明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)

三隅研次

文字サイズ

【座頭市】シリーズと【子連れ狼】シリーズで共に第1作を手がけた三隅研次(みすみけんじ)。戦前に人気を博した剣客を主人公とする時代劇映画を戦後に監督します。そして、自身の代表作では、その後にテレビ時代劇の人気シリーズとなる作品の映画版を担当し、日本映画史に残る剣客像を造形しています。

林不忘原作【丹下左膳 こけ猿の壺】で監督デビュー

小説【丹下左膳 こけ猿の壺】より

小説【丹下左膳 こけ猿の壺】より

三隅研次は映画好きの子ども時代を過ごし、大学卒業後に日活に入社します(1941年)。その翌年に兵士として召集され、満州(現在の中国東北部)に派遣されました(1942年)。

戦後はシベリア抑留生活を経て、復員後は大映に入社します(1947年)。衣笠貞之助(代表作:【地獄門】など)、伊藤大輔(初期代表作:【忠次旅日記】、【新版大岡政談】、【丹下左膳】など)に師事したのち、林不忘原作【丹下左膳 こけ猿の壺】で監督デビューしました(1954年)。

デビュー作の原作の脚色は師匠の衣笠貞之助が担当し、マキノ正博=雅弘(代表作:【浪人街】、【次郎長三国志】シリーズなど)による大映版シリーズ3部作の完結編でもありました。

中里介山原作【大菩薩峠】を監督

時代劇監督のもとで学ぶことになった三隅研次は、以後、歴史・時代小説を原作とする監督作を多数手がけていきます。

吉川英治子母澤寛、横溝正史、川口松太郎、陣田達朗、山手樹一郎山本周五郎野村胡堂舟橋聖一中里介山などです。

なかでも歴史・時代小説の金字塔とされる中里介山の【大菩薩峠】は、戦前は稲垣浩、戦後は渡辺邦男と内田吐夢が順に映画化しており、三隅研次はその系譜に連なることになりました。なお、三隅研次版の脚本は師匠の衣笠貞之助が手がけています(1960年〔大映〕配給)。

  • 小説【大菩薩峠】より

    小説【大菩薩峠】より

  • DVD【大菩薩峠】より

    DVD【大菩薩峠】より

座頭市ブームの端緒を担う

三隅研次の独自性は、子母澤寛原作【座頭市物語】(1962年〔大映〕配給)の監督作から始まります。随筆【ふところ手帖】の短い一編「座頭市物語」を映画化しました。

市は、座頭(*頭髪を剃った盲人のこと)の剣客です。子母澤寛は江戸時代後期を生きた下総国(現在の千葉県北部・茨城県南西部・埼玉県東部・東京都東部)の侠客・飯岡助五郎に関する取材のなかで、現地の古老から市の存在を知りました。

映画版の座頭市シリーズは全26作制作されることになります。三隅研次は第1作目以降6作を監督しました。のちにテレビドラマ化もされ、人気となる同題材の端緒を担った三隅研次は戦後の新たな剣客キャラクターを生み出しました。

  • 「座頭市物語」収録随筆【ふところ手帖】より

    「座頭市物語」収録随筆【ふところ手帖】より

  • DVD【座頭市物語】より

    DVD【座頭市物語】より

座頭市VS平手造酒の剣客対決

座頭市物語の原作はわずか数ページですが大いに脚色されます。座頭市の長ドスは仕込み杖へと変更され、江戸時代後期に実在した剣客・平手造酒(ひらてみき)との対決が独自に描かれます。

放浪者の座頭市(勝新太郎)は博徒・飯岡助五郎(柳永二郎)にやっかいになるなかで飯岡家と対立する博徒・笹川繁造(島田竜三)一家との抗争に巻き込まれます。

座頭市はやがて飯岡助五郎の卑怯さに嫌気が差し、飯岡一家への協力は消極的になります。けれども、笹川一家の用心棒で肺病病みの平手造酒(天知茂)の最期の望みを聞き入れ、剣客同士による一対一の対決に応えます。

飯岡一家と笹川一家との抗争の最中、平手造酒の前に現れる座頭市。

平手造酒
「死に土産に平手造酒と座頭市の真剣勝負がしたい」

座頭市
「旦那そんなこと」

平手造酒
「貴公も私の太刀筋を知りたくはないか」

座頭市
「やるからにゃ、後へは引けませんよ」

平手造酒
「よし」

座頭市
「おい。手前たち手出すんじゃねぇぞ」

桟橋で立ち合うことにした座頭市と平手造酒。座頭市、羽織を脱ぐ。長いにらみ合いが続く。まずは平手造酒が斬りかかる。かわす座頭市。
肺病からくる血を吐き出す平手造酒。間合いを取り合う両者。再び平手造酒が斬り付ける。そのをはらう座頭市。背中を向いた座頭市に迫る平手造酒。
平手造酒は背中を見せた座頭市を斬ろうとする。けれども座頭市は腰元から平手造酒を突き刺していた。
座頭市の右肩によりかかる平手造酒。仕込み杖に長ドスをしまう座頭市。

平手造酒
「見事だ。つまらん奴の手にかかるより、貴公に斬られたかった」

涙をこらえる座頭市。倒れて行く平手造酒を支えながら寝かせた。
その亡骸に羽織をかけた。

映画【座頭市物語】より

剣三部作

三隅研次はその後、三部作と呼ばれることになる作品を監督します(1962~1965年)。

柴田錬三郎原作【斬る】(1962年〔大映〕配給)に始まり、三島由紀夫原作【剣】、柴田錬三郎原作【剣鬼】です。

斬るでは短編【梅一枝】を原作に梅一輪を手にする孤高の剣客を主人公に、剣では同名の短編シリーズで大学の剣道部主将を主人公に、剣鬼では短編【人斬り斑平】に基づき犬と人の間に生まれた人斬りを描きました。

  • 小説【梅一枝 新編 剣豪小説集】より

    小説【梅一枝 新編 剣豪小説集】より

  • DVD【斬る】より

    DVD【斬る】より

柴田錬三郎原作【眠狂四郎】シリーズを監督

剣三部作と並行して歴史・時代小説を原作とする監督作も続きます。

山本周五郎、子母澤寛、柴田錬三郎、大佛次郎、岩下俊作、長谷川伸、谷崎潤一郎、司馬遼太郎などです。

なかでも柴田錬三郎原作【眠狂四郎勝負】は、人気剣豪小説の大映版映画シリーズの第2作目でした(1964年〔大映〕配給)。大映版は全12作制作され、人気シリーズとなりました(1963~1969年)。三隅研次はそのうち3作を手がけています。

この大映版は東宝版(1956~1958年)から5年後に制作が始まっています。原作はその同時期にテレビ時代劇化もなされ、人気作でもありました(1957年)。

  • 小説【眠狂四郎無頼控】より

    小説【眠狂四郎無頼控】より

  • Blu-ray【眠狂四郎勝負】より

    Blu-ray【眠狂四郎勝負】より

劇画【子連れ狼】を初映画化

東京オリンピック(1964年)以降、大衆娯楽の中心は映画からテレビへ完全に移っていました。

三隅研次は大佛次郎原作のテレビドラマ【天皇の世紀】以降、テレビ時代劇の演出も開始します(1971年)。

以後、池波正太郎の原作に端を発する【必殺】シリーズ、【おらんだ左近事件帖】、笹沢左保原作【木枯し紋次郎】、五社英雄・神田たけ志原作【唖侍鬼一法眼】、【狼・無頼控】、【おしどり右京捕物車】、子母澤寛原作【座頭市物語】、【痛快!河内山宗俊】、【賞金稼ぎ】などのテレビ時代劇に参加しました。

こうした時期、所属会社の大映は倒産しています(1971年)。三隅研次はその翌年、市川崑(当時テレビ時代劇【木枯らし紋次郎】を演出など)の呼びかけで始まった映像京都の立ち上げに参加しました(1972年)。

テレビと映画を往復し始めた時期、三隅研次は新たな題材として劇画原作にも取り組みます。

小池一雄(夫)原作/小島剛夕作画【子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる】(1972年〔東宝〕配給)と小池一雄(夫)原作/神田たけ志作画【御用牙】の時代劇映画を監督しました(1972年)。共に製作は勝プロダクションです。

原作の子連れ狼は映画版公開の翌年、テレビ時代劇版がすぐさま放送され、人気となります。映画版が先行した同題材の端緒を三隅研次は担いました。

映画版の子連れ狼はシリーズ化されます。全5作のうち4作を担当した三隅研次によるその過剰な立ち回り場面は、アメリカの映画監督クエンティン・タランティーノなど海外の映画人へ大きな影響を及ぼしています。

  • 劇画【子連れ狼】より

    劇画【子連れ狼】より

  • DVD【子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる】より

    DVD【子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる】より

拝一刀VS柳生蔵人の剣客対決

子連れ狼の主人公は拝一刀(おがみいっとう:若山富三郎)です。公儀介錯人の家系です。けれども、その職を狙う公儀刺客人の柳生家の罠にはめられ、拝一族は暗殺されました。

生き残った拝一刀と幼子・拝大五郎(富川晶宏)は以来、乳母車で移動しながら暗殺を請け負う放浪の暮らしを続けます。

最大の敵は柳生家の裏の顔、裏柳生を率いる柳生烈堂(伊藤雄之助)です。

その二男・柳生蔵人(露口茂)との対決を、三隅研次は原作劇画にはない過剰に血しぶきが飛び散る場面として仕上げました。

柳生烈堂、拝一刀邸に介錯の上意を伝えに来る。葵の御紋の着物を楯に上意をはねのける拝一刀。そこで、柳生蔵人との果たし合いでその決着を付けることに。
無音。ススキ野原。揺れるススキ。拝大五郎を背負った拝一刀。立会人の柳生列堂。太陽を背に逆行で顔が見えない柳生蔵人。

柳生列堂
「蔵人は西日を背負い、拝一刀は子を背負うか。同じ背負うにしてもこの勝負すでに見えた。技量伯仲となれば地の利、自然の利を得た者が勝ち」

再び無音。右手に刀を持ち、両手を広げた柳生蔵人。右手に刀を持った拝一刀。共に走り寄る。上段から斬り付ける柳生蔵人。その瞬間、頭を下げた拝一刀、背負っていた拝大五郎の額に鉄鏡が付いていた。鉄鏡が反射する西日に目がくらむ柳生蔵人。そこを拝一刀、横一文字に斬った。
斬首の音。首がなくなった柳生蔵人の胴体。頭のない首の部分から血しぶきが噴き上げる。そして胴体はゆっくりと倒れた。

映画【子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる】より

遺作は池波正太郎原作【狼よ落日を斬れ 風雲・激情篇 怒濤篇】

三隅研次は池波正太郎【その男】を原作とする【狼よ落日を斬れ 風雲・激情篇 怒濤篇】が最後の劇場映画監督作となりました(1974年〔松竹〕配給)。同作では、幕末から明治時代を生きた旧幕府軍の架空の剣士を通じて新選組京都見廻組、彰義隊、西南戦争が取り上げられます。

明治100周年を迎えた年、司馬遼太郎が土佐藩脱藩浪人の坂本龍馬を描いた【竜馬がゆく】がNHK大河ドラマの第6作目としてテレビドラマ化されて以降(1968年)、幕末ブームが起こっていました。三隅研次もその時流にありました。

戦前に人気を博した剣客主人公の監督作を経た三隅研次。テレビが普及していく時代のなかで座頭市、拝一刀という新しい剣客キャラクターによって新たな時代劇映画を生み出しました。

  • 小説【その男】より

    小説【その男】より

  • DVD【狼よ落日を斬れ 風雲・激情篇 怒濤篇】より

    DVD【狼よ落日を斬れ
    風雲・激情篇 怒濤篇】より

著者名:三宅顕人

三隅研次

三隅研次をSNSでシェアする

「明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)」の記事を読む


内田吐夢

内田吐夢
【大菩薩峠】、【宮本武蔵】という戦前に人気を博した時代劇映画を、戦後復活させた内田吐夢(うちだとむ)。その両作では原作に忠実に、剣客を自負する者とその剣客の思いあがる心を諌める者とを対比的に描きます。

内田吐夢

伊藤大輔

伊藤大輔
【丹下左膳】の初映画化を手がけた伊藤大輔(いとうだいすけ)。戦前・戦中は剣客の時代劇映画を手がけ、戦後は【大江戸五人男】など歌舞伎作品を多数監督しました。晩年にはテレビ時代劇の影響のなかで【徳川家康】を監督しています。その戦後の時代劇映画の代表作では男性側だけでなく女性の存在も強調して描いています。

伊藤大輔

稲垣浩

稲垣浩
【大菩薩峠】の初映画化、【宮本武蔵】の初長編映画化を手がけた稲垣浩(いながきひろし)。歴史・時代小説の金字塔を映像化した時代劇映画監督の先駆的な存在です。戦後は三船敏郎主演の時代劇映画を数多く監督し、なかでも【大坂城物語】や【風林火山】では城や旗を通した武士道が見出せます。

稲垣浩

松田定次

松田定次
【赤穂浪士 天の巻 地の巻】で忠臣蔵映画の初カラー化を手がけた松田定次(まつださだつぐ)。生涯に亘って数々の歴史・時代小説を映画化しました。【水戸黄門】は映画化とテレビシリーズ演出の両方を手がけています。現在の時代劇イメージの定番を形作った松田定次は、両作で太平の世を舞台にした武士道を描きました。

松田定次

マキノ雅弘

マキノ雅弘
代表作【浪人街】が計4度リメイクされているマキノ雅弘(まきのまさひろ)。父親が創案した剣劇(チャンバラ)映画を継承しました。剣劇(けんげき)を生み出した劇団、新国劇にかかわる映画を幾本も手がけ、日本映画における刀剣描写・立ち回りに大きな功績を残します。

マキノ雅弘

山中貞雄

山中貞雄
【丹下左膳余話 百萬両の壺】、【河内山宗俊】、【人情紙風船】の時代劇映画3本のみが、ほぼ完全なかたちで遺されている山中貞雄(やまなかさだお)。日中戦争下で若くして病でこの世を去った山名貞雄の時代劇映画は、戦況と同じように喜劇から悲劇性を帯びていきます。その喜劇的世界の刀剣場面においては、粋な立ち回りや心意気が描かれます。

山中貞雄

黒澤明

黒澤明
【七人の侍】、【用心棒】で時代劇映画に革命をもたらした黒澤明(くろさわあきら)。両作では人間らしい人物が主人公です。主人公は対立する者の間で揺れ動きます。また、刀の耐久性や、拳銃との勝負を描くうえでもリアリズムがこだわられ、独自の刀剣描写も生み出しました。それは海外文学、西洋演劇への造詣の深さによって支えられています。

黒澤明

市川崑

市川崑
【四十七人の刺客】や【どら平太】など、多作のなかで時代劇映画も遺した市川崑(いちかわこん)。アニメーター出身の実写監督という特異な経歴を有します。その独自の映像演出では光が巧みに使われており、刀剣描写・立ち回りでも変わりません。

市川崑

小林正樹

小林正樹
【切腹】や【上意討ち 拝領妻始末】などの時代劇映画を監督した小林正樹(こばやしまさき)。第2次世界大戦の応招経験に基づいた反戦映画で名を成し、その時代劇映画では武家の理不尽さを描き出しました。そこでは中間管理職の恐ろしさ、武家が抱える根源的な危うさをあぶり出します。

小林正樹