明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)

山中貞雄

文字サイズ

【丹下左膳余話 百萬両の壺】、【河内山宗俊】、【人情紙風船】の時代劇映画3本のみが、ほぼ完全なかたちで遺されている山中貞雄(やまなかさだお)。日中戦争下で若くして病でこの世を去った山名貞雄の時代劇映画は、戦況と同じように喜劇から悲劇性を帯びていきます。その喜劇的世界の刀剣場面においては、粋な立ち回りや心意気が描かれます。

長谷川伸の戯曲で監督デビュー

小説【小笠原壱岐守】より

小説【小笠原壱岐守】より

山中貞雄は映画好きの子供時代を過ごし、高等学校の先輩で映画監督のマキノ正博=雅弘(代表作:【浪人街】シリーズ、【次郎長三国志】シリーズなど。父親は日本映画の父・牧野省三)との縁でマキノ・プロダクションにて働くことになります(1927年)。

その後、嵐寛寿郎プロダクションへ移籍し、脚本家デビューしました(1929年)。その脚本の技術が評価され、長谷川伸の戯曲を脚色した【磯の源太 抱寝の長脇差】で監督デビューへと至ります(1932年)。

以後、無声映画(サイレント:トーキー誕生以前の映画形式)時代、多くの歴史・時代小説を映画化します。

長谷川伸原作【小判しぐれ】、佐々木味津三原作【小笠原壱岐守】、林不忘原作【口笛を吹く武士】、佐々木味津三原作【右門捕物帖 三十番手柄 帯解け仏法】、大佛次郎原作【天狗廻状 前篇】などです。

白井喬二原作【盤嶽の一生】など多数の時代劇映画を監督

小説【普及版 盤嶽の一生】より

小説【普及版 盤嶽の一生】より

その後、日本初の本格的映画会社とされる老舗の日本活動写真(略称・日活)へ移籍します。

移籍先でも歴史・時代小説を映画化しました。

大佛次郎原作【薩摩飛脚 光愛欲篇】、白井喬二原作【盤嶽の一生】、大佛次郎原作【鼠小僧次郎吉】の前・中・後篇の3部作、野村胡堂原作【風流活人剱】、伊勢野重任原作【足軽出世譚】などです。

この時期、キネマ旬報・日本映画ベストテンにもその名があがり始めます。第10回(1933年度)で盤嶽の一生は7位、鼠小僧次郎吉は8位。第11回(1934年度)で風流活人剱は5位となっています。

この間、京都を拠点とする映画関係者で所属会社を超えて鳴滝組を結成します(1934年)。稲垣浩ら監督・脚本家の8名で構成され、脚本名義は梶原金四郎・梶原金六・梶原金八と表記されます。

また、小石栄一監督作【勝鬨】では応援監督も務めています。

林不忘の時代小説【丹下左膳】

時代は、トーキー(*それまでの無声映画に対して技術発展した映像と音声が同期した発声映画)勃興時代に入ります。

山中貞雄は自身初のトーキー【雁太郎街道】や、【国定忠次】(第12回キネマ旬報・日本映画ベストテン第5位)を経て、林不忘原作【丹下左膳余話 百萬両の壺】(1935年〔日活〕配給)を監督・構成します。

小説【丹下左膳(二)こけ猿の巻】より

小説【丹下左膳(二) こけ猿の巻】より

原作は当時人気を博していた歴史・時代小説です。【新版大岡政談】として連載され、当初脇役だった隻眼隻腕の剣客が映画化によって人気となり【丹下左膳】と連載の表題が変わりました。

新版大岡政談を監督し、その脇役人気に火を点けた伊藤大輔監督による3部作が予定されます(表題は丹下左膳名義)。2作目で伊藤大輔が所属会社を退職したことで、3作目を山中貞雄が担当することになりました。

原作の物語は、伊賀国(現在の三重県西部)柳生家の秘宝・こけ猿の茶壺の争奪戦です。茶壺には100万両ともされる埋蔵金の地図が隠されていました。

柳生対馬守はその剣客ぶりが評判です。その威勢を徳川吉宗江戸幕府第8代将軍)は恐れ、柳生家取りつぶしを目論み、日光東照宮(現在の栃木県日光市)を修復するよう仕向けます。

巨額な費用捻出に頭を悩ました柳生対馬守は、柳生家の秘宝・こけ猿の茶壺の存在を知ります。けれども茶壺は、剣客の弟・柳生源三郎が江戸の十方不知火流(じっぽうしらぬいりゅう)司馬道場の娘・萩乃の婿となるにあたって授けたばかりでした。

この茶壺を巡って、柳生家、司馬道場の後妻と高弟、やがて江戸幕府側の面々も加わり騒動を繰り広げます。ここに丹下左膳が加わります。偶然茶壺を手にしたことで争奪に巻き込まれることになった孤児・チョビ安と疑似的な父子の関係を結んだ丹下左膳はチョビ安のために体を張ります。

剣客・柳生源三郎と愛・濡れ燕を手にする丹下左膳の剣客同士の交流も描かれます。

【丹下左膳余話 百萬両の壺】を監督

DVD【丹下左膳余話 百萬両の壺】より

DVD【丹下左膳余話 百萬両の壺】より

山中貞雄は、原作の虚無的な内容に対し、より喜劇的な内容として仕上げます。表題には「余話」と付けられました。

映画版では丹下左膳(大河内伝次郎)と柳生源三郎(4代目・沢村国太郎)の友情物語に仕立てられます。丹下左膳を矢場の女主人・お藤(喜代三)の居候で用心棒とし、不知火道場の婿養子・柳生源三郎を妻・萩野(花井蘭子)に頭の上がらない軟弱者・浮気者にしました。

チョビ安はちょい安(宗春太郎)とし、矢場の常連客の父親がやくざ者に斬り殺されたことで孤児となったとします。すでに母親を病で亡くしていたちょい安のことを遺言で託された丹下左膳は、嫌がるお藤を強引に説き伏せ家族同様に暮らすことを始めます。

そのちょい安は、不知火道場に出入りしていた屑屋から偶然、100万両の価値のある壺を貰った存在でもありました。

原作を巧みに作り変えたこの物語は、3年前に公開されていたアメリカ映画【歓呼の涯て】を下敷きにしたとされます。

山中貞雄版丹下左膳は、当時複数の映画監督によって作られていた丹下左膳映画のなかで、ほぼ完全版で現存する最も古い物となっています。

憎めない丹下左膳と柳生源三郎

山中貞雄は丹下左膳を描くにあたり、金に窮する存在としました。

ちょい安(宗春太郎)に託した店の大金が盗まれたことで丹下左膳(大河内伝次郎)は道場荒しによる金の工面を考えます。そのとき偶然訪れたのが、矢場で知り合っていた柳生源三郎(4代目・沢村国太郎)の不知火道場でした。

道場主にもかかわらず、剣の腕には自信のない柳生源三郎は、金を担保に丹下左膳に交換条件を出します。

門下生の前で負けられない柳生源三郎。金を必要とする丹下左膳と竹刀を交えながら密かに交渉。

柳生源三郎
「負けてくれ。頼むぞ」

丹下左膳
「いくら出すか?」

柳生源三郎
「いくら欲しいんだ?」

丹下左膳
「六十両じゃ」

柳生源三郎
「そりゃちと高いぞ」

丹下左膳
「びた一文まからんぞ」

柳生源三郎
「仕方ない、よし六十両やるから負けてくれ」

丹下左膳
「そうか。ありがてぇ」

柳生源三郎
「頼むぞ」

丹下左膳
「さぁ来い」

丹下左膳と柳生源三郎と立ち回り始まる。

丹下左膳
「待て」

柳生源三郎
「一本!」

と、勝利の声を上げる柳生源三郎。

丹下左膳
「参った、参った。恐れ入ったの御目に参る。拙者ごときとうてい及ぶところでは、いやござらん」

と、頭を下げる。

映画【丹下左膳余話 百萬両の壺】より

粋な立ち回りを創造

山中貞雄はこうした喜劇のなかで、丹下左膳(大河内伝次郎)に粋な立ち回りも設けています。

夜道、やくざ者がちょい安を連れた丹下左膳の前を偶然通り過ぎる。それはちょい安の父を斬り殺した男だった。丹下左膳とやくざ者、身構える。

丹下左膳
「おい安、目をつぶっていな」

ちょい安
「おじさんなぜだい?」

丹下左膳
「いいから目をつぶっているんだ。ひとつ、ふたつみっつととうまで数えんだぞ。目を開けるんじゃねぇぞ」

懐の短刀を握りしめるやくざ者。

丹下左膳
「いいか、さぁ数えてみな」

目を袖で隠すちょい安。

ちょい安
「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ、やっつ」

やくざ者、懐から短刀を出し、丹下左膳を斬ろうと準備する。

ちょい安
「ここのつ、とう」

その瞬間、やくざ者、丹下左膳を斬りかかった。丹下左膳、一刀で斬り倒す。やくざ者うなり、建物の壁に寄りかかる。刀をにしまう丹下左膳。

丹下左膳
「安、さぁ行こう」

ちょい安
「あのおじさんなぜうなってるの?」

丹下左膳
「ん? 博打に負けたんだろ(笑)」

と、去る。
そこに町人、通りすがると、やくざ者、地面に倒れ込んだ。

映画【丹下左膳余話 百萬両の壺】より

映画版【大菩薩峠】の立ち回りを担当

小説【大菩薩峠(一) 甲賀一刀流の巻】より

小説【大菩薩峠(一) 甲賀一刀流の巻】より

山中貞雄はその後、多彩な活動を見せます。

稲垣浩監督と共同監督を務めた長谷川伸原作【関の弥太ッペ】、前進座と組んだ長谷川伸原作【街の入墨者】(第12回キネマ旬報・日本映画ベストテン第2位)、稲垣浩の応援監督を務めた中里介山原作【大菩薩峠 第一篇 甲源一刀流の巻】、江戸時代中期の盗賊・雲霧仁左衛門を主人公にした【怪盗白頭巾】前後篇です。

大菩薩峠 第一篇においては、「人の大勢出る立廻り等、凄ごみのあるところ」を担当しました。

講談・歌舞伎を原作とする時代劇映画【河内山宗俊】を監督

前進座は歌舞伎から新しい演劇を目指し、松竹を飛び出した面々によって結成された劇団です(1931年創立)。

山中貞雄はその前進座と再び組み、【河内山宗俊(こうちやまそうしゅん)】(1936年〔日活〕配給)を監督します。脚本は鳴滝組の三村伸太郎です。

原作は幕末から明治時代初期に活躍した歌舞伎狂言作者・河竹黙阿弥(かわたけもくあみ)の歌舞伎【天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)】です。講談【天保六花撰】の歌舞伎化で、講釈師・松林伯円(2代目)が江戸時代後期を生きたゆすりたかりの茶坊主と義賊の史実をもとに大いに創作しました。

DVD【河内山宗俊】より

DVD【河内山宗俊】より

映画版ではさらに創作されます。情婦に居酒屋を営ませている遊び人・河内山宗俊(4代目・河原崎長十郎)と森田屋用心棒・金子市之丞(3代目・中村翫右衛門)の友情物語に仕上げます。

独自に登場させた甘酒屋で働く美しい娘・お浪(原節子)と、お浪の弟でやくざ者の片岡広太郎(市川扇升)の姉弟に肩入れした両者は意気投合します。

ある日、片岡広太郎は幼馴染の娘で森田屋に身請けされることになっていた遊女・三千歳(衣笠淳子)と心中するも、ひとりだけ生き残ってしまい、身請け代を背負います。その身請け代のため、お浪が森田屋から身を売ることを突き付けられます。片岡広太郎は姉の実情を知り、森田屋の親分を殺したことでやくざ者に命を狙われます。

そんな姉弟を助けようとする河内山宗俊。そこに彼の情婦・お静(山岸しづ江)のお浪に対する嫉妬もからみます。

この物語は、その9年前に日本公開されたアメリカ映画【三悪人】が下敷きともされます。

憎めない河内山宗俊と金子市之丞

山中貞雄は河内山宗俊(4代目・河原崎長十郎)と金子市之丞(3代目・中村翫右衛門)を憎めない存在として描きます。原作では剣客の金子市之丞を剣は苦手とし、両者が初めて出会う場面を面白可笑しく仕上げました。

お浪を巡って決闘をしようとした河内山宗俊と金子市之丞。その決闘場面にやって来たお浪が金子市之丞の不器用な太刀さばきで指を斬ってしまう。その対処をきっかけに仲良くなった両者。お浪の茶屋で和解する。

お浪
「お二人共すっかり仲良くおなりになったわね」

金子市之丞
「(笑)主をはじめ森田屋の一家はあんまり評判はよくないからな。あんな奴の金ならいくらとっても構わんよ」

河内山宗俊
「お前森田屋の用心棒だろ?」

金子市之丞
「うーん他にすることないからな」

河内山宗俊
「お前ほどの腕で」

金子市之丞
「俺程の腕って、俺の腕知ってるのか?」

河内山宗俊
「さっきその長いのをすらりと抜いた手際には俺は少々驚いたよ」

金子市之丞
「そうだろ、俺も驚いた」

河内山宗俊
「え?」

金子市之丞
「いやぁこの刀買ってからふた月になるのだが抜くのは今日が初めてだ。われながらよく抜けたもんだと思ってじつに驚いたよ」

河内山宗俊
「あきれた用心棒だな」

映画【河内山宗俊】より

刀を振るう粋な理由

森田屋から身請け代を突き付けられるお浪(原節子)を救うため、金子市之丞(3代目・中村翫右衛門)は河内山宗俊(4代目・河原崎長十郎)にその心のうちを明かします。

なぜ姉弟に肩入れをしたのかが明かされます。

河内山宗俊が営む居酒屋で金子市之丞が森田屋へ乗り込む決意をする。

河内山宗俊
「これで段取りを付けてくれ」

と、わずかな金子(きんす:*金銭のこと)を渡す。

河内山宗俊
「市つぁん、覚悟は出来てるだろうな」

金子市之丞
「どう転んだところで、首の危ねえ仕事だ。わしはな、これで人間になったような気がするよ。わしはな、今まで無駄飯ばかり喰って来た男だったが、それがだ、今度はそうじゃないだろう。人のために喜んで死ねるようなら人間一人前じゃないかなあ(笑)」

映画【河内山宗俊】より

歌舞伎原作の時代劇映画【人情紙風船】を監督

DVD【人情紙風船】より

DVD【人情紙風船】より

山中貞雄はその後、【海鳴り街道】、【森の石松】の監督作を経て、ピー・シー・エル映画製作所(東宝の前身のひとつ)へ移籍します。

再び前進座を組み、【人情紙風船】を監督(1937年〔東宝映画〕配給)。原作は河竹黙阿弥の歌舞伎【梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)】です。【髪結新三】でも知られます。小悪党の髪結による駆け落ちを利用した誘拐事件を軸に描かれます。

山中貞雄はこの原作を、貧しい長屋に暮らす住人達の物語に仕立てました。

独自に創作した主人公は、仕官の道がなかなか叶わない、長屋暮らしの愚直な浪人です。同じ長屋に住む威勢の良い遊び人の髪結が仕かけた誘拐事件を思わず手助けすることになります。紙風船の紙貼りの内職をして主人公の浪人を支える女房は、夫の取った行動を長屋の女共から聞き、ある決意に踏み切ります。

主人公の浪人も髪結も、共に刃物によって迎える最期を、山中貞雄は殺傷場面を直接的には描かない結末として演出しました。

脚本は鳴滝組の三村伸太郎です。結末の場面は2年前に公開されていたフランス映画【ミモザ館】が下敷きともされます。

同作の完成試写の日、山中貞雄は召集令状を受け取ります。日中戦争が開始された年でした(1937年)。同作が第14回キネマ旬報・日本映画ベストテンで第7位(1937年度)と発表されたその翌年、戦地・中国にて28歳で戦病死しています(1938年)。

現存する時代劇映画では原作を独自のユーモアとペーソスを帯びた内容に仕立て直し続けた山中貞雄。その立ち回りでも同様に独自性が考え抜かれています。

著者名:三宅顕人

山中貞雄

山中貞雄をSNSでシェアする

「明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)」の記事を読む


内田吐夢

内田吐夢
【大菩薩峠】、【宮本武蔵】という戦前に人気を博した時代劇映画を、戦後復活させた内田吐夢(うちだとむ)。その両作では原作に忠実に、剣客を自負する者とその剣客の思いあがる心を諌める者とを対比的に描きます。

内田吐夢

伊藤大輔

伊藤大輔
【丹下左膳】の初映画化を手がけた伊藤大輔(いとうだいすけ)。戦前・戦中は剣客の時代劇映画を手がけ、戦後は【大江戸五人男】など歌舞伎作品を多数監督しました。晩年にはテレビ時代劇の影響のなかで【徳川家康】を監督しています。その戦後の時代劇映画の代表作では男性側だけでなく女性の存在も強調して描いています。

伊藤大輔

稲垣浩

稲垣浩
【大菩薩峠】の初映画化、【宮本武蔵】の初長編映画化を手がけた稲垣浩(いながきひろし)。歴史・時代小説の金字塔を映像化した時代劇映画監督の先駆的な存在です。戦後は三船敏郎主演の時代劇映画を数多く監督し、なかでも【大坂城物語】や【風林火山】では城や旗を通した武士道が見出せます。

稲垣浩

松田定次

松田定次
【赤穂浪士 天の巻 地の巻】で忠臣蔵映画の初カラー化を手がけた松田定次(まつださだつぐ)。生涯に亘って数々の歴史・時代小説を映画化しました。【水戸黄門】は映画化とテレビシリーズ演出の両方を手がけています。現在の時代劇イメージの定番を形作った松田定次は、両作で太平の世を舞台にした武士道を描きました。

松田定次

マキノ雅弘

マキノ雅弘
代表作【浪人街】が計4度リメイクされているマキノ雅弘(まきのまさひろ)。父親が創案した剣劇(チャンバラ)映画を継承しました。剣劇(けんげき)を生み出した劇団、新国劇にかかわる映画を幾本も手がけ、日本映画における刀剣描写・立ち回りに大きな功績を残します。

マキノ雅弘

黒澤明

黒澤明
【七人の侍】、【用心棒】で時代劇映画に革命をもたらした黒澤明(くろさわあきら)。両作では人間らしい人物が主人公です。主人公は対立する者の間で揺れ動きます。また、刀の耐久性や、拳銃との勝負を描くうえでもリアリズムがこだわられ、独自の刀剣描写も生み出しました。それは海外文学、西洋演劇への造詣の深さによって支えられています。

黒澤明

市川崑

市川崑
【四十七人の刺客】や【どら平太】など、多作のなかで時代劇映画も遺した市川崑(いちかわこん)。アニメーター出身の実写監督という特異な経歴を有します。その独自の映像演出では光が巧みに使われており、刀剣描写・立ち回りでも変わりません。

市川崑

小林正樹

小林正樹
【切腹】や【上意討ち 拝領妻始末】などの時代劇映画を監督した小林正樹(こばやしまさき)。第2次世界大戦の応招経験に基づいた反戦映画で名を成し、その時代劇映画では武家の理不尽さを描き出しました。そこでは中間管理職の恐ろしさ、武家が抱える根源的な危うさをあぶり出します。

小林正樹

加藤泰

加藤泰
【瞼の母】、【沓掛時次郎 遊侠一匹】といった長谷川伸原作の時代劇映画を遺した加藤泰(かとうたい)。現代を舞台にした任侠映画へと時代が移行する直前を映画人として生きました。長谷川伸が創始した股旅物に基づく刀剣観には、古き良き剣劇(チャンバラ)映画の香りが漂っています。

加藤泰