戦前昭和生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)

山田洋次

文字サイズ

【男はつらいよ】シリーズの監督として知られる山田洋次(やまだようじ)。同シリーズ終了後、藤沢周平原作の時代劇映画に取り組みます。3部作となったそのシリーズでは原作の時代設定をすべて幕末に移し、西洋近代化が進む時代背景のなかで生きた迷える武士として描きました。

【男はつらいよ】シリーズから【釣りバカ日誌】シリーズへ

山田洋次は東京大学を卒業後、松竹に入社します(1954年)。野村芳太郎監督(代表作:【砂の器】など)のしたで助監督・脚本の経験を積んだのち、多岐川恭の同名の短編を原作とする人情喜劇【二階の他人】(1961年〔松竹〕配給)で監督デビューしました。以後、喜劇を中心に監督作を発表していきます。

大衆娯楽の中心が映画からテレビへと移るなかで多くの監督が独立していった時代、山田洋次は所属会社の中心的存在となっていきます。

DVD【男はつらいよ】より

DVD【男はつらいよ】より

原案・脚本を手がけたテレビドラマ【男はつらいよ】(1968年〔フジテレビ〕系列)の映画化にあたり監督・脚本を手がけ、自社の看板作を年2本、計49作と長きに亘って作り続けていくことになります(1969~1996年)。

毎年各賞を受賞する同シリーズ作はその人気から、ヒロイン名・民子を使った別シリーズも生まれました(【家族】、【故郷】、【遥かなる山の呼び声】)。

男はつらいよシリーズ以外でもその手腕は高い評価を得ました。

人情現代劇【幸せの黄色いハンカチ】(1977年〔松竹〕配給)は、最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀脚本賞など第1回日本アカデミー賞で賞を総なめしました(1978年)。

その後も松竹大船撮影所50周年記念作【キネマの天地】(1986年〔松竹〕配給)、早坂暁原作【ダウンタウン・ヒーローズ】(1988年〔松竹〕配給)を監督・脚本し、監督・脚本を手がけた椎名誠原作【息子】(1991年〔松竹〕配給)は第15回日本アカデミー賞で再び最優秀作品賞を受賞しています(1991年)。

男はつらいよシリーズと並行して、作・やまさき十三、画・北見けんいちによる釣り漫画【釣りバカ日誌】の映画化シリーズの脚本も手がけます(1988~2009年)。レギュラーシリーズ全20作すべての脚本を担当し、男はつらいよに次ぐ自社の看板作を生み出しました。

また、釣りバカ日誌シリーズと並行して他のシリーズ作の監督・脚本も手がけます(第1作が第17回日本アカデミー賞で最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀脚本賞などを受賞した【学校】シリーズ、【虹をつかむ男】シリーズ)。

藤沢周平の時代小説【たそがれ清兵衛】

小説【たそがれ清兵衛】より

小説【たそがれ清兵衛】より

山田洋次は21世紀に入り、時代劇映画を本格的に手がけます。藤沢周平の【たそがれ清兵衛】、【祝い人助八】、【竹光始末】の3つの短編を原作としたものでした。

映画の表題ともなる、たそがれ清兵衛の原作では、凶作が続く某藩での政権争いが描かれます。藩主をすげ替えようと考え、豪商とつるみ勢力を伸ばそうとしている筆頭家老・堀将監(ほりしょうげん)一派と、現・藩主を支える家老・杉山頼母(すぎやまたのも)一派の争いです。

専横が過ぎる堀一派を成敗しようと杉山派は考えるも、堀一派には小野派一刀流の剣客・北爪半四郎が付いていました。そこで杉山派は無形流の剣客・井口清兵衛(いぐちせいべえ)を差し向けようと考えます。

けれども井口清兵衛は労咳(結核)の妻の世話を優先したいという理由から勘定組の身分にもかかわらず、家老からの上意討ちの命を断るのでした。そんな井口清兵衛は仕事が終わる夕刻に必ず家に帰る様から、たそがれ清兵衛と呼ばれます。

藤沢周平の時代小説は1980年代に入りテレビドラマ化が急増します。

1990年代に入るとNHK正月時代劇の第1作から第3作にも選ばれ、作者が逝去後(1997年)、さらに多くの読者を獲得していました。

山田洋次はそんな藤沢周平作品を選びます。本格的に時代劇映画を手がけるにあたり、時代考証を徹底し、準備に1年以上かけたと言います。

映画版【たそがれ清兵衛】

Blu-ray【たそがれ清兵衛】より

Blu-ray【たそがれ清兵衛】より

山田洋次監督・脚本作【たそがれ清兵衛】(2002年〔松竹〕配給)は原作者の故郷・山形県鶴岡市を中心に、大覚寺相国寺(共に京都市)、彦根城彦根市)、光明寺長岡京市)などが撮影場所として使用されます。

同作は第26回日本アカデミー賞で全部門優秀賞を受賞しました(2003年)。第76回アカデミー賞では外国語映画賞にノミネートもされています(2003年)。

映画版では時代設定を幕末とし、東北の架空の藩・海坂藩が舞台です。主人公の兵糧蔵の小頭・井口清兵衛(真田広之)の娘の視点で、明治時代から幕末が振り返られます。

内職を続けるつましい暮らしのなかで、後妻として迎えられることになる幼馴染の出戻りの娘・飯沼朋江(宮沢りえ)との恋愛の機微、そして藩主死去によるお家騒動が描かれます。

武士の魂の刀を売った戸田流小太刀の剣客

たそがれ清兵衛の映画版最大の見せ場は、原作の竹光始末からです。

かつて戸田流小太刀の道場で師範代を務めていた井口清兵衛(真田広之)と一刀流の剣客で原作小説の竹光始末に登場する余吾善右衛門(よごぜんえもん:田中泯)との殺陣です。

藩随一の一刀流の使い手で馬廻り役の余吾善右衛門は、前・藩主に尽くしたにもかかわらず、新体制のなかで切腹を命じられたことに不満を持ち、家に立て篭もります。

上意討ちを命じられた井口清兵衛は苦渋の末、藩命を受け、2人はを交えることになります。けれども抜刀に至る前、井口清兵衛はこれまでの身の上話を語ります。

余吾善右衛門の家で語らい合う井口清兵衛と余吾善右衛門。

井口清兵衛
「困ったのは妻の葬儀でがんす」

余吾善右衛門
「なるほど」

井口清兵衛
「本家からは井口家として恥ずかしくねえだけのことはせぇよと厳しく言って来る。そげな金はねえ。私はなかばやけくそになって、とうとう武士の魂の刀売ってしまいました」

途端に目が厳しくなる余吾善右衛門。

井口清兵衛
「親父から譲り受けたいい刀で、惜しくは有りましたども、もうの時代ではねえって思いもあったもんでがんすさけぇ。恥ずかしながら、これは竹光でがんす」

余吾善右衛門
「(目を据えて)お主、わしを竹光で斬るつもりか?」

井口清兵衛
「(その変貌にやや驚いて)そんではありますねぇ。私が戸田先生から教えてもらったのは小太刀でがんす。あんたとは、小太刀で戦うつもりでがんした」

余吾善右衛門
「小太刀? そのような小手先の剣法でこのわしを殺すつもりだったのか。お主、わしを甘く見たなぁ」

と、立ち上がり、置いてあった刀を手にしに行く。

余吾善右衛門
「許さん」

井口清兵衛
「待って下さい」

その声を聞かず余吾善右衛門、斬り合いを始める。

映画【たそがれ清兵衛】より

そんな人生を生きた井口清兵衛はその後、戊辰戦争のなかで官軍の鉄砲に撃たれて亡くなったと劇中で井口清兵衛の娘は振り返ります。

藤沢周平の時代小説【隠し剣 鬼の爪】

小説【隠し剣 孤影抄】より

小説【隠し剣 孤影抄】より

山田洋次は続けて藤沢周平の短編時代小説を映像化します。

【隠し剣 鬼の爪】、【邪剣竜尾返し】(共に【隠し剣 孤影抄】収録)、【雪明かり】の3つの短編を原作としました。この【隠し剣】シリーズでは藤沢周平が創作した剣の秘義が描かれます。

映画の表題作となった隠し剣 鬼の爪は、海坂藩の御旗組・片桐宗蔵(かたぎりむねぞう)と百姓の娘で片桐家の奉公人・きえの身分違いの恋愛物語です。

2人の関係は、片桐宗蔵と無形流の同門・狭間弥市郎(はざまやいちろう)の存在によって進展することになります。

狭間弥市郎は江戸で起こした不祥事による豪入り(*庄内藩で行われていた切腹を認めない座敷牢への閉じ込め)を抜け出してまで、片桐宗蔵と決闘を希望します。師匠が自分にではなく片桐宗蔵に教えた一人相伝の秘剣・鬼の爪の披露を望んでいました。

このとき片桐宗蔵は上司の堀直弥による上意討ちを命じられます。その事実を知った狭間弥市郎の美しい妻は、自らの身を片桐宗蔵に捧げることを引き換えに夫の助命を嘆願しました。この誘惑によって片桐宗蔵は、きえへの愛を実感するに至ります。

誘惑を受け流した片桐宗蔵は、狭間弥市郎と刀を交えることになります。

映画版【隠し剣 鬼の爪】

Blu-ray【隠し剣 鬼の爪】より

Blu-ray【隠し剣 鬼の爪】より

山田洋次監督・脚本作【隠し剣 鬼の爪】(2004年〔松竹〕配給)でも原作者の故郷・山形県鶴岡市を中心に撮影され、他に姫路城姫路市)、彦根城(彦根市)なども使用されます。

映画版の時代設定はこちらも幕末とされます。

東北の架空の藩・海坂藩の平・片桐宗蔵(永瀬正敏)は、商家に嫁いだ女中のきえ(松たか子)の苦労を知り、身分を気にせず商家から連れ帰りました。

片桐宗蔵は仕事では、大砲など西洋の新技術を覚える日々を生きます。刀の時代が終わりを告げようとする日々のある日、謀反の疑いで囚われていた道場剣法の剣客・狭間弥市郎(小澤征悦)が逃亡したことで、藩命による果たし合いを命じられます。2人は藩の剣術指南役・戸田寛斎(田中泯)の同門でした。

狭間弥市郎の謀反の裏には、私腹を肥やす家老・堀将監(緒形拳)への抵抗がありました。そんな堀将監は、夫の命乞いをした狭間弥市郎の妻・狭間桂(高島礼子)の身を捧げた願いを裏切ります。そこで片桐宗蔵は秘剣・鬼の爪でその恨みを晴らします。

幕末を活きる道場剣法の武士

映画版では片桐宗蔵(永瀬正敏)は道場剣法で今まで1度も人を斬ったことがないとされ、同門の狭間弥市郎(小澤征悦)は江戸で辻斬りを密かに行っていたとされました。

そんな2人の果たし合いでは、片桐宗蔵は次のように狭間弥市郎を説得します。

狭間弥市郎が人質を取って逃げ込んだ民家に入った片桐宗蔵が説得を続ける。

片桐宗蔵
「狭間」

狭間弥市郎
「何だ!」

片桐宗蔵
「もうこの家は鉄砲隊に囲まれている。どっちにせぇ、生き残ることはできねぇ」

狭間弥市郎
「鉄砲などに撃たれるかこの俺が」

*****

斬り合いを続ける2人の隙を見て藩の鉄砲隊が狭間弥市郎を撃ち殺す。狭間弥市郎に死体に語りかける片桐宗蔵。

片桐宗蔵
「狭間、悪かった。鉄砲などで死ぬのは、悔しいだろうのう」

映画【隠し剣 鬼の爪】より

映画版では原作小説にはないこうした刀の時代の終わりという幕末の描写が随所に登場しています。

その後の山田洋次の時代劇映画

山田洋次による藤沢周平の映画化は第3弾【武士の一分】(2006年〔松竹〕配給)で完結します。短編【盲目剣谺返し】(【隠し剣 秋影抄】収録)を原作に、こちらも時代設定を幕末にして描きました。

同作公開の翌年、山田洋次はシネマ歌舞伎の監督も手がけます(【人情噺 文七元結】、【連獅子】)。シネマ歌舞伎とは歌舞伎舞台を高性能カメラによる映像化です。山田洋次はその第6作・第7作を託されました。

近年は家族を主題にした現代劇に取り組みます(【母べえ】、【おとうと】、【東京家族】、【小さいおうち】、【母と暮らせば】)。さらに別のシリーズも始めています(【家族はつらいよ】シリーズ)。

喜劇を経て監督としての地位を確立してから本格的時代劇に取り組んだ山田洋次。時代考証が徹底されたその時代劇映画では幕末を舞台設定とし、武士を西洋近代化との間で揺れ動く存在として描きました。

  • 小説【隠し剣 秋影抄】より

    小説【隠し剣 秋影抄】より

  • Blu-ray【武士の一分】より

    Blu-ray【武士の一分】より

著者名:三宅顕人

山田洋次

山田洋次をSNSでシェアする

「戦前昭和生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)」の記事を読む


勅使河原宏

勅使河原宏
【利休】、【豪姫】の2作の時代劇映画を遺した勅使河原宏(てしがわらひろし)。華道創流者を父に持ちます。芸術大学に学び、安部公房作品の映像化を手がけるなど前衛的な映像活動でそのキャリアをスタートさせました。そんな勅使河原宏の時代劇映画は陶芸に取り組み、父・妹から継承した3代家元就任以降に企画されました。千利休・古田織部・本阿弥光悦の3部作だったといい、茶道、茶人の美学が描かれます。

勅使河原宏

五社英雄

五社英雄
【三匹の侍】で映画監督デビューした五社英雄(ごしゃひでお)。テレビドラマの演出家から映像作家としてのキャリアを始め、映画からテレビへ大衆娯楽の中心が完全に移行する時期に映画監督となりました。テレビ演出家でありながら映画監督でもあった五社英雄の時代劇映画は男同士の物語から女性を通じた物語へと移り変わり、時代の変遷を教えてくれます。

五社英雄

工藤栄一

工藤栄一
司馬遼太郎の直木三十五賞受賞作【梟の城】の映画化や、集団抗争時代劇と称されるジャンルの火付け作ともされる【十三人の刺客】など、先駆的な時代劇映画を手がけた工藤栄一(くどうえいいち)。2作は共に近年新たに映画化されるなど高い評価を得ています。そんな工藤栄一の時代劇映画では主人公と好敵手との表裏一体の関係が色濃く描かれます。

工藤栄一

山下耕作

山下耕作
【緋牡丹博徒】シリーズ第1作の監督を手がけた山下耕作(やましたこうさく)。任侠映画、実録任侠映画、テレビ時代劇、大作時代劇映画シリーズなどと時流に合わせながら作品を発表し続けました。そんな山下耕作が手がけた独自の時代劇映画では女性との関係に悩む侠客・剣客像が描かれます。

山下耕作

深作欣二

深作欣二
【仁義なき戦い】シリーズの監督で知られる深作欣二(ふかさくきんじ)。時代劇映画の監督作では【柳生一族の陰謀】、【魔界転生】などを遺しました。衰退していた時代劇映画の復活を託された深作欣二は大胆な歴史改変によってヒット作に導きました。そこでは柳生十兵衛が大活躍します。

深作欣二

黒木和雄

黒木和雄
ドキュメンタリー出身から時代劇映画の監督も手がけた黒木和雄(くろきかずお)。戦争と学生運動の体験を背景に生み出されるその映像では虚実ない交ぜの演出がなされます。それは時代劇映画【竜馬暗殺】と【浪人街 RONINGAI】でも変わらず試みられます。

黒木和雄

中島貞夫

中島貞夫
山田風太郎原作による時代劇映画【くノ一忍法】で監督デビューした中島貞夫。以後監督した【真田幸村の謀略】、【女帝 春日局】の時代劇映画では真田幸村率いる草の者(忍び)、明智光秀の重臣の娘に着目しました。そこには歴史の敗者に光をあてようとする企てがあります。

中島貞夫

降旗康男

降旗康男
高倉健主演の監督作を数多く遺した降旗康男(ふるはたやすお)。手がけた時代劇映画では主に徳川将軍家が悪と設定されます。そんな徳川将軍家を支える・挑む登場人物達には、降旗康男が任侠映画で育んできた耐える美学が隠されています。

降旗康男

小泉堯史

小泉堯史
黒澤明の遺稿【雨あがる】の映画化で56歳の年に監督デビューした小泉堯史(こいずみたかし)。その時代劇映画では山本周五郎、司馬遼太郎、葉室麟という歴史・時代小説の中心的な作者が原作です。著名な原作者の作品のなかでも主に、静かながらも知略に優れた浪人や侍を主人公に描きます。

小泉堯史