明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)

稲垣浩

文字サイズ

【大菩薩峠】の初映画化、【宮本武蔵】の初長編映画化を手がけた稲垣浩(いながきひろし)。歴史・時代小説の金字塔を映像化した時代劇映画監督の先駆的な存在です。戦後は三船敏郎主演の時代劇映画を数多く監督し、なかでも【大坂城物語】や【風林火山】では城や旗を通した武士道が見出せます。

長谷川伸の戯曲を多数時代劇映画化

稲垣浩は俳優の家に生まれ、父親の一座の子役として活動します。俳優として、日本初の本格的映画会社とされる老舗の日本活動写真(略称・日活)に入社後(1922年)、映画監督の伊藤大輔のもとで脚本を学びます。

戯曲集【長谷川伸傑作選 瞼の母】より

戯曲集【長谷川伸傑作選
瞼の母】より

俳優・阪東妻三郎率いるプロダクション、松竹を経て、俳優・片岡千恵蔵率いるプロダクションで監督デビューします。デビュー作となった無声映画(サイレント:トーキー誕生以前の映画形式)の時代劇映画【天下太平記】は、同プロダクションの第1作目でもありました(1928年)。脚本は伊丹万作(長男は伊丹十三)が手がけています。

以後、時代劇映画を多数監督します。

伊丹万作脚本のオリジナル作や、長谷川伸林不忘子母澤寛海音寺潮五郎村上元三などの歴史・時代小説を原作とします。なかでも長谷川伸の代表作【瞼の母】と【一本刀土俵入り】は戯曲発表後すぐに初映画化しています。

【大菩薩峠】初映画化・【宮本武蔵】初長編映画化

稲垣浩は片岡千恵蔵率いるプロダクションを離れたのち、再び日活に籍を置きます(1935年)。トーキー(*それまでの無声映画に対して技術発展した映像と音声が同期した発声映画)勃興時代のこの時期、同時代の監督と時代劇映画に取り組んでいます。

長谷川伸原作【関の弥太ッぺ】(共同監督に山中貞雄)、中里介山原作【大菩薩峠】(応援監督に山中貞雄・荒井良平)の初映画化、【血煙高田の馬場】(共同監督にマキノ正博)などです。

そして引き続き歴史・時代小説の映像化にも取り組みます。なかでも第2次世界大戦が勃発した翌年、吉川英治【宮本武蔵】を初の長編映画化しました(1940年―3部作、1942年)。

  • 小説【大菩薩峠】より

    小説【大菩薩峠】より

  • 小説【宮本武蔵】より

    小説【宮本武蔵】より

戦前から戦後へ:【佐々木小次郎】初映画化

第2次世界大戦が勃発すると映画製作に制限がかかります。劇映画の映画製作会社は国策によって松竹・東宝・大日本映画社(略称・大映)の3社に統合されます(1942年)。3社統合時代に入ると稲垣浩は日活の流れを汲む大映に所属しました。

石坂洋次郎【小さな独裁者】原作【独眼龍政宗】、岩下俊作原作【無法松の一生】の初映画化(伊丹万作脚本)、大映と中華電影の合作映画【狼火は上海に揚る】、【東海水滸伝】(共同監督に伊藤大輔)を監督しています。

戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)占領下、剣劇(チャンバラ)は禁止されます。

この時期は、菊池寛原作の神風連の乱(熊本県で実際に起きた明治政府に対する士族の反乱)に基づく創作劇、東横映画第1回作品、田村一二の児童文学(伊丹万作の脚本)などを監督しました。

そして剣劇(チャンバラ)解禁の年(1950年)、時代劇映画【俺は用心棒】(伊丹万作遺作脚本)と、3部作となった村上元三原作【佐々木小次郎】(1950~1951年〔東宝〕配給)を監督。

同映画で共同脚本を手がけた村上元三の原作は、戦後初の剣客を主人公とした新聞連載小説ともされます。宮本武蔵に対して敗者である主人公・佐々木小次郎は敗戦後の日本と重なりました。

  • 小説【佐々木小次郎】より

    小説【佐々木小次郎】より

  • VHS【佐々木小次郎】より

    VHS【佐々木小次郎】より

再び【宮本武蔵】を長編映画化

DVD【宮本武蔵】より

DVD【宮本武蔵】より

稲垣浩はその後、3人の落ち武者を主人公とした井上靖原作【戦国無頼】(共同脚本・黒澤明)、東宝創立20周年記念映画である幕末を舞台にした村上元三原作【風雲千両船】を経て、吉川英治原作【宮本武蔵】(1954~1956年〔東宝〕配給)を再び映画化します。

同作は東宝初のイーストマン・カラー作品(*3本のフィルムを使ってカラー化するテクニカラー方式から技術発展した1本のフィルムだけでカラー化を可能にした撮影技術)でもあり、戦後初の宮本武蔵映画となりました。

3部作となった公開最終年、【Samurai I: Musashi Miyamoto】の表題で海外公開(1955年)されていたシリーズ第1作目が第28回アカデミー賞で外国語映画賞(現在のアカデミー名誉賞)を受賞しています(1956年)。

村上元三の時代小説【大坂城物語】を映画化

稲垣浩監督作は、そのほとんどで三船敏郎が主演しています(1951年以降)。Samurai I: Musashi Miyamotoで海外から評価を得て以降も両者のコンビはさらに続きます。

五味康祐原作【柳生武芸帳】、第19回ヴェネツィア国際映画祭・金獅子賞の受賞作となった【無法松の一生】のリメイク版、東宝映画1,000本記念作【日本誕生】、村上元三原作【大坂城物語】(1961年〔東宝〕配給)なども両者のコンビ作です。

大坂城物語は、豊臣秀頼の大仏建立に対する徳川家康からの物言いが題材です(方広寺鐘銘事件:ほうこうじしょうめいじけん)。大坂冬の陣の発端となりました。

方広寺鐘銘事件をきっかけに、淀君(山田五十鈴)と豊臣秀頼(岩井半四郎)、徳川方との対立が深まります。騒動の時期、大坂関ヶ原の戦いをきっかけに家族を失い浪人となっていた茂兵衛(もへい:三船敏郎)が食うために田舎から出てきました。

茂兵衛は命を助けてもらった豊臣方の女性・阿伊(香川京子)との出会い、大坂城(現在の大阪城)への憧れによって豊臣方に味方することを決意します。

そんな茂兵衛を、茂兵衛の乳母兄弟と設定された豊臣秀頼に仕えた実在の武将・薄田隼人正(すすきだはやとのかみ:平田昭彦)、真田幸村(村上元三)に仕える霧隠才蔵(市川團子=のち2代目・市川猿翁)、豊臣秀吉(*映画内未登場)の重臣・加藤清正(*映画内未登場)の娘・小笛(久我美子)ら豊臣方の面々が先導します。

  • 小説【大坂城物語】より

    小説【大坂城物語】より

  • DVD【大坂城物語】より

    DVD【大坂城物語】より

大坂城に憧れる茂兵衛

茂兵衛(三船敏郎)は大坂城への憧れについてこう語ります。

薄田隼人正と久しぶりの再会をする茂兵衛。

茂兵衛
「俺はあの大坂城のために働いてみるつもりだ」

薄田隼人正
「何のためにだ?」

茂兵衛
「俺はあの大坂城の大きさに惚れたのだ」

映画【大坂城物語】より

映画内では特技監督・円谷英二によって20分の1の大坂城が再現されました。方広寺(現在の京都市東山区)の大仏も特撮によって再現され、当時大いに話題となっています。

井上靖の時代小説【風林火山】を映画化

三船敏郎主演コンビ以外にも、夏木陽介、8代目・松本幸四郎(のち初代・松本白鸚)、9代目・松本幸四郎(のち2代目・松本白鸚)、7代目・尾上菊五郎の主演作を監督します。

真山美保の戯曲【野盗風の中を走る】、東宝30周年記念作【忠臣蔵 花の巻 雪の巻】、五味康祐原作【秘剣】、南条範夫原作【士魂魔道 大龍巻】、東宝35周年記念作として2度目の映画化となった【佐々木小次郎】などです。

そして、井上靖原作【風林火山】(1969年〔東宝〕配給)を監督します。

制作は三船プロダクションです。脚本に黒澤明映画で名を成した橋本忍(代表作:【羅生門】、【七人の侍】、【蜘蛛巣城】、【隠し砦の三悪人】など)を迎え、武田信玄の参謀を務めたとされる軍師山本勘助の生涯を描きます。原作はのちに第46作NHK大河ドラマ【風林火山】(2007年)の原作にもなっています。

浪人・山本勘助(三船敏郎)は知略によって武田家重臣・板垣信方(3代目・中村翫右衛門)に取り入り、武田晴信=のち武田信玄(中村錦之助=のち萬屋錦之介)の重臣となります。

諏訪頼茂(平田昭彦)率いる諏訪氏攻め後、その美しい娘・由布姫(佐久間良子)を武田晴信の側室とすることを提案し、武田勝頼(5代目・中村勘九郎=のち18代目・中村勘三郎)が誕生します。

その後も、笠原清重(月形龍之介)のいる戸石城攻め、葛尾城城主・村上義清(戸上城太郎)との上田原の戦いで知略を発揮し、上杉景虎=のち上杉謙信(石原裕次郎)との川中島の戦い(第4次)での最期までが描かれます。

映画版では原作の主題のひとつ、山本勘助への由布姫への純愛も取り上げられます。

山本勘助は武田晴信と側室・由布姫の子である武田勝頼を自身の子のように想い、武田家の跡取りとして強烈に後押しします。由布姫病死後はその軍略ににぶりが生じ、最期を迎えます。

  • 小説【風林火山】より

    小説【風林火山】より

  • DVD【風林火山】より

    DVD【風林火山】より

武田家の旗に憧れる山本勘助

山本勘助(三船敏郎)と武田晴信=のち武田信玄(中村錦之助=のち萬屋錦之介)との出会いは映画版では独自に次のように描かれます。諏訪氏攻めの談義の際、武田家重臣・板垣信方(3代目・中村翫右衛門)は食客としていた山本勘助を部屋に呼び入れます。

武田晴信邸。集う武田家家臣の面々の前に初めて登場した山本勘助。

武田晴信
「諸国を回り、風俗を知り、要害を調べ、地理に通じて明るいと言うが、この甲斐は何度
目だ?」

山本勘助
「甲斐は初めてにござります」

武田晴信
「他の国に比べてどう思う?」

山本勘助
「土地は肥え、人身は落ち着き、兵は強く、申し分ござりませぬ。ただ惜しいことには、ひとつだけ足りぬものがある」

武田晴信
「何、足りぬもの?」

山本勘助
「この国には広く、大きな海がござりませぬ」

武田晴信
「では、そんな山国の武田になぜ随身する気になった?」

山本勘助
「海はなくともこの武田には好きで好きでどうにも堪らぬものがござります」

武田晴信
「ほう。それは一体なんだ?」

山本勘助
「疾(はや)きこと風のごとく、徐(しず)かなること林のごとく、侵掠(しんりゃく)すること火のごとく、動かざること山のごとし、風林火山、ご当家のあの

一同、沈黙。

武田晴信
「(大笑)。山本勘助、知行二百貫、二十条、足軽八十人、預ける!」

映画【風林火山】より

最後の監督作も主演は三船敏郎

DVD【待ち伏せ】より

DVD【待ち伏せ】より

稲垣浩は、風林火山に続いた三船プロダクション製作による時代劇映画【待ち伏せ】(1970年〔東宝〕配給)が最後の監督作となりました。

共同脚本のひとりに黒澤明映画で名を成した小国英雄(代表作:【七人の侍】、【蜘蛛巣城】、【どん底】、【隠し砦の三悪人】など)を迎え、天保の時代、峠の茶屋を舞台にした群像劇を描きました。

監督デビュー以来、一貫して時代劇に取り組んできた稲垣浩。その晩年の時代劇映画には城や旗を通した武士道が見出せます。

著者名:三宅顕人

稲垣浩

稲垣浩をSNSでシェアする

「明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)」の記事を読む


内田吐夢

内田吐夢
【大菩薩峠】、【宮本武蔵】という戦前に人気を博した時代劇映画を、戦後復活させた内田吐夢(うちだとむ)。その両作では原作に忠実に、剣客を自負する者とその剣客の思いあがる心を諌める者とを対比的に描きます。

内田吐夢

伊藤大輔

伊藤大輔
【丹下左膳】の初映画化を手がけた伊藤大輔(いとうだいすけ)。戦前・戦中は剣客の時代劇映画を手がけ、戦後は【大江戸五人男】など歌舞伎作品を多数監督しました。晩年にはテレビ時代劇の影響のなかで【徳川家康】を監督しています。その戦後の時代劇映画の代表作では男性側だけでなく女性の存在も強調して描いています。

伊藤大輔

松田定次

松田定次
【赤穂浪士 天の巻 地の巻】で忠臣蔵映画の初カラー化を手がけた松田定次(まつださだつぐ)。生涯に亘って数々の歴史・時代小説を映画化しました。【水戸黄門】は映画化とテレビシリーズ演出の両方を手がけています。現在の時代劇イメージの定番を形作った松田定次は、両作で太平の世を舞台にした武士道を描きました。

松田定次

マキノ雅弘

マキノ雅弘
代表作【浪人街】が計4度リメイクされているマキノ雅弘(まきのまさひろ)。父親が創案した剣劇(チャンバラ)映画を継承しました。剣劇(けんげき)を生み出した劇団、新国劇にかかわる映画を幾本も手がけ、日本映画における刀剣描写・立ち回りに大きな功績を残します。

マキノ雅弘

山中貞雄

山中貞雄
【丹下左膳余話 百萬両の壺】、【河内山宗俊】、【人情紙風船】の時代劇映画3本のみが、ほぼ完全なかたちで遺されている山中貞雄(やまなかさだお)。日中戦争下で若くして病でこの世を去った山名貞雄の時代劇映画は、戦況と同じように喜劇から悲劇性を帯びていきます。その喜劇的世界の刀剣場面においては、粋な立ち回りや心意気が描かれます。

山中貞雄

黒澤明

黒澤明
【七人の侍】、【用心棒】で時代劇映画に革命をもたらした黒澤明(くろさわあきら)。両作では人間らしい人物が主人公です。主人公は対立する者の間で揺れ動きます。また、刀の耐久性や、拳銃との勝負を描くうえでもリアリズムがこだわられ、独自の刀剣描写も生み出しました。それは海外文学、西洋演劇への造詣の深さによって支えられています。

黒澤明

市川崑

市川崑
【四十七人の刺客】や【どら平太】など、多作のなかで時代劇映画も遺した市川崑(いちかわこん)。アニメーター出身の実写監督という特異な経歴を有します。その独自の映像演出では光が巧みに使われており、刀剣描写・立ち回りでも変わりません。

市川崑

小林正樹

小林正樹
【切腹】や【上意討ち 拝領妻始末】などの時代劇映画を監督した小林正樹(こばやしまさき)。第2次世界大戦の応招経験に基づいた反戦映画で名を成し、その時代劇映画では武家の理不尽さを描き出しました。そこでは中間管理職の恐ろしさ、武家が抱える根源的な危うさをあぶり出します。

小林正樹

加藤泰

加藤泰
【瞼の母】、【沓掛時次郎 遊侠一匹】といった長谷川伸原作の時代劇映画を遺した加藤泰(かとうたい)。現代を舞台にした任侠映画へと時代が移行する直前を映画人として生きました。長谷川伸が創始した股旅物に基づく刀剣観には、古き良き剣劇(チャンバラ)映画の香りが漂っています。

加藤泰