明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)

市川崑

文字サイズ

【四十七人の刺客】や【どら平太】など、多作のなかで時代劇映画も遺した市川崑(いちかわこん)。アニメーター出身の実写監督という特異な経歴を有します。その独自の映像演出では光が巧みに使われており、刀剣描写・立ち回りでも変わりません。

児童文学原作映画で世界的評価

市川崑はウォルト・ディズニーのアニメーションに感銘を受け、アニメーターとしてそのキャリアを始めます(1933年)。東宝の前身のひとつJ.O.スタヂオで働き、短編アニメ【新説カチカチ山】では企画・脚本・作画・撮影・編集・監督をしています(1936年)。

その翌年、所属先が合併したことから実写に転じ、伊丹万作や阿倍豊らの助監督を務めます。第2次世界大戦時には兵役召集されるも健康上の理由から入隊できずでした。

戦後、野上彌生子原作【花ひらく】で監督デビューします(1948年)。以後、文芸原作を中心に、新東宝・東宝・日活と複数の映画製作・配給会社から監督作を発表します。

この時期の時代劇映画には、野村胡堂の代表作を原案に独自に創作した【天晴れ一番手柄 青春銭形平次】があります(1953年〔東宝〕配給)。

竹山道雄(ドイツ文学者)の児童文学を原作とした【ビルマの竪琴】(1956年〔日活〕配給)が初期の代表作となります。大戦中に戦地ビルマ(現在のミャンマー)で行方不明になった音楽学校出身の日本兵の物語です。

同作は第17回ヴェネツィア国際映画祭サン・ジョルジョ賞を受けます(1956年)。第30回キネマ旬報・日本映画ベストテンでは第5位を受賞しました(1956年度)。

  • LD【天晴れ一番手柄 青春銭形平次】より

    LD【天晴れ一番手柄 青春銭形平次】より

  • DVD【ビルマの竪琴】より

    DVD【ビルマの竪琴】より

東京オリンピックの記録映画を総監督

市川崑はその後、大映に移籍し、さらに文芸原作・原案に取り組みます。

松田道雄(育児評論家)原作【おとうと】では、「銀残し」を実用化します。暗部をより暗くし映像の濃淡をより明確にする技法で、市川崑映像の特色のひとつとなっていきます。

同作は第14回カンヌ国際映画祭で、フランス映画高等技術委員会賞を受けます(1960年)。第34回キネマ旬報・ベストテンでは日本監督賞と日本映画ベストテン第1位を獲得しました(1960年度)。

この時期の時代劇映画では、長谷川一夫300本記念映画として制作された三上於菟吉原作【雪之丞変化】(伊藤大輔・衣笠貞之助脚色)を監督しています(1963年〔大映〕配給)。

そして、黒澤明の辞退によって引き受けた総監督を務めた東京オリンピック(1964年)の公式記録映画【東京オリンピック】(脚本に谷川俊太郎他)でその名をさらに広く知らしめました(1965年〔東宝〕配給)。

「記録映画か芸術映画か」の議論が起こった同作は公開の年、第18回カンヌ国際映画祭では特別招待され国際批評家賞を、第18回英国アカデミー賞ではドキュメンタリー賞をそれぞれ受けました。

  • Blu-ray【雪之丞変化】より

    Blu-ray【雪之丞変化】より

  • Blu-ray【東京オリンピック】より

    Blu-ray【東京オリンピック】より

テレビ時代劇【木枯らし紋次郎】シリーズを演出

東京オリンピック(1964年)以降、大衆娯楽の中心は映画からテレビへと完全に移っていました。市川崑は映画と同時に、日本テレビからの依頼(1959年)をきっかけに早くからテレビの演出にかかわっています。

テレビ時代劇では、国際エミー賞・フィクション部門第1位を受賞した紫式部原作【源氏物語】(1965~1966年〔毎日放送〕放送)、大ブームを起こした笹沢左保原作【市川崑劇場 木枯し紋次郎シリーズ】(1972年〔フジテレビ〕放送)、林不忘原作【丹下左膳】(1974~1975年〔読売テレビ/日本テレビ〕放送)などを演出しています。

またこの時期、大映を離れて崑プロダクションを設立します(1965年)。黒澤明・木下惠介・小林正樹との映画監督4名による「四騎(しき)の会」も結成します(1969年)。同会では黒澤明の初カラー映画の共同脚本(1970年)、四騎の会ドラマシリーズ(1972年)などに取り組んでいます。

そして、商業主義ではない作家性の強い映画の配給を目指した日本アート・シアター・ギルド(ATG)とも組みます。詩人・谷川俊太郎脚本によるロード・ムービー風に撮影した時代劇映画【股旅】を監督しました(1973年〔ATG〕配給)。

  • DVD【木枯し紋次郎 DVD-BOX I】より

    DVD【木枯し紋次郎 DVD-BOX I】より

  • Blu-ray【股旅】より

    Blu-ray【股旅】より

横溝正史ブームを起こす

Blu-ray【犬神家の一族】より

Blu-ray【犬神家の一族】より

市川崑は横溝正史原作の映画化で、さらに独自性を築きます。

その第1作目【犬神家の一族】は、角川春樹事務所第1回作品でもありました(1976年〔東宝〕配給)。

同作は第1回報知映画賞・作品賞を受けます。第50回キネマ旬報・日本映画ベストテンで第5位、読者選出で第1位を獲得しています(1976年度)。

以後、横溝正史原作シリーズを手がけます(【悪魔の手毬唄】、【獄門島】、【女王蜂】、【病院坂の首縊りの家】)。

さらにこの時期、手塚治虫漫画【火の鳥】の実写映像化も実施しています(1978年)。

池宮彰一郎の時代小説【四十七人の刺客】

小説【四十七人の刺客】より

小説【四十七人の刺客】より

市川崑は70歳を過ぎ、ビルマの竪琴をカラーでリメイクします(1985年)。

このとき、製作したフジテレビとはその後、大佛次郎原作【御存知!鞍馬天狗】(1989年〔フジテレビ〕放送)、フジテレビ版の長編として制作され劇場公開された【帰って来た木枯し紋次郎】(1993年〔東宝〕配給)を監督しています。

こうした時代劇への取り組みのなかで、池宮彰一郎【四十七人の刺客】を映画化します。この書き下ろしは刊行の年、第12回新田次郎文学賞を受けていました(1992年)。

この時代小説は長年、時代劇映画やテレビ時代劇の脚本を手がけていた池上金男(代表作:工藤栄一監督作【十三人の刺客】、五社英雄監督作【雲霧仁左衛門】など)の、歴史・時代小説家としてのペンネームによるものです。

最大の特徴は、浅野内匠頭長矩(赤穂藩第3代藩主)が殿中で吉良上野介義央(高家旗本:儀礼式典を司る名家)を斬り付けた刃傷沙汰の理由を謎としたことです。

そして、徳川綱吉江戸幕府第5代将軍)の時代に起こった赤穂事件を歌舞伎化した忠臣蔵の物語を諜報戦とし、元・赤穂藩藩士を刺客としました。主君の仇を討った赤穂事件の面々を義士ではなく浪士として描いたことで歴史・時代小説の金字塔となった大佛次郎【赤穂浪士】より、池宮彰一郎はさらに独自性を持ち込みました。

主題は「スリルとサスペンス」の導入です。赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助(おおいしくらのすけ)と米沢藩江戸家老・色部又四郎(いろべまたしろう)の出し抜き合いに主眼が置かれます。

大石内蔵助は藩の特産・塩の相場での儲けを討ち入りのために軍資金とします。その金で主君が殿中で、吉良上野介義央を斬った理由を賄賂だったとの噂を流し、討ち入りへの世論の同情を買いました。結果、吉良上野介義央は江戸城城郭内にあった屋敷を追い出されることになります。

吉良側を支える色部又四郎が仕える上杉家は、吉良上野介義央の実子で養子として入った上杉綱憲が藩主です。現・将軍が推す次期将軍候補・徳川綱教(紀州藩第3代藩主)の姉の夫が上杉綱憲でした。こうした理由から徳川綱吉の側用人・柳沢吉保は色部又四郎を支えます。

色部又四郎は守りの堅い江戸城城郭内を追い出された吉良上野介義央を守るため、新屋敷を城塞のごとく仕かけを施し、鉄壁とします。

時代劇映画【四十七人の刺客】

DVD【四十七人の刺客】より

DVD【四十七人の刺客】より

市川崑監督版【四十七人の刺客】(1994年〔東宝〕配給)は、日本映画誕生100周年記念作品として製作されました。脚本には原作者の池上金男を迎え、竹山洋と市川崑と共同で担当します。同作は第18回日本アカデミー賞では優秀監督賞・優秀脚本賞などを受けています(1995年)。

大石内蔵助(高倉健)率いる元・赤穂藩藩士の面々と、吉良上野介義央(西村晃)を支える柳沢吉保(石坂浩二)・色部又四郎(中井貴一)が諜報戦を繰り広げます。

原作に準じて大石内蔵助と元・赤穂藩藩士の未亡人・きよ(黒木瞳)との濡れ場、史実に基づき若い娘・かる(宮沢りえ)との恋愛模様も描かれました。

光を巧みに使った立ち回り

市川崑は吉良邸討ち入りに、独自の映像演出を実施しました。四十七士のひとり奥田孫太夫(井川比佐志)が手にした灯り・龕灯(がんどう)と、の反射を巧みに使用しました。

吉良邸。暗闇の中で四振りの刀が浮かびあがり光る。

奥田孫太夫
「龕灯(がんどう)」

龕灯の光に向こうに刀を手にしていた四人の吉良派。龕灯に目がくらんでいる敵。そこに刀を抜く奥田孫太夫。わずかな龕灯の光のなかで彼らを斬る。
斬られる四名。血が飛び散るふすま。倒れていくふすまに敵がひとりおりかかる。

奥田孫太夫
「これは、播州赤穂浅野家は旧臣。士道を立て、の一字を貫かんがため推参致した」

わずかな光の中で、誰もいない部屋で叫ぶ。

奥田孫太夫
「我と思わん者は出合え候え」

~以後もわずかな光の中で討ち入りは続いていく

映画【四十七人の刺客】より

山本周五郎の短編時代小説【町奉行日記】

小説【町奉行日記】より

小説【町奉行日記】より

市川崑は【八つ墓村】のリメイク版を経て、山本周五郎の短編【町奉行日記】を映画化します。

同短編は一度も町奉行所に出所しない町奉行・望月小平太(もちづきこへいた)が主人公です。道楽者からくる「どら平太」と称されるほどの風情です。江戸にいる若殿の命を受けて故郷の町奉行に就任し、治外法権となっている壕外(ほりそと)と呼ばれる悪所問題に取り組みます。

同原作はそれ以前に映画、テレビ時代劇化されていました。

短編発表の年には三隅研次が映画化(1959年)し、その翌年フジテレビ版(1960年)が制作されています。

その後は時代劇プロデューサー・能村庸一企画によるフジテレビ版(1981年:岡本喜八演出)、テレビ朝日版(1987年:山下耕作演出)、再び能村庸一企画のフジテレビ版(1992年:工藤栄一演出)が続いています。

時代劇映画【どら平太】

DVD【どら平太】より

DVD【どら平太】より

市川崑は原作を【どら平太】(2000年〔東宝〕配給)の表題で監督します。

それは31年後の実現でした。「四騎の会」の第1回作品として脚本化されたものの映画化されずに終わっていました。

四騎の会の面々で練り上げた脚本を、市川崑は映画化にあたり原作に忠実な物語に戻しています。

どら平太こと望月小平太(役所広司)は、江戸から若殿の命を受けて故郷の町奉行に就任し、壕外の悪所問題に取り組みます。

その際、友人の大目付・仙波義十郎(宇崎竜童)に頼んでわざと流した自身の悪評を利用し、町奉行所にはあえて顔を出しません。金を大量に使い、悪所に出入りし、裏の組織をあぶり出そうとします。

もうひとりの友人である徒歩奉行・安川半蔵(片岡鶴太郎)の助力、江戸から追いかけてきた芸者・こせい(浅野ゆう子)との恋愛模様も描かれます。

そして壕外を取り仕切る大河岸の灘八(菅原文太)・継町の才兵衛(石橋蓮司)・巴の多十(石倉三郎)の3名に立ち向かうことになります。

光とスローモーションを巧みに使った立ち回り

望月小平太(役所広司)の立ち回りには独自の映像演出が施されます。

大河岸の灘八(菅原文太)は望月小平太を屋敷に招きます。武家の次男坊の彼を自分の養子にして取り入ろうとするも拒否されたことで、子分に一斉に斬りかからせます。

市川崑はこのとき、部屋の灯りを徐々に光を暗くし、刀の反射を巧みに使用します。そしてスローモーションを導入しました。

声を上げて襲いかかってくる大勢のやくざ衆。部屋のなかでばったばったと斬っていく望月小平太。すべて峰打ち。前歯の抜けた特徴ある敵を斬り、その敵の表情。
再び、部屋のなかでばったばったと斬り続ける望月小平太。その剣の強さに茫然と見つめる敵の表情。
さらにばったばったと斬り続ける望月小平太。「痛たた」など峰打ちに声を上げて転がる敵衆。
だんだんと暗くなっていた部屋。望月小平太の後方にいる敵の刀が光り、浮かび上がる。一刀した音が重くなり一音。斬り合いが続くなか、さらに後方にいる敵の刀が光り浮かび上がる。一刀した重い音がまた一音。
暗くなった部屋で、斬り合いは続く。無敵の望月小平太。声を上げて逃げまどう敵衆。
改めて正面から敵衆が声を上げて迫る。
すると、背中を向いた望月小平太、右からきた敵を斬る姿がスローモーションとなり、動く刀の軌道が残像的に見える。次に、スローモーションで左から来た敵を正面から一文字に斬る。スローモーションで倒れていく敵の刀の動きの軌道が残像的に背中を通り過ぎる。その二人の敵を斬った様のスローモーションが角度を変えて流れる。そのとき斬り合う音もゆっくりとなっていた。
こうして、望月小平太、すべての敵を斬り倒した。

映画【どら平太】より

時代劇の定番と山本周五郎原作

市川崑はその後も、時代劇の定番ジャンルと山本周五郎原作を繰り返します。

忠臣蔵と同じ人気ジャンルの新選組を取り上げます。黒鉄ヒロシ原作【新選組】(2000年〔メディアボックス〕配給)です。第43回文藝春秋漫画賞を受けた漫画を三次元立体漫画として映画化しました。

その翌年、江戸時代後期の貧乏長屋を舞台にした山本周五郎原作【かあちゃん】(2001年〔東宝〕配給)を監督します。市川崑夫人で脚本家だった和田夏十が【江戸は青空】(西山正輝監督)の表題で、かつて中編映画化していました(1958年)。市川崑版は第25回モントリオール世界映画祭で特別功労賞などを受けています(2001年)。

そして、30年ぶりのセルフリメイク【犬神家の一族】が長編の遺作に(2006年)、夏目漱石原作の10名の監督によるオムニバス【ユメ十夜】が短編の遺作となりました(2007年)。

多種多彩な映像表現に取り組み続けた市川崑。数作手がけたその時代劇映画でも巧みな映像表現は変わらず、晩年まで試みられました。

  • チラシ【新選組】より

    チラシ【新選組】より

  • DVD【かあちゃん】より

    DVD【かあちゃん】より

著者名:三宅顕人

市川崑

市川崑をSNSでシェアする

「明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)」の記事を読む


内田吐夢

内田吐夢
【大菩薩峠】、【宮本武蔵】という戦前に人気を博した時代劇映画を、戦後復活させた内田吐夢(うちだとむ)。その両作では原作に忠実に、剣客を自負する者とその剣客の思いあがる心を諌める者とを対比的に描きます。

内田吐夢

伊藤大輔

伊藤大輔
【丹下左膳】の初映画化を手がけた伊藤大輔(いとうだいすけ)。戦前・戦中は剣客の時代劇映画を手がけ、戦後は【大江戸五人男】など歌舞伎作品を多数監督しました。晩年にはテレビ時代劇の影響のなかで【徳川家康】を監督しています。その戦後の時代劇映画の代表作では男性側だけでなく女性の存在も強調して描いています。

伊藤大輔

稲垣浩

稲垣浩
【大菩薩峠】の初映画化、【宮本武蔵】の初長編映画化を手がけた稲垣浩(いながきひろし)。歴史・時代小説の金字塔を映像化した時代劇映画監督の先駆的な存在です。戦後は三船敏郎主演の時代劇映画を数多く監督し、なかでも【大坂城物語】や【風林火山】では城や旗を通した武士道が見出せます。

稲垣浩

松田定次

松田定次
【赤穂浪士 天の巻 地の巻】で忠臣蔵映画の初カラー化を手がけた松田定次(まつださだつぐ)。生涯に亘って数々の歴史・時代小説を映画化しました。【水戸黄門】は映画化とテレビシリーズ演出の両方を手がけています。現在の時代劇イメージの定番を形作った松田定次は、両作で太平の世を舞台にした武士道を描きました。

松田定次

マキノ雅弘

マキノ雅弘
代表作【浪人街】が計4度リメイクされているマキノ雅弘(まきのまさひろ)。父親が創案した剣劇(チャンバラ)映画を継承しました。剣劇(けんげき)を生み出した劇団、新国劇にかかわる映画を幾本も手がけ、日本映画における刀剣描写・立ち回りに大きな功績を残します。

マキノ雅弘

山中貞雄

山中貞雄
【丹下左膳余話 百萬両の壺】、【河内山宗俊】、【人情紙風船】の時代劇映画3本のみが、ほぼ完全なかたちで遺されている山中貞雄(やまなかさだお)。日中戦争下で若くして病でこの世を去った山名貞雄の時代劇映画は、戦況と同じように喜劇から悲劇性を帯びていきます。その喜劇的世界の刀剣場面においては、粋な立ち回りや心意気が描かれます。

山中貞雄

黒澤明

黒澤明
【七人の侍】、【用心棒】で時代劇映画に革命をもたらした黒澤明(くろさわあきら)。両作では人間らしい人物が主人公です。主人公は対立する者の間で揺れ動きます。また、刀の耐久性や、拳銃との勝負を描くうえでもリアリズムがこだわられ、独自の刀剣描写も生み出しました。それは海外文学、西洋演劇への造詣の深さによって支えられています。

黒澤明

小林正樹

小林正樹
【切腹】や【上意討ち 拝領妻始末】などの時代劇映画を監督した小林正樹(こばやしまさき)。第2次世界大戦の応招経験に基づいた反戦映画で名を成し、その時代劇映画では武家の理不尽さを描き出しました。そこでは中間管理職の恐ろしさ、武家が抱える根源的な危うさをあぶり出します。

小林正樹

加藤泰

加藤泰
【瞼の母】、【沓掛時次郎 遊侠一匹】といった長谷川伸原作の時代劇映画を遺した加藤泰(かとうたい)。現代を舞台にした任侠映画へと時代が移行する直前を映画人として生きました。長谷川伸が創始した股旅物に基づく刀剣観には、古き良き剣劇(チャンバラ)映画の香りが漂っています。

加藤泰