戦前昭和生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)

中島貞夫

文字サイズ

山田風太郎原作による時代劇映画【くノ一忍法】で監督デビューした中島貞夫。以後監督した【真田幸村の謀略】、【女帝 春日局】の時代劇映画では真田幸村率いる草の者(忍び)、明智光秀の重臣の娘に着目しました。そこには歴史の敗者に光をあてようとする企てがあります。

デビュー作は山田風太郎原作・ポルノ路線時代劇映画

中島貞夫は東京大学を卒業後、東映に入社します(1959年)。在学中はのちに脚本家として大成する倉本聰(代表作:【前略おふくろ様】、【北の国から】など)と、また入社後は同僚の笠原和夫(脚本家)、深作欣二(監督)と交流を深めました。

そして、時代小説家・山田風太郎の【くノ一忍法帖】を原作とする【くノ一忍法】で監督デビューします(1964年〔東映〕配給)。脚本は共同で倉本聰が手がけています。

原作は大坂夏の陣終結後を舞台に、豊臣秀頼の正室・千姫徳川秀忠の長女)率いる真田幸村(*史実では真田信繁)派の残党と徳川家康との対立を描きます。

徳川家康・徳川秀忠による大坂城攻めで自害に至る豊臣秀頼の子だねを、真田幸村は真田くノ一五人衆に残す術を実行しました。その事実を知った徳川家康は豊臣家を根絶やしにしようと、服部半蔵に命じて伊賀鍔隠れ五人衆を差し向けます。

山田風太郎の忍法帖シリーズ4作目となった同作では、同シリーズの最大の特徴である奇想天外な術が登場します。真田くノ一五人衆は忍法筒枯らし、忍法天女貝などの性技で立ち向かいます。

こうした原作を映像化した中島貞夫は所属会社が当時推し進めていた任侠路線に対してのちにポルノ路線の礎となります(【大奥(秘)物語】、【尼寺(秘)物語】など)。

  • 小説【くノ一忍法帖】より

    小説【くノ一忍法帖】より

  • DVD【くノ一忍法】より

    DVD【くノ一忍法】より

人気テレビ時代劇 笹沢左保原作【木枯らし紋次郎】を映画化

続けて中島貞夫は、同じく山田風太郎【外道忍法帖】原作とする【くノ一化粧】(1965年〔東映〕配給)、江戸時代中期を舞台にした【旗本やくざ】(1966年〔東映〕配給)で監督作を続けます。共同脚本は共に倉本聰です。

その後は、所属会社の任侠路線の隙間を縫うように、独自作も手がけていきます(日本映画監督協会新人賞受賞作【893愚連隊】、戦争映画【あゝ同期の桜】、鈴木正原作【日本暗殺秘録】、アクション・コメディ【懲役太郎 まむしの兄弟】など)。

そして、所属会社が一時主軸だった時代劇の制作を取りやめ完全に任侠路線に舵を切っていたなかで、中島貞夫は笹沢左保原作【木枯らし紋次郎】(1972年〔東映〕配給)を監督・脚本します。脚本はテレビ版を手がけていた山田隆之が担当しました。

江戸時代後期を生きる天涯孤独の渡世人を主人公とした原作は市川崑劇場として、映画化の5ヵ月前テレビ時代劇化されていた話題作でした。

中島貞夫監督版では主人公が流刑地・三宅島から脱出し、裏切り者への復讐を果たす物語として仕上げます。同年には野上龍雄脚本による原作を離れた続編【木枯らし紋次郎 関わりござんせん】(1972年〔東映〕配給)も監督し、主人公の生い立ちにかかわる物語を描きました。

  • 小説【木枯らし紋次郎 赦免花は散った】より

    小説【木枯らし紋次郎 赦免花は散った】より

  • DVD【木枯らし紋次郎】より

    DVD【木枯らし紋次郎】より

歴史改変時代劇映画【真田幸村の謀略】

その後、所属会社では実録任侠路線ブームを経て大型時代劇映画を制作します。

深作欣二監督作【柳生一族の陰謀】【赤穂城断絶】に続いた第3弾【真田幸村の謀略】(1979年〔東映〕配給)を中島貞夫は監督・脚本します。共同脚本は笠原和夫(代表作:中島貞夫監督作【日本暗殺秘録】、深作欣二監督【仁義なき戦い】シリーズ)他が担当しました。

DVD【真田幸村の謀略】より

DVD【真田幸村の謀略】より

同作では真田幸村(松方弘樹)と徳川家康(萬屋錦之介)の対立を、真田家の父・兄・弟の家族がばらばらとなる犬伏しの別れや、明治時代以降に書き講談で広まった真田十勇士の物語を題材にし、歴史改変時代劇として描きます。

関ヶ原の戦いで徳川家康軍に敗れた豊臣方の真田幸村(松方弘樹)は、家臣の霧隠才蔵(寺田農)、猿飛佐助(あおい輝彦)を通じて忍びを集めます。

集められた真田十勇士の多くは関ヶ原の戦いで生じた浪人とされ、その他、放浪の民・山窩(根津甚八:岡本富士太)、朝鮮王族の姫(三好清海入道:秋野暢子)とその従者(三好伊三入道:真田広之)、そして異星人(猿飛佐助)など独自の設定がなされました。

大坂冬の陣、大坂夏の陣と続いた真田幸村と徳川家康の戦いを、中島貞夫を史実にはない真田幸村の勝利という結末を用意しました。

草の者・真田幸村 VS 老獪・徳川家康

大坂冬の陣で真田幸村(松方弘樹)は真田丸を構え、徳川方との勝負に勝利します。けれども老獪な徳川家康(萬屋錦之介)はその後、豊臣方と密かに和議を進めていました。

和議の知らせを聞き、それまで武士として振る舞ってきた真田幸村はこのとき初めて武士の立場を捨て、真田十勇士と同様の草の者=忍びという身分の低い者と同じ視点に立ちます。

真田幸村、真田十勇士、真田丸に集う。

真田幸村
「みんなそろってこんな城は捨てるか?」

真田十勇士、驚いていっせいに真田幸村を見る。

真田幸村
「私も今日限り真田左衛門佐幸村の名は捨てるつもり」

と話し、真田十勇士の座る輪に入って行く。

真田幸村
「どうだ、私も皆の仲間に入れてくれんか。みんなと同じ草の者の仲間に」

霧隠才蔵
「親方様」

真田幸村、真田十勇士の前に座る。

真田幸村
「お前たちを今度の戦に引きずり込んだのはこの私だ。結果は見ての通り。この上は指揮も軍略もいらぬ。そろって城を出て十人がひとつになり、目指すは家康の首唯ひとつ」

映画【真田幸村の謀略】より

歴史改変時代劇映画【女帝 春日局】

DVD【女帝 春日局】より

DVD【女帝 春日局】より

中島貞夫はその後、近現代を舞台にした数作を経て、再び時代劇映画【女帝 春日局】(1990年〔東映〕配給)を監督します。前年に第27作NHK大河ドラマ【春日局】が放送されていた時代背景があります。

脚本は高田宏治が担当します。五社英雄監督作【鬼龍院花子の生涯】と【極道の妻たち】シリーズなどの脚本を手がけ、高田宏治はこの時期、激しく生きる女性の生き様を多数描いていました。

中島貞夫は、徳川秀忠(江戸幕府第2代将軍)の長男・竹千代(のちの江戸幕府第3代将軍・徳川家光)と二男・国松(のちの徳川忠長)との後継者争いを題材にし、同作でも歴史改変を行いました。

小早川秀秋(大木聡)の家臣だった稲葉正成(原田大二郎)は、関ヶ原の戦いで寝返りを主導したことで徳川方を勝利に導きます。しかしその後は不遇な状況にあったことから、その妻・お福(十朱幸代)は夫の出世を頼み、大御所・徳川家康(若山富三郎)と枕を交わします。その結果、徳川家康の子を密かに儲けることになりました。

そんななか男子世継ぎを待望する徳川家康の後継者・徳川秀忠(金田賢一)の正室・お江与(吉川十和子)が懐妊。乳母が募集され、5人の子を連れてお福は江戸城を訪れます。

父が明智光秀の重臣だったお福の素性審議が続くなか、徳川秀忠には男子が生まれます。けれども死産。そこで男子の世継ぎを切望していた徳川秀忠の乳母・大姥の局(草笛光子)はすぐさま亡くなった赤ん坊の代わりとしてお福が連れてきていた赤子(徳川家康との間に儲けた子)を徳川秀忠の子・竹千代としました。

竹千代の乳母として春日局を名乗ることになったお福。けれども2年後、竹千代の弟・国松が生まれます。竹千代取り替えという江戸幕府を揺るがす秘密は、やがて国松派の民部卿の局(名取裕子)の命をかけた訴えによって明るみに出ることになります。

江戸城を舞台に繰り広げられるこの物語の撮影場所には、姫路城姫路市)、彦根城彦根市)、大覚寺光明寺(共に京都市)などが使用されています。

明智光秀重臣の娘・春日局 VS 老獪な徳川家康

老獪な徳川家康(若山富三郎)はお福=春日局(十朱幸代)の願いを反故にし、お福の夫だった稲葉正成(原田大二郎)に直接は手を差し伸べません。さらにはお福=春日局の子(徳川家康との間に儲けた子)は竹千代として取り替えられました。

徳川家康に遺恨を抱えるお福=春日局は、徳川家康を迎えた江戸城で開かれた竹千代と国松との後継者を明言する場にて、次のように宣言します。

江戸城の大広間。上段之間に徳川家康、その背後に徳川秀忠、坐す。両者の前には多くの家臣が居並ぶ。そこにお福=春日局が前に出る。

徳川家康
「福、この場にはわしとそなたと二人きりじゃと思うて真のことを申してくれ。竹千代はそなたの生んだわしの子か?」

お福=春日局
「夢、夢でござりまする」

徳川家康
「夢じゃと」

お福=春日局
「およそ、武家に生まれた女子であれば、日の本一の御大将のお子を宿すことは、夢でのうてなんでありましょうか。されど、夢は夢に過ぎません。そしてまた過ぎた昔のことも。もう二度と。二度と、夢に見ることもござりますまい」

神妙な表情で話しを受け止める徳川家康。

お福=春日局
「竹千代君はまぎれもなき、当代上様の御子にござりまする」

徳川家康
「(神妙な表情)わかった」

映画【女帝 春日局】より

ここでは、柳生一族の陰謀の名場面が下敷きです。

「夢」という台詞を通じて中島貞夫は、織田信長の家臣であった豊臣秀吉、その豊臣秀吉の家臣であった徳川家康という天下の系譜に対し、織田信長を本能寺の変で討った家臣・明智光秀の独自の天下取り物語を暗示しました。

時代劇映画の継承に取り組む

中島貞夫はその後も任侠映画を多数監督し、事実上一線を退いていたものの81歳を迎えた年、時代劇映画文化の継承に取り組みます。

時代劇の変遷を軸にしたドキュメンタリー映画【時代劇は死なず ちゃんばら美学考】(2015年〔KATSU-do〕配給)を監督・脚本します。その4年後には、幕末の京都で用心棒として働く長州藩の脱藩浪人を主人公にした【多十郎殉愛記】(2019年〔東映/よしもとクリエイティブ・エージェンシー〕配給)を監督・脚本しました。

多十郎殉愛記では、中島貞夫が教鞭を執っていた大阪芸術大学の教え子である熊切和嘉(代表作:【鬼畜大宴会】、【私の男】など)を監督補佐に迎えています。

  • DVD【時代劇は死なず ちゃんばら美学考】より

    DVD【時代劇は死なず ちゃんばら美学考】より

  • DVD【多十郎殉愛記】より

    DVD【多十郎殉愛記】より

時代劇映画で監督デビューして以来、独自の時代劇映画に取り組んできた中島貞夫。その代表的な監督作では老獪な徳川家康を悪役とし、真田幸村率いる草の者(忍び)、明智光秀の重臣の娘という歴史の敗者に大きく光をあてました。

著者名:三宅顕人

中島貞夫

中島貞夫をSNSでシェアする

「戦前昭和生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)」の記事を読む


五社英雄

五社英雄
【三匹の侍】で映画監督デビューした五社英雄(ごしゃひでお)。テレビドラマの演出家から映像作家としてのキャリアを始め、映画からテレビへ大衆娯楽の中心が完全に移行する時期に映画監督となりました。テレビ演出家でありながら映画監督でもあった五社英雄の時代劇映画は男同士の物語から女性を通じた物語へと移り変わり、時代の変遷を教えてくれます。

五社英雄

工藤栄一

工藤栄一
司馬遼太郎の直木三十五賞受賞作【梟の城】の映画化や、集団抗争時代劇と称されるジャンルの火付け作ともされる【十三人の刺客】など、先駆的な時代劇映画を手がけた工藤栄一(くどうえいいち)。2作は共に近年新たに映画化されるなど高い評価を得ています。そんな工藤栄一の時代劇映画では主人公と好敵手との表裏一体の関係が色濃く描かれます。

工藤栄一

山下耕作

山下耕作
【緋牡丹博徒】シリーズ第1作の監督を手がけた山下耕作(やましたこうさく)。任侠映画、実録任侠映画、テレビ時代劇、大作時代劇映画シリーズなどと時流に合わせながら作品を発表し続けました。そんな山下耕作が手がけた独自の時代劇映画では女性との関係に悩む侠客・剣客像が描かれます。

山下耕作

降旗康男

降旗康男
高倉健主演の監督作を数多く遺した降旗康男(ふるはたやすお)。手がけた時代劇映画では主に徳川将軍家が悪と設定されます。そんな徳川将軍家を支える・挑む登場人物達には、降旗康男が任侠映画で育んできた耐える美学が隠されています。

降旗康男

小泉堯史

小泉堯史
黒澤明の遺稿【雨あがる】の映画化で56歳の年に監督デビューした小泉堯史(こいずみたかし)。その時代劇映画では山本周五郎、司馬遼太郎、葉室麟という歴史・時代小説の中心的な作者が原作です。著名な原作者の作品のなかでも主に、静かながらも知略に優れた浪人や侍を主人公に描きます。

小泉堯史

注目ワード
注目ワード