻】で忠臣蔵映画の初カラー化を手がけた松田定次(まつださだつぐ)。生涯に亘って数々の歴史・時代小説を映画化しました。【水戸黄門】は映画化とテレビシリーズ演出の両方を手がけています。現在の時代劇イメージの定番を形作った松田定次は、両作で太平の世を舞台にした武士道を描きました。

松田定次

マキノ雅弘

マキノ雅弘
代表作【浪人街】が計4度リメイクされているマキノ雅弘(まきのまさひろ)。父親が創案した剣劇(チャンバラ)映画を継承しました。剣劇(けんげき)を生み出した劇団、新国劇にかかわる映画を幾本も手がけ、日本映画における刀剣描写・立ち回りに大きな功績を残します。

マキノ雅弘

山中貞雄

山中貞雄
【丹下左膳余話 百萬両の壺】、【河内山宗俊】、【人情紙風船】の時代劇映画3本のみが、ほぼ完全なかたちで遺されている山中貞雄(やまなかさだお)。日中戦争下で若くして病でこの世を去った山名貞雄の時代劇映画は、戦況と同じように喜劇から悲劇性を帯びていきます。その喜劇的世界の刀剣場面においては、粋な立ち回りや心意気が描かれます。

山中貞雄

黒澤明

黒澤明
【七人の侍】、【用心棒】で時代劇映画に革命をもたらした黒澤明(くろさわあきら)。両作では人間らしい人物が主人公です。主人公は対立する者の間で揺れ動きます。また、刀の耐久性や、拳銃との勝負を描くうえでもリアリズムがこだわられ、独自の刀剣描写も生み出しました。それは海外文学、西洋演劇への造詣の深さによって支えられています。

黒澤明

市川崑

市川崑
【四十七人の刺客】や【どら平太】など、多作のなかで時代劇映画も遺した市川崑(いちかわこん)。アニメーター出身の実写監督という特異な経歴を有します。その独自の映像演出では光が巧みに使われており、刀剣描写・立ち回りでも変わりません。

市川崑

小林正樹

小林正樹
【切腹】や【上意討ち 拝領妻始末】などの時代劇映画を監督した小林正樹(こばやしまさき)。第2次世界大戦の応招経験に基づいた反戦映画で名を成し、その時代劇映画では武家の理不尽さを描き出しました。そこでは中間管理職の恐ろしさ、武家が抱える根源的な危うさをあぶり出します。

小林正樹

加藤泰

加藤泰
【瞼の母】、【沓掛時次郎 遊侠一匹】といった長谷川伸原作の時代劇映画を遺した加藤泰(かとうたい)。現代を舞台にした任侠映画へと時代が移行する直前を映画人として生きました。長谷川伸が創始した股旅物に基づく刀剣観には、古き良き剣劇(チャンバラ)映画の香りが漂っています。

加藤泰