明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)

岡本喜八

文字サイズ

【座頭市と用心棒】、【EAST MEETS WEST】などの時代劇映画を監督した岡本喜八(おかもときはち)。反戦映画でその名が知れられます。反戦映画と並行して手がけたその時代劇映画では和製西部劇が目指され、決闘の美学が描かれます。

初の時代劇映画は西部劇仕様

DVD【戦国野郎】より

DVD【戦国野郎】より

岡本喜八は第2次世界大戦下で死を意識します。大学卒業後、どうせ死ぬならば好きな映画の世界を目指そうと東宝に入社します(1943年)。第2次世界大戦時には陸軍工兵学校に入隊し(1945年)、陸軍予備士官学校で終戦を迎えました。

東宝に復職し、谷口千吉(代表作:【銀嶺の果て】など)、マキノ正博=雅弘(代表作:【浪人街】、【次郎長三国志】シリーズなど)などに師事したのち、現代喜劇【結婚のすべて】で監督デビューしました(1958年)。同作はNHK最優秀新人監督を受賞しています。

以後、現代を舞台にした喜劇、戦争を描いた悲劇を中心に手がけます。

時代劇映画では、武田信玄軍を抜けた忍者を主人公とする【戦国野郎】が自身初の監督・脚本となります(1963年〔東宝〕配給)。馬借隊の攻防など、先行した黒澤明【隠し砦の三悪人】や、西部劇の神様とも称されるジョン・フォードの代表作【駅馬車】などの影響が見受けられます。

郡司次郎正の時代小説【侍ニッポン】を映画化

そして、郡司次郎正【ニッポン】を原作とする【侍】と続きます(1965年〔東宝〕配給)。

原作の映画化は戦前に伊藤大輔が2度、戦後に佐々木康と大曾根辰夫が順に映画化し、岡本喜八版は5度目となりました。桜田門外の変を題材に、大老・井伊直弼との間に数奇な運命を持つ浪人の人生が描かれます。

脚本は橋本忍(代表作:黒澤明【七人の侍】、小林正樹切腹】など)です。三船プロダクション2作目の製作でもありました。

  • 小説【侍ニッポン】より

    小説【侍ニッポン】より

  • DVD【侍】より

    DVD【侍】より

三隅研次の背中を追う

その後、岡本喜八は歴史・時代小説の金字塔とされる中里介山【大菩薩峠】の映画化を手がけます。脚本は橋本忍です。幕末を舞台に虚無的に生きる剣客が主人公の物語です。戦前は稲垣浩、戦後は渡辺邦男・内田吐夢三隅研次が順に監督し、その系譜に連なることになりました(1966年〔東宝〕配給)。

山本周五郎の短編【砦山の十七日】を原案とする【斬る】も監督・脚本します(1968年〔東宝〕配給)。江戸時代末期を舞台に藩の圧政に苦しみ、相反する生き方をする剣客2人の物語です。当時、三隅研次による柴田錬三郎原作【斬る】が先行していました。

この時期、岡本喜八は三隅研次による人気時代劇映画の背中を追いかけました。

  • DVD【大菩薩峠】より

    DVD【大菩薩峠】より

  • DVD【斬る】より

    DVD【斬る】より

赤報隊を描く

東京オリンピック(1964年)以降、大衆娯楽の中心は映画からテレビへと完全に移っていました。岡本喜八はこの時期、大作と自主製作の両方を手がけていきます。

東宝創立35周年記念大作で第22回芸術祭・文部大臣賞受賞の評価となった【日本のいちばん長い日】、2年連続同賞受賞の評価となった自主製作による日本アート・シアター・ギルド(ATG)映画【肉弾】です。共に反戦映画でした(1967年、1968年)。

DVD【赤毛】より

DVD【赤毛】より

自身初のテレビ時代劇も演出します。

仇討ちシリーズの1作【助太刀屋】です。生田大作のペンネームで漫画化していた自身の原作に基づき演出・脚本を担当しています(1969年)。江戸時代後期を生きる助太刀好きの浪人が主人公の物語です。

その同年、時代劇映画も手がけます。

三船プロダクション製作【赤毛】です(1969年〔東宝〕配給)。赤報隊の物語を監督・脚本します。先行した黒澤明【赤ひげ】を想起させる表題の同作では、幕末に薩摩藩の工作部隊として旧幕府軍に挑発行為を仕かけ、薩摩藩を中心とする新政府軍に裏切られたその存在を取り上げました。

人気キャラクター共演の時代劇映画【座頭市と用心棒】を監督

DVD【座頭市と用心棒】より

DVD【座頭市と用心棒】より

そして、子母澤寛原作【座頭市と用心棒】(1970年〔大映〕配給)を監督・脚本します。

三隅研次監督作【座頭市】と黒澤明監督作【用心棒】のそれぞれの主人公が夢の共演がなされる話題作に、外部監督として招かれました。

勝プロダクションの製作2作目であり、座頭市シリーズ20作目でもありました。

同作では、西部劇を敬愛した岡本喜八ならではの座頭市に仕上げます。

江戸時代後期を生きる座頭市(勝新太郎)は凶悪犯として100両の賞金首となっています。

座頭市が3年前に過ごしていた村に再び訪れると、平和だった村は一変していました。村の長・兵六爺(嵐寛寿郎)は大飢餓を理由に村に押し寄せる他村の貧しい民から村を守るため、用心棒を引き入れます。やくざの小仏の政五郎(米倉斉加年)率いる小仏一家です。

しかし、その小仏一家は村に居座り、村を食い物にします。結果、村は苦しい生活を強いられていました。

座頭市はかつて世話になった村に平和を取り戻すため、一肌脱ぎます。

用心棒を務める座頭市 VS 謎の用心棒

村にはさらに秘密がありました。

2年前に村に腰をおろした豪商、生糸問屋の烏帽子屋弥助(滝沢修)は、裏の顔を持っていました。小判製造にかかわり、金を間引くことで密かに金塊をせしめていました。そこには八州(現在の茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県・東京都・神奈川県)廻りの役人・脇屋陣三郎(神山繁)も暗躍しています。

この怪しい動きに公儀隠密の調査が始まります。身の危険を感じた烏帽子屋弥助は用心棒として座頭市(勝新太郎)を招き入れます。

この烏帽子屋弥助の息子が小仏の政五郎(米倉斉加年)です。けれども、父親が密かに行っていた金塊作りを知ったことで父親を強請り、勘当されます。小仏の政五郎は父親との対決に備えて、用心棒として謎の剣客・佐々大作(三船敏郎)を雇っていました。

対立する一家の用心棒をそれぞれ務める座頭市と佐々大作は度々、相対します。両者の出会いは次のように描かれます。

夜。民家のある路上。座頭市、いる。そこに酔っぱらった佐々大作、来る。

佐々大作
「座頭市だか、座頭二だか知らねぇが、百両稼がせろ。どこだ、どこにいる」

座頭市、その声に気付く。

佐々大作
「いたな百両。逃げるなよ、動くなよ、動くと痛ぇぞ。痛くねぇように斬ってやる。だが化けるな。化けるなよ」

と、座頭市の横を通り過ぎた一瞬、腰に差したを抜き、後ろ向きに座頭を刺す。

座頭市
「ああぁ」

振り向いた佐々大作、さらに力を入れて突き刺す。

佐々大作
「百両」

しかし、その刀は座頭市が手にするに入っていた。

佐々大作
「あれ?」

座頭市は一瞬で佐々大作の腰に差されていた鞘を抜き取り、佐々大作の一刀を鞘に納めていた。

佐々大作
「化け物」

座頭市
「獣(けだもの)」

佐々大作
「気に入った。百両の値打ちは十分。やるならいつでもやるぞ」

座頭市
「そうですか、私もいつでも」

佐々大作
「今日は呑み過ぎだが、この次はそうはいかねぇぞ。おい、一杯やるからついて来い!」

映画【座頭市と用心棒】より

幕末を舞台にした時代劇映画【ジャズ大名】監督

DVD【ジャズ大名】より

DVD【ジャズ大名】より

映画産業が衰退するなかで、岡本喜八は東宝を退社します(1975年)。

同年に喜八プロダクションを創設し、その後、ATGと提携して幕末を舞台にした自主製作映画【吶喊(とっかん)】の監督・脚本や(1975年)、黒澤明の監督デビュー作と同一の原作となる富田常雄原作【姿三四郎】を東宝で監督・脚本します(1977年)。

継続して反戦映画も撮り続けるなかで、久しぶりに時代劇映画も手がけます。

喜劇時代劇【ジャズ大名】です(1986年〔松竹〕配給)。音楽好きの幕末の大名と日本に漂流した黒人音楽家達がセッションを繰り広げる筒井康隆原作の架空の物語です。4年前にNHK-FMでラジオドラマ化(1982年)されており、映画化は初めてでした。

同作は、第60回キネマ旬報・日本映画ベスト・テンで10位に入りました(1986年度)。

幕末時代のアメリカを舞台にした【EAST MEETS WEST】を監督

DVD【EAST MEETS WEST】より

DVD【EAST MEETS WEST】より

そして、第15回日本アカデミー賞・最優秀監督賞と最優秀脚本賞を受けた天藤真原作の現代劇【大誘拐 RAINBOW KIDS】を経て、時代劇映画【EAST MEETS WEST】(1995年〔松竹=松竹富士〕配給)を監督・脚本します。撮影は主にアメリカで行われ、念願だった本格的な西部劇に挑みました。

このとき、幕末の史実を題材とします。

日米修好通商条約の批准書交換にあたり、サンフランシスコに向かったアメリカ軍艦ポーハタン号とその護衛艦・咸臨丸(かんりんまる)を取り上げます。

ポーハタン号には万延元年遣米使節(まんえんがんねんけんべいしせつ)目付として小栗豊後守忠順(おぐりぶんごのかみただまさ)が、咸臨丸には軍艦奉行の木村摂津守喜毅(きむらせっつのかみよしたけ)、艦長の勝麟太郎(勝海舟)、通訳の中浜万次郎(ジョン万次郎)、若き日の福澤諭吉も乗っていました。

助太刀を得た刀を手にした少年 VS ガンマン

史実を背景にしたEAST MEETS WESTでは、咸臨丸がサンフランシスコに寄港中、銀行に預けようとしていた3,000両の小判が強盗ガス・テイラー(チップ・メイヤー)一味に盗まれたという物語が創作されます。

主人公は、咸臨丸の通訳見習いの上條健吉(かみじょうけんきち:真田広之)です。その正体は、開国派の小栗豊後守(天本英世)の命を狙う攘夷派の水戸藩脱藩浪士でした。

銀行への小判運搬にかかわっていた上條健吉は、強盗一味に父親を殺されたサム少年(スコット・バッチッチャ)と出会い、小判の行方探しと、少年の敵討に奔走します。

岡本喜八は年願だった西部劇に挑むにあたり、立ち回りの場面を和製西部劇に仕上げました。

夜。屋外。焚火にあたる上條健吉とサム少年。
サム少年、鞘から刀を抜く。

上條健吉
「(英語)サム、それを。走って来てやってみろ カタキのガスは俺だ」

サム少年
「(英語)本気で?」

上條健吉
「(英語)ああ」

離れたところから走って来て上條健吉を斬り付けるサム少年。上條健吉が手にした枝は斬れていない。上條健吉、サム少年の手にしていた刀を簡単に払いのけた。

サム少年
「(英語)ど、どうして?」

上條健吉
「(英語)肩の力が抜けていない。小指をシメるだけでいいと教えたはずだ」

と刀を振って見本を見せる。
サム少年も同じようにして刀を振り、鞘に納める。

サム少年
「(英語)わかった」

上條健吉
「(英語)それに俺をガスと思っていない」

サム少年
「(英語)畜生!」

再び離れたところから走って来て斬り付けるサム少年。今度は枝がきれいに斬れていた。

******

ガス・テイラーを見付けたサム少年、刀を構える。ガス・テイラーは拳銃を手にサム少年に向かって行く。
サム少年の危機に上條健吉、鞘を投げてガス・テイラーの足を引っかけた。足を取られたガス・テイラー。すかさずサム少年、横一文字に斬った。倒れるガス・テイラー。

上條健吉
「(英語)OK サム」

サム少年
「(英語)ダメだジョー」

上條健吉
「(英語)どうした?」

サム少年
「(英語)指が離れない…」

上條健吉
「(英語)誰でもそうなる」

映画【EAST MEETS WEST】より

遺作は助太刀を描いた時代劇映画

DVD【助太刀屋助六】より

DVD【助太刀屋助六】より

岡本喜八は大病を乗り越え、前作から7年のときを経て、時代劇映画【助太刀屋助六】を監督・脚本します(2002年〔東宝〕配給)。原作は33年前の自作のテレビ時代劇、助太刀屋でした。江戸時代後期を生きる主人公は、座頭市と用心棒やEAST MEETS WESTと同様に助太刀として一肌脱ぎます。

その後、明治初頭を舞台にした山田風太郎の小説【幻燈辻馬車】の構想をしていたものの、助太刀屋助六が遺作となりました。

反戦映画と同時に時代劇映画にもこだわり続けた岡本喜八。江戸時代後期・幕末を主に舞台にしたその時代劇映画では、敬愛する西部劇の世界観に基づき、和製西部劇に仕上げることにこだわりました。

著者名:三宅顕人

岡本喜八

岡本喜八をSNSでシェアする

「明治・大正生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)」の記事を読む


内田吐夢

内田吐夢
【大菩薩峠】、【宮本武蔵】という戦前に人気を博した時代劇映画を、戦後復活させた内田吐夢(うちだとむ)。その両作では原作に忠実に、剣客を自負する者とその剣客の思いあがる心を諌める者とを対比的に描きます。

内田吐夢

伊藤大輔

伊藤大輔
【丹下左膳】の初映画化を手がけた伊藤大輔(いとうだいすけ)。戦前・戦中は剣客の時代劇映画を手がけ、戦後は【大江戸五人男】など歌舞伎作品を多数監督しました。晩年にはテレビ時代劇の影響のなかで【徳川家康】を監督しています。その戦後の時代劇映画の代表作では男性側だけでなく女性の存在も強調して描いています。

伊藤大輔

稲垣浩

稲垣浩
【大菩薩峠】の初映画化、【宮本武蔵】の初長編映画化を手がけた稲垣浩(いながきひろし)。歴史・時代小説の金字塔を映像化した時代劇映画監督の先駆的な存在です。戦後は三船敏郎主演の時代劇映画を数多く監督し、なかでも【大坂城物語】や【風林火山】では城や旗を通した武士道が見出せます。

稲垣浩

松田定次

松田定次
【赤穂浪士 天の巻 地の巻】で忠臣蔵映画の初カラー化を手がけた松田定次(まつださだつぐ)。生涯に亘って数々の歴史・時代小説を映画化しました。【水戸黄門】は映画化とテレビシリーズ演出の両方を手がけています。現在の時代劇イメージの定番を形作った松田定次は、両作で太平の世を舞台にした武士道を描きました。

松田定次

マキノ雅弘

マキノ雅弘
代表作【浪人街】が計4度リメイクされているマキノ雅弘(まきのまさひろ)。父親が創案した剣劇(チャンバラ)映画を継承しました。剣劇(けんげき)を生み出した劇団、新国劇にかかわる映画を幾本も手がけ、日本映画における刀剣描写・立ち回りに大きな功績を残します。

マキノ雅弘

山中貞雄

山中貞雄
【丹下左膳余話 百萬両の壺】、【河内山宗俊】、【人情紙風船】の時代劇映画3本のみが、ほぼ完全なかたちで遺されている山中貞雄(やまなかさだお)。日中戦争下で若くして病でこの世を去った山名貞雄の時代劇映画は、戦況と同じように喜劇から悲劇性を帯びていきます。その喜劇的世界の刀剣場面においては、粋な立ち回りや心意気が描かれます。

山中貞雄

黒澤明

黒澤明
【七人の侍】、【用心棒】で時代劇映画に革命をもたらした黒澤明(くろさわあきら)。両作では人間らしい人物が主人公です。主人公は対立する者の間で揺れ動きます。また、刀の耐久性や、拳銃との勝負を描くうえでもリアリズムがこだわられ、独自の刀剣描写も生み出しました。それは海外文学、西洋演劇への造詣の深さによって支えられています。

黒澤明

市川崑

市川崑
【四十七人の刺客】や【どら平太】など、多作のなかで時代劇映画も遺した市川崑(いちかわこん)。アニメーター出身の実写監督という特異な経歴を有します。その独自の映像演出では光が巧みに使われており、刀剣描写・立ち回りでも変わりません。

市川崑

小林正樹

小林正樹
【切腹】や【上意討ち 拝領妻始末】などの時代劇映画を監督した小林正樹(こばやしまさき)。第2次世界大戦の応招経験に基づいた反戦映画で名を成し、その時代劇映画では武家の理不尽さを描き出しました。そこでは中間管理職の恐ろしさ、武家が抱える根源的な危うさをあぶり出します。

小林正樹